華丸 さん プロフィール

  •  
華丸さん: 華丸先生の連絡帳
ハンドル名華丸 さん
ブログタイトル華丸先生の連絡帳
ブログURLhttp://are.gger.jp/
サイト紹介文小学校でこの時期することや理科のことをブログに載せています。臨床心理士・理科専門・中堅教員
自由文猫と犬が好きな中堅小学校教員。来談者中心から、認知行動療法を学んだ臨床心理士で、理科が専門で好き。漫才・落語などのお笑い好きで今はゆりやん。小学校でこの時期することや理科のことをブログに載せています。さっと読めて楽になります。RTやリンクは内容に賛意を示すものではありません。
Twitterもフォローよろしくお願いします。
http://twitter.com/hanamarudane
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供429回 / 326日(平均9.2回/週) - 参加 2016/11/29 22:58

華丸 さんのブログ記事

  • 教員採用試験に合格おめでとうございます。(2)
  • 内定前研修にいくかどうか教員の離職率は1年目に高い!採用試験に合格して、4月から怒涛の仕事が始まります。目の前の子どもを残して、新任研修に出向くときなどは気が気ではありません。4月に入るまでに何か対策を立てておくとよいでしょう。内定前研修のメリット・デメリットメリット教育委員会の人と顔見知りになる。教育委員会の人の企画の場合が多いので、若手担当になる指導主事の方と早めに顔をあわせることができます。 [続きを読む]
  • 教員採用試験に合格おめでとうございます。(1)
  • 合格してから、4月に赴任する間までにしておくこと自分応援団のつくりかた友達と遊ぶ!しっかり遊んで休む。家族と団欒する。いろんな人とのつながりをかたくつないでおきましょう。ソーシャルサポートといって、自分が悩んだときに相談できる応援団を今のうちにかためておきましょう。私もうすーい応援団の一員になります。字を習いに行く通信講座でも大丈夫です。字の形を整えておくことと、この投資は最も安くて得といえます。 [続きを読む]
  • 学校に行きたくない先生方へ(2)ー先生の不登校ー
  • 仕事に行きたくない日曜日の午後になると、明日のことを思い浮かべて仕事に行きたくないと思う。これは誰でもあるのですが、人によって思いが違います。気持ちを計測してみましょう(スケーリングしてみましょう)。0が仕事に行きたい10が本気で行きたくないとします。(仕事に行きたい・ちょっと嫌だ程度)0−4の人自然な反応です。お風呂に入って早めに就寝家族と話をする。ペットと触れ合うほんわかしていきましょう。(結 [続きを読む]
  • 英語も少しは楽して教えたい
  • 小学校の先生なのに英語って困る毎週の英語学習に頭が悩まされることがあります。フォニックスは、有用なので、DVDなどで購入するのはいい方法です。でも、毎回授業を考えるのがしんどいなぁ。そんなときは、クイズ・プレイを動画に任せましょう。またしても、英語コンテンツ(こちら)学校にタブレットがあればさらにいいですが、なくても表示をしながら一緒に進めていきましょう。ゲームのポイントや英語の授業の展開の勉強にな [続きを読む]
  • 運を味方につける
  • 運って何?宿命、運命、運いじることができる(変えることができる)こととできないことを知ることは大切です。宿命人がもって生まれたさだめ個人が変えようと思って変えられない運命です。どの親のもとに産まれるか、生まれた国運命巡り合わせや将来ここは、変えることができます。大人ですから、苦手な人に近寄らない。心地よい人のところによる。これは、精神を安定させます。新しく技術や大学で学ぶ必ず運命を変えます。運くじ [続きを読む]
  • 算数の復習を楽しくする動画コンテンツ
  • 同じ先生に教えてもらうとあきる・・・教え方がうまいか下手ではなく、いつも同じ先生だと実は子どもが飽きていることがあります。毎日特上寿司を食べたい訳ではありません。そんなときに、授業の復習に使える動画があります。刑事物で算数が学べるわずか10分の動画です。休み時間でもいいですし、給食の時間や授業の開始直後の復習につかえます。さんすう刑事ゼロ(こちら)考え方を重視しているコンテンツです。動画を見せてい [続きを読む]
  • 物事をいい方向に動かす
