taperewrite さん プロフィール

  •  
taperewriteさん: ある在宅ワーカーのつぶやき
ハンドル名taperewrite さん
ブログタイトルある在宅ワーカーのつぶやき
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/taperewrite/
サイト紹介文テープ起こしに関するいろいろな話。ほとんど表記のルールについての記事です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2016/11/29 18:20

taperewrite さんのブログ記事

  • 納品の予定を立てることについて
  • (本日は長文です) 何度かこのブログで触れましたが、テープ起こしの仕事では納期を守って納品することが最も重要です。そして、繁忙期には複数の複数の締め切りを抱えていることはざらですから、きちんと予定を立てて作業することが必要になります。中には複数仕事を受けたら順番に1個ずつ済ませていく方もいらっしゃるでしょうが、私は一つの仕事の文字起こし自体と聞き直しをできるだけ別の日に行うようにしていますから、同 [続きを読む]
  • 「からし」
  • 以前、「辛い(カラい)」は漢字表記で「つらい」は平仮名表記である旨、記事にしました。それで、辛い調味料の表記もその漢字を使っていいのかなと思いきや、こちらは用字用例辞典では平仮名表記とするルールになっていました。いろいろ調べてみると、「からし」の漢字表記は「辛子」とも書けるけれどもまずもって「芥子」であるので、平仮名なのかなという気がします。(あくまで個人的な想像です) ちなみに、からしの原料とな [続きを読む]
  • 「絡み」 or 「がらみ」
  • きのう「絡める」と「からめる」の使い分けについて触れましたが、きょうもその関連になります。きのうと同じく、平仮名表記するのは漢字で書くとすると「搦」と書くほうですが、きのうが動詞だったのに対してこちらは接尾語になります。 例)予算の絡みがありますので、今すぐの実現は難しいです。  最初に来られたのは、50がらみの男性だった。 上の例の「絡み」はよく使われる言い回しでしょうけど、後者の「がらみ」は余り [続きを読む]
  • 「絡める」 or 「からめる」
  • 平仮名で書いているほうはもちろん砂糖を焦がしたものではなく、動詞の「からめる」です。漢字で書くとすると「搦」です。私はこれまでちゃんと使い分けをしていなくて、全部「絡める」にしており、この仕事を始めて用字用例辞典を引いて初めて使い分けが必要であることに気づきました。 辞書で調べてみますと、「絡」「搦」のどちらの表記もひっくるめて一つの項目の中で書かれていますが、その中でちゃんとどう使い分けるべきで [続きを読む]
  • 「記章」
  • 何かイメージとしては、取材に来た新聞記者が記者であることの印としてつけているもののような感じを受けますが(私だけ?)、これは単純にバッジのことです。 厳密にいうと「職業・身分・所属などを示すために帽子や衣服などにつけるしるし。バッジ」(デジタル大辞泉より)ということなんですが、私はこれをこれまで「徽章」のほうで覚えていまして、どうにも違和感が拭えません。とはいえ、「徽章」は読めても手書きしろと言わ [続きを読む]
  • 「希有」
  • 私は個人的にはこれはのぎへんがついた、某横綱のお名前と同じ「稀」を書きたくなってしまうんですけれども、用字用例辞典では「希」と記載するルールになっております。 この「希」と「稀」はほぼ同じ意味を持っているんですが、全く同じ意味というわけではありません。具体的にいいますと「稀」の意味は「めったにない」「濃度が薄い。まばら」だけなんですが、「希」にはそれに加えて「願う」「ギリシャ」の意味があります。と [続きを読む]
  • 「先駆け」
  • 超個人的な感覚では、某男塾の影響によりこの言葉の表記は完全に「魁」一択なんですが、用字用例辞典では「先駆け」と表記するルールになっております。 なお、これから送り仮名の「け」を取ると、「先駆(センク)」になりますが、用字用例辞典では「先駆け」の意味は「先駆」と記載があり、逆に「先駆」の項には意味として「先駆け」が記載されています。つまり、入力後にうっかりバックスペースキーで「け」を削除してしまって [続きを読む]
  • 「即断」 or 「速断」
