天田 さん プロフィール

  •  
天田さん: 踊る学徒の腹8分目な時間割
ハンドル名天田 さん
ブログタイトル踊る学徒の腹8分目な時間割
ブログURLhttp://www.royalnaught.com/
サイト紹介文腹8分目フリーランスの日誌です。糖質制限とダンササイズ毎日更新中!ブログノウハウ・HTML講座なども
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/11/24 12:34

天田 さんのブログ記事

  • 小中高生でもヤバいらしいロコモ危険度をチェックできる診断テスト
  • どうもこんにちは。最近よく聞くようになったキーワードで、無視したくても無視できなさそうな『ロコモ』というものについてまとめてみました。なんせ今の脂肪肝ダイエットを始めたころの2018年4月の記憶では、右足による片足立ちができませんでしたからね!(;'∀')ダイエットや運動にも関連あることだし…ということで。ロコモってなに?ロコモ、ロコモって最近よく聞くんですがいったいなんでしょう。ロハスの仲間かな、と。調べ [続きを読む]
  • 脂肪肝30代のダイエット記録Vol.1〜糖質制限とか筋トレとか〜
  • 脂肪肝と小麦アレルギーの発覚どうもこんばんは。突然ですがわたくし、今年の4月、35歳という歳になってようやく自分の身体のある2つのことを知ることとなりました。脂肪肝と小麦アレルギーです。血液検査をしたことで発覚したこの2件。脂肪肝は血液検査のうちASTとALTの数値でわかります。わたしの場合、ASTもALTも高値を記録しており、医者いわく「脂肪肝だね」とのこと。ウェブで発見した、お医者さんの解説によれば以下の [続きを読む]
  • 【書評】99%の会社はいらない/堀江貴文
  • サラリーマンの、仕事を辞めたい背中を鼓舞書きあじ★★☆☆☆ややかため漢字の使用★★★☆☆ふつう読みやすさ★★★☆☆ふつうまさにいま現役のサラリーマンが、本屋さんで本書を見かける、もしくはアマゾンでウィンドウショッピングをしていてこの本に出逢ったら、「ほぼすべての会社はいらない」というニュアンスをうたったこの表題には、思いきり目をひかれることでしょう。「俺はこのまま今の仕事をしていていいのだろうか… [続きを読む]
  • 【書評】偽善のすすめ 10代からの倫理学講座/パオロ・マッツァリーノ
  • 大切なのは動機や気持ちでなく、結果なのだなんだろう、このあからさまにうさんくさい名前の著者は。大変申し訳ないことですが、わたしの本書に関する最初の印象はそこから始まりました。ご自身で書いたと思われるプロフィールにも、んん〜?『公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。』?『戯作者』?戯作がわからないので調べてみると『戯作(げさく、ぎさく、けさく、きさく) [続きを読む]
  • 【書評】ネトゲ廃人/芦崎治
  • ネトゲはひとつの経済であり出会い系でもあるネトゲ廃人となった人あるいはその家庭16例の、ネットゲームにまつわるノンフィクションな出来事をインタビューした内容。「素敵な恋人ができました」「自分がいなくちゃみんなが困る、必要とされている実感があった」などなどネトゲに前向きな意見もあることにはある。ただし、タイトル通りいちどはネトゲ廃人となった人々からのメッセージ、その大半はネットゲームに警鐘を鳴らす内容 [続きを読む]
  • 【書評】田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」/渡邉格
  • マルクス『資本論』をてっとりばやく現代の経済に置き換えてほしい人へ複雑にならないように、ひとことでまとめると『田舎のパン屋さんの自伝』だ。本書は、30歳にしてはじめて社会人デビューを果たした渡邉格さんが、数年間の社会経験(パン屋修行)を経て、ご自身のお店を出店したその経緯や情熱が語られている自伝である。しかしこの自伝がちょっと変わりもの。自伝にとどまらず、ややつっこんだ専門的な解説が含まれているの [続きを読む]
