宮中魂 さん プロフィール

  •  
宮中魂さん: 宮田中学校 野球部
ハンドル名宮中魂 さん
ブログタイトル宮田中学校 野球部
ブログURLhttp://miyadabaseballclub.blog.fc2.com/
サイト紹介文選手のレベルアップのために、野球の学び情報や全国大会までの中学軟式野球の情報を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 324日(平均7.7回/週) - 参加 2016/11/28 22:14

宮中魂 さんのブログ記事

  • 【動画+まとめ】 球辞苑(ゲッツー)の放送とまとめ
  • ゲッツーの技法【 中日 荒木雅博選手 二塁手編 】(1)二塁ゴロは体の右側で捕り、そこを軸に回転して送球する。 →左側での捕球より送球時間が短くなる利点。(2)二塁で送球を受ける時は壁をイメージ →(4)につなげるため(3)球はグラブでつかまずに弾かせる。 →つかんでいると遅くなってしまう。(4)一塁への送球は右脚の股関節を使った体重移動だけで行う。 →強い球を投げる方法(5)グラブトスは手首を使 [続きを読む]
  • 【記事】 アスリートにもおすすめ 高栄養価の「 シラス 」
  • シラスのアレコレ■シラス干し、ちりめんじゃこ…その違いとは? ・・・一般的にシラスと呼ばれているものは、主にカタクチイワシの稚魚のことです。加工段階で名称が変わります。水揚げし、さっとゆでたものを「釜ゆでシラス」、それを軽く天日干しして水気をきったものを「シラス干し」。さらに乾燥させ水分をとばしたものを「ちりめんじゃこ」と言います。とくに旬といったものはなく、主に太平洋側で捕れるシラスは、水揚げされる [続きを読む]
  • 【記事】 運を高める「 幸運スコア 」 リチャード・ワイズマン
  • 幸運と不運を隔てるものは何か。英国のリチャード・ワイズマン博士は、この壮大なテーマに興味を抱き、「運の科学的研究」を開始した。10年に及んだ調査の結果、博士は「運のいい人」に共通する4つの法則に辿り着く。さらに運がいい人の行動を真似れば、自分の運も向上させることができるという。世界30カ国でベストセラーとなった博士の著書『運のいい人の法則』では、日常生活で運を高めるトレーニング法も解説している。 [続きを読む]
  • 【記事】 筋トレ前後に何を食べると効果的か
  • 【結論】ワークアウトの後にお勧めの食べ物は次の通りです。フルーツやオムレツをトッピングしたオートミールターキーサンドイッチ中サイズのサツマイモ、赤身ステーキ4オンス(約113g)、野菜チポトレチキン丼(チーズ、グアカモレ、サワークリームを使うと低カロリーにできます)1日に必要な摂取カロリーを満たし、十分なたんぱく質(25g以上)と炭水化物をしっかり摂取できるなら、あとは何でもありです。ワークアウト初心者や [続きを読む]
  • 【記事・動画】 大分県 明豊高校 浜田選手の打撃に学ぶ
  • ――甲子園で6割という高打率を残しました。状態の良さは自覚していましたか?「はい。ボールが良く見えるようになってきましたね。選球眼がいつも以上に冴えたので、見極めがしっかりできていました。ボールを長く見ることができるようになって、余裕が出てきましたね」――もともと飛距離には定評がありました。その飛距離を生み出す技術力が備わったことで大分大会の3本塁打、甲子園の2本塁打に繋がったのではないでしょうか [続きを読む]
  • 【記事】 自分の中にある「才能」を発見するためのコツ
  • 『才能が見つからないまま大人になってしまった君へ』(神岡真司著、ワニブックス)の著者は、「ビジネスパーソンの能力を最大限に引き出すためには心理学の知見が不可欠」という立場に基づき、法人対象の研修や執筆活動などを行なっているという人物。そんな活動を続けながら世の中の成功者たちの「成功要因」を分析した結果、わかってきたことがあるのだといいます。それは、どんな才能を爆発させるかは千差万別だとして [続きを読む]
  • 【記事】 捻挫の回復を早める栄養素とは
  • バランスの良い食事にプラスして まず、ケガをした場合は、種類にかかわらず、新しい細胞を作るための材料になる「タンパク質」と「ビタミンC」をしっかり摂ります。捻挫した場合は、腱やじん帯を強くするコラーゲンをたっぷり補給しますが、「タンパク質」と「ビタミンC」は体内でコラーゲン合成の材料にもなります。 「タンパク質」は、肉、魚、卵、大豆加工品、乳製品に多く含まれており、「ビタミンC」はキウイフ [続きを読む]