shun さん プロフィール

  •  
shunさん: バンコク日本語教師の緩い風便り
ハンドル名shun さん
ブログタイトルバンコク日本語教師の緩い風便り
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/berialshunnya/
サイト紹介文バンコクの高校で日本語教師になって9年。生徒や先生との触れ合いの中で感じたことを中心に綴ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/12/03 10:12

shun さんのブログ記事

  • お母さん頑張れ
  • みなさんおはようございます。今週もあっという間に金曜日ですね〜さて、私、縁あって3週間ほど前から、金曜日の夕方に1時間だけプライベートレッスンをしているのですが、その生徒さんが今までにないパターンで、なんと、9歳の女の子とそのお母さん。お母さんとしては、... [続きを読む]
  • こはるちゃんに謝りなさい
  • みなさまおはようございます。今日は、皆さんも学生時代に何気なくやってたんじゃないでしょうか、っていうお話。高1のひらがな学習も終わりに近づき、「や、ゆ、よ」の書き取りをさせてた時のこと。後ろに陣取っている男子生徒が本を見せあいながらクスクスやってたので、... [続きを読む]
  • 定期検診
  • みなさまおはようございます。先日、私のではなく、愛車「マンゴー」君の定期検診に行ってまいりました。はい、車検です。。日本で車を所有したことがないので、よく違いはわからないのですが、確か、日本の車検は何年に1回とかでしたっけ?それに対して、こちらの車検は年... [続きを読む]
  • それはやっちゃだめ
  • みなさまおはようございます。ちょっと学生時代のことを思い出していただきたいのですが、女の子とかで、めちゃくちゃ几帳面にノートをとる子っていませんでした?こちらの生徒にも色々いて、男子なんかはもうひっちゃかめっちゃかなんですよね。でも、女の子のノートは、き... [続きを読む]
  • きのこ汁
  • みなさまおはようございます。週末はいかがお過ごしになられたでしょうか。さて、私、最近週末は、サムットプラカーン県の別宅(笑)で過ごしております。この家はバンコクから40キロほど離れており、田舎とはいかないまでも、大都市バンコクの結界からちょっと抜け出たよう... [続きを読む]
  • 環境保護デー
  • みなさまおはようございます。昨日は七夕のことについて書きましたが、タイの学校は本当に行事ごとが多いです。タイの学校に赴任された日本語教師が口を揃えて「多すぎるー」っていうぐらいですからね。さて、先日も「環境保護デー」を記念した行事が行われ、高1ー高3全て... [続きを読む]
  • ちょうどあと1ヶ月
  • みなさまおはようございます。今日は6月7日。あとちょうど1ヶ月で七夕です。毎年、日本語学科は七夕に、日本語学科の生徒によるショーを行なっています。去年はどこかのテレビ局が取材にくるといったサプライズもありました。。さて、このイベントは、全校生徒の前で大々... [続きを読む]
  • 今年のお題
  • みなさまおはようございます。毎年8月ごろに行われる日本語コンテスト。今年の詳細はまだ決まっていないみたいですが、スピーチコンテストはそろそろ準備にかかった方がいいかなという時期にさしかかりました。高2の中から、日本語の発音がはっきりしていて、物怖じしない... [続きを読む]
  • 8番をよろしく
  • みなさまおはようございます。新学期が始まってあっという間に3週間がすぎましたが、中3から高3までさしたる問題もなく、穏やかな教師生活を営ませていただいてます。さて、この時期の学校の風物詩といえば、生徒会長選挙。毎年高2の生徒から5-6人が立候補者が出るのですが... [続きを読む]
  • 昭和な香り
  • みなさまおはようございます。ここバンコクは、大型商業施設が乱立し、各施設が他にはない色を出そうとしのぎを削っています。大元資本は同じところみたいなのもあるみたいですが、よくわからないので、詳しくは割愛。。さて、バンコクで他にはない色を出すために、効果的な... [続きを読む]
  • 早朝授業
  • みなさまおはようございます。タイにいらした方は、体感的に分かると思うのですが、こちらの朝は日本より早く始まります。朝ごはんもみなさんしっかり食べるので、7時前にはすでにいたる所で、朝ごはん屋台が出ていて、早朝から活気があるんですよね。僕も、日本に暮らしてい... [続きを読む]
  • ブログの読者に来校いただきました
  • みなさまおはようございます。3月ぐらいでしたか、ブログを読んでくださっている、日本の大学生の方からメールをいただきました。なんでも、経済学部で、日本の観光業について勉強する中で、日本へ観光に来るアジアの人たちに焦点を当てて、卒論にあたりたいとのこと。また、... [続きを読む]
