すいりん さん プロフィール

  •  
すいりんさん: 寝ても覚めてもきものの話
ハンドル名すいりん さん
ブログタイトル寝ても覚めてもきものの話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/miko_kimono/
サイト紹介文40代、着物熱発症2年目。着物自装暦半年の初心者のあれこれです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/12/03 12:02

すいりん さんのブログ記事

  • コスプレ系?記念写真
  • ハレノヒ事件のことをあれこれ言っておいてナンなんですが似たような戦略?(ごめんなさい)の、和服販売+着物とドレス系写真館で七五三記念写真を撮ってきました。たぶん割と正統派のところです。(ん?というコスプレはない…)値段の高さや販売の方法や(好きなだけ着ていいですよ〜、でもその分の写真は買ってね、ってヤツね)なんだかんだとどうしても近づき難く一番は、取っ替え引っ替え着せかえさせられるイメージがあり、今まで [続きを読む]
  • 初!絞りのきもの
  • 以前、呉服屋さんの店先で総絞りのきものを触らせてもらい、そのやわらかさに感動したことがあります。空気を含んで身体に沿って、ふっかふか。なんて気持ち良いのでしょう。いつか着てみたいな〜と、思っていたところまたまたではありますが オークションで好みの色柄お値段、サイズともお手頃なものを見つけました。たいそう着やすくて、本当に嬉しいやっぱりふかふかで柔らかいあったかい毛布みた〜い見た目は地味?落ち着いた [続きを読む]
  • 変わり更紗の試行錯誤
  • 今年の元旦に、小紋を着ました → 今年もどうぞよろしくでも、どうも垢抜けない元々ファッションセンスなど持ち合わせておらず、なんとか野暮ったさから抜け出したい!と思ってアレコレ試みているわけですが、いつにも増して古くささが漂っているような気が………この小紋自体がそういう時代の物でアンティークというほどの派手さも持ち合わせていない、のはそれはそうなのでしょうが。でも、更紗好きとしてはちょっと変わったこ [続きを読む]
  • 大寒でございます
  • 全国的な大雪に大寒波。まさに大寒でございます。ここ信州も寒いですが、いつもの冬です。日中も氷点下ですが、キリリと引き締まる冬の寒さは暖冬の気味の悪さより、ずっと好きです。そんな大寒のきもの。気持ちだけでも明るく、薄黄緑の地に薄茶、緑青やピンクの格子の紬。帯はアフリカ綿カンガの帯。合わせてみたら私的にドンピシャな組み合わせでした。きものと帯が引き立て合いそれぞれの色がすっと光を増す気がします。ピンク [続きを読む]
  • 祖母からの贈り物
  • 羽織紐の合わせ方、難しいなと思っていました。そんな中、年始に実家に行った時のこと。6年ほど前に亡くなった大好きな祖母の使っていた部屋に寝泊まりさせてもらっています。8畳の和室で、今は飾り棚のみが置かれている。飾り棚の中には祖母の手製の和紙人形や松本手毬。組紐、大正琴、水墨画工芸や創作を愛し、また秀でていた祖母でした。そんな飾り棚の上に前に来た時にはなかったきれいな箱の一群が。中には、決して高価ではな [続きを読む]
  • 小正月
  • 昨日、一月十五日は小正月でしたね。ひと昔前までは、この日が成人の日で祝日でしたけど、それもなくなり、今やほんとに普通の日。小正月は女正月と呼ばれることもあった様です。いわゆる年末年始、家のこと、おもてなし、お出かけ、子どもの新学期……結局働きづめの、女性たちが、やっと少し休める日だったのだそうです。そんな訳で、年末もお正月も、仕事始めからも私、せっせと働いた!少し息抜きしてよし!と、自分に許可して [続きを読む]
  • 初めての羽織
