大和民族の団結 さん プロフィール

  •  
大和民族の団結さん: 大和民族の団結
ハンドル名大和民族の団結 さん
ブログタイトル大和民族の団結
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamatodanketsu/
サイト紹介文尊皇、反米保守、反グローバリズム派のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供491回 / 365日(平均9.4回/週) - 参加 2016/11/27 12:58

大和民族の団結 さんのブログ記事

  • 日銀の過大発表問題…金融緩和の限界は明らか 民間に回らない貨幣
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)日銀が重大な不祥事を犯した。投資信託の家計保有額が三十兆円も過大に計上されていた。簡単に言えば、家計や個人が所有しているとされた投資のための資産が、実際には大手銀行が保有していたに過ぎなかったということである。以下引用個人の代表的投資商品である「投資信託」の家計保有額が、日銀の統計作成時の誤りで30兆円以上も過大計上されていたことが判明 [続きを読む]
  • 安倍自民も野党も保守政党 なれども真正保守政党にあらず
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)枝野幸男の、国会で放った演説「安倍は保守ではない」という発言が反響を呼んでいる。枝野は「保守」の本来の定義を「人類が長年に渡って積み重ねてきた歴史に謙虚に向き合い、人類が積み重ねてきた叡智を活かしながら、それを改善していくにあたっても間違っているのではないかという謙虚な姿勢を持ち、そして自らを省みながら一歩ずつ世の中を良くしていく。これ [続きを読む]
  • 六月の消費者物価、低迷 原油価格のみ上昇
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)六月の消費者物価指数が発表された。原油価格や生鮮食料品の価格を除いた物価指数である「コアコア物価」は、〇・二パーセントの低迷となり、いまだに我が国が需要不足の状況から抜け出せていない実態が明らかになった。以下引用 総務省が20日発表した6月の全国消費者物価指数(2015年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が101.0と [続きを読む]
  • 「ファーストエンペラー」としての今上天皇
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)「ラストエンペラー」という言葉は、映画の題名をきっかけとしてよく使われるようになった言葉である。主として清朝最後の皇帝となった愛新覚羅溥儀を指してこのように呼ぶが、逆に日本においてラストエンペラーは存在しない。世界最古の歴史を持つ我が国の皇統は、神武以来未だ嘗て一度も途絶えることを知らず、今もなおこれを保持し続いているからである。では逆 [続きを読む]
  • 「日米同盟」と「清洲同盟」の違いとは
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)我が国は現在、明らかに米国との不平等な条約を結んでいる。この記事で示したように、沖縄返還直後に在日米軍の駐留根拠となる日米安保の六条を廃止しようという日本政府の動きがあったことが明らかになった。それは、少なくとも当初の日本政府は冷戦の終結と日本の経済発展に伴って、これまでの日米体制を転換して自主化しようという意思があったことを示すもので [続きを読む]
  • 水道「公設民営」の懸念と原発「国策民営」の失敗
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)水道民営化法案の今国会での見送りが決まった。このような大水害が起きたことで、水道の安全に対する国民的懸念が一気に増大し、政府がこの法案に対する批判を臆するところとなったことが最大の理由であろう。その中で、改めて水道事業の「公設民営」について考えていきたい。 (続く)続きを読む [続きを読む]
  • 古に学ぶ為政者のあるべき姿 後北条氏はなぜ滅亡を選択したか
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)まだ赤坂自民亭の件が延焼している。今度は外務大臣がフランスで不適切な投稿をしたということである。今回の豪雨災害により、安倍政権や自民党幹部らの冷酷な被災者・被災地に対する態度もまた明らかになったが、野党も同様の宴会を開いていたという話もあり、行政の長である安倍の責任の重さがことさらに重大であることは言うまでもないが、もはや政治家全体の問 [続きを読む]
  • 自民党の目的のための議員定数増加に反対する
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)自民党が、数多くの悪法とともに可決させようとしている法案の一つに、公職選挙法の改正案がある。これは、次の参議院選挙において議員定数を六増するというものであるが、この問題については、今回の法案そのものと、議員定数に関する本質の議論を区別して考えていく必要があると考えている。 (続く)続きを読む [続きを読む]
  • 天皇陛下、御公務復帰と豪雨被災地への思い 今週の天皇陛下
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)今週の「毎週更新 天皇陛下 象徴としてのお務め」です。 体調をお崩しになっておられた天皇陛下は、宮内庁によれば五日には体調を回復され、御公務に復帰されたということである。五日には陛下は、セイシェル、セントクリストファーネビスの大使の信任状捧呈式に御出席になり、今日には、伝統的に皇居で育てている繭を皇后陛下とともに収穫された。以下引用天皇 [続きを読む]
  • 「日本語」の誕生と歴史 大和言葉は、いかにして漢字と融合したか
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)私がブログの記事を書くときにいつも思うことは、日本語はなんと表現が多彩であって繊細な言語であることか、ということである。まさに日本の文化のうちに存在するに相応しい、ふくよかな言語であると言えよう。しかし、日本語というのはまた、色々な意味で特殊であるようにも思われる。普段は、大抵の人にとって慣れ親しんだ自分の国の言語について深く考えるとい [続きを読む]
  • デフレ脱却・経済成長のための財政出動の「期間」について
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)西日本を中心とする豪雨災害による多くの犠牲者が生まれた。公共事業、社会資本整備の重要性を改めて浮き彫りにする事態となったが、政府においては予算を拡充し、政府歳出を傾ける必要がある。デフレ脱却と合わせて、政府はやはり財政歳出の拡大が必要であったということである。しかし公共事業などについては、どれほどの期間、どれほどの量の財政出動を行うか、 [続きを読む]
  • 米中貿易戦争勃発 「グローバリズム」の先にあったもの
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)七月六日、米中が一斉に互いに経済制裁を実行した。互いに五兆五千億円程度の規模で、米国は八百品目、中共は五百品目近くを制裁対象とし、まさに米中間で「貿易戦争」が始まった。報道では一律でこれを批判的、もしくは悲観的に扱っているが、この結果は、「グローバリズム」がもたらした必然なのである。以下引用トランプ米政権は6日、中国が知的財産権を侵害し [続きを読む]
  • 五月の家計消費支出、大幅激減 それでも大増税を行うのか
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します)五月の家計消費支出が発表された。なんと、三・九パーセントもマイナスになったというのである。ここまで大幅に激減するとなると驚きであるが、原油価格上昇による電気代やガス代の値上げのほか、四年も前の消費税増税の後遺症がいまだに響いているという現状を如実に表すものである。以下引用総務省が6日発表した5月の家計調査によると、1世帯(2人以上)当た [続きを読む]
  • メキシコ、反米政権樹立 グローバリズムと米国への怒り爆発
  • (押下お願い致します) (こちらもお願い致します) ワールドカップの日本対ベルギーはいよいよ今日の深夜に行われる。相手は強敵であるが、日本には是非勝利してもらいたい。もし日本がベルギーに勝利すれば、次なる対戦相手は隣の組のブラジルか、メキシコかのいずれかになるのだが、ブラジルが確実視されている中で、もしかすると、日本のコロンビア戦ではないが、何らかの番狂わせがあってメキシコがブラジルに勝つ [続きを読む]