  • 愛を綴る
  • みなさまおはようございます。いつもは高校生の話が多いですが、今日は中学生の話をさせてもらいます。当校では、中学三年生は全クラス週2時間日本語を勉強するカリキュラムがしかれています。僕も8組と9組という、中3の中では超平和なクラスを担当させてもらっていて、教室... [続きを読む]
  • 新入生歓迎会
  • みなさまおはようございます。先週の金曜日の放課後に、高2の生徒主催による新入生歓迎会が行われました。「ラップノーン」と呼ばれるこの歓迎会は、主に大学で行われるものなのですが、うちの日本語クラスは、それを真似て、毎年この時期に行っています。ゲームなどによっ... [続きを読む]
  • また今年も名付け親に
  • みなさまおはようございます。今日の1時間目は高1の授業。多分、やつらは、今日の授業だけはちょっと楽しみにしてるはず。というのは、これから3年間使う日本語名をやっともらえるから。この2週間、「いつ?いつ?」と催促されていたのですが、最初のひらがなのミニテス... [続きを読む]
  • 今日はいい天気?
  • みなさまおはようございます。「いい天気」という言葉を聞いて、日本人なら誰でも思い浮かべるのが、こんな青空ですよね?しかし、所変われば言葉も変わる。朝礼などで先生が、「雨が降ったおかげで、今朝はあまり暑くなくていい天気だね。」などとよく言うのですが、雨があ... [続きを読む]
  • 新ゲームにトライ
  • みなさんおはようございます。今日は高1の日本語クラスで初めてやってみたゲームのお話。高校の日本語授業には、1時間授業と2時間授業の2パターンがあります。2時間授業は100分授業なのですが、子供にとってこの100分は長ーく感じられるもの。やってるこっちもまた... [続きを読む]
  • タイの家具屋さん
  • みなさんおはようございます。最近、必要あってバンコクの家具屋さんを駆け巡っている私たち。妄想のうちは楽しい買い物も、実際買うとなると、頭を悩ませることの方が多い、ということがよーく分かったこのごろ。妄想では予算管理しなくていいですからねーさて、複数ある大... [続きを読む]
  • 第12期生
  • みなさまおはようございます。新年度が始まって、一番気になるのはやはり高1クラス。当校に日本語プログラムが導入されたのが、2007年ですので、今回の高1は第12期生となります。思い返せば、第1期生と第2期生ぐらいは、日本語クラスとは名ばかりの、行き場のない生徒... [続きを読む]
  • 日曜の夜にぴったりなメニュー
  • みなさまおはようございます。えー、私この7月で在バンコク歴14年になるんですが、バンコクの素敵なお店とか、穴場のお店とかいう情報は、在住2ヶ月の駐妻の足元にも及ばないぐらい、持ち合わせておりません。なので、たまに日本の方から情報をいただくと非常にありがたい... [続きを読む]
  • 今学期の時間割
  • みなさんおはようございます。さて、学期が変われば、時間割も変わり、それによってライフスタイルも異なってくるのが、教師という仕事。もちろん授業があろうがなかろうが、7:30に学校に行くことに変わりはないのですが、1時間目から授業があるのとそうでないのとでは、出勤... [続きを読む]
  • 朝からご苦労様です
  • みなさまおはようございます。校門をくぐったはいいが、その先に進ませてもらえない女子集団。毎朝、学長自らの手によって校則違反を取り締まるのが、当校のならわしなんです。で、この子たちが、どんな違反をしたかというと、スカートの丈短すぎ。。ってやつ。結構細かく、... [続きを読む]
  • 初朝礼の景色
  • みなさんおはようございます。昨日新学期が始まり、2018年度初の朝礼が行われました。当たり前のことなのですが、3年間ずっと接してきた去年の高3の姿はもうなく、この前まで 高1だった生徒が高2、高2だった生徒が高3の列に並んでいます。成長期だけあって、3ヶ月会っ... [続きを読む]
  • Back to school
  • みなさんお久しぶりです。今日から2018年度の第1学期がスタートです。と言っても授業は明日からで、まあエンジンがかかるのは来週からですかね。2月の中旬から丸3ヶ月、学校では授業がなかったわけで、生徒の日本語もスッキリカラッポになっているのではないでしょうかさ... [続きを読む]
  • 発売になりました
  • みなさまおはようございます。昨日、僕の記事が掲載された「サンガジャパンvol29」が発売されました。このような雑誌に記事を寄稿させていただく機会が訪れるとは思っても見なかったので、嬉しくもあり、照れ臭くもあり。。でも、やはり多くの人に読んでもらいたいな、という... [続きを読む]