  • うまくいっていないとき言われたくない言葉を子どもから言われて苦しんでいる先生に思いを馳せました。対処をすることと自分の気持ちを守ることを分けてみましょう。自分の心を守るために嫌だとそう感じることができれば、何か簡単で気分が変わりそうな違うことをする。私の場合忙しいを言い訳にして、ストレッチも筋トレも休んでいました。私にとって何か違うことをする日頃していないダンベルで運動をする。そこで2kgのダンベル [続きを読む]
  • 言われたくない言葉を先生が子どもに言われたら
  • この記事の順番は、子どもの気持ち・先生自身のショックにどう対応するかの順で書いています。教員としてヤバいヤバいもいろいろな意味を含みますが、あまりいい言葉ではないのかもしれません。キツイ言葉(悲しくなるのでキツイ言葉と表現を変えました。)をどの時期に言われるかで意味合いは変わります。でも、言った子どもに本心を聞かないと真実はわかりません。4月であれば、前の学年の先生との人間関係がうまくいかなかった [続きを読む]
  • 悪循環を断つ簡単なこと
  • 家と職場の往復繰り返し悪循環を断つ簡単なことは、「少し違うこと」をすることです。30分早めに職場にむかう。家と職場の往復の合間に、近くの公園でゆっくりテイクアウトの朝食をとってみる。気分が変わります。できるだけ、木が多いところで散歩してから帰る。北欧では、森林浴としてリラックス効果が示されています。私は、公園でマインドフルネスと呼吸法をしています。帰り道に映画に行く。自分は外食して家族にはお惣菜で [続きを読む]
  • 教頭先生に子どもを投げる人達
  • 教頭先生〜子どもよろしくお願いします!子どもが言うことを聞かないんです!といい、職員室に子どもを引きずり出して指導する先生って今もいます。子どもの心の中自分で言わないで、偉そうな先生(教頭)に言いつけた。脅しでしょうか?一時的に聞くことになってもこれ、嫌われます。「そんなことあなたはされたらどう感じますか?」これが想像できていません。ますます、子どもの心が離れていきます。先生の心の中もう、あの子は [続きを読む]
  • この3連休は学級荒れない作戦を立てよう
  • ブログアクセスを見ると、土日のアクセスが少なくなる傾向があります。「休日は考えないでおこう。」この3連休はしっかり考えたほうがいいと思います。2学期が開始して子どもたちも慣れてしまっています。慣れるというよりはだれるといったほうが正しい場合があります。この3連休については、対策を立てないと順調に荒れていきます。けがや電話対応が増えていませんか?教員の感度が低く暮らしていくと、増えたかどうかにも気が [続きを読む]
  • 読書活動は、作者との対話であり深い学びにつながる。
  • 私(教師)は流行りものが大好きで流されるえっと・・・、私のことです。アクティブラーニング・・・。何だかんだと新しい概念のように説明されます。アクティブラーニングは使うなと言われたり、主体的・対話的で深い学びと言われたり・・・。普段の授業の中で取り入れられていることと言われる・・・。うーん、正解は子どもにとって一番食いつきがよく「取り組んでみたい」と思う課題の設定や解決あでの道筋に寄り添うことかなぁ [続きを読む]
  • 作品展・図工展の準備から所見にいかすまでの道のり
  • 作品展の指導で手いっぱいのところ・・・、こうすれば活かせる図工展の作品もう取り組んだ方がいいですよ!図工の指導方法 上記のページ(こちら)には、題材の選び方と簡単な描き方を書きました。9月の記事ですから、今からみると1ヶ月遅れになりますがそれでも役に立ちますよ。もうやってますか??今からやると後がラク!作品展の作品づくりに取り組もう!さらに題材についてかいています。(こちら)以下は、所見書きにいか [続きを読む]
  • ホットな気持ちで所見を書こう!運動会もそろそろ終わり
  • 所見はホットな間に書きましょう。運動会もそろそろ、終わったという学校も増えてきました。運動会は、先生も子どもも全力で取り組んだ大切な行事です。ちょっと面倒だけど、ホットな気持ちの間に所見も完成させましょう。表現運動(ダンス)ダンスは、集団で指導しています。運動会が終われば、何人かずつでテストをすると評価しやすいです。子どもは1学期のダンスでも覚えていると思います。でも、終わって1−2週間の間にテス [続きを読む]
  • PTAのメリットそして先生のメリットは?
