しまあじ太郎 さん プロフィール

  •  
しまあじ太郎さん: しまあじ太郎のブログ
ハンドル名しまあじ太郎 さん
ブログタイトルしまあじ太郎のブログ
ブログURLhttp://shimaajitaro.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文シマアジにはまっているおじさんの釣り日記。 海上釣り堀中心に船太刀などの釣りなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/12/01 14:02

しまあじ太郎 さんのブログ記事

  • 水難事故 ライフジャケット
  • 最近、ニュースで水難事故を見ることが多くなった。昔は磯釣りの渡船が定員を超える釣り人をのせたため転覆して26名の犠牲者が出るというようなことがあった。起きたのは1985年(昭和60年)3月で、串本の渡船が23名の定員のところに26名の釣り客と1人当たり35kgの釣り道具をのせたため転覆したというものだが、さすがに最近はこのような非常識な船長はいなくなった。先日、73歳の鮎釣りをしていた人が流されて亡くなったニュース [続きを読む]
  • 釣り人にとっての回転寿司倒産
  • 地方の回転寿司がピンチだという。すでに1月〜7月までに18軒が倒産していて、過去最高の去年を上回る勢いだという。原因はいろいろ取沙汰されているようだ。漁獲量激減に依る原価の高騰。人手不足による人件費の高騰。客数は外人人気で追い風のようなのだが、地方まで回っていないのか?太郎は、回転ずしはすでに成熟産業になっていると考えている。成熟産業の常で寡占化が進みつつあり、合併、買収も活発に行われ、大手は上場企業 [続きを読む]
  • 夏だ!タコだ!暑いぞ 東二見西海丸タコ
  • 今年何度かタコ釣りに出掛けたが、満足いく釣行は無かった。だが、あのヌ〜とした当たりと、掛けた時のズシっと感に、はまってしまった太郎としてはもう一度挑戦したい。それに9月になれば産卵期になり餌を抱かなくなるし、食味も落ちる。ということは暑いなどと言ってはいられない、行くのだ、それでいいのだ。ということで8月6日猛暑日を押して東二見西海丸タコへ行ってきた。今回はえぎもキラキラも重りも根掛かりで失っても大 [続きを読む]
  • 海上釣り堀カタタ なんとかつ抜け
  • 海上釣り堀でなら絶不調から脱出できるかもしれない。誕生月だから半額だし、シマアジの当たりも味わいたいしということで8月1日カタタ海上釣り堀へ行ってきた。天気予報は晴れ、微風、暑い暑さは大阪よりはまし。今日の目標鯛5、シマアジ5、青物1。事務所でカツオを買って今日の餌は、団子、海エビ、カツオの3種類だけしか用意していない。今日はなんと2名、それも全体でだから、抽選はなし。2人で話し合って、早く初めて早く帰ろ [続きを読む]
  • 絶不調が再発 加太鯛 西宮タコ
  • 絶不調だ。7月23日に加太のタイラバへ行ってきたがこの日は出だしから不調抽選はドベ余った船中央の釣り座になってしまった。結果は。。。丸坊主言うことなし。そこで今度はタコで取り戻そうと7月26日西宮釣り人家のタコ1DAYマッチに参戦。キャンセルが出て、再募集に乗っかった。このイベントは1日の一匹重量とそう匹数で争う。重量1位はなんと10万円匹数トップは5万円匹数のほうは下手太郎は可能性ゼロだが、重量はもしかした [続きを読む]
  • 年に一度のキス釣り 何が違うのか
