風のフェリシア さん プロフィール

  •  
風のフェリシアさん: ひとり朽ちる
ハンドル名風のフェリシア さん
ブログタイトルひとり朽ちる
ブログURLhttp://ferisia279.blog.fc2.com/
サイト紹介文辛いことも悲しいこともあるけれど、私にしか綴れないおひとり様シニアの物語を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2016/12/02 23:15

風のフェリシア さんのブログ記事

  • 美味しい思い出 Ⅰ
  • このテーマでブログを書いた気がするけど、検索をかけてもヒットしないのでもう1度書こうと思う。私が、世の中にこ〜んなに美味しいものがあるんだ!と感激した思い出。私たちが東京から日光に引っ越しした後、ときどき東京の母方の叔母さんの家に母と3姉妹で遊びに行った。叔母さんは当時銀座にお店を持っていて、裕福な暮らしをしていたようだった。で、彼女の馴染みの銀座のお寿司屋さんに連れて行ってもらったことがある。私 [続きを読む]
  • 心強い味方☆
  • いつどこでどうなるかわからないので、関係者みなさんに「延命治療はしないでください。緩和ケアはよろしくお願いします」というリビングウィルを一応手渡している。地域包括支援センターの担当介護支援相談員のNさん、訪問看護師のNさん、大腸がんの主治医I先生、肝臓の執刀医Y先生、在宅医のM先生、そして今日は2週間ぶりに元の病院の診察日だったので、いつも力になっていただいているがん相談支援センターのMさんにもカード型 [続きを読む]
  • あれ、それ、の世界より重症
  • ほんの少し前までは、私は人と話していて言いたい言葉が思い出せない時、「ほら、あれよ、あれ、えーと、えーと」と自分で考えよう、自力で思い出そうとしていた。ま、大抵相手が固有名詞を次々挙げてくれて辿り着くのだけど。「あ、そう、それ、それ!」と。ところが最近の私は、まったくの他力本願になっている。たとえば、30代と思われる訪問看護師さんとの今日の会話はこんなだ。私「やまぐち・・・やまぐちももえっていたっ [続きを読む]
  • 懐かしの「行くぞ、キモサベ!!!」
  • 左端がトロイ・ドナヒュートロイ・ドナヒューを思い出したら、彼が出ていたTV番組「サーフサイド6」はもちろん、もっと懐かしいTV番組も思い出しました。日本の番組なら、学校から帰るとすぐに観ていた「チロリン村とくるみの木」。キャラクターの誰かが「コンキリプー」って、いつも言っていました。意味不明過ぎていまも忘れられません。同じ時間帯で後から始まったのが、きっと皆さんもご存知の「ひょっこりひょうたん島」。こ [続きを読む]
  • やっと出会えた!
  • 今日はM在宅医の訪問の日だった。疾風のように現れて、疾風のように去っていく方なので、今日は質問をメモしておいて次々と聞いてみた。ちゃんと答えてくれるのでこの間までの肝臓の執刀医とはまったく違う。まず、私のお腹の傷周りと底の腫瘍は、おそらく腹膜播種であろうということ。造影CTを撮っていないので、いくつあるかとかまではわからないとのこと。また、腹膜播種は手術は不可能ということ。抗がん剤はできるが、しんど [続きを読む]
  • 佐藤健くん、カッコイイ!
