花鳥風月 さん プロフィール

  •  
花鳥風月さん: つづら箱
ハンドル名花鳥風月 さん
ブログタイトルつづら箱
ブログURLhttps://etsuko8201.muragon.com/
サイト紹介文日々の生活の中で、見つけたつづら箱、何が入っているのか、お楽しみ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 222日(平均1.3回/週) - 参加 2016/12/02 14:41

花鳥風月 さんのブログ記事

  • 寒波襲来
  • 週末、寒波がやってくると天気予報。 天気予報は、見事に的中、今朝は氷点下15度!!!!! 寒いなんてもんじゃない、空気が痛い?ささる? きっと、ぬれタオルも、もれなくカッキーンなんだと思う。 こんな日は、布団の中で冬眠! ・・・ときめこんだら、どんなに幸せなんだろう・・・ しかし、そんな事は許されず、今日に限って次男が模試。 しかも、弁当付。 氷点下15度の朝、5時半起床、布団から、もそもそしなが [続きを読む]
  • 小さな花の贈り物
  • 今日も頑張ったあなたに贈ります。 ちょっと、へこんでるあなたに贈ります。 悲しみに沈んでるあなたに贈ります。 いろんなあなたがいるけれど、どんなあなたも素敵です。 頑張ったあなたは、きらきら輝いているし、へこんでるあなたは、また一歩前に進む事ができる人、悲しみに沈んでるあなたは、深い愛情を持っている証拠・・・ いろんなあなたがいるけれど、どんなあなたも素敵です。 そんな、あなたに贈ります。 小さな [続きを読む]
  • とんちんかんな旦那の話
  • ウチの旦那はトラックの運転手。 ある日、コンビニで買い物してトラックに戻ろうとしたら、 よそのトラック運転手が近づいてきて「すいません、ここに行きたいんですけど、道を 教えてもらえますか?」と聞かれたそうだ。 旦那は「あのさ〜自分の道は自分で切り開くものなんだよ」 と言って道を教えてあげたそうだ・・・とんちんかんな旦那の話。 [続きを読む]
  • 午後1時30分の恐怖
  • 午後1時30分にやって来る。 私を襲いにやって来る... そいつは、何の前触れもなく突然に襲いかかってくる?? どんな手段を使おうと、どんなに、もがいても、ヤツの最強の必殺技には歯が立たない?? 必殺技の名は、まぶたが倍に重くなる波動拳だ? 私は、その波動拳を受けながらも必死で戦うが、いつも最後には白旗あげてトイレに駆け込み、心の中で雄叫びをあげる「う~~ねむい~~!!」 [続きを読む]
  • 空回り
  • 今日も一日頑張るぞ! と朝から気合を入れて、がむしゃらに働いた・・・ ・・でも、なぜか、空回り・・・ 頑張って、頑張って働いているのに、思うようにはかどらない・・・ 気合の入れすぎ? 風船に空気を入れすぎると、ぱーんと割れる。 ほどほど空気を入れて、適度に膨らんだら口をしめる。 適度に空気が入った風船は、手のひらで、ぽーん、ぽーんとはねて、楽しませてくれる。 風船のように、適度の気合を入れて働けば [続きを読む]
  • ぐち
  • 野菜の煮物をぐつぐつ煮込むと、だんだん野菜に味がしみてきて 美味しくなる。 でも、ぐちはぐちぐち言っても、美味しくならず、ぐちはどんどん増えていく。 ちっとも、美味しくないお鍋いっぱいの、このぐちは、シャボン玉のあわになり 水と一緒に流れていった。 [続きを読む]
  • 春を待つ
  • 冬の晴れた日、お日様にてらされ、笹竹とかげぼうし。 気温は0度なのに、心がほっこり暖かい。 そうやって、君も春がくるのを待っているんだね・・・ 春はまだ、まだ遠いけど、長く待っていた分、うれしさは倍になる。 雪の上のかげぼうしは、笹竹と一緒に静かに揺れた・・・ [続きを読む]
  • 前にすすむ
  • 前向きに、前向きにと歩いていたら足元の石ころにつまずいた。 足元、足元と下向いて歩いていたら、誰かとぶつかりそうになる。 同じところだけ見ていては、前には進めない。 前を向いてだめなら、足元を見て、時には立ち止まり上を向いてみると 大きな青空が広がっていることに気づくことができるかもしれない・・・ [続きを読む]
  • 偽りと真実
