風のフェリシア さん プロフィール

  •  
風のフェリシアさん: 物語を綴る〜生きる歓びを拾いながら〜
ハンドル名風のフェリシア さん
ブログタイトル物語を綴る〜生きる歓びを拾いながら〜
ブログURLhttp://ferisia279.blog.fc2.com/
サイト紹介文辛いことも悲しいこともあるけれど、私にしか綴れないおひとり様シニアの物語を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2016/12/02 23:15

風のフェリシア さんのブログ記事

  • 無理と思います
  • 今日も通院でした。膿が少しも減りません。そのため、執刀医は決断して、膿が出ているおへそから上7cmくらいを切開!泡で洗って生食で流し、ガーゼで拭いて、お味噌みたいな茶色の薬をお団子にしてガーゼで包んで、切開してパックリ口を開いた傷の中に押し込み、ガーゼで蓋をしました。そして、病院に来ない日はシャワーのときに同じことをするようにと言いました。私はベッドに横たわっていたので、傷の大きさや状態を見ること [続きを読む]
  • ミニミニ双葉ちゃん☆とやっぱり赤くないメダカちゃん☆
  • 飛び上がるほど、嬉しいことがありました!先日蒔いた小さな小さな モニラリア・オブコニカ・グリーンバニーストーンフラワーの種から双葉ちゃんが3つ顔を出していました♪双葉の端から端まで2mmくらいです。なんて可愛いんでしょう☆どうかどうか、無事に大きく育って、可愛いうさ耳になってくれますように。本当に本当に小さい双葉ちゃん☆↑成長するとこうなるはずです♪さて、癒しのメダカちゃんですが、保護色に染まる性 [続きを読む]
  • 某ブロガーさんのご主人が理想です
  • あるカテゴリーのランキング上位の方に、ご主人ががんを患っている方のブログがありました。私がまだがんと分かる前からです。その方はほぼ毎日ブログを更新されていましたが、私は熱心な読者ではなく、魅かれるタイトルのときだけ読ませていただいていました。ご主人は抗がん剤治療を受けながら、趣味のボウリングに良く通っていらっしゃいました。抗がん剤の副作用はあまり強くなかったのでしょうね。度々ボウリングに出掛けてい [続きを読む]
  • イライラが酷い
  • 今日、やっとヘルパーさんが来てくれた。退院して10日も経っている。本当にヘルパーさんが必要だったのは、退院してから今日までの間。なんで術後1週間で退院のおひとりさまを10日もヘルプしてくれなかったのかと憤懣やるかたなかった。ところが、地域包括センターの担当者が言うには、私が明日退院という時に「痛みもないし、楽勝です。様子を見て(ヘルパーさんが)必要なら連絡します」と言ったらしい。電話をして「今度の [続きを読む]
  • ノスタルジックになっている
  • 食べたかったチャーハンを食べたら、今度は焼きそばが無性に食べたい。子どもの頃にお祭りの屋台で売っていたような焼きそばだ。去年の10月末の肝臓の手術後は、アイスやケーキやチョコレートなど甘いものばかり食べたくて、丸々と太り、腹壁瘢痕ヘルニアになってしまって、主治医に叱られた。今回は、昔懐かしい糖質ばかり食べたくて、やっぱり太ってしまいそうだ。そうそう、腹壁瘢痕ヘルニアは、今回の手術時に縫い合わせても [続きを読む]
  • え〜、普通のメダカじゃん!
