春の子 さん プロフィール

  •  
春の子さん: Miwakoのセラピールームのブログ
ハンドル名春の子 さん
ブログタイトルMiwakoのセラピールームのブログ
ブログURLhttp://miwakotgw.wixsite.com/londonharunoko/blog
サイト紹介文イギリスでのエモーションフリー、前世・催眠療法、靈氣他のセッション体験談や思う事など綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 354日(平均1.3回/週) - 参加 2016/12/02 05:30

春の子 さんのブログ記事

  • エンジェルナンバー333と0000
  • 今日は2017年11月19日日曜日、昨夜はずっと不思議な夢のオンパレードでした。そして、数字もいくつか出てきて、忘れないように書き留めたのが、「333」と「0000」。不思議な感覚で目を覚まし、今日久しぶりにエンジェルナンバーの話でも書こうと自分のパソコンを開いて、アップしているもの、まだ下書き途中のもの、いろいろあり、その中に、このHPには作ってないエンジェルナンバーのフォルダーを私が作っていたのを発見。 [続きを読む]
  • 8 子育てを通して自分の心も癒す
  • 個人のブログ「ロンドン春の子Miwakoの初めてブログ」には自分の心の変化の記録として2012年より書き残しているものがあるのですが、この記事は2012年にそこへアップしたものです。この2017年、「子育てを通して自分の心を癒す話」をする機会があり、そういえばとその当時のことを書いた記事を読み返しながらその当時を思い返し、現在の自分の気持ちの変化を大きく感じました。『9月から入学する現地の中学校へ制服採寸へ行ってき [続きを読む]
  • 「縁の下の力持ちやサポートをしたい」 前世・過去世療法体験談10
  • 今まで、導かれるままに誰かに守られている感覚で自分にやってくる直観を信じて生活してきたというクライアントさん。でも、ふと、そんな生き方でいいのかしら?と疑問に思い、このセッションを通して自分で実感して納得したいとやってきました。今回は、「今一番体験することがふさわしい過去世」へと導きました。*****物語の主人公は30代の男性です。栗色のふさふさしたもじゃもじゃの長い髪の毛で、コートを来てお店がいっ [続きを読む]
  • 5 霊気5回コースセッションの感想
  • 靈氣には肉体面の癒しだけでなく、精神面・感情面など心の問題にも効果があります。その精神面や感情面など心の癖の問題に取り組む靈氣として「性癖治療」と呼ばれているものがあります。「性癖」という言葉は「性的嗜好」と誤解されがちなので、ウィキペディアから「性癖」の意味を抜粋しておきます。「性癖(せいへき):人間の心理・行動上に現出する癖や偏り、嗜好、傾向、性格。」どのくらい慢性化しているかで人によって施術 [続きを読む]
  • 7 勉強会の感想
  • 私たち個々人から周囲へと、ストレスや争いを軽減し愛と平和を広げていくための第一歩として勉強会を始めました。そのためにも周りのパワーに刺激に引っ張られない、やみくもに流されないための自分づくり、予測しない時期に予測しない出来事が起こってもどっかり腰をすえて対処して上手く手放していけるように自分自身にパワーをつけることが大切です。それには本当の自分に気づいていくことも大事です。それがわかってくれば次第 [続きを読む]
  • 10 前世・過去世療法体験談9 許しと愛 初めてのヒプノコースでの気づき
  • もう6,7年も前になります。月日が経つのは早いです。前世療法(パストライフ ヒーリング)に出会ってからの私には、気づきがとても多く、それがより自分自身を知ることにつながり、さらに私の周囲にも変化をもたらしてきました。 そんな気づきは、コースをとってすぐに始まりました。この秋からやっている勉強会No1でも取り入れている「私は何の木?」というセッションをしたときと、前世療法のクライアントさん役になったとき [続きを読む]
  • 6 勉強会を始めた意図