  • メルカリで買った佐藤健君のるろうに剣心のカレンダーが届いた。カレンダーだけど2015年版である。とにかく、るろ剣の佐藤健君がカッコ良くて衝動買い。賃貸の部屋なので壁に画びょうやフックを取り付けられないので、苦肉の策で小窓に下げた。好きな芸能人のポスターや写真を飾るのは、たぶん生れて初めてだ。高校1年くらいのとき、アメリカのTVドラマに出演していたトロイドナヒューに夢中になり、彼がTVに映っているときに [続きを読む]
  • 2カ月ぶりに湯船に
  • 9月25日に肝臓の手術した後、退院して間もなくお臍近くの縫い合わせた部分から黄色い膿が出始めた。以後、お風呂はシャワーしか許可されなくなった。皮下膿瘍と診断され、11月末までおよそ2カ月、シャワーのみ。寒くなってからのシャワーは辛かった。が、発熱と下痢に苦しんだ後、傷の周りと底にはっきりとわかる腫瘍が現われ、皮下膿瘍の治療は中止になった。そして、防水シールを患部に貼れば入浴もOKが出た。OKは出たけれ [続きを読む]
  • 紅葉と和菓子とお抹茶と
  • 離婚寸前にお隣さんだったお友だちと、お抹茶と和菓子を楽しみに行きました♪10歳私より若い方ですが、いつも声を掛けてくれる可愛いらしい人です。本当はとっても話題になっていた「カメラを回すな」という映画を見に行くはずでしたが、私のお腹の傷ががんに囲まれていることがわかって、在宅医の訪問やら訪問看護師さんの訪問やらで流れてしまい、今回やっとお抹茶と和菓子を食べながらお喋りということになりました。私は離婚 [続きを読む]
  • メダカちゃんを殺してしまった(><)
  • 今朝、いつものようにメダカちゃんに餌をあげようとしたら・・・3匹とも白くなって浮いていました(;;)3日前くらいからお水を換えてあげようと思って、バケツに水を入れてカルキ抜きも入れて用意していたのだけど、さっさとしなかったのがいけなかったのだと思います。餌の残りが浮いていて、良くないなぁと思っていたのに、お天気もパッとしないしグズグズ後回しにしていました。メダカちゃん、本当にごめんなさい m(__ [続きを読む]
  • 初トラブル
  • メルカリで2枚のフェイスタオルを買った、と思っていた。今日、ゆうゆうメルカリ便で郵便受けに届いたのだけど、開けてビックリ。袋から出てきたのは36cm正方のウォッシュタオルとかいう小さいものだった。2枚とも。メルカリの写真ではケースに入っていたので、サイズまではわからなかった。こんなことは初めて。でもやっぱり頻繁に取引しているとトラブルにも遭うのね。我が家では不要なものだし、どう考えてもフェイスタオ [続きを読む]
  • お祭りの屋台の焼きそばが食べたい
  • なぜか食の好みが変わりました。9月の末の肝臓の転移がん切除後は、王将の餃子が食べたくなって大阪に出たついでに王将に寄りました。次に、なぜか、無性にチャーハンが食べたくなりました。お昼に2駅先のやはり王将にまで行って、チャーハンを食べました。残さず食べたらお腹が苦しくて、その日の夕食は食べれませんでした。そしていまは、お祭りの屋台の焼きそばが食べたいんです。何なんでしょうね。去年の肝臓の転移がん切除 [続きを読む]
  • やっと葉ボタンのリースが作れた☆
  • 昨日、馴染みの園芸店に確認の電話を入れたら、スプレー葉ボタンが入荷しているとのこと。いそいそとバスに乗って行って来ました。毎年年末に作っているハートのリース用の花苗と、我が家のドア前に置く鉢用のパンジー、花の土を買い、届けてもらいました。リース用花苗寄せ植え用バンジー届いたのは日暮れでしたし、バスで出かけて疲れてもいたので、今朝になって植えこみました。う〜ん、植え方が下手。全部葉ボタンで揃えた方が [続きを読む]
  • ステージが変わった、と思う
  • 昨夜お知らせしたとおり、ブログタイトルを元々の「ひとり朽ちる」に戻しました。戻した理由は、ステージが変わったと思うから。「思うから」と曖昧なのは、じつはまだはっきりとはしていないからです。ただ、周囲の言葉や動きから察するにそうなのかなと。たとえば、この12月から私の主治医はM在宅医になります。いままで通ってた病院は出血など特別なときの控え?のようになります。このような変更に動いてくれたのは、がん相 [続きを読む]
  • もうダメだ。9を3と読み間違えていた
  • 読者の皆様に謝らなければいけません。昨日の記事には重大な間違いがありました。昨日の私は体重計の9を3と読み間違えていたのです!そうです、49.6kgを43.6kgと読み間違えていたのです。トホホでございます・・・今日の私の体重、49.0kgでした。間違いがあってはいけないと、明るいところに体重計を移動して測り直しましたが49.0でした。大きめな穴がどこかにあいていないでしょうかねぇ(;;)話は変わ [続きを読む]
