チムチム さん プロフィール

  •  
チムチムさん: ゆめうつつ
ハンドル名チムチム さん
ブログタイトルゆめうつつ
ブログURLhttp://chimuchimunotubuyaki.blog.fc2.com/
サイト紹介文花より男子二次妄想文。司×つくしが好き。素人ですがハッピーエンド目指して頑張ります!のんびり更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 320日(平均1.1回/週) - 参加 2016/11/26 01:08

チムチム さんのブログ記事

  • 楽しんで頂けましたか?
  • こんにちは(*^_^*)イラスト付きシリーズ、楽しんで頂けましたか?「花のいのちは結構長い」&「花女」のすてらさんのイラスト、超ステキですよね(*^_^*)また、過去作品も含め、沢山の拍手を頂き、とても嬉しいです!!イラストを強奪し提供して頂いた甲斐がありました。すてらさん、ありがとうございました!!それから拍手、コメント、訪問して下さった方々、ありがとうございました!!とても励みになりました、さて。これからま [続きを読む]
  • 哀切の道明寺② 高層ビルの夜景 イラスト付き短編
  • 〈哀切の道明寺② 高層ビルの夜景〉画像提供:すてら様禁 無断転載超高層ビルから大都会を一人、見下ろす司。その横顔は端正に整い、もしもその側に寄り添う女性でもいたのなら、きっと見惚れて言葉を失った事だろう。しかし今、彼の思考は孤独にたゆたい、息を飲む程の、眼下に広がる百万ドルの夜景さえも、彼の寂寥を癒してはくれなかった。ーークッ。酔えねぇな。そう、独りごちた司は、飲みさしのワイングラスをコトリと置く [続きを読む]
  • 司とつくしの小夜曲 番外編 イラスト付き
  • 〈哀切の道明寺 ① 月夜のニューヨーク〉画像提供:すてら様禁 無断転載司は、マンハッタンに構えるオフィスの窓から、窓の外を眺めていた。目の前には、エンパイアステートビルがそびえ、煌めく幻想的な光は見る者を、ともするとここはどこかのテーマパーク…夢幻の世界へ迷い込んだのではないかとさえ錯覚させる。しかし振り返ればそこにあるのは無機質なオフィスだけ。司は、眼下の光の渦の中のどこかに彼女がいるのではない [続きを読む]
  • 堕ちた魂のフーガ 5 過去編
  • 五. (過去編)ブーッ。 ブーッ。 ブーッ。携帯のバイブ音が鳴っている。つくしは表示された相手の名前を見て、慌てて講義を抜け出した。「もしもし…道明寺。久しぶりね!そっちはどう?相変わらず忙しいんでしょ?」「ああ。毎日みっちりと、仕事や一般常識の講義、パーティーや会食、会議、出張、何でも詰め込みやがって。俺は機械じゃねぇっつーんだよ。今電話してるのだって、たまたま今夜のパーティー会場が少し遠いから [続きを読む]
  • 堕ちた魂のフーガ 4
  • 四.住宅地の路地にひっそりと停まっている黒の高級車。高級車に似つかわしく、運転席には白い手袋の運転手が座っているが、運転手は暇を持て余しているようだ。車は一向に発進する気配がなく、周囲の暗闇に溶け込むように停車していた。車の中の後部座席は、外からは窺い知る事が出来なかったが、中ではあきらが、最初はぽつぽつと、だが次第に自分の世界にのめり込むようにして、過去を語りだしていた。その顔は桜子に向けられて [続きを読む]
  • 堕ちた魂のフーガ 3
  • 三.「暗示?」「ああ、暗示だ。」しだいに暮れてゆく住宅地の路地にひっそりと、だが妙に存在感のある黒の高級車が路駐している。よく見れば運転席にはお仕着せを着た運転手が座り、また車は上品な光沢のある塗装でただの普通車には見えない。しかし、路地を通る人影はまばらで、たとえ通り過ぎる人がいたとしても、皆それぞれの家路を急ぐ人ばかり。チラリと車に視線を向けはするものの、誰も立ち止まろうとはせず、黙ってすり抜 [続きを読む]
  • 堕ちた魂のフーガ 2
  • 二.「美作さん!ちょっと待って!そんなに早く歩いたら、追いつけないから。」ズンズン先を行くあきらを必死で追いながら、牧野つくしはあきらに後ろから声をかけた。「ああ、悪い。ちょっと考え事をしていた。さっ、着いたな。どうする、ここまでくればもう、後は一人で大丈夫だろ?俺は車を待たせてるから、この辺で帰るよ。会社への迎えは、いつでも行ってやるから、また連絡しろよ。俺も正直、かなり仕事が立て込んでるが、出 [続きを読む]
  • 暑中お見舞申し上げます。