  • 今日は抜糸のための通院日でした。が、心配した通り膿(というより、入院中ドレーンで体外に出していた体液みたいの)が出ているのと、傷がひっついているか、執刀医がもうひとつ確信が持てなかったために中止。通院することになった。去年の秋の肝臓の手術のときも入院中は順調で、退院してから毎日通院だった。無理はしていないつもりでも、ひとり暮らしだとやっぱりなんやかやで無理をしているんだと思う。病院から帰宅すると、 [続きを読む]
  • 傷跡が化膿し始めている
  • 明日が抜糸の日だと言うのに、おへその周りの傷から膿がかなり出ていることに気づいた。慌ててドラッグストアに駆け込み、滅菌ガーゼと絆創膏を買ってガーゼの取り換えをしたけれど、化膿している部分は抜糸できないのではないかしらね?去年の肝臓の手術のときは、退院してからが発熱したり、化膿したりで大変だった。今回は発熱しないだけマシだけど、ヘルパーさんのヘルプがまったくないので、栄養の偏りがあるかも。毎日、スー [続きを読む]
  • 恐るべし、オキノーム
  • M在宅医が処方してくれた痛み止めは、食後に飲むロキソニンと、とん服薬オキノーム散の2種類。オキノーム散については薬剤師から注意があったし、末期がんの痛みに使われるモルヒネ系の薬と知っていたので、なるべく飲まずにおこうと思っていた。術後に麻薬系の痛み止めを処方されるのは初めてだったので、驚きと戸惑いもあった。「いまからこんな強い薬を飲んでいたら、末期までに耐性がついてしまうのでは?」・・・ただ、今日 [続きを読む]
  • 流行に乗ってみた
  • 久保楊貴妃だるまメダカネットのニュースでメダカブームだと知った。品種改良が進み、光るメダカや黒いメダカなど、さまざまなメダカが出ているとのこと。写真でだるまメダカという品種が紹介されていて、ずんぐりむっくりの愛らしい姿にひとめぼれしてしまう。飼いたい!久保楊貴妃メダカというわけで、ネット通販で探して見ると、だるまメダカは高い。めだか物語ヤフーショップで、赤くてずんぐりむっくりの久保楊貴妃だるまメダ [続きを読む]
  • 大腸がんで死ぬことに決めました
  • 全身がんを公表した高須院長が「がんで死ぬのはそう悪くはない」というようなことを言っていました。脳梗塞や心筋梗塞などと違って、準備ができるからという理由で。私もそう思います。とくに私にはワンコがいるので、突然死はどうしても避けたい。マンションの部屋で孤独死した女性タレントさんの周りを愛犬がグルグル回っていたというニュースが昔ありました。発見されるのが遅ければワンコは餓死です。そんなのは絶対いやです。 [続きを読む]
  • 在宅医を頼んでおいて良かった
  • 入院先の病院では、退院時になぜか痛み止めを処方してくれなかった。私はと言えば、当然処方されるものと思い込んでいて、出してくれるように頼むことをしなかった。退院時、え?胃薬だけ???と思ったけど、痛みもそうなかったので、そのまま帰宅してしまった。しかし、当然ながら動くので、病院では感じなかった痛みが帰宅当日から始まって、日を重ねるごとに強くなっていた。退院翌日に訪問看護師さん訪問。痛み止めがないこと [続きを読む]
  • 「麻酔が醒めて開口一番、なんて言ったか覚えている?」
  • 疲れているので、今日は7行ブログにします。タイトルは、40代前半くらいの執刀医に言われた言葉です。「いえ、覚えていません。」「『私はもう絶対全身麻酔の手術はしません!』って言ったんだよ(笑)」え〜、そんな失礼なことを言ったんだ。可愛く「先生、ありがとうございます☆」とか言えばいいものを!本音を言うなんて、トホホ。励みにしています。 をよろしくお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • コタツムリ
  • タタタ、ド〜ン!!!と、私のワンコは助走をつけて、私の腹部にジャンプしてきます。開腹手術後の私のお腹にこれをやられたら堪りません。縫い目が裂けてしまいます。そこで、昨夜から私はコタツムリです。敷布団の上にコタツテーブルを乗せ、夏掛け布団をかけ、寝るときはコタツの中にしっかり腹部を滑り込ませます。なんと、狭いこと! 寝がえりどころか身動きもできません。目が醒めると疲れています(><)でも、ワンコには [続きを読む]
  • 術後1週間で退院して来ました!