  • 6Kgも痩せていた
  • 今日、体重を測ってみてビックリ。18日には49.6kgあった体重が43.6kgに減っていたのだ!それは酷い下痢だったので、痩せているだろうとは思っていたけど、6kgも痩せているとは思わなかった。やっぱりあれはノロウィルスだったのかしら。糖質ダイエットをしていたのに、いまはむしろ45kgくらいまで太った方がいいかも?と思える体重だ。たった100g痩せるのに四苦八苦していたのが笑える!もう、明日から糖 [続きを読む]
  • 姉たちのこと(3)Yes Man だった私
  • 私たち3人娘が一緒になって遊んだのは私が小学校に入学するまで。長姉は小学校高学年から自分の友だちとばかり遊ぶようになります。次姉と私は、子犬がじゃれ合うように仲良く遊んでいたけれど、中学で次姉に牧場の友だちが出来ると離れていきました。以降、お正月などに3人集まってトランプなどをすることはあったけど、ほとんど絡むことはなく、本音でぶつかることもなく、バラバラだったと思います。そんな姉妹だったけれど、 [続きを読む]
  • 姉たちのこと(2) レナウン娘♪
  • コメントで「3人娘+その母」の4人は華やかだったでしょうという言葉をいただきました。我が家に来たお客さんは、みなさん「明るくて、こんな家庭を作りたいです」と(お世辞も入っているでしょうが)母に言っていました。「華やか」というのとはちょっとニュアンスが違う「異常なほどの明るさ」が私たちの特徴だった気がします。その明るさは、相当な無理をしての明るさだったんですけどね。私たちの「異常なほどの明るさ」を象 [続きを読む]
  • 姉たちのこと(1)
  • 私たち3姉妹はちょうど3つずつ歳が離れています。私がたしか高校生のとき、父が3人を一言で評したことがあります。「お姉さん(長女)は現実派、Yちゃん(次女)は抒情派、Rちゃん(私)は知性派。」どこをどう観察してそう考えたのかわかりませんが、合っていると言えば合っていると思います。これを聞いた当時はYちゃんが抒情派というのには違和感を感じたのですけどね。年月を経て、ああ、そうなのだと思うこと多々ありです [続きを読む]
  • 70代前半、母はもっと元気だったな
  • 母が私と同じ70代前半のころは、私よりもずっと元気だった。車を運転してどこにでも出ていき(近所のスーパーにも 笑)、部屋は昔と同じに、きれいに整えられ、週1でフォークダンスに出掛けていた。フォークダンスにも発表会があり、その時は長姉が衣装を作ってあげていた。70代後半で、そのフォークダンスでのつまずきが老人性うつの入り口になってしまったのだけど。ということは、洋裁はもうしていなかったということかし [続きを読む]
  • ピンピンコロリ
  • 人生最大の下痢を経験いたしましった。やっと何とかブログに向かえます。病気の話ばかりじゃ気が滅入るでしょうから、違う話題を。先日会った元同僚は私の3つ上。一緒に働いていたのは15年から10年前だったと思う。お茶を飲みながらだったかしら?彼女がふと「長生きしたいね〜」と言って、「やだ、長生きなんてしたくないわ」と私が答えたのをよく覚えている。それを今回、彼女の思い出として話すと彼女は「元気で長生きなら [続きを読む]
  • 熱が出やすくなった気がする
  • 今日は3時ごろからゾクゾクして、寒くて仕方なかった。普段の服装の上にパジャマの上着を着込み、さらに冬物ジャケットを着たけどまだ寒くて、急いでエアコンの暖房を入れ、べッドの端に出してあったコタツ布団をコタツに掛けてスイッチを入れた。さすがにすぐ暑くなって来たけれど、微熱があった。37、2度。腰痛があるのでロキソニンを飲んでいたので、ロキソニンの解熱作用が効いていたのだろう。いまは平熱になったけど、お [続きを読む]
  • ミニミニクリスマスリース♪
  • 少し前にブロ友さんから子ども食堂用に千日紅のドライフラワーをたくさん送ってもらっていた。なにかに使いたかったけど、私はお腹に7cmの穴が開いていて身動き取れずだった。いま、その穴は4cm位に小さくなり、毎日必要だった傷の手当ても週2回の通院時だけで良くなり、やっと気持ちも上向いてきた。次の子ども食堂は12月16日。クリスマス用に小さなリースを作るのはどうかしらと考えた。千日紅の赤いドライフラワーは [続きを読む]
  • 余命90分の男
  • GYAOで無料で観られたので、普段は疲れが出てしまう夕方を映画鑑賞で過ごした。ロビン・ウィリアムズ主演のコメディ「余命90分の男」。脳動脈瘤が脳幹の近くに出来ていて手術不可能、余命90分と宣告された男が、長男が狩猟事故で亡くなってから八つ当たりをしてきた家族との絆を取り戻そうとする。ただ、「余命90分」というのは、主治医の代理をイヤイヤやっていた情緒不安定な若い女医のとっさの嘘。図らずも、余命90分と [続きを読む]