しゃむ さん プロフィール

  •  
しゃむさん: 小型成長株で年率20%を目指す ピーターリンチ
ハンドル名しゃむ さん
ブログタイトル小型成長株で年率20%を目指す ピーターリンチ
ブログURLhttp://10peterlynch.com/
サイト紹介文小型成長株で年率20%を目指します。ピーターリンチの株で勝つを真似しながら、株式投資で勝ちます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/12/02 07:49

しゃむ さんのブログ記事

  • 物価の上がらない(好況にない)日本
  • あ黒田総裁がずっと時期を先延ばししてきた2%物価目標がついに削除されてしまった(笑)日銀の2%物価目標達成時期削除(事実上の先送り決定)近年の経済成長率と賃金上昇率の動向ーバブル崩壊後の直近20年間の動向を中心にー 一般的には、給料が上がる→買う物・金額が増える→値段(物価目標2%)が少し上がる会社が儲かる→給料アップ(以下ループ)例えると、富裕層が良い土地を買って価格が上がっているようなもの物価と [続きを読む]
  • 株で未来を見通すための読書
  • 株式投資(未来)の事って、分かりませんよね。現状すらよく分からないことが大いのにw当たり前だけど、先(未来)は分からない。 もちろんコレという決定打はないです。でも株式投資は未来に賭けなければいけない仕事。(サンセイランディック←(てきとー)は伸びる!など)やはりある程度の経験や勘という物が必要になってくる。(自然と出来てくる)長期投資(年単位)では、経験値を自力で貯めようとしていたら、けっこう時間が経って [続きを読む]
  • いろいろな見方
  • 武田勝頼(信玄の4男)以降の歴史を読んでいます。鉄砲が日本に持ち込まれたがゆえに(これも時代の流れ)、織田・徳川連合軍の鉄砲に長篠合戦で武田軍が破れた。だから鉄砲の強さが分からない武田軍の敗北と言われていた。(出典)戦国武将勢力地図。1580年より引用http://www.geocities.jp/seiryokuzu/しかし最近は鉄砲の強さは分かっていても、高すぎて揃えられなかったというのが実態らしい。かなり夢の無い話ですよね。金の [続きを読む]
  • 何が良くて悪いかは、先にならないと分からない。やはり運
  • 名を取るか実を取るか? 評判(名声)をとるか自身の安心・安全をとるか。劉備玄徳:蜀を建国した国王(1世)、バリバリのやり手劉禅:蜀の2世(息子)、凡庸なイメージ 三国志の劉備は蜀を建国したことで有名です。戦に明け暮れたり戦略を考えたりと多忙な劉備。もちろん生死にかかわる案件も多数あったことでしょう。2代目の劉禅はどうでしょうか? 凡将ですよね。何もしてない人。しかしながら、下手に北伐(敵国の魏に攻 [続きを読む]
  • 2代目以降の没落パターン
  • *株の話ではありません。2代目が没落する。歴史・実社会・個人談をまとめてみる。【気質】初代の方が、気持ちの面で簡単な気がします。初代で(会社・組織が)つぶれるのはよくあることで、誰も気にしないというパターン。2代目に継承できる方が珍しい。初代の人は、一から作ろうとする・創業・企業のような気質の人は、会社員など枠・しがらみが合わないから立ち上げるわけです。親子の場合(歴史でも会社でもほとんど親→子へ [続きを読む]
  • 紋切り型辞典part4 〜全快しない景気・高金利通貨〜
  • *紋切り型辞典(ネタ辞典)のように、パロディを書き綴っていく。元ネタ及びpart1はこちらから。【日銀の経済報告の景気判断】(てきとー)抜粋まずは以下を読んでほしい。(2013年)景気は緩やかに回復している(2014年)景気は持ち直しの動きがみられる。(2015年)しっかりとした足取りで、回復の動きがみられる。(2016年)安定したペースで推移している。(2017年) 緩やかな回復基調が続いている。。。。 [続きを読む]
