Rovin さん プロフィール

  •  
Rovinさん: i.aquarium
ハンドル名Rovin さん
ブログタイトルi.aquarium
ブログURLhttp://iaquarium.blog.fc2.com/
サイト紹介文アピストとネイチャーアクアリウムを中心に、熱帯魚から水草、テラリウムなどを気ままに楽しんでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/11/27 20:27

Rovin さんのブログ記事

  • スポンジonミクロソリウム
  • なんだかすっかりご無沙汰しております。関西のアクアリストの方々は昨日の地震、大丈夫だったでしょうか。地震対策なんて何も考えてなかったため慌てましたが、とりあえずうちは無事でした。…さておき。ちょっと前に、大阪・鶴橋でのオフ会に参加し、Yossyさん、taketatuさん、ナルさんとさまざまなお話をさせて頂いたのですが、ありがたいことに、そこで哀れなpH7.4男の水質改善が話題に…。で、頂戴したアドバイスを忠実に再現 [続きを読む]
  • エリザベを
  • ども! RovinことpH7.4男っす。皆さん色々とGW前後のセールでアピストを入手されたことと思いますが、ワタクシはAnさんのセール状況をつぶさにチェックしながら、序盤はただただジッと耐えておりました。が、やっぱり 新しいアピストが欲しい!pH7.4男だけれど大好きなエリザベが欲しい!pH7.4男なので絶対に産まないけれど、エリザベを自宅で眺めていたい!pH7.4男のクセに辛うじてエリザベを買うくらいのお金は工面できちゃいま [続きを読む]
  • 続・水質問題
  • ワタシはこれまで、試薬による水質チェックなんてまるでやらないヒトでありまして、それでも特にサカナが死ぬとか困ったコトはありませんでした。が、アピスト水槽の水質を改善すべく、最近は週1回の水換えをやめて定期的にpHをチェックしてまして、それによって、あっさりと問題点が見えてきました。その問題点とは、端的に書きますとpHが下がらないというコトでありまして、水草水槽も含め、我が家のすべての水槽がpH7.2-7.5の [続きを読む]
  • シュードムギル・ティミカ
  • 昔から、動きまくる、泳ぎまくるサカナがあまり好きではありません。癒しのハズのアクアリウムなのに、その手のサカナを見てると、どうにも気忙しくて落ち着かない気がするんです。…ということで、うちではブリジッタエとか一部を除いてラスボラとかレインボーフィッシュ系はほぼスルーしてたんですが、45cmの水草水槽はサブ水槽なのでまぁいいかと思って、ちょっと前から「せわしないサカナ」を入れてみております。シュードムギ [続きを読む]
  • リネアタ(仮)その後
  • 2月にAnさんとこで、2ペア購入してみたリネアタ(仮)。残念なことにその後、1匹が死んでしまい、今は3匹(1ペア+メス?)が泳いでおります。「リネアタorブルトケール」として売られてたのを迷いながら2ペア買っちゃったため、その後にAnさんとこに入荷したリネアタは苦笑しながらスルー。そしてさらに、今やってるセールを横目で見ながらジッと耐える日々を過ごしておりますよ…。ま、それはともかく…。202号室に収容した [続きを読む]
  • 水質の問題?
  • 環境に馴染むことと、成長していくことがあいまって、一般的には飼いこむと美しくなっていくハズのアピストですが、我が家のアピストはどうもうまく育ってないような気がします。例えば、前にも紹介しているテフェ産のAp.アガシジィ。ライトの当たり方で見え方は変わったりするものの、見た目には美しくなってないどころか、劣化したような気が…。以前、水草水槽に入れていたアピストなんかはキレイに育ってくれたのですが、APAP [続きを読む]
  • サンショウウオ飼育
  • さてさて、前にカスミサンショウウオの写真を載せておりますが、実はその時、卵塊の端っこをハサミで切って少しばかり持ち帰っておりました。で、1匹だけ孵化できなかったものの、8匹が卵塊から飛び出し、なんとかかんとかみんな無事に育っております。これは数週間前の写真。昨日に撮ったもの。餌はひらすら活きブラインでしたが、先週くらいから冷凍アカムシも与えてまして、写真は腹いっぱいにアカムシを食べた後。今は小さい [続きを読む]
  • ペルーグラステトラ
  • ちょいと間があきましたが特段の話題はありませんので、水草水槽のペルーグラステトラを紹介しときます。5匹入れてますが、スケスケなわりに、なぜだか結構存在感があります。アップとか。最後は恒例の風景写真。◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m [続きを読む]
