大和民族の団結 さん プロフィール

  •  
大和民族の団結さん: 大和民族の団結
ハンドル名大和民族の団結 さん
ブログタイトル大和民族の団結
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamatodanketsu/
サイト紹介文尊皇、反米保守、反グローバリズム派のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供490回 / 365日(平均9.4回/週) - 参加 2016/11/27 12:58

大和民族の団結 さんのブログ記事

  • 天皇陛下、豪雨被災地御訪問へ 「象徴」としてのお務め
  • 今週の「毎週連載 天皇陛下 象徴としてのお務め」 は、天皇陛下の豪雨被災地御訪問を特集する。以下引用天皇、皇后両陛下は21日、西日本豪雨の被災者を見舞うため、被害の大きかった愛媛県西予(せいよ)市と広島県呉市を日帰りで訪問された。両陛下が豪雨被災地に入るのは14日の岡山県倉敷市に続いて2週連続。 https://mainichi.jp/articles/20180922/ddm/041/040/095000c引用終わり (続く)続きを読む [続きを読む]
  • 南北「事実上の終戦宣言」へ 米国のアジア撤退を覚悟すべし
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します) 総裁選が終わったが、国外に目を向ければ情勢は激変している。文在寅と金正恩が二度目の会談を行い、「平壌共同宣言」を発表したのである。韓国側はこれを「事実上の終戦宣言」としたが、全く核廃絶が進まない状況の中で、このように北韓へ宥和外交を行う文在寅政権は全く愚かなことである。今回の事実上の終戦宣言は米国のアジア戦略に影響を与える可能性がある [続きを読む]
  • 石破茂の予想外の大健闘 次回参議院選挙に道筋
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します) 自由民主党総裁選挙が行われた。結果は、安倍晋三の圧倒的勝利で三選ということになり、下馬評通りとなったが、一つ予想外のことがあった。石破茂の大健闘である。特に党員票に至っては、安倍晋三が二二四票であったのに対して、石破が一八一票を獲得し、過半数に近づく多くの票を受けた。これは、下馬評を超える接近戦となった。国会議員票に至っても、安倍の圧 [続きを読む]
  • 自由民主党を祭る文
  • 自由民主党を祭る文 歳は戊戌に在り九月某、金風淅瀝として露白く天高きの時、一星忽焉として墜ちて声あり、嗚呼自由民主党死す矣、而 して其光栄ある歴史は全く抹殺されぬ 。嗚呼、汝自民党の事、吾人之を言ふに忍びんや、想ふ六十余年前、敗戦の惨毒滔々四海に横流し、神州の復興は正に 大頓挫を来すの時に方つて、祖宗在天の霊は赫として汝自民党を大地に下して、其呱々の声を掲げ其圓々の光 を放たしめたり [続きを読む]
  • リーマンショックから十年 日本と中国の歩み
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します) リーマン・ショックから十年が経った。世界に衝撃を与えつつ、行き過ぎた金融資本主義とグローバリゼーションの過ちを明らかにしたこの危機は、経済史に残り得る金融危機である。我が国を含む多くの国家がこの余波により多大なる影響を被ったわけであるが、他方でこの十年間で著しい成長を遂げたのが中共である。リーマンショックと時期を同じくし、中共経済は我 [続きを読む]
  • 石破よ、国民所得を十年で三割増やしたいなら政策を変更せよ
  • (押下お願い致します)(こちらもお願い致します)石破茂が自身の経済政策の中で「国民所得を十年間で三割増加させる」という公約を述べた。もし本当にそれが出来るならば国民は喜んで石破茂を支持するだろう。しかしながら、少なくとも石破の政策を見る限り、到底このような政策を実現できるとは思われない。なぜなら、国民所得を縮小させるための政策を述べているからである。 (続く)続きを読む [続きを読む]
  • 安倍信者からの転向者が「保守」論壇の中で増えつつある
  • 安倍政権の政策にはなんでも賛成するというような、悪質な存在が安倍信者である。かつて「ネトウヨ」と呼ばれていたような層は、安倍政権発足以降、ネトウヨと呼ぶのもふさわしくない、安倍信者化したと言える。ネトウヨはネット右翼という意味であるが、安倍信者の主張は右翼的な主張ではなく、安倍政権を擁護するのみであり、その政策がどのような売国的なものであっても、決して批判しないから、これはもはや右翼ではないのであ [続きを読む]
  • グローバル大企業と戦うトランプ政権とおもねる安倍政権
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します) なぜか安倍政権支持者は大抵トランプを支持しているが、安倍とトランプの政策は全く異なるものである。外交政策でも噛み合っていないが、通商政策においてはなおさら対立している。それはただ単に日米間の関税をめぐる論争だけでなく、グローバリズムに対する捉え方である。トランプは、グローバル大企業と戦っているのに対して、安倍政権はグ [続きを読む]
  • 悠仁親王殿下、十二歳のお誕生日 さらに頼もしく
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)相次いだ大災害の禍根がいまだに日本列島に残る今、被災地を明るく照らしてくれるようなニュースもある。一つは、北海道出身の大坂なおみが、日本人としてはじめて四大大会で優勝したことである。きっと、北海道の被災地の人々も喜んでいるだろう。心から祝福の念を示したい。さらに、今月六日には、来年皇位継承二位となられる悠仁親王殿下が十二歳のお誕生日をお [続きを読む]
  • 三十兆国債を発行し「東京防災大計画」を実行せよ