  • この秋から少しずつ仕事も自分に合ったペースで復帰モードに入り始めました。また、同時に勉強会も始めました。癌を体験したことが大きいかもしれません。手術も無事終わりこうやって現在も生かされた自分がいる中で、私にもこのMiwakoという身体に残ってやるべきことがまだあるんだと、強く感じました。今私ができること、私が持っていることで人に伝えていけること。そしてそれが輪、愛、平和につながっていけること。私たちの住 [続きを読む]
  • 15 赤ちゃんの頃にできた「私は悪い」という思い込み
  • Miwakoのセラピールームはロンドンを拠点とし、前世過去世療法、高速感情解放稲垣メソード(エモーションフリー)、直傳霊気、他 等のセッション&講座、勉強会をやっています。お子さまの勉強や心のサポート、子育て・人間関係、ストレス下にさらされている女性やお母様方の心身を楽にし気づきをもって前に一歩進めるお手伝いもしています。************************今日はクライアントさんの許可を得て [続きを読む]
  • 14 内視鏡検査は痛くて怖いという感情を解放してみたら・・・
  • Miwakoのセラピールームはロンドンを拠点とし、前世過去世療法、高速感情解放稲垣メソード(エモーションフリー)、直傳霊気、他 等のセッション&講座、勉強会をやっています。子育て・人間関係に悩む女性やお母様方やお子さまの勉強や心のサポートなど、一人でも多くの方が心身を楽にし気づきをもって前に一歩進めるお手伝いもしています。************************この高速感情解放稲垣メソード(エモ [続きを読む]
  • 7 隠れキリシタン!?
  •  1549年日本に初めてキリスト教が宣教師フランシスコ・ザビエルによって伝えられています。彼は2年余り滞在しただけでしたが、その後仏教勢力を押さえ込みたいと考えていた織田信長がキリスト教保護をして仏教勢力と対抗したこともあり、キリスト教はまたたくまに広がり信者を増やしていったということ。 その後、世が変わりいろいろな理由があるようですが豊臣秀吉は、はじめはキリスト教の布教を認めていたけれど、1587(天正1 [続きを読む]
  • 6 まだまだ出てくる過去世がらみ?キリスト教
  • この話も、ちょうど「キリスト教」関連が、生活の中でキーワードとして出てきていたころの話です。 前回のブログ「過去世からのご縁?キリスト教」というところで書いた「書き出し法」でキリスト教、教会などになんだか縁があると感じていた私ですが、よく以前から「私ってどんな人だろう?どんな性格持っているかな?」なんて自分で自分のことを振り返ることも多く、そんな中から私自身を知ることもありました。 そんな自分の自 [続きを読む]
  • 13 気が進まない出張先、実は過去世の記憶!?
  • 稲垣メソードUK高速感情解放セラピスト&講師のMiwakoです。この高速感情解放はいろんな場面で使えますが、この方は、仕事でどうしてもある土地へ行かなければいけないのだけれど、どうしても気が進まない。そこは女性の立場もまだ弱く危険も潜んでいるような感じで、衛生的にも気になるし、そんなところへ行くのは怖い気がする。しかも誰も同行者がいないので一層不安もつのる。これからの自分の更なる仕事の第一歩として、ここへ [続きを読む]
  • 5 過去世からのご縁?キリスト教
  • 生まれてから今までの主な出来事などを書き出していくと、いろいろ自分の人生の流れが見えてくることがあります。これももう4,5年以上前にやってみて気づいたことなのですが、それは「キリスト教」とのご縁。クリスチャンでもないし、無宗教に近い感じで宗教色が薄い家庭で育ったので、お正月には神社に参り、厄払いではお寺さんへ参り、そしてクリスマスは祖父母が生前、毎年孫たちのためににオーダーしてくれるケーキを楽しみに [続きを読む]
  • 前世・過去世療法体験談8 月人からのメッセージ