  • 用字用例辞典では基本的に「即断」と書くルールであり、例外として「速断に過ぎる」が記載されているという、ちょっと変わった使い分けの例です。これらは、そもそも辞書では別の項目で記載されています。デジタル大辞泉によると、「即断」のほうは「その場ですぐに判断したり決断したりすること」、「速断」のほうは「すばやく判断して決定すること」「早まった判断をすること」とあります。つまり、辞書では「即断」「速断」とも [続きを読む]
  • 「ばんそうこう」
  • 平仮名で書くと何かわかりづらいのですが、傷口に張るあれです。これはどうも地域によっていろいろなメーカーの製品名で呼ばれていることもあるようで、私の実家では主にバンドエイド、たまにサビオと呼ばれていました。皆様のお宅ではどうでしょうか? ちなみに現在我が家での呼び名はバンドエイド一択になっていますが、いろいろ使ってみての耐久性のよさ、?がれにくさの比較から、結局呼び名どおり実際にバンドエイドのみを用 [続きを読む]
  • 「おくて」
  • この「おくて」にはそもそも二つ意味がありまして、「比較的遅く成熟する品種の稲」「一般に、遅く成熟すること(ア)花や実のつくのが遅い草木の品種(イ)成熟の遅い人(ウ)時節より遅く咲く草花」ということで、辞書では前者は特に「晩稲」、後者は「奥手、晩生」と書くようです。(デジタル大辞泉より)これが、用字用例辞典では全て平仮名表記になります。 それで、私個人的には、稲含めた草木には「晩生」、人間に対しては [続きを読む]
  • 「摘む」 or 「つまむ」
  • 久しぶりに、ザ・使い分けといった雰囲気のものですね。「摘む」という表記では「ツむ」「ツマむ」と読むことができますが、用字用例辞典では「ツむ」と読む場合のみ「摘む」と表記することになっています。同じ表記ですと異なる意味にとれることがありますから、合理的な使い分けだと思います。 例)イチゴを摘んだ。  イチゴをつまんだ。 なお、この「つまむ」は、辞書を見ますとほかにも表記できる漢字があることがわかります [続きを読む]
  • 「遂げる」
  • 「目的を達する。果たす。なしおえる」「最後にそのような結果となる」(ともにデジタル大辞泉より)という意味の言葉です。デジタル大辞泉の例を引用しますと、「志を遂げる」「思いを遂げる」「非業の死を遂げる」「急成長を遂げる」とありまして、こういうのはまあそんなに間違わないだろうと思うんですが、問題はほかの動詞と一緒になって複合動詞になっているときです。 例)最後までやり遂げることができてほっとした。 複合 [続きを読む]
  • 「あくどい」
  • 表記どうこう以前に勘違いがあった言葉です。 まず「悪」という漢字を用いて「あく」を表記する言葉がありますが、この場合は、「悪たれ」のように大抵漢字です。それで、私は当然「あくどい」も「悪」なんだろうと思っていたんですが、「あくどい」は平仮名表記です。 これはなぜなのかといいますと、辞書を見ればわかります。辞書には「あくどい」の表記として「悪」という選択肢はありません。私がいつも参照しているデジタル大 [続きを読む]
  • 「むく」
  • このブログを始めてすぐごろに「?がす」という記事をアップしまして、画面上では目を凝らさないと判別できないような文字二つのうちの一つを用いないといけないこと、また、「?」の字を用いるほかの言葉、例えば「?離」なんかも同様である旨を記載しました。 それで私はすっかり「?」の字は漢字の難しい漢字を使うということで覚えていたのですが、そうではない場合もあるということに先日気づきました。それが「むく」です。 [続きを読む]
  • 「無理やり」
  • きょうのお題ですが、この言葉を分解した「無理」単独の場合は、私はこの仕事を始めた最初のころにすぐ覚えることができまして、というかこれまでもずっと漢字で表記する癖がついていたものですから、特に意識することなく何も確認せずに表記することができていたのですが、「やり」がつくと一転して、表記が不安になり一々確認しなければ怖い言葉になってしまいます。とにかく、「やり」も漢字で書きたいのです。 ちょっと前の記 [続きを読む]
  • 「一事不再議」 or 「一事不再理」
  • どちらも余り聞きなれない言葉であると思います。 とりあえず意味を記載しますと、「一事不再議」は、「議院において、議決した案件については同じ会期中に重ねて審議をしないこと」(デジタル大辞泉より)、つまり会議関連の言葉で、国会のニュースなんかでたまに耳にします。これに対し「一事不再理」は、「刑事訴訟法上、事件についての判決が確定したとき、同一事件については再度審理を許さないこと」(デジタル大辞泉より) [続きを読む]