  • 7月17日キスが釣れてきたようなので家島沖のキス釣りに行ってきた。姫路の知々丸。毎年1回キス釣りに行っている。今日は10人のゆったり。抽選で右艫2番目の釣り座。5時半出航途中自衛艦を見ながら6時には家島沖へ。水深は30メートルほど。30号重り天秤の3本針。早速投入と思ったがラインが出ていかない。竿先を見るとラインがガイドに正しく通っていない。仕掛け作り直し。出来た。投入がまたしてもダメ。よく見ると上から5番目ぐ [続きを読む]
  • 東二見西海丸タコ つ抜けだが修行不足
  • 7月13日梅雨も終わって晴れ、無風、暑いがあじも好調のようだし、キスもやっと釣れてきたタコは淡路沖は不調だが、二見沖は好調の様子。今まで太刀魚用に使っていたロッドをタコ用に転用していたのだが、どうも柔らかすぎてしっくり来ていなかったので、安物だがタコエギ専用のロッドを仕入れていた。しからば、試してみたいという誘惑に勝てず、東二見西海丸タコへ行くことにする。4時半集合5時出船だが、できるだけ早く来てほし [続きを読む]
  • 加太あじ ダメだ下手だ
  • 7月9日久しぶりに天気も回復して、風も収まったのでどこかに行くべしだがどこへ鯛を申し込んだが、人数不足で出ず。タコかアジかキスか?釣れているあじの引きを味わうべということで加太のあじへ抽選は21番、艫のいい場所は次々に埋まっていく。中央の艫よりしか残ってなかったので仕方なく選択。4本バリのサビキにオキアミ付けは前回と同じ。日の出の5時半にはポイントへ海はなぎで暑いが絶好の釣り日和、釣れれば言うことなしだ [続きを読む]
  • タコ泉佐野ブルーマックス 下手だな〜〜
  • 7月2日天気は晴れ、昼から風が多少出てくるが大したことない鯛サビキが第一志望だが満船で断念あじとタコで迷ったが近いほうのタコを選択泉佐野ブルーマックスへ行ってきた。3時10分ごろに到着。1番乗りらしい。釣り座は右ミヨシ先端を選択。5時20分出船1時間半ほど走って明石海峡大橋を越えて淡路沖へ到着2個エギの仕掛けを投入トントン、トントン、トントングーと来たところで鬼合わせボウズ逃れの1匹目ゲット、結構でかい。2匹 [続きを読む]
  • 加太あじ まあまあかな
  • 6月26日梅雨の晴れ間行かなくっちゃ1番候補の鯛サビキは1隻は満船、もう一隻は人数不足で出ず。しからばタコか?あじはこの春以降行ってないし、最近復調気味だしヨシあじだ。ということで加太のあじへ加太のあじは早朝便というだけあって早い。4時半抽選5時出船今日は2船体制で1船12名ほど結構ゆったり右艫後ろから2番目が確保できた。船に乗り込んでさあ用意ん?リールはどこだ。ない!!忘れた。急いで借りに行く。無駄な [続きを読む]
  • 泉佐野ブルーマックスタコ 未熟
  • 6月22日晴れ、風ナシ 行くべし釣りとしては鯛が面白いのだが、少々食傷気味なので釣れだしているタコに決定。回数券も残っていたので泉佐野ブルーマックス5時半出航だが3時過ぎには到着すでに3名いて4番右ミヨシ17番を選択。1時間半近く走って、明石海峡大橋を越えて鹿野瀬あたり水深40メートルほどタコとしては深場今日は小さなキラキラを2つつけて2個エギ、1本にあじ半身を巻いてという仕掛けトントンするもしばらくあたりナシ [続きを読む]
  • 鯛サビキ6回目 半端
  • 2〜3日前の予報では曇り時々晴れ、風微風鯛サビキは人気なので2日前には予約しないと満船になってしまう。で、予約。前日の予報は曇り時々雨、昼から強風おまけに前日の地震。なんだか、悪い予感。当たった。6月19日、現地に着いたのは出船2時間半前の3時過ぎなんとすでに5番目。今日は11名、満船が12名なのでほぼ満船。艫が希望だったのだが、取れず。いつもの右ミヨシを選択。5時過ぎには出船。7時に釣り開始明石海峡大橋手前海 [続きを読む]