  • 毎日暑いですね。こんな暑い中でも、お店は普通に開いているし、観光地ではいつもより多いお客さんに、当たり前のように対応されています。お仕事頑張っていらっしゃる方、頭が下がります。お疲れ様です。それから、こちらのページをチェックして下さっている方、ありがとうございますm(_ _)m色々重なり、今週は仕上げられませんでしたが、来週にはアップしたいと思います。皆さまも暑い中、体調崩されないように、お気を付け下さ [続きを読む]
  • 堕ちた魂のフーガ 1
  • 一. ある日の休日、近くの緑地公園。青い空、緑の芝生に蝶が飛び、向こうの木々は爽やかな風に揺れている。そんな穏やかな天候の中、木陰のベンチに、お弁当を広げる二人の女性の姿があった。 「ねえマユミ、私のこの玉子焼きあげるからさ、そっちのタコさんウインナーくれない?」 「ええっ?!私このウインナー、一番楽しみにしてたんだから!それにその玉子焼きって…いや、何でもない。それよりさ、つくし、あきらさんとはど [続きを読む]
  • 堕ちた魂のフーガ 序章
  • 訪問ありがとうございます♪新連載、『堕ちた魂のフーガ』はじめます(*^_^*)少し、お話について。更新ですが、私チムチム、とてものんびり屋です。プラス、リアル優先にしたいので、更新は2〜3週間に一話、という、あり得ない遅さになると思います。完結するのは半年から一年が目標です。それをふまえて、それでも構わないよ、という、母なる海のような広い心をお持ちの方のみ、この先へお進み下さいますよう、よろしくお願いしま [続きを読む]
  • rainy day magic 小さな奇跡
  • (短編)  いつかあなたにまた、会いたいな・・・。雨の昼下がり。窓ガラスには雨粒が次々と当たり、当たっては筋を作り、また当たっては新しい筋を作る。それをずっと眺めていると、まるで自分が濡れそぼっているような気がして、つくしは慌てて目を窓から反らし、氷の溶けかけたカップから冷たい紅茶を静かに、飲んだ。コク。ひんやりした感触が、喉を流れて行く。コクコク。ひんやりと喉を流れて行く紅茶のように、過去も洗い [続きを読む]
  • 今後の予定
  • こんにちは。2〜3日後にお知らせします。と言いながら、あっと言う間に、一週間近くたってしまいました。時間の経過は早いですね。宣言通りに行かず、すみません(涙)でも何かしら、宣言しておかないと、永遠に放置してしまいそうで…。本題の、今後の予定です。前にもちょっと書きましたが、元々見切り発車で始めた、このブログです。お話を始めたからには、いつかは完結させなければ!…と、自分なりにやってみました。しかし、 [続きを読む]
  • おまけ
  • 限定記事は、更新通知をされないみたいなので…。お知らせにあがりました。おまけのお話、書いてみました。パス付きですが…きっと簡単です(笑)相変わらずの駄文っぷりでお恥ずかしいです。でも良かったら、遊びに来て下さい(^_^)お待ちしてます。訪問大歓迎です♪♪いつも訪問して下さる方、ありがとうございます。この場を借りて、お礼を申し上げますm(_ _)mにほんブログ村 [続きを読む]
  • 今日は月曜日
  • ♪明日は 月曜日 会社をズル休みして 空いたコーヒーショップで お腹いっぱい食べよう♪こんにちは(*^_^*)マッキー世代のチムチムです。この歌の、このフレーズが好きです。ズル休み……できたらどんなにいいでしょうね!すみません、今週もお話はまだ、半ばです。来週には仕上がるかな?ぼちぼちやって行きます。今日は月曜日。何となく重い体を引っ張りながら、リアル、頑張ります。皆さまも、今週も良い一週間になりますように( [続きを読む]
  • 司とつくしの小夜曲 ーアンテナ&ウォッチ完結編 最終話ー
  • (最終話)うぐっ!突然、ドーンという衝撃とともに自分にぶつかってきた滋を何とか受け止め、つくしは目を白黒させていた。「し、滋さん・・何度もお誘いの電話、ありがとう。私も会えて、うれしい・・」何とかそれだけ、声を絞り出した。氷のような視線を感じて前を見ると、楓が蒼白な顔で、こちらを見ている。楓に背中を向けている滋は、気づいていないようだ。「つくし、今日はもう会えないのかと思ってあたし、ほんとに心配し [続きを読む]
  • 引っ張ります。
  • こんにちは。最終話、少しずつ進めておりますが、まだ完全でないため、今週も引っ張ります(T_T)また分けようかと思いましたが、最後はカッコよくキメたいので(笑)、少し長めです。来週までには何とかしたいです。できるかなぁ。毎度毎度、非常に遅くてすみません。訪問して下さった方、ありがとうございました。経過報告でした。チムチムにほんブログ村 [続きを読む]