  • 「明くる」
  • かなり前に「あく」or「明く」という記事で、「明く」という言い方は余り使わないと思うが、例えば「らちが明かない」などのときに使うなどと書きましたが、これもある意味その関連です。というのは、辞書では他の項目として書かれていて意味も異なるんですが、「明くる」はもともと動詞「明く」の連体形からきた言葉であるからですね。ということで表記は「明く」と同じく漢字を用いるんですが、これを単体だけ見せられても余り例 [続きを読む]
  • 「押しなべて」
  • きのうは個人的に漢字で書きたくてたまらない(そして間違う)言葉でしたが、きょうは逆に平仮名で書きたくてたまらない(そして間違う)言葉です。 例)昨年度の事業は、押しなべてよい成果が得られたと考えております。 ちなみにですが、私のパソコンで変換しようとしたら、最初「押しなべて」は候補に出てきませんでした。候補としてあったのは、全部平仮名か、「なべて」の「な」が「並」でありました。(これは辞書にもある表 [続きを読む]
  • 「ぬれる」
  • 「濡」と書けるやつです。辞書で調べると、「表面に水などがつく。また、水がかかったり水につかったりしてしみ込む」「男女が情を通じる。情事を行う」(デジタル大辞泉より)と意味が二つあるんですが、どちらも平仮名表記です。加えて、慣用句のときも平仮名表記です。用字用例辞典に項目立てしてあるものを挙げてみますと、 ・ぬれ縁(ぬれえん)・ぬれぎぬ・ぬれ手でアワ・ぬれネズミ ですが、平仮名同士の組み合わせの「ぬれ [続きを読む]
  • 「張り切る」
  • きのうの記事の関連のようなそうでないような。漢字で書くと何か違うもののように見えますので、手っ取り早く例を挙げてみます。 例)きょうも張り切っていきましょう。この表記なのか……、とちょっと違和感を覚えるのは、きっとこの漢字の組み合わせは「切り張りする」のイメージのほうが強いからかもしれません。もちろんこれは、私の納品前チェックリストのうちの一つです。 [続きを読む]
  • 「張る」
  • これはしょっちゅう出てくるんですが、いまだに間違います。 例)ロープをぴんと張った。  ポスターを壁に張りつけた。  特に、例で示した下のほうです。「貼」と書きたくなりませんか? デジタル大辞泉を見てみると、項目の頭には「張る」しか書いておらず、たくさんある意味の中で幾つかには、付記のような形で「「貼」とも書ける」と書いてあります。なので基本的には「張る」ということで日本語としても間違いなさそうなん [続きを読む]
  • 「かなた」
  • きのうの記事を書いていて、これも間違って覚えていたことに気づきました。というか、同じく大分前(今回は4年前)に調べてメモしていたにもかかわらず、すっかり忘れてしまって漢字で書いておりました。 この仕事をやっていると、結構受ける仕事のジャンルが偏ってきて、たまに違うジャンルの仕事を受けると、日ごろ使わない言葉に多く遭遇してあたふたすることになります。具体的に言うと、私がふだん受けることの多いおかたい [続きを読む]
  • 「そしゃく」
  • 例えば「鬱」なんかそうなんですが、用字用例辞典では、普通に書けないような字で表記するルールであることが結構多いような気がします。それで私はこれと字の似ている部分のある「そしゃく」も当然漢字表記かなと思っていたんですが、こちらはなぜか平仮名表記でした。 というか、メモを見ると5年前に調べていたようなんですが、すっかり忘れていて先日うっかり間違った表記をしそうになりました。そんなに出てくる言葉ではない [続きを読む]
  • 「回り」 or 「周り」
  • 余り難しくない書き分けのような気がしますし、用字用例辞典でも「周り」は「周囲」のとだけ明確に書いていますから、実際難しくはないんですが、一つだけ気をつけなければいけないところがあります。それは「身の回り」です。 「身の回り」を辞書で調べますと、「衣類・装身具・文房具など、日常生活に必要なこまごまとした物。また、自分の周囲。身辺。そこから生じる雑用」とあります。真ん中辺を見ていただくと、「自分の周囲 [続きを読む]
  • 「そり」
  • ちょっと前に「反り」の記事で、これは平仮名で書きそうになると書きましたが、同じ読みで平仮名表記の言葉もあります。それは、 例)北海道では犬ぞりレースが行われている。 のほうです。字が難しいので多分これまで私も平仮名で書いていたとは思うんですけれども、うっかり「反り」のほうと混同してしまわないように注意が必要であると思います。 [続きを読む]