  • 不況期にあったこと(2007〜2012)
  • *文学チックに書き残しておく(フィクションです。) *更新は不定期【第1章】アメリカの土地神話とサブプライムローン時は2007年夏。アメリカも土地神話(たとえ借金を返せなくても、形として土地(右肩上がりでした)を抑えればOK)が存在した。しかしながら、現実に存在しないからこそ神話だったのだろう。神はサブプライムローン問題という冷や水が浴びせられられた。借金が返せなくなった人が続出した事件。神話はサブプラ [続きを読む]
  • 不況時の小型循環株は魅力を増す 〜だって皆(倒産が)怖いもの〜
  • 不況の時に買えるように、循環株の銘柄を調べて準備しておこうと思う。(今循環株を買う気はない)不況で赤字決算の造船業。。。不況期の証券株。。。どれも香ばしいですよね。小型株だとさらに香ばしさアップ! なぜなら倒産の足音も一緒に忍び寄るからです。循環株の不況期など赤字上等の世界です。PER何それおいしいの?(赤字で計算できない)造船株・証券株(循環株何でも)で赤字=PERが存在しないので、底なし沼のよ [続きを読む]
  • PEGレシオ
  • PEGレシオ(PER÷利益成長率)。。。マイナーな指標ですよね。(でも重用)0.5ぐらいは割安。1ぐらいだと妥当。2近辺だと割高。(私の感覚)成長株〜優良株(継続してだいたい利益成長率+5%ぐらい以上〜+30%ぐらいまで)には使える指標です。理論的な理由は無いのですが、PEGレシオは歴史的に経験上これぐらいの値になっています。PERも超平均すると15倍程度なのと同じ理由です。人間の性(さが)なのでしょう。 [続きを読む]
  • とても大まかな収益の目安(4809を例に)、確実性
  • *【初めに】 パラカのPER12倍を表現していましたが、ミスリードでした。今回は特別利益(土地の売却益)が上乗せされており一時的なものです。単純に会社のH30.9営業利益の予想をEPS(1株利益)に当てはめると158円/1株実質的にはPERは15倍(株価2400円ぐらい)となります。申し訳ない。株式投資って収入の予想が全く付かないですよね。予想は −50%(リーマンショック)〜+50%(アベノミクス? [続きを読む]
  • 株価と決算に対する転換期
  • 3月期決算が終わり、持ち株について一喜一憂されたのではないでしょうか?(*45日以内に提出しないといけない。すなわち3月末の決算は5/15までに発表)「宴(うたげ)は終わろうとしているな」と感じるアベノミクス初期の決算は簡単な方でした。増収増益が確認されれば素直に株価も上昇。初期は、下手したら悪材料出尽くしでも上げたかもw一般論として、株価は上がり切れば、後は下がる可能性も上がるので、株価はそろそろ限 [続きを読む]
  • エイジス(4659) 〜確信が持てないとホールドできない〜
  • エイジス(4659)の決算が出ましたね。(2018.5.14本決算発表) 結論:決算の数字の裏付けが取れない銘柄は、分かりにくい。判断保留 〜裏付けが有る銘柄の確信の持てる事よ〜パラカ(4809)の決算は分かりやすかったですね。駐車場の車室が伸びている分には、「駐車場(車室)に比例して成長(増収増益)してくれるだろう」という論理が成り立ちます。*車室は決算短信・有報に載っています。 ハンズマン(7636)も分かりやすいで [続きを読む]
  • 株式投資に微力ながら役立つかもしれないネタ
  • さりげなく株式投資に役立つかもしれない(役に立たないかもしれない)微妙な小ネタを開放する (記念配)始めに・・・配当金はすべての傷を癒す by私よく東証2部上場記念、創業20周年記念など、記念として増配する記念配。一般的には「記念」なのだから、その年限りの配当かと思われがちだ。しかし、約半数の企業は来期もしれっと配当を維持している。たぶん「記念配当」という事で、来期の業績が悪かった時の(減配の)保険 [続きを読む]
  • 北朝鮮問題が解決するのは良いこと?
