miyachika さん プロフィール

  •  
miyachikaさん: ライターmiyachikaのネパール暮らしblog
ハンドル名miyachika さん
ブログタイトルライターmiyachikaのネパール暮らしblog
ブログURLhttp://miyachika-pokhara.com
サイト紹介文ポカラから、ネパール暮らしの日々や、様々なネパール事情、海外歩き、国際結婚などをお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/11/25 01:12

miyachika さんのブログ記事

  • ネパールの常識は日本の非常識 学校教育編【現地ライターが語る】
  • ナマステ〜、ネパールのポカラ在住ライターみやちかです。 早いもので日本を出てから早21年となってしまいました。 とはいえ、長く住めば住むほど、いろんなことが???となるネパールの摩訶不思議。 今日は学校教育について、日本人の私からみて「?」だったり、「へえ」と思ったり、「そんなんあり!?」と感じたことを書いてみたいと思います。みやちか とはいえ、ネパールのお話って一般論で語るのが難しいんです。まだまだ [続きを読む]
  • 人より劣っているという感情、劣等感は本当に悪者か?
  • 若い頃、私は劣等感だらけだった。当然、そんなんだから、自分にも自信がなく、暗くて、いじけてる子だった。そんな自分が嫌で、劣等感を克服したいと、私は真面目に思っていた。………………………。 こんにちは、ネパール在住ライターのみやちかです。今日もネパールネタでなくてごめんなさい。 今日は劣等感についてのお話です。 劣等感は生きている限りなくらない 「劣等感を克服したい」冒頭で言っておきながらなんですが [続きを読む]
  • 生きる、ということ。自分と向き合う、ということ。
  • 自分らしく生きるってどういうことだろう? なんてこと、今さら、大の大人が考えるようなテーマでもないだろうと、気恥ずかしく感じてしまう人もいるかもしれない。 でも、それは私にとって永遠のテーマだ。 そして、私以外にもそんなことを思っている大人たちは案外多いのではないかとも思っている。 その答えを知りたくて、今年もまた、とある研修に行ってきた。 日常の生活とは離れて自分と向き合う2日間は、私の人生の定期診 [続きを読む]
  • 選ぶ勇気、諦める勇気
  • 選ぶ勇気、諦める勇気 何かを選ぶというというは、そのほかの選択肢を諦めるということである。 旅のプランニングしているときが一番楽しいのは、可能性が無限大だからだ。飛行機の予約を取って、ホテルを予約して、行き先が決まるにつれて何故か、だんだんとワクワクが小さくなって、面倒が増えてくる。そんな気持ちに私はよくなる。 分かれ道で前に進むためには、1本だけ道を選ばなければならない。選べないのは、選ぶ勇気が [続きを読む]
  • 元気がでるコトバ 行きたい駅
  • 元気が出るコトバ 行きたい駅 電車に乗りるときは、行き先を確認してから乗るよね。そんなの当然。自分の行こうとしている駅を通る電車かどうかちゃんとわかって乗るものだよね。 行き先も見ずに電車に乗る人なんていない。目的もないのに電車に乗る人もいない。 どこか行きたいところがあるから、電車に乗る。そして、電車は、私たちを目的地へと運んでくれる。 なのにさ、自分の人生の行き先をちゃんとわかっている人は少ない [続きを読む]
  • インド・ネパールのカレーに欠かせないスパイス、クミンシード【保存版】
  • ナマステ〜、ポカラ在住ライターみやちかです。今日は、ちょっと毛色が違う記事なのですが、クミンシードというスパイスについて書いてみたいと思います。クミンシードは、インド・ネパール料理に欠かせない香辛料。 食欲をそそるカレーの匂いはこのクミンシードの強い芳香によるものです。今日は、あらゆる料理をたちまちエスニック風に変身させてくれる、クミンシードをご紹介しようと思います。 最近、スパイス(マサラ)には [続きを読む]
  • ネパールの常識は日本の非常識 食文化編【現地ライターが語る】
  • ナマステ〜、ネパールのポカラ在住ライターみやちかです。早いもので日本を出てからもうすぐ21年を迎えてしまいます。 最近は、日本人の観光客に日本語上手だねと、言われることがあったり、ネパール人に一目で外国人とは見抜かれなかったり(ネパール語をしゃべった途端に外国人だとバレますが)する私ではありますが、やはり、どこまでいっても、日本人。 ネパールの生活や文化や風習に、「なんでなん?」となることは今でもあ [続きを読む]
  • 黒くてネガティブな気持ちとの上手な付き合い方についての考察
