かい さん プロフィール

  •  
かいさん: 妖怪絵巻〜目指せ妖怪博士!〜
ハンドル名かい さん
ブログタイトル妖怪絵巻〜目指せ妖怪博士!〜
ブログURLhttp://sawaik23.blog.fc2.com/
サイト紹介文他にも漫画ブログや建物ブログをしているので遊びに来てください!
自由文始めたばかりなので落ち着いてないのですがちょくちょく変更していきます(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/12/01 22:44

かい さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  •     昔々、平安時代末期の頃、天皇の住む御殿で、毎晩深夜に黒雲の中から「ヒィー、ヒィー」と不気味な鳥の鳴き声がしました。天皇は恐怖でしまいには寝込んでしまいました。お祈りなどをして追い払おうとしたのですが一向に効果はありません。そこで、弓の名手の『源頼光(みなもとのらいこう)』の子孫である『源頼政(みなもとのよりまさ)』に退治を頼みました。頼政は黒雲の中に怪しいものを見つけ、先祖の頼光から受け継 [続きを読む]
  • 舞首(まいくび)
  • 昔々、鎌倉時代の寛元の頃、伊豆(今の神奈川県)の真鶴ヶ崎でのお祭りの日のお話です。小三太、又重、悪五郎という三人の武士がいました。三人はお酒を飲みながら争いを始め、しまいには斬り合いになりました。怪力を持つ大男の悪五郎が小三太を斬り捨て、その首を腰に提げました。さらに悪五郎は又重を斬ろうとしましたが又重は山中に逃げました。又重を追いかけて山中に入った悪五郎は石に躓いて転んだので、その機会に又重は悪 [続きを読む]
  • 二口女(ふたくちおんな)
  • 昔々、下総国(今の千葉県)でのお話です。先妻との子とともに暮らしていた男の家にある女が嫁いできました。やがて男と女のもとに子供ができ、女は自分の子ばかりを愛しました。女は先妻との子にはろくに食事も与えず、しまいには餓死させてしまいました。ある日男が薪を割っていたところ、男は気付かずに後ろにいた女の後頭部を斧で割ってしまったのです。女の頭は割れ、頭蓋骨の一部が変形して歯のように、頭の肉の一部は飛び出 [続きを読む]
  • 過去の記事 …