  • 偽りと真実でうごめいている・・・ どれが真実で、どれが偽りなのか分からない・・・ 偽りといっても、相手を思う優しさからの偽りもあり ストレスの多い現代社会を生き抜くための手段としての偽りもある いろんなものに裏と表があるように、真実と偽りがあって世の中は成り立っているが、 時には偽りから真実に変わる事もある・・ それはきっと、その人の心の中にあった汚れのない清き部分が、輝いてきて偽りが浄化され、や [続きを読む]
  • 一日の終わり
  • 今日も一日が終わる・・・ かなり冷え込んで寒いけど、外に出て夜空を眺めた。 空気がキリリと澄んでいて星は鮮やかに輝いていた。 頭上を見るとオリオン座があった。 壮大に広がる宇宙空間の中に、点のような自分の存在・・ 夜空を眺め、物思いにふける・・・ 何気に後ろを見ると猫が3匹、目を細め同じ表情で、きれいに並んでた。 きっと、明日も晴れるね。 [続きを読む]
  • 暗闇
  • 真っ暗だと、何も見えなくて、不安になる。 自分が、どこにいるのか分からず、時間さえ止まってしまう感覚を覚える・・・ 不安、不安、不安が進化して恐怖に変わる。 心の中の暗闇は、そんな状況と重なる・・・ ほわっと、灯る微かな灯り。 その微かな灯りは、不安も恐怖も消し去り 代わりに安心を運んでくる。 心の暗闇に灯る微かな灯りは、小さな希望をもたらして、明日への勇気を与えてくれる。 まだ、暗闇の中で不安と [続きを読む]
  • 暗闇
  • 真っ暗だと、何も見えなくて、不安になる。 自分が、どこにいるのか分からず、時間さえ止まってしまう感覚を覚える・・・ 不安、不安、不安が進化して恐怖に変わる。 心の中の暗闇は、そんな状況と重なる・・・ ほわっと、灯る微かな灯り。 その微かな灯りは、不安も恐怖も消し去り 代わりに安心を運んでくる。 心の暗闇に灯る微かな灯りは、小さな希望をもたらして、明日への勇気を与えてくれる。 まだ、暗闇の中で不安と [続きを読む]
  • 雪の主張
  • 朝、季節はずれの雨が降っていた。 やがて雨はみぞれに変わり夕方には雪に変わった。 雪は朝、雨が降っていた事を打ち消すように、激しく降ってきた。 雪は主張する。 このステージは、私のものと・・・ しだいに風を巻き込んでホワイトアウトを起こし視界が真っ白になった。 アクセルをもどしハンドルを握る手に力が入る・・・もう、わかったから、このステージは、確かに貴方のものよ。 ・・・雪はやっと気がすんだのか小 [続きを読む]
  • 心の色
  • 空気は、いつもと同じ冷たいけれど、窓から差し込む太陽の光が私の心にも差し込んで 私の心が淡い光の色に染まった。 心の色が変わると、目に映るものも変わって見える。 今まで感じてきた、心の中の棘の痛みも和らいで、久しぶりに穏やかな気持ちになれる。 もう、自分を許してあげよう・・・ そこから開放してあげよう・・・ 心の中で声がした。 やさしい太陽の光は、私の心の隅々まで入り込み心の中の汚れた部分さえもき [続きを読む]
  • こころざし
  • 一日一歩前に進めば少しずつ前に進むけど 一歩進んで二歩さがると毎日、後退していく・・ 一歩でも進んでいけば、上出来・・・ 時に、意志の弱い怠け者の自分は何をするにも、途中挫折・・ そんな自分と、もう、いい加減、決別しなければと、年のはじめに志す! まずは一日一歩から・・・ ローマは一日にして成らず。 千里の道も一歩から。 塵も積もれば山となる。 ・・・毎年恒例の志・・今年は、きっといつもと違う・・ [続きを読む]
  • ナイ、ナイづくし
  • 私がまだ、小学生だった頃、家には水道もなく、お風呂もなく、テレビもなく、 電話もなかった・・・ナイナイづくし。 おまけに、住んでいる家は、ひとつ屋根の下、牛と一緒だった。 岩手には、曲がり家と言って、馬と一緒という家があるが、あのような代物ではなく、 ほんとに、壁ひとつで区切られた牛小屋と言った方がしっくりくる。 その小屋は父の兄の所有する小屋で、住む家を持ってない父に住まわせてくれていたんだろう [続きを読む]
  • マイナス8度
  • すっきり晴れわたった青空 気持ちのいい朝 ・・・が!しかし、外の気温はマイナス8度!! どうりで寒いわけだ。。。 こんな、いい天気なんだから、いっぱい、お掃除、洗濯、はかどるはず・・・ 早く、早くと自分をせかす。 でも、マイナス8度が私の前に立ちはだかる 部屋から出たくない自分と、マイナス8度を押しのけて家事をいそしむ自分がいる。 健在意識・・もうさぁ〜思い切って、部屋からでよう!早く、早く! 潜 [続きを読む]
  • 貧乏性?