  • 温め中
  • 最近、二週に一度が定着しつつあるような気がします。今週もまだ、温め中です……………もしも待っていて下さる方がいるなら、今しばらくお待ちくださいm(_ _)m訪問ありがとうございます(*^_^*)チムチムにほんブログ村 [続きを読む]
  • 司とつくしの小夜曲 ーアンテナ&ウォッチ完結編 後編 part3ー
  • (後編 part3)つくしは、楓の言葉を聞いて、呆然としていた。え?”お好きなようにやってみたら良いのです。ただし、牧野さんには一通りのプログラムを、これからNYでこなしてもらいます。その中にはもちろん、語学のプログラムも入っています。”ええっ?!お好きなように?NYで語学のプログラム?それはつまり、楓の指示で、楓もしくは道明寺側の用意したプログラムに、自分がこれからNYで取り組まなければならないという意味な [続きを読む]
  • 皆様も
  • こんにちは(*^_^*)あ、先日、part2 がエラーになってしまたった方、すみませんでした。下の方に更新しています。良かったらお読み下さい(^_^)…で。part3ですが。まだ仕上がっておりません。言い訳しまーす。五月病って言葉もあるくらい、この時期に体調を崩す方って多いのでしょうね。私も、メンタルは全然大丈夫ですが、あまり体調が優れず。おかげでGWも殆ど何も出来ませんでした(泣)皆さまは、楽しいGWは過ごされましたか? [続きを読む]
  • ケンカしました。笑
  • すっすみません!今週もお話、完全に仕上がっていないため、アップ出来ません。3月から引き続き、4月もとてもドタバタしており、昨夜はどちらが家事をやるかでケンカしました。深刻ではないので、大丈夫です。しょうもない理由ですから(笑)また次の週末明けあたりに、良かったら覗いて見てもらえたら、嬉しいです。それでは、またm(_ _)m。チムチムにほんブログ村 [続きを読む]
  • 司とつくしの小夜曲 ー アンテナ&ウォッチ完結編 後編 part2 ー
  • (後編 part2)楓に胡散臭そうに見られ、つくしは居たたまれず、出来れば今すぐ回れ右して帰りたかった。しかし、ガッチリと肩に置かれた手と、射すくめるように見る楓の視線を受け、体が硬直したように、動かなかった。「牧野さん。あなたに再会した事は、私にとって嬉しい出来事とは言えません。久しぶりに帰宅して見たら、家の中にネズミが走っているのを見た時のような気持ち、と言ったらわかってもらえるかしら?」鉄の女と呼 [続きを読む]
  • 司とつくしの小夜曲 ーアンテナ&ウォッチ完結編 後編 part1 ー
  • (後編)「…いえ。私は。牧野さんと道明寺さん、お二人を見て良くわかりました。僕の入る隙なんてないってね。どうかお二人、幸せになって下さい。牧野さんの幸せそうな笑顔が好きなので、ぜひまた職場でも、幸せオーラをお裾分けして下さいね。…え、僕ですか?ははは、完膚なきまでにフラれてしまったので、むしろ気分はスッキリしていますよ。今夜は家に帰って、ひとっ風呂浴びたら、もう休みます。それでは牧野さん、それから [続きを読む]
  • すみません少し遅れます。それから
  • ただでさえ遅れておりますが。今回も少し、遅れます。春休み。長いですねぇ。でも春休みが終われば、もっと忙しくなる予定。…続けられるんだろうか。ちょっと悩んでいます。学校が始まらないと、わかりませんが。あっ、今のお話は、ボチボチ書いているので、必ず終わります(*^_^*)週末明けになるかもしれませんが…アップします。ところで、桜、咲き始めましたね。春。いろいろあるけど、やっぱりキレイな季節ですよね。なるべく [続きを読む]
  • 司とつくしの小夜曲 ーアンテナ&ウォッチ完結編 中編ー
  • (中編)カフェの座席で向き合う、3人の男性と、一人の女性。つくしの右側には、司がしっかりと陣取り、自分のものだと言わんばかりに、つくしの座る椅子の背もたれに腕をかけ、残りの二人を厳しい表情で眺めている。つくしの正面に座る加藤と、後ろからさりげなく回って来た類もつくしの正面に座り、それぞれの品物を差し出した後は、黙って彼女の言葉を待っていた。「私……。」決心し、言葉を発したものの、つくしはなかなかそ [続きを読む]
  • おさぼり
  • こんにちは(*^_^*)春ですね。道端の草花が可愛らしく咲いています。そんな中、私の気持ちも緩んでいるようです。お話を書くより、読む方が楽しく、サボっておりました。…いや、ちょこちょこ書いてはいます。あと2〜3日、お待ち下さい。春。危険な季節です(汗)チムチムにほんブログ村 [続きを読む]