lee さん プロフィール

  •  
leeさん: 2023年中学受験、無分別が虎口前の肝要なり
ハンドル名lee さん
ブログタイトル2023年中学受験、無分別が虎口前の肝要なり
ブログURLhttps://ameblo.jp/lee3287254/
サイト紹介文働く母/お受験/私立小学校/中学校受験/家庭学習/ピアノ/モンテッソーリ/シュタイナー/アメブロ
自由文ワーママ白書です。小学校受験を終え、急に手持ちぶさたになったプライベートをどのように過ごせば良いのか・・・。一人息子は、2023年中学受験予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/11/27 00:52

lee さんのブログ記事

  • 美術館の歩き方
  • 保育園時代のお友達に誘われて、小学生向けの美術鑑賞ワークショップに行ってきました そのお友達は、保育園の頃から絵を描くのが大好きで、数々のコンクールで入賞するような子でしたが、聞けば、お母様と一緒に足繁く画廊に通ったりしているそうです。 今日の講座は、子どもたちに展示の楽しみ方を教えてくれるものでした。広い展示会場から、参加した子どもたちがそれぞれ好きな絵を選びます。先生は、子どもたちに「この [続きを読む]
  • 葉っぱのフレディ
  • 始めに述べておくと、この記事には“死”に関するワードがたくさん出てきます。ご覧になった方は、「何今日はオカルト話」と思うかもしれません。 でもこれは、一冊の本の読書記録であり、息子が抱いた“死への恐怖”にどのように寄り添うかを検討した記録であって、決してオカルト話ではありません。 しかし、息子が持つ“死への恐怖”は差し迫った恐怖ではなく、未来への漠然とした恐怖なので、現在、病気と必死に闘っておられ [続きを読む]
  • 低学年の社会
  • 息子はインフルエンザではありませんでした昨日、今日と2日間布団から動かずにいたら、すっかり熱も下がって、明日からは学校に行けそうです 出張で広島に行ってきました。日帰りなので、移動時間が滞在時間の3倍という...なんとも虚しい出張でした。広島へは新幹線で向かったのですが、後から、飛行機の方が早いしやすかったのではないかと気がつきました でも、LCCは機内でWi-Fiを使用できないことが多く、移動時間を移動 [続きを読む]
  • 魔方陣の学習②#算数#スーパーエリート
  • 昨日は、基本型魔方陣の性質を息子に自力で探ってもらいました。 今回は、スーパーエリート問題集に載っていた解法のポイントを頼りに、もう少し難しい魔方陣に挑みました。  中央の数は分かっているけれど、定和(各列の和)がわからない場合 中央の数も定和(各列の和)もわからない場合 3×3の魔方陣の場合、中央の数は定和をマス数で割った数(平均値)であるということには、前回、気がつくことができました。 これ [続きを読む]
  • 魔方陣の学習①#算数#スーパーエリート
  • 魔方陣は中学受験の算数では、頻出の問題です。「魔方陣_中学受験」でネット検索をすると、膨大な量の過去問題を見つけることができます。 過去問題を見てみると、約数や比、素数を使った魔方陣、空白の多い魔方陣から一列の積を求める問題など難易度の高いものが多く、流石に今の息子には解くことはできません。 でも、小学一年生だって、和を利用した簡単な魔方陣であれば解くことができますので、 魔方陣とは何ぞや  [続きを読む]
  • 子どもと読書をするということ
  • この間、学校の個人面談に行ってきました。男の子ならではのご指摘をたくさん頂き、ただただ気恥ずかしいばかりの面談でしたが、特に気になったのは息子の読書についてのご指摘でした。 息子の学校は、読書活動にかなりの力を入れています。 図書室に所蔵された本はかなりの量ですし、事あるごとに、学校から【この時期に読んでおきたい本】として図書の推薦を受けます。 子供が図書室で借りた本は全て記録され、読書傾向が [続きを読む]
  • 空間認知能力を高める折り紙
  • クリスマスが楽しみで仕方がない息子、小学一年生。 早くツリーを飾り付けよう!お家をクリスマスモードにしよう!早く!早く! と、私はずっと急かされていますサンタクロースは絶対いると信じていて、このあいだは、暖炉を作るか、薪ストーブを購入するように言われました。 そうすれば、煙突からサンタがお家に入ってこられるから! って小一男子って、こんな微笑ましい感じなのですね 私は、厳しい祖母に「仏教徒なの [続きを読む]
  • 保育園の同窓会