  • こんにちは。 ネパール在住、アラフィフライターのみやちかです。 よく、日本文化は『恥の文化』と言われますが、そういう意味ではネパールは『妬みの文化』なんじゃないかなあと思う今日この頃。ネパールでの人間関係の構築を難しくしているのは、この嫉妬ではないかと感じることは多々あります。 な〜んて、偉そうに、いろんなことを語っている私ですが、私の中にも嫉妬といったネガティブな感情や、黒い気持ちはもちろん存在し [続きを読む]
  • 子連れ海外ロングステイのための学校選び【アジア編】
  • サワディーカー! ひとり娘をチェンマイの学校に通わせているネパール在住ライターのみやちかです。 私は、海外在住歴20年越え、今年18歳の娘は海外で生まれ、海外育ち。何語で育てるべきか、どのような学校に入れるか、その時々でさんざん悩んできました。 そして、紆余曲折あって、娘は今、タイのチェンマイにあるインターナショナルスクールに寮から通っています。 そんな私と娘の体験も交えながら、これから子ども(小学生〜 [続きを読む]
  • 元気のでるコトバ コトノハ
  • コトノハ 経験を伴わない言葉は、誰の心にも響かない。 言葉でだけなら、なんとでも言えるのだ。自分の体を通して、行いを通して、歩き続ける姿を通して語られる言葉だけが、人の心を揺さぶる。 想いのこもらない言葉は、誰の心にも届かない。 言葉だけを整えても意味がない。心と裏腹な言葉は、弱々しく流れていくだけ。想いと言葉が一緒になったとき、言葉はイキイキとしたエネルギーとなって、人の心を動かす。 言葉があるか [続きを読む]
  • 元気のでるコトバ 分岐点
  • 分岐点 私が今いるこの状況は、親のせいではなく、学校のせいでも会社のせいでもなく、社会の風潮なんかじゃもちろんなくて、それは、私自身がつくったもの。誰かのせいにしたところで、それはただの責任逃れ。 私の今の現実は、今までの私の行動の結果。それが望んだものであっても。望んだものとは違ったとしても。 自分が決めてやったことや、やろうと思ったけどやらなかったこと、決断しきれなかったこと、逃げてしまったこ [続きを読む]
  • 元気のでるコトバ 私が動けば世界が動く
  • 私が動けば世界が動く 人と人が関わって世界は成り立っているから、私が動くことで、世界は少なからず動くのだ。 前に進む方向に動くこともあれば、波紋のような拡散の動きをみせることもあり、落下するような動きもあり、しぼんでいく風船のような動きもあり、下へ引っ張る動き、上昇する動き、その時々で、動き方が違うのだけれど。 それが例え72億分の1の小さな動きだとしても、それでも、私が動くことで、微妙に世界のバラ [続きを読む]
  • ネパールで運転免許証を更新したお話と交通事情
  • ナマステ、ポカラ在住のフリーランスライターのみやちかです。 10月〜11月は、40度の熱を出したのをきっかけに体調がすぐれない日々が続いていました。そんなこんなで、すでにアポが入っている仕事をこなすのがやっとで、なかなかブログを更新できませんでした。 何人かの知り合いから、心配してメールをいただきました。 ご心配をおかけしました。そして、気にかけていただき、ありがとうございました。なんとか元気になりました [続きを読む]
  • 元気のでるコトバ  大好きの魔法
  • 大好きの魔法 大好きな人と一緒に働けば、同じ仕事もこんなに楽しくなるんだと、びっくりする。仕事場に向かうのが楽しいなんてね。それは、大好きの魔法。 不純な動機かもしれないけど、それは、それで、人生を彩るスパイスとして楽しんでしまったもの勝ちなんじゃないかとも思う。 少々の困難だって、徹夜の作業だって、彼らと一緒だとなんだか楽しかったりする。 同じことをしていても、同じものを食べても、同じ映画を見て [続きを読む]
  • 元気になるコトバ 踏ん張る!
  • 踏ん張る! 上手くいかなかったからといって、それをなかったことにするのは、もう、やめにしよう。うまくいかなかったことは、きっと、軌道修正しなさいという合図、それだって、きっと神様がくれたギフト。 いろんな理由をこじつけて諦めるのは簡単。それって、今ここにある問題に背を背けてるってことじゃない? 自分の枠を超えたかったら、まさにその、背を背けたその地点で踏ん張ってみることだ。 結局は、問題は、外にある [続きを読む]
  • ネパール最大のお祭り、ダサインって、どんな祭り?
  • ナマステ〜、ネパールのポカラ在住フリーランスライターのみやちかです。 さて、ネパールは、今、祭りの季節真っ只中! ネパール最大の祭り、ダサイン〜ティハール月間で、なんだか国中が浮き足立っている感じのネパールです。 夏休みは短めのポカラの学校でも、秋の祭り休みには連続1ヶ月休みの学校が結構あります。 会社はさすがに1ヶ月も休みをくれませんので、大人は6日間前後の休みの人が多いようですが、休みの前から、買い [続きを読む]