  • 産卵も…
  • 先日、ペルヴィカクロミス・タエニアータス・ナイジェリアレッドが産んでおりました。が、もうすでに稚魚は消えたようです…。稚魚を確認できた日に撮った写真がありますので、一応あげときます(画質悪いですが…)。この水槽は水草植えまくってるので写真がなかなか撮れません。で、この時のオスとメスの関係なんですが、オスが他のテトラを追い払ってて「おぉ頼もしい」と思っていたものの、お母さんにとってはそのオスも気に障 [続きを読む]
  • 脱・ピカピカ
  • 普段、それほどキレイ好きでもないのだけれど、この趣味においては「インテリアになるアクアリウム」を目指してることもあり、とにかくコケを目の敵として、水槽をピカピカに保つことに励んでおります。水草水槽は週1、2回、アピスト水槽は週1回、欠かすことなく水換えをし、セカセカとコケ掃除に励んでおるのですが、以前から薄々、この運用はアピストには向いてないんじゃないかとは思っておりました。しかし、先日、ナルさん [続きを読む]
  • 苔追加
  • 今日は、苔を追加した後のテリラウムの状況を。まずは全体。印象は前とそんなに変わらないかもですが、ヒノキゴケ、シノブゴケ、コウヤノマンネングサを新たに入れ、タマゴケは少し追加しています。ヒノキゴケ。コウヤノマンネングサ。こちらは前からあるスナゴケ。で、ここからは節分草続き。今回撮った節分草の写真のなかでは、これが最も絵的にはキレイかと。こっちは、まだ寒い中で健気に咲いている感じが出てますかね〜。まだ [続きを読む]
  • ブリタニクティス・イエロー
  • 水草水槽はサカナをかなり控え気味に入れてたんですが、どうにも寂しいというコトで、少し前にメンバーを増強しております。今日はその中から、ブリタニクティス・イエローの写真を。かつては珍カラ扱いで貴重でしたが、かなり流通量は増えましたね〜。パッと見で目を引くサカナではありませんけど、じっくり見るとほんとにキレイっす。それほど活発って感じではなく、ホバリングでジッとしてることが多いです。ディープレッドホタ [続きを読む]
  • 相変わらず
  • 30cmキューブ水槽に収容しているペルヴィカクロミス・タエニアータス・ナイジェリアレッドのペア。体がそれなりに大きいため、本来ならこの水槽では狭いハズなんですが、相変わらずペア仲は良好なため、平和な空間となっております。いつもボーッとしてる感じのオス。オスよりはちょい活発で、いつもエサには真っ先に駆けつけるメス。お腹まわりのカラーリングも相変わらずいい感じ。産まれたら困るような気がして、これまでは産ま [続きを読む]
  • ブラッドレッド
  • 考えてみると、うちの水槽には常にこのブラッドレッドペンシルがいて、海水から戻ってからだと最も長く水槽にいる種だったりします。ただ、「最も長く水槽にいる種」であって、「最も長く水槽にいる個体」ではありません。つまり、いつの間にかいなくなって、また買って、みたいなコトを繰り返しております。感覚的には、半年くらいでいなくなっちゃう感じでしょうか。性格はほんとに大人しいというか、のほほんと我が道を行く感じ [続きを読む]
  • メダカたち
  • 我が家のテラリウム水槽2つは無加温なので、サカナは2種のメダカを入れております。まず、こないだ設置した60cmテラリウム水槽。幹久メダカの鉄仮面という品種です。メダカって上から見て楽しむのがメインなようですが、横から見てもキレイです。照明は落とし気味の方がいい感じに見えますね〜。システムテラ30に入れてるのは、この紅帝メダカ。パッと見は赤くてキレイですが、個人的には鉄仮面の方が好きですね〜。2種ともテラ [続きを読む]
  • ヒレの再生
  • Ap.ロシタエに尾ビレを食いちぎられていたAp.ジュルアエメラルドのオス。※ブイブイいわせてた半年くらい前の写真かつては優雅にたなびかていたツインバーもどきの尾ビレを、※1ヶ月くらい前の写真こんなお姿にされてしまったものの、その尾ビレは徐々に回復しつつあります。ただ、やっぱり以前と同じにはならないんですねぇ…。色や模様が明らかに薄くなり、下のバーはほぼ色がありません。で、この一件でなんとなく頭に浮かんだ [続きを読む]
  • リネアタ(仮)202号室ペア