  • 今日は、息子の保育園時代のお友達とお食事会をしました 就学を機に、ちりぢりになった子どもたちですが、保育園に通った数年間、毎日、朝早くから夜遅くまで、春も夏も秋も冬も、年中一緒にいたからでしょう、家族のような関係が築かれていて、まるで“久しぶり感”がありませんでした 私にとっても、数年間共に、仕事と育児を闘いぬいた保育園時代のお友達は、格別な存在です。 皆の頑張っている様子を見聞きして、私たち [続きを読む]
  • 作文コンクール#国語#サイパー
  • おととい(11/30)の読売新聞朝刊に全国小中学生作文コンクールの結果が出ていました。小学校低学年の部、同高学年の部、中学生の部。各部門の最優秀作品が原文で掲載されていたので、読んでみました。低学年の部で最優秀作品は、宮城県の小学3年生の男の子が書いたもので、東日本大震災の被災地への思いがテーマの作品でしたが、 あぁ、じぃぃぃぃぃんとする。 会社で、しかも来客もいる場(ロビー)で、新聞を読みながら [続きを読む]
  • 等号、不等号
  • 2年に1度、この時期に受講しています、救命講習受けるようになったのは、子どもを産んでからですが、とてもためになる講習です。 講習では、胸骨圧迫・人工呼吸・AED・止血法・異物除去法などを学ぶのですが、 どれも、要救護者が、乳児なのか、小児なのか、成人なのかで対応を変えなければなりません。 要救護者の年齢に合わない対応をすれば、命は助かっても脳死は免れないとか、救命措置によって臓器に損傷をきたすなどの危 [続きを読む]
  • クリスマスリース手作り
  • ある日の朝。テレビのニュース番組を見ながら、主人と息子が食卓を囲んでいました。私はキッチンにいましたが、テレビからは小麦高騰のニュースが流れているのが聞こえました。 しばらくすると、こんな会話が聞こえてきました。 「お父さん、タコ焼きって小麦粉なの?」「そうだよ、だから、小麦粉が値上げすると、タコ焼き屋さんは経営が大変なんだよ。」「びっくりした〜」 ・・・私がびっくりしましたどうも、テレビニュース [続きを読む]
  • 宮本算数「かけ算パズルA」の検討と、お家にあるものでかけ算ゲーム
  • 小1息子、学校の図工で、“秋”をテーマにしたちぎり絵の課題がありました。 教室に完成した子ども達の作品の展示があったので、ほっこりした気持ちで眺めました。読書、栗、きのこ、サツマイモ、ドングリ、紅葉・・・と秋らしい作品が並ぶ中、息子の作品はナント… カツオでした。 ん?戻り鰹 ・・・確かに秋だけれども・・・。 息子の感性にとても驚かされたのでした かけ算の学習について記録を続けます。 宮本哲也 [続きを読む]
  • カーネギーの「人を動かす」で子どもを動かす【気づき編】
  • 先日の記事では、とんだ醜態をさらしてしまい、すみませんでした。やっぱり夜は、疲労からか、日中より少し攻撃的になっているみたいです。翌朝、記事を読み返していて、こんなことしているから後輩が着いてきてくれないんだ…と悲しくなり、慌てて記事を編集しました。 でも、こうしてすぐに反省ができたのは、やっぱりカーネギーの本に出会ったからだと思いますありがたいです。 カーネギーから学んだことはたくさんあります [続きを読む]
  • カーネギーの「人を動かす」で子どもを動かす【愚痴編】
  • …記事を読み返していて、あまりに赤裸々すぎるなと反省…ちょっと編集します。 上司に紹介されたコーチングの本を子育てや教育に活かすぞというのが、この記事の内容なのですが、長くなってしまったので【愚痴編】と【気づき編】に分けて、記述したいと思います。 【愚痴編】は仕事の愚痴ばかりです。教育記事でなくてすみませんそして暴言ばかりで気分を害されたらすみません 会社で、新卒の指導に苦戦しています。 人間 [続きを読む]
  • 言葉のストック#国語#語彙力
  • 「おかぁさ〜〜ん、リング増やして〜〜」と叫びながら、息子がバタバタとやってきました。 リングというのは、単語帳のことです。 最近、ことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の学習を始めました。 学習といっても、一日一つずつ意味を調べる程度です。 それでも、大量に覚えさせるよりは負担も少ないし、意味・成り立ちにも深く触れられると感じています。 それを一つずつ単語帳に記して持たせているのです。 青山学院大 [続きを読む]
  • 単元テスト#算数#スーパーエリート
  • 加湿器にお水を入れてスイッチをONにするのを忘れ、エアコンの切り予約設定をせずに寝落ちして、一晩暖房に当たっていたらのどを痛めました なんと、息子ものどが痛いと言い出しますごめんなさい、母の管理不足。 外出の予定を組んでいたけれど、お部屋を十分に加湿して引きこもり、体調を整える2日間になりました そんな何もない休日でしたが、日曜は“陸王”があるので待ち遠しかったです。 来週、息子の学校で算数の単元 [続きを読む]
  • かけ算パズルA#宮本算数教室