  • *株の話ではありません。 *私のしがない外交談義です。 *少し変わったことを描いています。核開発・独裁政権・共産主義と3拍子揃って、日本とは相いれない北朝鮮。心証は間違いなく最低ラインにあるだろう。あまりに北朝鮮が弱くなるのも考え物だ。周りの国(特に中国でさえも)の誰にも制御できない狂犬(北)には緩衝壁としての利用価値がある。外交が解決してorこじれて 韓国に併合 or 中国の傀儡になるなど、下手に消え [続きを読む]
  • 決算ラッシュ〜7014,6089,3199 感想・被弾したもの 他雑談
  • 名村造船所(7014)がやらかしましたね。(2018.5.11本決算発表)子会社の佐世保重工業の闇に完全に飲まれましたねw佐世保重工業は、過去何度も経営破たんしそうになり、いろんな造船業に買収・支援されてきた。毎回再建できずにスポンサーに見放されてきた佐世保重工業(略してSSK)佐世保重工業が名村造船の子会社になって思うこと  (参考)さて、今回の赤字は、佐世保重工業が受注した中型油送船が技術者が不足で造船できな [続きを読む]
  • パラカ(2Q) 〜手のかからない子〜
  • パラカの(2Q:中間)決算がありました。(2018.5.8発表)いつも通りぼちぼちですね。車庫数も、やや増加率鈍化しているように見えるが、この半年で+782車室だから、良しとしています。駐車場料金で稼ぐ仕事なのだから、駐車場(車室)が増えている間は儲かるだろうという単純な発想です。やはりこの株は平凡で分かりやすい。(成長率は少し落ち目ではあるが。。。指標面から(株高の今としては)許容範囲、PER12!)も [続きを読む]
  • バフェット・ピーターリンチのすごさ 
  • バフェットのような理想の企業に投資できれば、何もせずともアホールドで永久に毎年20%程度お金が入り込んできます。(下の表A)ピーターリンチの急成長株(下の表B)に投資できれば、平均して3年くらいは毎年20%程度の(ryもちろん難易度は、バフェット>>ピーターリンチ>>低成長株(高配当に限る)・衰退株・循環株ですね。お勧めは、水色のラインですね。【低成長株(高配当)】株主優待も含む精神的に楽な低成長 [続きを読む]
  • ハンズマン(3Q)決算 〜成長株が止まるとき〜
  • ハンズマン(7636)の3Q決算がありました。(2018.5.7) 発表月次からも想定されるように減収減益(売上−3.9%,営業利益−9%)になり、冴えない決算になりました。 月次からも想定されていましたが、今期の直近の月次も掲載(2018.4.9)発表分 すでに売り上げの前年同期比96.1%(−3.9%)の時点で、売上が前年割れしています。この時点で、成長株としては終わっているわけです。(お世話になった銘柄なのですが。。。)売上の成 [続きを読む]
  • 応仁の乱 〜グダグダで人間らしい乱〜
  • 学校で、「人の世むなしい応仁の乱(1467年)」と教わる乱。<a href=”http://www.nicovideo.jp/watch/sm31571119″>【ニコニコ動画】【戦国時代解説】 戦国への道 第1集 「応仁の乱への道 (1/3)」</a>みんな、なんかの争いを機に東軍or西軍に味方し、「領土・恩賞・権力・利権などを奪取しよう」と野心をもって参加しました。(現在なら「この機に出世しよう!」という感じ)しかしながら初期から [続きを読む]
  • 紋切り型辞典part3 ~効率的市場仮説~
  • 【効率的市場仮説】 part2はこちらインデックス投資家の聖典・バイブルである。市場は【だいたい】効率的であることを利用して、市場平均(例えば日経平均株価と同じ成績)を狙う方法。〜しかしながら致命的なな問題がある。〜その行為は楽しさが半減するという事だ!すなわち個別銘柄を選んで、「JT株( ・∀・)キタコレ!! 」みたいな高揚感が得られないということ。個人投資家はギャンブラー気質が大半だと思われる。その気質にお [続きを読む]
  • 徒然草とセミリタイア
  • セミリタイア希望者にとって、徒然草はバイブルだといってよい。(大げさ)世捨て人・暇人・人生寄り道したい人にお勧め⇒徒然草を現代語訳してみる(まとめサイト)⇒徒然草(ビギナーズ・クラシックスシリーズ:現代語訳付き、解説ありで読みやすい)セミリタイア、無職、ニート、資産家の人は、「義務的な欲求が少ない・会社勤め的な勤労意欲が無い・自由は欲しい・世間に従うよりは好きにしたい」など世間常識より自分の希望を [続きを読む]
  • JT(1Q)決算  〜ひと安心の決算〜
  • 日本たばこ産業(2914)の決算発表(1Q)についてです。(2018.5.1発表)ひとまず、利益が出ていて一安心の人も多いのではないでしょうか?私も一安心です。何せ5%の配当になるまで下がり続け、いったい何の爆弾があるのか戦々恐々(←大げさ)でしたからね。詳しくは、発表資料を見てもらうことにして、見どころをいくつか。タバコの販売本数自体は増え続けている。(前年比+7.3%)ことに付きますね。(リンク先資料 [続きを読む]