  • 今回、日本列島には同時多発的に、多くの災害に被害をもたらされるという前代未聞の状況になった。しかし、今回の大災害において東京だけは何らの被害にも合うことがなかった。これは逆に言えば、台風、大豪雨、地震といった災害が同時期に東京を襲う可能性も、今後は考えられるということである。しかも、二年後には東京五輪が開かれ、多くの滞在者が予想される。大規模な防災計画を策定しなければならない。 (続く)続きを読む [続きを読む]
  • トランプ、対日超強硬姿勢を露わに 日本を中国と同列視
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)胆振東部地震と台風二十一号の影響はいまだに日本列島に重大な影響を残しつつある中であり、一日も早い復旧を祈りばかりであるが、国内のみならず国外にも目を向けていかなければならないようである。トランプ大統領が対日超強硬姿勢を改めて露わにしたのである。「安倍首相との蜜月は終わる」発言に加え、「これまで日本との貿易に本腰を入れてこなかったのは中共 [続きを読む]
  • アベノミクスを「継続」するべきかという質問
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)JNNの世論調査で、アベノミクスにより景気の回復の実感があるかどうかについて八割を超える回答者が「ない」と答えた上、四十二パーセントが「アベノミクスを継続すべきではない」と答え、「継続すべき」の三十四パーセントを上回ったことが分かった。先月の日銀の金利上昇容認、物価目標の無期限延期を経て、アベノミクスの論理は既に崩壊が明らかになっているが、 [続きを読む]
  • 北電、北海道内全面停電へ 電力・電信の国有化は不可避
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)今回の台風災害、北海道での大地震により被害に遭われた方に、まず心よりお見舞い申し上げます。亡くなった全ての方に対して、心から哀悼の意を捧げます。また、被災地におられる方は、当局の指示に従い、くれぐれも身の安全にお気をつけ下さい。 さて、今回の北海道大地震において最も甚大な被害となったのは、電力である。北海道電力は北海道内が全面停電した [続きを読む]
  • 玉木よ、日米地位協定改正と消費増税凍結を公約にせよ
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)国民民主党の新党首となった玉木雄一郎が、日米地位協定問題を「自民党にはできない」と指摘し、この改正を公約とする考えを示した。もし日米地位協定の改正を公約として掲げるならば、国民民主党は国民の支持を得ることができるだろう。以下引用 生活に身近なもの、例えば日米地位協定の改定。沖縄県知事選も踏まえた中で、変えた方がいいと思うので、共通のテ [続きを読む]
  • 国防、経済、福祉、諸問題を解決する手段たる「大和民族の団結」
  • 当ブログは、「大和民族の団結」というものを最重要の主題として主張を行ってきた。これは、同じ民族間、国民間における結束を最重視しようという意図であり、以前の記事においては、これが結束主義と繋がるものであると述べた。特に、現状では安倍政権を支持するか否かというような劣悪な二元論をもって国民を分断したり、くだらない基準で国民同士の団結が分断されている。本当にあるべき姿は、一般庶民たる国民同士は団結し、国 [続きを読む]
  • NAFTA決裂 メキシコとの二国間協定へ 日本も注視すべし
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)北米自由貿易協定の再交渉問題で大きな動きがあった。カナダがこの交渉から離脱し、米墨間の二国間交渉に持ちこまれたという。これは、米国から二国間の自由貿易交渉を要求されている我が国においても注視すべきことである。以下引用トランプ米大統領は27日、米国は北米自由貿易協定(NAFTA)に代わるものとしてメキシコとの新たな貿易協定に署名すると述べた [続きを読む]
  • 麻生「間違いなく増税できる環境」 驚きの認識、即刻辞職せよ
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)麻生太郎が増税問題に関して驚きの認識を示した。この発言一つで、大臣辞職に値するほど酷い発言であり、即刻辞任を要求するものである。麻生は、「今回は間違いなく増税をやれる環境になっている」などと述べたのである。日本経済の動向を全く無視し、いたずらに国民を苦しめようとする発言である。以下引用 麻生財務大臣:「今回は間違いなく(消費増税を)や [続きを読む]
  • 韓国の防衛費大幅拡大、日本と同水準へ 背景には米国のアジア戦略
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)韓国の国防費が前年比一気に八パーセント増加して、四億七千兆円となり、日本と五千億円差に迫りほぼ同水準となることが分かった。文在寅の北韓宥和外交は全く呆れたものであるが、他方でこの政策は全く正しいものである。以下引用韓国国防省は28日、2019年度予算案について、前年度比8.2%増の約46兆7000億ウォン(約4兆7000億円)に上ったと [続きを読む]
  • 新自由主義は何故「日本の伝統」を破壊するのか
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します) 当ブログは、ここ最近で二つの記事を再投稿させていただいた。一つは、「日本は元来福祉国家であった」という記事で、もう一つが「枝野が自称する保守とは何か リベラルとの対立概念ではない」という記事である。これらは、福祉、多様性というリベラルとされる政策の価値観が、実は日本の伝統精神でもあって、日本の伝統を維持するという意味に [続きを読む]