  • 今度はリネアタ(仮)のAPAP水槽202号室に収容したペアを紹介します。まずはオスと思われる個体。これはもうこのへんの写真だけでオスな気がします。尾ビレはいかにもこれからライアーテールになりそうで、背ビレ後端は尖り気味。顔にも赤が乗ってきそうですし、アナルブローチもうっすら確認できます。性格的にも、こんな感じでいつも怒ってます。これは普段なら採用しない基準の写真ですが、なかなかヒレ立てないので…。で、一 [続きを読む]
  • リネアタ(仮)101号室ペア
  • こないだ書いたようにAn Aquariumさんから購入した2ペアのリネアタ(仮)。今日はまず、APAP水槽101号室に入ってもらったペアの紹介から。ヘッポコ・アピスターのワタクシに種の同定などできるはずはないので、とりあえず写真現像&記事を作りながら、自分なりにオスかメスかだけチェックしていきます。まずはペアの写真。サイズ的に明らかに奥にボケて写ってる個体(以下、<大個体>)の方が大きく、水槽内では常に手前のピント [続きを読む]
  • リネアタ(仮)
  • 「世の中のイケてるアピストマニアはみんなリネアタを持ってるんじゃないか?」と錯覚を覚えるほど、アピストマニアな皆さんのブログで頻繁に目にするAp.リネアタの記事。単純なワタクシが感化されないハズもなく、イケ・アピスターを目指して密かに(?)入手機会をうかがっておりました。その間、とあるショップの販売リストでリネアタの出物を見かけたりはしたものの、辛うじてチンパンジーをわずかに上回る程度の学習能力と忍 [続きを読む]
  • ガイアナドワーフ
  • 前に撮っといた、45cm水草水槽内の「ミリオフィラム sp. ガイアナドワーフ 」が可愛げなので写真だけ。ADA・みずくさの森シリーズの組織培養モノで、植えて数日くらいの頃。このままの草姿を維持してくれればいいのですが…。これは120cm水槽台に置いてる3本の水槽の写真でして、この一番右の水槽が縦置きしてる45cm水槽で、育ってきた「ミリオフィラム sp. ガイアナドワーフ 」が写ってます。ご覧の通り、もはやモフモフになっち [続きを読む]
  • バエンスヒ
  • ちょっと間が空きましたが、アピスト紹介シリーズ。今日はAp.バエンスヒを。まずはオスから。まだサイズはさほど大きくないので、これからの成長に期待です。青の発色はそれほどでもない感じですが、どうなりますか。なんとなく尾ビレをアップで。一方のメス。最近はオスに押されて、こうやって前に出てくることはあんまりないですけど…。なんかパンダみたいで可愛いっす。オスとメスはあまり仲良くないですが、エサはメスもちゃ [続きを読む]
  • 7割方完成?
  • 〜60cmテラリウム水槽制作記・part4〜小出し小出しの制作記、4回目でございます^^;こないだ3連休の最終日は朝にチャームから植物類が届き、いよいよ本格的な植栽作業に。空いてるところはいっぱいあるので、一応、各植物が好む環境に近いであろう場所に配置していきます。前日、真ん中に置いてたスギゴケは右下に移動し、スギゴケがあった中央部分にはスナゴケを。真ん中らへんにある背の高い枯れ枯れの草体はクジャクシダ。衝撃 [続きを読む]
  • ひとまず
  • 〜60cmテラリウム水槽制作記・part3〜前回の記事では、こんな感じに仮組みしたところまで書きました。で、そのまま状態で黒のシリコンシーラントを岩と岩と隙間なんかに注入して1日放置。次に底砂の準備(洗浄)に取り掛かったのですが、思わぬ事態が…。今回は田砂を使おうと思っていたものの売り切れだったため、似た感じに見えるチャームさんの「Spring Water(湧水の砂)」という商品を買ったのですが、砂を水に [続きを読む]
  • 試行錯誤
  • 〜60cmテラリウム水槽制作記・part2〜レイアウト素材がないとイメージも湧かないため、まずは素材集め。楽天市場のポイントがそれなりにあったので、なんとなく砂利屋さんの溶岩石を購入。…が、届いたのは確かに溶岩石ではあるものの、どうも小さいなぁ、と。ただ、買っちゃったモノはどうしようもなく、もはやこれでやるしかないよなぁ、と。四の五の言わず、とりあえず組む。ササッと10分くらいで積み上げてみる。で、こんな感 [続きを読む]
  • 新テラリウム計画・スタート
  • サカナが死んだとか海水やめるとか、ちょっと暗めな記事が続いたので、今日は前向きなのを^^;海水魚完全撤退に伴い、そのスペースで何か新しいこと、具体的にはアクアテラリウムをやってみようかなと思い、あれやこれやと調べを進めております。ただ、テラリウムってかなり幅が広く、やれるコトも、実現する手段も選択肢がありすぎ、その割には情報量が少ないので、思うように検討が捗らないんですよねぇ。「テラリウム 作り方」 [続きを読む]