  • 息子はひどい運動音痴だと思います。 しかし、小学校受験のお教室に通ってみたらびっくり。息子だけでなく、ほとんどの子が運動音痴だったいや、これ失礼。 小学校の入試では、縄跳び・平均台・鉄棒・マット運動・ボール運動などの運動系科目も課されることがありますが、配点率が低いし、「できたかどうか」よりも「諦めずに取り組む」「楽しんで取り組む」というような姿勢を問われることも多いため、家庭学習はどうしてもペーパ [続きを読む]
  • 音と振動#理科の家庭学習
  • 以前は、プリント系重視の我が家でしたが、最近は具体物を使った取り組みがメインです。それは、学校の宿題が想定していたよりも多いから これ以上のプリント学習は、根っからの勉強(プリント)嫌いの小1息子には酷だわ 学校は、とても面倒見が良く、大変気に入っていますが、  英語シャドーイング 計算ドリル 算数の問題集 漢字プリントA3表裏 国語調べ学習(語彙) 教科書音読 日記 と、これだけの量が毎日宿題なので [続きを読む]
  • 図書館の記録
  • 今日は、仕事終わりに図書館に行ってきました。平日の夕方から閉館までの時間帯、図書館はとても空いていて、静かで大好きです。 学校がお休みの日は息子も連れて行くのですが、平日は、私だけの特別な時間です楽しいです 家族全員分の貸し出しカードを使って、隔週に1度、20冊ほどお借りしますが、うち3〜5冊が私の読む新書等、15冊〜16冊が息子の読む児童書、そしてときどき主人の小説という内訳です。 最近、私が借 [続きを読む]
  • 品詞の学習①#国語の家庭学習
  • 学校から電話がありましたどうも最近、うちの息子の茶目っ気がすぎるようです 私が「母親が家庭にいないことや、日々の勉強がストレスになっているのでしょうか。」と聞くと、先生は「そのようには見えません。」と。 良かったです。 そしてこのように続けられました。 「人を楽しませることが好きで、おちゃらけるところがあるのですが、歯止めが利かなくなることも多いのです。TPOを見極めて、落ち着くべき時には落ち着ける [続きを読む]
  • 文法#国語の家庭学習
  • 国語の学習として、我が家では、教科書の書写を行うことがあります。麻布学園の中島克治先生(国語科教諭-現代文)の本を読んだときに、教科書を書き写すという学習方法が提言されていたので、それを実行に移している・・・といったところでしょうか。 ただし、中島先生はこの学習を毎日必ず行うべきと仰っていますが、我が家にはそこまでの体力はありませんので、週末に時間があれば、という程度での取り組みです。 小学生の [続きを読む]
  • 国宝展−芸術と歴史に触れる
  • ふ先日、ブロ友さんが、芸術に関する教育の記事を書かれていて、その中でとても興味深い指導法を教わりました。 “教育ママ”と思われるのが怖くて、実生活でおつきあいのある方とは、なかなか教育に関するお話をすることができないでいるので、ブログを始めていなかったら、本を読んだり、ネット検索したり、キーワードから検索するだけの知識で教育を行っていたと思います。 だから、芸術分野に関して、子どもにとって有効な声か [続きを読む]
  • ボードゲームは玩具か?教育か?
  • 書店に行ったら、こんなフリーペーパーを見付けました。 “ボードゲームは、玩具か?教育か?” とても面白そうだったので、1部いただいてきました。 イスラエル発祥の教育メソッドMIND・LAB.(マインド・ラボ)。イスラエルは、国民一人当たりの起業率や特許取得率が非常に高く、近年、めまぐるしい経済成長を遂げている国の一つですが、イスラエルでは、公立の学校でも、このマインド・ラボというメソッドが採用されているよう [続きを読む]
  • SAPIXが選ばれるわけ
  • 最近、【読書メーター】という便利な読書記録のツールを見つけたので、ブログでの読書記録が滞っています 読書メーターは、記録としての役割を果たしてくれるばかりか、沢山の人と感想をシェアしたり、次に読みたい本を探したりできるので、とても面白いです ですが今回は、中受に向けて通塾を考えるにあたり興味深い本に出会うことができたので、中学受験のカテゴリーでブログにも記録しておきたいと思います。 SAPIXといえ [続きを読む]
  • 九九のらせん(倍数の点つなぎ)
  • ここ3日ほど、ずっと九九の糸かけで遊んでいました。 糸かけは、各段の九九の解の下一桁を結んで行うものですが、息子が 「ねぇ、これ、もっと円を大きくして、九九の答えを素直に糸で結んだらどうなるの」 と言うので、やってみることにしました 教材は、シュタイナーの著書の翻訳活動やシュタイナー理論の研究などをされている森章吾さんが作られたものを使わせていただきました。 糸かけでは、「同じ形になるね」と [続きを読む]