  • 冬の羽織もの、今までは一輝流の和装コートのみでしたが、少々フォーマル寄りになるのとモスグリーンの顔映りが悪く(大好きな色なんですけどね)老けて見えるような気がするためカジュアルなアウターが欲しいなー…と思っていました。羽織。どうも帯の辺りでごちゃつく感じをまとめる技量に自信がなく、手を出せないでいたアイテムなのですが、プクプクとした可愛らしさについに買い求めてしまいました。ふだんきものハイムラヤさん [続きを読む]
  • 悲しくて残念でやり切れない
  • 成人式に買ったはずの、借りたはずの振袖が業者ごと消えてしまった話。悲しくて、残念で、本当にやり切れない。人生で一度きりの晴れ舞台。笑顔で思い切り祝福されるべき日。これからの人生は、決して穏やかだったり、いいことばかりではなくても、辛い時にこそ初心として寄る辺になってほしい、この晴れの日に、無責任な大人によって、夢を砕かれ冷水を頭からぶっかけられ放置されたまま。可哀想すぎて残念すぎて言葉にもならない [続きを読む]
  • 正月二日のきもの
  • 仕事始めも過ぎ、更新の機を逸してしまった感のあるお正月二日のきものです。実家に帰省し、親戚集まっての新年会でした。昨年ヤフオクで頂き、まだ未着用の真綿紬に袖を通しました。産地の記載はないけれど、躾付き、総亀甲柄のお気に入りです。梅ちゃん帯でおめでたく。八掛の色が可愛いとテンションがあがります。袖口とかもね。割烹着着用にて、お料理もしましたよ。海老フライを作っている図。あら、お太鼓がつぶれている(^_^ [続きを読む]
  • 2018 今年もどうぞよろしく
  • 明けましておめでとうございます。2018年ですね。年末はゴタゴタして、残念ながらきもので大晦日、とはいきませんでしたが、今年の目標にしましょうか。元旦きものは着ることができました変わり更紗の小紋に、臙脂色の袋帯で。この更紗、一つ一つの模様が、不思議なんだけど何ともいえず可愛いのです。そうです。ヤフオクでの一目惚れのお買い物です。実際着てみると、合わせる帯が難しい。柄の中から臙脂色を拾って帯を合わせまし [続きを読む]
  • 妄想 クリスマスコーデ
  • 昨年に引き続き、妄想クリスマスコーディネート。来年こそは、妄想から卒業したい。行きたいところは、ずばり、教会のキャンドル礼拝です。クリスマスですから。昨年は母から受け継いだ桃色色無地でしたが、今年はシックに、黒の結城紬。帯も墨黒で。中央の帯留め、クリスマスの星にみたてています。クリスマスツリーのてっぺんに載っている、あの星です。私ごときが説明するまでもありませんが、キリスト生誕の時、ベツレヘムの馬 [続きを読む]
  • ヤフオクでのお買い物
  • 2017年も終わりにあたり、ヤフオクでのお買い物もまとめておくことにしました。物欲に思いきり負けた自分を晒すようで、はっきり申し上げて、結構恥ずかしいですけどね。まだ、袖もとおしてないきものもありますし。ヤフオク一年目でもあり、特に初めの半年は割と見境なく手を出してしまったかも……しかし、中古&新古市場にこれでもかと出回っているきものたち。なんといいますか、埋もれている宝ですよね。昭和の女性がいかにき [続きを読む]
  • 2017年 きもの二年生
  • きもの熱発症二年目の今年は前半は、猛ダッシュ後半は中だるみというか、諸雑事に追われてきものまで手と気持ちが届かない時期もありました。それでも、なんとか自分でも着られるようになったし?まだ、できれば年末にも着たい希望は持っていますが、一応まとめておくことにしました。初詣から始まった久留米絣。帯周りがちょっと違うのです。(けど、ほとんどわかんないですよね)ポリの小紋、更紗柄の紬。伯母の大島紬。帯周りも。 [続きを読む]
  • ブログ一周年でした
  • 気づいたら、livedoorさんにブログを開設させてもらって、きもののことを綴り始めて、一年が過ぎていました。初心者のつたない、しかも更新も気まぐれなブログにおいで下さる皆さま、本当にありがとうございます。記録であり、忘備録であるとともに、多少なりとも人様の目にさらすことで、着付けも、コーディネートも、上達するのでは……という、下心アリアリで始めたのですが、下半期は、どうも滞りがちになってしまいましたきも [続きを読む]
  • 師走 きもの日帰り旅?
