チンギスハン さん プロフィール

  •  
チンギスハンさん: チンギスハンのブログ.米国株投資。
ハンドル名チンギスハン さん
ブログタイトルチンギスハンのブログ.米国株投資。
ブログURLhttp://tingisuhan.hatenablog.jp/
サイト紹介文シニアが米国株に投資。地方在住66歳。年金が少ないので米国株で補います。含み益重視。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2016/11/29 18:13

チンギスハン さんのブログ記事

  • 買いタイミングについて
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年6月15日(金)記先日の記事にコメントをいただきました。ていさんより「売り」が難しいのはもちろんですが、「買い」も確実な上昇タイミングなんてわかるんですか?私にはわかりません。絶好のタイミングを捉え、含み損を抱えることを絶対に避ける、そんなことできる人、いるんでしょうか。私には無理です。だから含み損が絶対に嫌な人は、そもそも投資なんですべきではありません。おと [続きを読む]
  • シニアの安全第一米国株投資
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年6月14日(木)記親が家を処分するというので、毎日片づけに行ってます。「戦後のモノのない時代を経験しとるからな」と母親は言います。そのせいか、物置やら収納にはもれなく、贈答品やら、袋やら、ガラクタやらが、時系列順に詰め込まれて、地層を形成しています。使う可能性がコンマ1%でもあれば保存したのでしょう。最後は業者に委託するようになるでしょうが、とりあえずできる範 [続きを読む]
  • チャート分析って役に立つんだろうか?
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年6月11日(月)記株式投資再勉強中です。今いろんな本を読んでいます。その中でチャートについての勉強もしています。しかし、疑問に思うことがあります。それは「果たして役に立つんだろうか?」「どのくらいの効果があるんだろうか?」という点です。長期に渡って上昇することがわかっていれば、とにかくありったけのお金で買っていくのが最強です。どの銘柄、あるいはETFを選ぶか [続きを読む]
  • 機関投資家の立場から見ると当分ハイテク優位は変わらない。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年6月10日(日)記 株式投資出直し勉強中です。 今回の勉強の収穫に「機関投資家の立場に立って考える」という選択肢が増えたことです。そうすることで、不可解に見えたことも、すっきりすることもあります。今年に入って1月の高値、2月の金利上昇による大幅下落、その後の貿易摩擦による下落、そして合間を縫って上昇、このところのハイテクを中心に最高値の更新と目まぐるしいです。「何 [続きを読む]
  • 株式の収益は実生活とは関係がない。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年6月8日(金)記株式再勉強中です。今日のテーマは株式の収益と実生活の関係です。1千万円の投資額で1%の値動きで10万にもなります。これを実生活に置き換えると大変なことになります。大好きな焼き肉がみんなで腹いっぱい食べれます。キャバクラで豪遊もできます。でもそんなことをする人はいないでしょう。そんな目的で株式投資をしているわけではないからです。もう少し長期 [続きを読む]
  • 株式市場は巨大なグランド、いろんな立場のプレーヤーがいる。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年6月7日(木)株式投資を再度勉強しています。「下落に耐える精神力」「しっかり投資する度胸」は私の課題でした。しかし再度勉強していくうちに、私の精神構造にも問題があるけれど、方向性が大きいことに気づきました。市場に立ち向かうか、市場に流されるか。A 自分が価値を認めた企業に投資して長期に保有してリターンを得る方法があります。この場合は、市場がその通り動くとは [続きを読む]
  • 機関投資家がフル投資の理由、素人の場合の条件。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年6月3日(日)先週は順調に上げて終わりましたね。自分は投資リセット中、勉強中です。株式市場で大きな割合の機関投資家の立場に立って考える2回目です。もっとも、常識的な内容です。もうすでに承知の方も多いでしょう。私が機関投資家の考えを意識していなかっただけでしょう。したがってご不要な方はどうぞパスしてください。機関投資家はフル投資を強いられる。株式市場、 [続きを読む]
  • 機関投資家の立場になって考えてみると納得いくことも多い。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月31日(木)記株式投資初めから勉強中です。チャートの勉強をしています。引き続き勉強中のメモのようなものです。今日は機関投資家の影響についてです。機関投資家が参加した銘柄では(ほとんどの大型株はそうだと思うけど)成長株で①息の長い成長が続くその理由は高値ではちゃんと売るので、異常な高値になるのを防ぐ。下落場面では仕込んでいくので、下落幅が小さい。とありまし [続きを読む]
  • 昔の成長株の軌跡を振り返る。現在と共通点も多い。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月29日(火)記投資見直し勉強中です。その感じたことなどです。1 超長期のダウチャートを確認すると ちょっと見にくいですが(1)1929年の恐慌前のバブル度は強かった。およそ380ドルですが、大恐慌で長期に渡って下落し、1932年には50ドルを下回っています。実に80%ほどの下落です。(2)回復するのは四半世紀後の1954年11月23日です。(3)四半世紀に渡る低迷期でも大きく上 [続きを読む]
  • 今の時期に有利な投資法は?10年後を見据えて。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月28日(月)記投資リセット中です。今日のテーマは今の時期に有利な投資法です。さて各投資法についての論議は尽きません。視点を変えて、現在の各投資法の有利・不利を考えました。そして10年後を見据えてみます。事実とそれから考えられる投資法の有利不利を考えると。1 長期的には米国株は上昇してきたこと。現在がたとえ高値圏にあるとして、現在買っても、10年以上のス [続きを読む]