  • 鯛サビキ ダメだダメだ
  • 6月14日梅雨の晴れ間風もないし絶好の釣り日和(釣れ日和ではなかった)、潮は大潮なので?が付くのだが試してみたかったこともあり西宮釣り人家鯛サビキへ行ってきた。ほんとは13日に行きたかったのだが満船。次善で14日にしたのだが、なんと満船。前日眠れなかったので早朝3時過ぎに到着、鯛サビキは1番だったので試したかった右大艫を選択。満船は12名、1つ置きになるようだ。5時半出船、1時間少し走って、明石海峡 [続きを読む]
  • タコの敵を鯛で? ダメポ
  • 天気予報を見ると6月8日は晴れ、微風これはぜひとも釣りにタコは少し懲りたので、鯛でリベンジをと思って予約状況を見るとなんと6月8日は満船6月7日はめちゃ少ないという仕方ないタコから2日目でまだ睡眠不足が解消してないが、いくべということで6月7日西宮釣人家の鯛サビキへ行ってきた。当日はタコが満船、鯛は7名という状況いつもの右舷ミヨシ先頭2番を確保。1時間半ほど走って明石海峡大橋近くのポイントへ着いたのは7時頃10 [続きを読む]
  • タコとネズミ捕り
  • 6月5日天気ヨシ、風ナシの梅雨では貴重な釣り日和行かないわけにはいかないということで泉佐野のブルーマックスへタコ釣りに行ってきた。鯛サビキのほうが魅力的だったのだが、このところ立て続けに鯛を釣ったので、少々食傷気味。回数券も残っていたのでタコ釣りにした。が、書くこともないぐらい不調。始めは掛かってくるのは他人様の仕掛けばかりのお祭りワッショイ。やっと掛けたら途中でバラスし。やっとこさ釣った一匹目はか [続きを読む]
  • 西宮釣人家鯛サビキ 2度あることは3度ある、つ抜け
  • 6月1日梅雨前の快晴、風ナシ、中潮、絶好の釣り日和どこかに行かなくちゃということで西宮釣人家の鯛サビキへ行ってきた。今回は、ケイムラサビキとオレンジサビキの効果比較もしてみたい。鯛サビキを始めて3度目。1回目は11匹2番、2回目は9匹筆頭ヨシ、今回はつ抜けの筆頭が目標。釣り座はいつもの右舷ミヨシ3番が確保できた。今日は10人のゆったり。マグネットも広く使える。5時半出航なのだが、5時船に乗り込むと、すぐに出航現 [続きを読む]
  • カタタ海上釣り堀シマアジ祭り 久しぶりのつ抜け②
  • つづき8時半ごろに1回目のシマアジの放流があったが、それによっていったん魚が散って、また2.5ヒロに浮いてきたのかもしれない。早速棚を2.5ヒロにして中央付近に投入。Dさんが立て続けにシマアジを掛けた。太郎には来ない。少しDさん寄りに投げなおす。と、浮きがピコピシッ、ドン掛けた。久しぶり(といってもまだ9時だが)シマアジちゃん。6匹目5分後に7匹目。しかし、またまた止まってしまった。9時半ごろに鯛の放流。棚を [続きを読む]
  • カタタ海上釣り堀シマアジ祭り 久しぶりのつ抜け①
  • 5月27日日曜日カタタ海上釣り堀のシマアジ祭りへ行ってきた。カタタではイベントは土曜日か日曜日に行われる。太郎は人の多い土日はできるだけ避けるのだが、今回はどうしてもシマアジを徹底的に釣りたかったのでシマアジが大量に放流される日曜日に行くことにした。案の定、当日は9個の全生簀が使われる盛況。太郎は7番生簀、8人。4人組がいたので5組で抽選。太郎は2番を引く。釣り座8番は1番の人が選択。太郎は5番釣り座を選択。 [続きを読む]
  • 競馬で脱税