  • 【書評】東南アジアで働く/横山和子
  • これからを生きる若者に向けて書かれた、新しい働き方の提案お手本にしたい。それがこの本を手に取った動機である。1年以内など、そこまで近い将来の話ではないが海外移住の希望とイメージがわたしにはある。とりわけ、東南アジアがよいと考えているところだったが、詳しい知識や情報は持ちあわせていなかったため、すでに東南アジアで働く諸先輩がたへのインタビューや実情が載っていたり、東南アジアを中心とした『新興国』の [続きを読む]
  • 【書評】大事なものは見えにくい/鷲田清一
  • 現代人が抱える孤独感、自己否定感の答えがこの本にあるこの本は30年間哲学研究に向き合ってきた著者の書いた『哲学書』である。Amazon内では『エッセー・随筆』に分類されてしまっており、最初なんの予備知識もないまま読み始めた当初のわたしも「これはエッセイだろうか?」と感じたので間違いではないのだが、読み上げて感じる、これは哲学に哲学を重ねた著者だからこそ導き出せる、うなりをあげることばかりが連続するスッキリ [続きを読む]
  • 【書評】今すぐ読みたい!10代のためのYAブックガイド150!2
  • 大人も読みたくなる名著がズラリまず『10代のための〜』という枕詞は、ターゲットを明確にしぼるためにつけられたのだろうが、YA(ヤングアダルト)向け作品とはいえ、大人が読んでも十分楽しめる本たちがずらりと150冊紹介されている。文末に目次を記載しているが、参照いただくとわかる通りあつかう範疇は幅広い。ファンタジーからドキュメンタリー、フィクションにノンフィクション、青春ものに戦争もの、小説だけでなく漫画な [続きを読む]
  • 1か月間フリーランス稼業を記録して時給を割り出すことにした。
  • 昨日「インフルかもしれない…」と書きましたが、今日病院に行って検査したところ、案の定インフルエンザでした…笑人生初のインフルエンザ(A型)。なるほどこれは確かにつらいものですね、特に発熱がつらい。最大で38.7度まで発熱しましたが、一晩寝たら少しずつ体温は下り調子になってきました。昨晩の20時に38.7度になったものの、その翌日のただいま16時ではすでに36.6度。かなりの回復速度ですよね?日頃から乳酸菌を多く取 [続きを読む]
  • 帰省中の2時間で5万円を稼ぎ出すチームワークと複利投資の件
  • こんにちは、2018年新年いっぱつめの投稿です。あけましておめでとうございます。今年は、去年気づいた自分の「ガキな部分」を最大限に発揮して、いかにラクして稼ぎ、好き勝手生きるかに重点をおいて頑張りたいと思います。2018年は風邪からスタートそんな新年の記念すべき1日目ですが…風邪をひいてしまいました(;'∀')なんたる不覚。年末少し、ラクをするための準備で頑張りすぎたのが年またぎでひびいてきちゃったようです。た [続きを読む]
  • フェルメールと岩井俊二監督
  • フェルメールと岩井俊二監督。どちらもとても好きな人なんですが、いったいなんの話かと。テーマはずばり。光岩井俊二監督がつくる映像作品を見ていて常々思うことは「なんて芸術的なんだろう」ということ。劇中で使われる音楽もクラシカルでただただ純粋に旋律の美しいものが多く、音・空間・色・時間これら全てが芸術的に融合して完成している、というのが私の岩井俊二監督作品に対する基本的な感想です。言葉のないシーンを埋 [続きを読む]
  • 今日も元気に丼丸へ行ったら、仮面女子とコラボしてた
  • 都心で働いて10年。千葉や埼玉でも働いて数年。場所を変え働きつつも、変わらず通わせてもらっているサービスがあります。丼丸です。株式会社ササフネさんが展開している海鮮丼のチェーン店。海鮮丼をテイクアウトできるお店です。(まれにイートイン店舗もあり)丼が1杯ワンコイン(500円)というわかりやすい値段設定と、たっぷり乗った具材が良いバランス。注文する種類によって差はありますが、どれもコスパがかなり良いので [続きを読む]