  • 物語が始まる時、舞台が宇宙のどこかの惑星!?になることもあります。 いつもなら、場面にたどり着くと足場を確認しながら、今どんなところにいるのかを感じていきます。この時に、ふわふわ浮いてしまって、どうしても足元がはっきりしない場合は、日ごろの生活の中でのグラウンディング(地球に地面にしっかり足をつけること)が必要なことも出てきます。 しかし、グラウンディングの問題ではないことも起こってきます。 この方 [続きを読む]
  • 5 「心配する」から「信じてみる」へ
  • 子供が生まれたときから子育てをする中で心配事はいくつもあります。そして子供が学校へ通い始めても、ちょっとした小さいことでもいろんな場面で心配事が出てきます。忘れ物していないかしら?一人で行けたかしら?無事に行けたかしら?迷惑かけていない?お友達と仲よくしてるのかしら?勉強ついていってるかしら?先生に伝えてくれたのかしら?提出物は出したのかしら?・・・・しかし、だんだん私たち親も「子どもを心配するこ [続きを読む]
  • 4 祈りの大切さ
  • 数年前から家の近くの教会へ足を運び始めました。といっても、信者になるということではなく、祈りをする人々のために開放してくれている教会へ一人行っているということです。入ってみると誰もいないし、いてもあと一人くらい、とても静かでおごそかで、気持ちもリラックスしてしかも集中力がでそうな感じ。いつも行ってみたいと思っていても、「行ったら勧誘があるのかな?」なんて余計なことを考えてしまいいつも素通りをしてい [続きを読む]
  • 3 ハエは「再生」の象徴
  • ハエというと、汚くて縁起が悪いイメージがありますが、実は意外なメッセージを含んでいることもあります。私が癌が発見されるあたり、やたらハエが頭のまわりによって来る時期がありました。部屋の掃除も入念にやってみたり、においも消してみたりするのですが、関係なく、しかも入浴しても関係ない感じでした。ある日、部屋から追い出した後、すべて窓を閉めきりました。ハエの音もなくなり、これでゆっくり・・・と思っていたら [続きを読む]
  • 5「自分の気持ちを大切にすること」の第一歩と「わがまま」
  • 「自分の気持ちを大切にする」、ときくと「わがまま」と考える人もいるかもしれません。  でも、この二つは全く違います。 「自分の気持ちを大切にする」ということは、自分の素直な気持ちに耳を傾けてそして行動していくこと。相反する2つの気持ちが入り乱れているときは、その2つの気持ちがどちらも素直な自分の今の気持ちなんだと、善悪の判断なしに認めてあげること、それも自分の気持ちを大切にするということ。 「わがまま [続きを読む]
  • 4 他人や兄弟姉妹と比較しない子育て
  • どうしてもやってしまいがちな、比較しながらの子育て。私も息子の一言で、「はっ」と我を振り返り気づかされることもたくさんありました。母親・父親になるまで、子供の時からずっと比較の中での環境で育つと、また、その育てられ方に疑問を持たずに過ごしていくと、どうしても子育ては自分が育った環境が参考になりがちですし、はっぱをかける意味もあるのかもしれませんが、お子様を比較しながらの子育てをしてしまいがちです。 [続きを読む]
  • 対面無料体験お茶会のお知らせです。
  • 稲垣メソードUK高速感情解放セラピスト&講師のMiwakoです。 ★対面無料体験お茶会のお知らせです。 いつでも、どこでも使えて道具いらずの普段使いのセラピーです。 体験お茶会は、電話より対面がよい方や、受講を考えている方にお勧めします。 同じ生活をするなら、ストレスを軽減できてすっきりした生活が一番です。私たちの人生でどうしても前に進むことを妨げていることの多くはストレスや必要のない思い込みです。 実は当た [続きを読む]
  • 3 怒る(おこる)と叱る(しかる)。
  • 「怒る」の意味を辞書で調べると、「我慢できなくて、不快な気持ちが言動に現れた状態になる。」「叱る」は、相手の仕方を、良くないといって強く注意する。(新明解国語辞典より)「怒る」・・・腹を立てる、興奮して気が荒くなる。叱る。「叱る」・・・良くない点をとがめる、いましめる。   (現代国語例解辞典より)辞典によっては、怒るの中に叱るの意味も入っていますが、教育・子育てをする時にはこの「怒る」と「叱る」 [続きを読む]