  • 3億円の馬券を当てた大阪寝屋川市の職員が申告せず、脱税で刑事罰を受けたうえ、市役所を懲戒解雇された記事が載っていた。ネットで馬券を買っていたため、証拠が残っていて、捕まったとのこと。他の脱税事件を調査のため、ネットから情報を得たところ、たまたま目に留まって調査され、摘発されたとのこと。窓口で買って払い戻しをする場合は、証拠が残らないので、摘発はできないとのこと。そもそも、競馬は25%は引かれて、75% [続きを読む]
  • 2度目の鯛サビキ、つ抜けならず
  • 5月21日。天気もいい、風もない、気温もまずまず、釣りに行かない手はない。さて何に行くか半夜のめばるも終盤、終わる前に行きたい。タコが始まっているが、まだ漁果は望めない。あじはほとんど釣れてない。鯛サビキは少し食いが落ちているがそこそこ釣れている。鯛のあの引きは絶品。ヨシ、2匹目のドジョウを狙って鯛だ!!ということで西宮釣人家の鯛サビキに行ってきた。着いたのは3時半、まだ2時間前ということで1番乗り。今 [続きを読む]
  • 明石鯛ムニエル&兜煮
  • 明石鯛をムニエルと兜煮にしてみた。釣り当日は刺身と真子の煮つけ2日目はムニエルと刺身と塩焼きムニエルは塩コショウをして小麦粉をまぶし、バター&オリーブオイルで焼き、フリーンアスパラ、シイタケ、ピーマンの炒め物を添えて、レモンバターソースでいただきます。3日目は兜煮下手なので姿良く仕上がりません。明石鯛は何をしても超美味しいです。太郎は釣り堀の鯛はそこそこ美味いのだがあまり好まない。しかし明石鯛は別物 [続きを読む]
  • 鯛サビキデビュー、ビギナーズラック②
  • つづき7匹目はすぐに来た。30cmぐらいのやつスタッフが即持っていく。8匹目も間を置かず来た。またまた30cmぐらい。何かサイズがそろっている。つ抜けが視野に入ってきた。その後しばらくまったりが来る。一度巻くスピードを速くしてみた。するとクックックがきた。構わず巻くと止まってしまう。2回ほどそれが続き、時間は10時になってしまった。船長が場所を変わると放送している。今から行く場所は大鯛がいる場所なのでハリ [続きを読む]
  • 鯛サビキデビュー、ビギナーズラック①
  • 天気快晴、風ナシ、絶好の釣り日和、大潮見逃せないさて、何に行くか?もう一度メバルにも行きたい、あじも釣れ始めている、海上釣り堀は行ったばっかり、鯛サビキも一度体験しておきたい。さて?釣り情報を検索していると、雨上がりの1〜2日後に大漁している情報に遭遇。ヨシ、これだ。ということで西宮釣り人家の鯛サビキに決定。この便は、5時半〜午後3時までのうれしい丸1日便。3時半に現地到着、すでに4人がいる。今日は8人、 [続きを読む]
  • 紋甲イカの八宝菜
  • 去年の12月に釣った紋甲イカの最後の冷凍が残っていたので刺身と八宝菜を作ってみた紋甲イカは内側の膜も丁寧にとって格子に飾り包丁を入れソギ切にします。片栗粉をまぶし沸騰した湯に入れ10秒ほどゆでます。豚肉、海老、ウズラ、にんじん、しいたけ、ピーマン、白菜を炒め、イカは最後に入れて軽く炒め、市販の味付けパックを入れて混ぜ合わせれば完成。刺身で十分食べられるほど新鮮なので、イカは火を通し過ぎないことがポイン [続きを読む]
  • カタタ海上釣り堀 まあまあ?②
  • つづき一度基本に帰ってみようということで棚を5ヒロにきっちり図って中央へ投入。が、あたりナシしからばAさんとBさんの間へAさんは角近くで釣っているのでその前はあいている。浮きが明確に沈む。ピシッ、ドン掛けたぞ。全然上がってこない。青かと間違うぐらいよく引く。何とか引き寄せてゲットシマアジ4匹目。よし、棚がわかったぞ。が、もう12時半。あと1時間半ほどしかない。急いで次同じ棚で同じ場所を攻める。またも浮 [続きを読む]