  • きもの旅なんて大それたことは言えない程度ですが、きもの熱発症3年目にしてまだまだ初心者から抜け出せない私めにとりましては、かなりの大冒険でございましたよ。きもの着て、高速バスに乗って、師走の人だらけの駅を抜けて、名古屋に行って来ましたどこもかしこもクリスマス!クリスマスの装飾、大好きです。がんばって、ツリーと記念撮影。きものとツリーで撮りたかったのに、あわてて撮ったこともあり、シワのある顔が入っち [続きを読む]
  • デパートへ行ってきました
  • 飯田紬に、近賢織物さんの六花模様の洒落袋帯で百貨店なる所へ行って参りました。袋帯ですが、優しくて可愛い模様で、大袈裟にならず気に入っています。少し毛羽立ちのある厚めの生地なので、冬に向いてるかな、と。花の模様であり、雪の結晶でもありますが、今回はクリスマスを彩るキラキラクリスタルのイメージで。飯田紬、遠目では無地感ですが、草木染めの縞です。この縞、改めて好きだわ〜 日帰り旅?についても、また、感想 [続きを読む]
  • デパートへ行く予定
  • まるで昭和のはなしみたいですが。田舎暮らしのわたしには、デパートへ行くのもイベントです。というか、用事があってデパートなどに行かなくちゃならなくても、片道2時間……日常は、スーパーと、たまーにネットの買い物で全く困らないので、この前デパートなるものに行ったのは果たしていつかな?という有様です。高島屋も伊勢丹も、三越も大丸も、みんなもともとは呉服店だったんだな、と思うと、なんとも感慨深いものがありま [続きを読む]
  • 結婚式の きもの
  • 11月の佳き日に、結婚式にご招待いただきました。結婚式のきもの昨年誂えて、日の目を見るのを待ちに待っていた、曽根武勇さん作、経錦(たてにしき)のきもの。帯は前出、若手の齋藤一輝さんの臈纈染め、帯揚げも同じく。かなり冷え込んだので、ikki流コートも出動となりました。経錦 は、ご説明いただいたところによると、先染めの織のきもの。経糸の色のみで模様を織り成しているのだそうです。織のきものだけれど、色無地より格 [続きを読む]
  • 週末お出かけ支度
  • 急に寒くなりましたね。着物お出かけ、昨日までなら迷わず単衣、今日からは迷わず袷〜な気温の差です。さらには雨でございます。週末の予報もこれまた雨なんでございまする。となると、選択肢としては、私の場合は木綿ほぼ一択。唯一の木綿きもの、久留米絣さんの登場です。本当に急激に寒くなったので、ネルに似た厚地も、見た目暑苦しくなくて良さそうです。さて、どの帯をあわせようかしらあーでもない、こーでもない、アレも良 [続きを読む]
  • きものを着ない間も 帯は買う
  • 夏きもの、結局今年も誂えず、浴衣着用のみで夏は去って行きました。……って、いつの話?気がつけば9月最終週。齢とともに、月日の過ぎ去る早さにただただ目を見張るばかり…そんなわけで(どんなだよ?)夏はきものを着ませんでしたけど、帯は順調に増えていってるんですよね〜。いくつ胴体があるんでしょう、自分でもわからないわ〜〜その1先日締めた江戸紅型。みなさんご存知、いち利モールさんのセールで頂きました。かなり [続きを読む]
  • 9月の単衣
  • 良く晴れた気持ちの良い日、久しぶりに東京へ。初めて、ホテルの客室で、自装をしてみましたよ。結城縮の単衣に、江戸紅型の名古屋帯。初おろし〜〜全身鏡がなかったけど、まあなんとかなったでしょうか?結城縮、本当に柔らかくてしなやかで、背中も皺にならず、感動しました。柔らかいけど、いわゆるやわらかものの、ツルンとした感じとは、また違うんですね〜。フワフワ、というか。単衣の季節、すごく好きです。泊まったホテル [続きを読む]
  • 叔母の手縫いの浴衣
  • 夏祭りにでかけた浴衣。叔母が20年以上前に、手縫いで誂えてくれた浴衣です。藍にアジサイ?葉っぱがちがう・・・かな?ポリエステルの半幅帯、アンテプリマのバッグ、mizutoriの下駄。・・・とコーディネートしましたが、バッグは変えました。花火デートなら、迷わずこれなんですけどね結局・・・・数年前の雑誌の付録のトートバッグ子連れだし、ペットボトルやら、屋台の食べ物のパックとか串とか入れるし・・・・。汗とほこりと [続きを読む]
  • 夏祭り
  • 夏祭りに親子浴衣で出かけて来ました。暑いのと、暑いのと、暑いのと、まぁあと色々で着物に触らずほぼ二カ月浴衣くらい着れるよね〜と、余裕で着れた……つもりが、なんだかおはしょりがもたもた。まさかの、右のおはしょり三角折り上げを忘れていたでももう帯結んじゃったし、子どもたちは早く行こう攻撃だし、どうせすごい人混みで誰かにチェックされることもないだろうし、とそのまま出かけました。なんかワサワサしていて、着 [続きを読む]
  • ikki流のきものお買い上げの記録
  • かれこれ二年ほど前の出来事です。これくらいの時間が経って、なおかつようやく相応しい場所で日の目を浴びられて、ようやっと落ち着いてに綴れるようになった、出来事です。なかなか客観的になれないくらい、ドッキドキのお買い物だったわけですけど、二年前というと私がちょうどきものにはまった時期。というより、ikki先生のきものに出会って、買ってしまって、きものにのめりこんだといったほうが正確かも。→   ikki流チェ [続きを読む]
  • 単衣のセミフォーマル
  • こんにちはご訪問下さり、ありがとうございます。今日はセミフォーマルの話題です。雑誌「美しいキモノ」なんかのシチュエーション特集などで、セミフォーマルを着る場面として「恩師のパーティに参加」みたいなキャプションがついていることがあります。でもこれ、結構特殊な環境の人限定じゃない?(お嬢様とか奥様とか……)などと、ややひねた目で見ていました。(よく考えたら、そこがターゲットなのか。縁がなさ過ぎてわかりま [続きを読む]