  • 日々、子供達の送迎、仕事、家事に追われる毎日を過ごしていると、たまにはのんびりしたいなぁ〜と思う。 しかし、いざ、そんな時間ができ、よし明日は久しぶりにのんびりするんだぁ〜! と思って何となくのんびり過ごそうとしてもなぜか落ち着かない。。。 のんびりの意味を調べてみると、のどかで、あせららないさま。 と書いてある。 とりあえず洗濯して、軽く掃除して、コーヒー飲みながらテレビ見て・・ あれっ!もう、 [続きを読む]
  • 地雷
  • 思春期の我が家の息子達の扱いは、なかなか難しい。。 私は物を買った時には、必ず取り扱い説明書を見る方だ。 子供達の取り扱い説明書もあったら、どんなに助かることかとため息 取り扱いを一歩間違えれば、地雷を踏んでしまう事になる。 普段の何気ない会話の中にも地雷は、潜んでいて、こっちが機嫌よく、ちょっと調子に乗って、ちゃかしたりしようものなら、もうすでに地雷は音もなく彼らの心の中でボワンと 爆発していて [続きを読む]
  • 月光
  • 煌々と月が輝いて流れる雲さえも、あの月を覆うことができず 月の周りを雲が囲んでいる・・・ 月の光に照らされている雲は幻想的に月を映し出す 少しでも、あの月のパワーを吸収できたらきっと、どんな困難がこようとも 決して怯むこともなく、いつでも背筋をピンとはり凜として生きられるのだろう・・ 胸いっぱいに深呼吸を繰り返し、手を合わせた。 [続きを読む]
  • 我が家の愛車
  • 我が家の愛車の走行距離は24万3千km! 何という働き者なんだろう なんせ、我が家は本州の中で一番面積が広い地域にあるため ちょっと買い物に行くにも走る距離が半端ない。。 会社の同僚は走行距離27万kmで、とうとう愛車と、お別れした。 我が家の愛車は、あとどれくらい走れるのだろう・・・ 子供たちの通学の送迎と会社の通勤、どこに行くにも車は不可欠。 私たち家族の足となり働いてくれている愛車に感謝。。 [続きを読む]
  • 有言実行
  • 有言実行・・ 自分の言った事は、しっかり実行しましょう! そう、禁煙宣言したよね? 今までの禁煙記録、一週間。。。(;;) とりあえず、一週間は有言実行したことになるよね? どんだけ意思が弱いんだ!と長男にはあきれられ、旦那には、はじめっから無理と思われて、それでも自分との戦いに再度挑む自分。。。 次から次へといろんな誘惑が押し寄せてきても いつの日か、きっと意思の弱い自分が、その誘惑に打ち勝つ日 [続きを読む]
  • 北国からため息
  • 今日も朝から雪? 今年は、雪が多い?? 朝から、萎える、ため息、あ~あ?? 北国の冬は、厳しい???? 生活していくにも暖房費、電気料がかさむし??車がないと生活できないし??車の維持費は、半端ない???? 朝から愚痴っても仕方ないか?? 雪は、ただただ降り続く??? [続きを読む]
  • 休日
  • あ〜あ、今日も一日が終わる。 今日は、いったい何してたんだろう・・・ 午前中はとりあえず洗濯して、昼食食べたら眠くなり、お昼ねzzz 気がついたら、もう3時。。。 あとは、ぼーっとしながらテレビ見て・・おわり。。 まあ、そんな休日でも、いいよね(・・) [続きを読む]
  • 昨年の6月、父がこの世を去った。享年80歳 悲しいというより、さみしい気持ちと、後悔・・・ もっと、父と一緒に酒を酌み交わしたかった。 もっと、庭木の話を聞きたかった。 もっと、実家に帰ってあげればよかった。 いろんな思いがこみ上げてくる。 2人姉妹の長女の私は小さい頃から「おまえは、この家を継いでいくんだよ」 と、つねづね、呪文のように言われ続け、期待され、私は見事に父の期待を裏切って 嫁に行き [続きを読む]