  • なんということでしょう!いま、私は我が家です\(^o^)/術後1週間で退院です!応援してくださった方、お祈りしてくださった方、本当にありがとうございます。お蔭さまで、すべて順調に進行しています。おまけに、ワンコのホテル代が約半分で済むというラッキーつき。私を執刀した医師は最近になってこの病院に来た方だそうです。私たち、彼に執刀された患者は、さしずめ「華麗なる技のお披露目」、といった感じでした。手術時間 [続きを読む]
  • びっくりポンポンポン‼?
  • 今朝の回診で、l「明日は、採血をしますよ」と医師。後から「その血液検査の結果が良ければ 、明日退院」と看護しさんが‼?えー、ビックリポンポンポン。体調はいいし、きっと検査はオーケーな気がする〜。あんまり急で、心が追いつかない!でも、でも、ワンコにも会いたい??ノーベル賞、ばんざーい?? [続きを読む]
  • 台風、どうぞお気をつけて!
  • 新たな土地に新しい病院が建ったのが5月です。 新しくなってから入院するのは初めて。すごく綺麗で、気持ちいいけど、却って不便だったり、折角の患者交流の場が消えてしまったり。色々考えさせられます。詳しくは退院してから書きます。今日は、ドレーンも点滴の管も抜けてすっきりですが、少し熱っぽいです。 [続きを読む]
  • お昼から食事ができる‼?
  • 昨日は、尿の量が少なかったそうです。ちょっと心配したけど、今日は大丈夫だそう。ホッとしました。お昼から食事がでるので、喜んだけど、重湯だそうでガックシ‼?そんなぐらい元気なので、安心してね! [続きを読む]
  • まな板の鯉に
  • 病室は4人部屋です。みんないま、お昼を食べています。いいにおい‼? なのに、私は点滴がご飯!? (泣) 手術は、1時頃から始まる予定。若手の先生だけど、信頼しないとね。ほんとは凄く怖いけど。。。 なにごとも辛抱が肝心‼?もう、どーとでもしてよ、と(笑)まな板の鯉になってきますね。コメントは、ごめんなさい、元気になってからお返事させてもらいますね。 [続きを読む]
  • まな板の鯉に
  • 病室は4人部屋です。みんないま、お昼を食べています。いいにおい‼? なのに、私は点滴がご飯!? (泣) 手術は、1時頃から始まる予定。若手の先生だけど、信頼しないとね。ほんとは凄く怖いけど。。。 なにごとも辛抱が肝心‼?もう、どーとでもしてよ、と(笑)まな板の鯉になってきますね。コメントは、ごめんなさい、元気になってからお返事させてもらいますね。 [続きを読む]
  • ついに入院
  • 真新しい建物で、気持ちいいですが、迷子になりそうです。夕食抜き、明日の朝食なし、昼食なしです。(泣)明日は、お昼から手術で、病室にかえれるのは夜だそうです。とにかく、ここまで来たからには頑張ります‼? [続きを読む]
  • 5回目の全身麻酔手術に挑んできます(^^)/
  • 23年前の乳がんの手術を始めに、これまでに4度の全身麻酔の手術を経験してきました。そのうちの2回は昨年です。そして、また明後日全身麻酔で肝臓転移がん切除手術を受けます。もう私の身体はズタズタです。がんを克服した有名人が何度の手術を経験しているか、ちょっとだけ調べてみました。週刊誌の新聞広告で、え!そんなに手術しているの!!!と驚いた覚えがある仁科亜季子さん。子宮頸がん、胃がん、「ジスト」と呼ばれる [続きを読む]
  • 偏見と差別から自由になるのは難しい
  • 杉田水脈議員の「LGBTは生産性がない」発言を契機に東大教授や同志社大教授が相次いで同性愛をカミングアウトしている。一見、ずいぶん時代も変わったものだと思えるが、池の水面が時代の風に波立っているだけで、底の泥に足を取られると命さえ危ない状況はそうそう変わっていない気もする。私にはレズビアンの女性の知り合いがいた。30年ほども前にアサーティブトレーニングの講座で出会った人。当時は同性愛者はまだ異常者扱い [続きを読む]