  • 景気がいいから株が下がらないとは限らない。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月26日(土)記今株式投資の勉強をリセットしています。売買は得意でないので、その手の本は避けてきたのですが、その分、その分野の能力が大きく欠けています。ということで、今まで読んでこなかった分野の株式投資の本を読んでいます。その中で気になったのが「景気がいいから株が下がらないということはない。」というのがあり、今更ながらに考えさせられました。日本でも、学生の就 [続きを読む]
  • 株は安く買って高く売るのが基本というけれど。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月24日(木)記日大が揺れています。アメフト部の監督は大学でも幹部だったそうです。コーチが言ったとされる「相手のQBをつぶせばウチが得だ」(事実は不明)のウチにはだれだれが入るんだろうと気になりました。日大と関学と言えばアメフトの名門です。ライバルをつぶせば、独壇場になれるということなのでしょうか。ちょっと料簡が狭すぎます。私は、NFLの試合は30年近くファンと [続きを読む]
  • インデックス投資の下落時のメリット、優位性。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月22日(火)記投資法の優劣についてはリターンがどれがいいかと、オフェンスで語られることが多いのですが、いつかは来るだろう下落局面でのディフェンスで考えました。<素人投資家は売りが苦手>プロでも、天井圏で売るのは至難と言われています。まして、素人は天井圏で買うことはあっても売ることは難しいのは過去の例が示しています。<割と大きな20%程度の下落局面を考えると> [続きを読む]
  • インデックス投資の下落時のメリット、優位性。
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月22日(火)記今週に入っても好調ですね。今年は2月3月にかなりの下落があったのでセルインメイはすでに済んでいるというコトかもしれません。さて、投資法の優劣についてはリターンがどれがいいかと、オフェンスで語られることが多いのですが、いつかは来るだろう下落局面でのディフェンスで考えました。<素人投資家は売りが苦手>プロでも、天井圏で売るのは至難と言われています [続きを読む]
  • 中国のIT2強の存在はプラスそれともマイナス?
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月19日(土)記エコノミストという雑誌の最新刊でIT巨人の特集がありました。米FAANGと中国の2強、BABAアリババとテンセントの比較がありました。時価総額では(4/20)エコノミストよりアップル90兆円、グーグル80兆円、アマゾン80兆円、フェイスブック52兆円、ネットフリックス16兆円、大して中国2強はアリババ51兆円、テンセント40兆円と全くそん色有りません。(1)7社に共通す [続きを読む]
  • 大きな流れで現状を見てみると
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月17日(木)記少し、市場を遠くから眺めて、大きな流れに注目したいと考えています。今日の日経新聞にそれについて考えさせられる記事がありました。英国の方の記事でした。お読みでない方のために概要を書きます。正確には記事をご覧ください。は筆者注<5月17日日経新聞、英 ラナー・フォルハー氏寄稿>「次の危機の種はアップル」見落とせない5つの傾向1つ目の傾向株式の上昇→格 [続きを読む]
  • 今後の投資とブログの方針
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月16日(水)記米国株を始めて、1年半経ちました。今思えば、始めたときは何にも知らなかったなあ。と感じます。では、勉強した今は進歩しているかというと、「本来の性格」とかもありますから、そんなには変わらないと感じます。投資家心理に左右されやすい自分の性格はそのままで、投資ができないかと考えたのが「市場最弱、投資弱者のための負けない株式投資」です。結局はもともとの方 [続きを読む]
  • 市場最弱、投資弱者の負けない株式投資、全文(再掲)
  • 替えたところもあるので全文を掲載します。長くて恐縮です。今の私の結論です。市場最弱(私のことです)投資弱者のための負けない株式投資一年あまりやってみてつくづく自分は投資能力が低いと思いました。情報に弱いシニアなどを情弱と呼ぶそうですが、さしずめ投資に弱い私などは投弱と言えそうです。こんな自分でも投資を継続できるのかという課題でまとめたのがこの記事です。主人公として、投資家最弱の投弱(自分)を想 [続きを読む]
  • 市場最弱、投資弱者の負けない株式投資、最終回
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月15日(火)今日はこのシリーズの最終回です。市場最弱(私のことです)が株式投資を考えた結論です 9 投資するタイミングは 理論的には「長期投資では買うタイミングは重要ではない」は正しいが 10年、20年と投資し続けたとすると、20年前に2%高かったの安かったのは大きな問題ではありません。 投資を続けることが一番重要だからです。 しかし、投資弱者の場合は続かない。そ [続きを読む]
  • 投資弱者のための負けない株式投資(4)
  • 市場最弱投資弱者のための負けない株式投資(4) 2018年5月14日(月)記地域分散の重要性世界中の株を時価総額の割合で投資既出の内容なのでカットします。リスク許容度の設定自分のリスク許容度(損してもいい金額)が決まれば投資額がある程度計算できます。  将来の変動幅=期待リターン±σ×2 (σシグマは標準偏差) で考えます。σ×2をとると、95.5%の確率で収まります。ちなみに1σだと68.3%。<各E [続きを読む]
  • 投資弱者のための負けない株式投資(2)インデックスのメリット
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月12日(土)記昨日の続きです。インデックスETFについてはたぱぞうさんやちゅり男さんなどが詳しく記事にしておられます。私もインデックスETFについては、大昔から利用はしているのですが(といっても15年ほどですが)、今一インパクトに欠けるというか、「自分は投資しているぞ」という感じがしないんですよね。それで、つい伸びが大きそうだとか、あるいは配当が高いとかの個性につ [続きを読む]
  • 投資弱者のための負けない株式投資
  • 米国株投資家のみなさんこんにちは2018年5月11日(金)記一年半の米国株投資をやってみてつくづく自分は投資能力が低いと思いました。投資家心理のバイアスが克服できません。情報に疎い人のことを「情報弱者を略して情弱」というそうですがさしずめ投資に弱い私などは投弱と言えそうです。造語ですが今後この言葉を使います。こんな自分でも投資を継続できるのかという課題でまとめをメモに書いていました。もともと自分の整 [続きを読む]