  • PTA辞めたい PTAは教員と保護者の方の任意の団体です。子どもを育てるということが、学校の教員の力だけでは足りず、地域と保護者総出で取り組むために組織されています。夏祭りなど外注という方法もありますが、他人と地域や保護者の人が注意することでも、文脈が異なります。つまり、雇われた他人さんが子どもに注意すること近所の方が言われること○さんのお家の人が言われること先生がいうこと子どもにとっての受け取りや効果 [続きを読む]
  • そろそろ所見の材料を集めましょう
  • 今所見材料を集めておくと楽になります 2学期も始まったばかりですね。もう所見??そうです。もう所見材料を集めておきましょう。運動会がある場合リズム運動・表現運動の様子をよく観察して記録しておきます。練習風景プラス様子汗まみれになりながら、手をピンと挙げて練習に取り組んでいました。運動会では・・・・という形で上手なダンスを行いました。個人走・リレーなども指導をいれたこととプラス様子でかけますね。作品 [続きを読む]
  • 愛される先生になろう。魔法の言葉を覚えよう。「なぜ俺だけ?」
  • また、あの子が・・・。絶対の確信があって、「〜したでしょ。」と声をかけるこれは、よくないです。ただしくは「どうしたの?(優しく)」「〜という(事件)があったようです。何か知っている人いませんか?」これを最初にいう言い癖にしましょう。決めつける発言は、いずれ子どもの反発をかいます。よくある反発は「なぜ私(俺)だけ?」何気なく気をつけて発言したつもりでも、その子どもが原因のようにいうものの言い方に聞こ [続きを読む]
  • 電話をかけている姿を見てもらって、「先生変わったな」と思ってもらう方法
  • 電話のかけ方で「先生変わったな。」と思わせてみましょう。学校の先生からの電話が、友達みたいな馴れ馴れしさがあり暗に不快に思われている方もいらっしゃいます。仕事として付き合う訳ですから、特に電話応対ではていねいな応対が基本です。電話をかける場合準備1先方の電話番号、連絡先の順番を事前に確認する。2用件を整理し、メモをしておく。同時に必要な書類や資料を手元に用意する。「私、・・・の・・・と申します。( [続きを読む]
  • 愛される先生になろう。子どもの気持ちに寄り添う。優しいから好きといわれたら
  • 高学年の児童からよくいわれますが・・・。授業中など他に人がいれば気持ちを受け止めて、その子のいい感情を学級に広げましょう。そして少し冗談もいれます。「ありがとう!すごく嬉しいです。そんなこと言われたら、もう先生も好きになるよ。あっ、でも結婚してくださいの好きではないよ。言われて嬉しくなることは、先生にも他の人にも伝えてね!」これで、続々と先生は告白されます(笑)。私は、お楽しみ実験や投げ込みの授業 [続きを読む]
  • 職員室にお客様がおみえになった!
  • 職員室にお客様が!「教頭先生」を呼ぼう。そうですね。しかし、教員も職員です。お客様への対応は社会人としてできるだけ適切に行いましょう。こういう部分で若い先生でもすごい!と思われます。民間企業出身の先生はできる?かと言われるとそうではありません。自分で身につけた人こそが、周囲から一目置かれる存在になっていくことでしょう。お客様をご案内 入室までの流れ行き先を告げる「おまたせいたしました。あちらへどう [続きを読む]
  • 苦情の電話応対で「いい意味で先生変わった!」と思われる方法
  • 苦情の電話の応対で「変わった!」と思われる方法苦情の電話があったときに、私たち自身に言い分があって伝えたいんだけど言い訳と取られてしまう!そんなことありませんか?子どもが家庭に伝える(帰宅する)前に家庭に電話をすると説明子どもが家庭 に伝える(帰宅)後に家庭に電話をすると言い訳 です。でも、忙しくてつい忘れていた。苦情の電話を受けたときの対応を覚えておくとショックな気持ちが和らぐでしょう。苦情の電 [続きを読む]