アクアヴェイパー さん プロフィール

  •  
アクアヴェイパーさん: アクアヴェイパー
ハンドル名アクアヴェイパー さん
ブログタイトルアクアヴェイパー
ブログURLhttps://aquavapor.blogspot.jp/
サイト紹介文アクアリウムとVapeをこよなく愛する人のアクアリウムメインブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/12/03 12:26

アクアヴェイパー さんのブログ記事

  • ミナミヌマエビ屋外繁殖を目指すものの...
  • ミナミヌマエビを屋外繁殖させてみようと思い立ちました。今まで20匹、現在の水槽に投入し、水草に付着した農薬により急死させてしまったため、水槽には入れないようにして、発泡スチロール+水草+濾過なしで育てるという一見むちゃくちゃな飼育でいくつもりです。でも、ヌマエビというだけあって綺麗で澄んでいる水にいるわけではなく、人間の目からしたら汚い濁った水のほうが彼奴目らにはあっているんだと思います。ミナミヌマ [続きを読む]
  • アマゾンフロッグピットの導入
  • 植物でもやっぱりよく育つものがわかりやすいし、変化が見えて楽しくっていいですね。最近アマゾンフロッグピットを買ってきました。浮き草で根っこを伸ばしてどんどん成長するようです。アマゾンフロッグピットの飼育条件水質:弱酸性から中性水温:20℃付近が最も増えやすい光量:太陽光でも育つため室内なら強めの光が良い浄化能力:極めて高いアマゾンフロッグピットの購入近くのホームセンターのジョイフル本田で買ったんです [続きを読む]
  • アフリカンランプアイの繁殖
  • アフリカンランプアイを繁殖させてみたいと思いましたが、全然産卵しません。一応20匹近くはいるんですが、食欲旺盛なカラシンどもと一緒に混泳させているせいか、卵さえ見当たりません。アフリカンランプアイの好適飼育条件水質:こだわらないが、新しい水がすき水温:27までなら元気。超えると産卵せず30度以上で調子を崩す餌:何でも食べるが、栄養価が高いと産卵しやすい?活き餌で産気づく?こんなところでしょうか。で [続きを読む]
  • 硬度の水草成長の関係
  • 最近やっと硬度がどういうものか理解してきました。まず硬度には次の2種類あります。GHとKHKHは炭酸塩硬度。これはpHの緩衝(この物質が影響してやわらかく働くこと)材だという話です。これがある程度高いと、PHの上がり下がりが緩やかになるとのことです。そしてGHはKHの副産物らしく、KHの高い水に酸性の水が入ると、KHが低くなりGHができるとのこと。うーん。これだけだと高校の化学すら皆無の私にはわかりませんね。もっと簡 [続きを読む]
  • 底面濾過の底床掃除
  • 底面濾過ではエバグリ式の解説を読むと、ほとんど水を替えず(およそ半年ぐらい)脱窒により硝酸塩を窒素に分解しているとか。そんで、基本は未処理大磯を使っているのでアルカリ性に傾いているのでニトロバクターとかの微生物はとっても活発/活性化しているそうです。 それに、水換えは重労働ですから、頻度が減ればとっても楽ちんです。アルカリ飼育の欠点アルカリ性の水質ではコケも生えやすいんですよ。そして、水草も育ちにく [続きを読む]
  • T&Mフレーバーを使ったVape自作リキッド
  • VAPE用リキッドを自作するため、T&Mでフレーバーを購入し、それぞれ1種のみで試しました。フレーバーはベジタブルグリセリン(VG)に混ぜて試飲しています。ベジタブルグリセリンはファンタジーグリセリンのものを購入しています。マンゴフレーバー(★★★★★:星5つ)マンゴーじゃなくマンゴフレーバーです。これはうまい!!!メンソールを混ぜて吸うとひんやり感アップでよりうまい!ケチると吸ってるうちに香りを感じなく [続きを読む]
  • ウォーターバコパの導入
  • 今回はウォーターバコパを導入しました。ウォーターバコパとは葉が丸く、ほんのり赤っぽくなる水草です。茎もしっかりしていて葉が厚みがあり、可愛らしさがあります。根をしっかりはるロゼットタイプなので、根肥であるカリウムが重要と考えられます。好む水質ph:6〜7.5程度(酸性寄りが成長しやすい)GH:1~4(軟水が好み)大磯飼育でも何とかなりそうな水草ということで買ってきましたが、成長は芳しくありません。失敗から学ぶ [続きを読む]
  • 水槽に微粉ハイポネックスを添加
  • 我が家の水槽は日々黒ひげコケに覆われています。業を煮やした私は、まず冷静になり水槽の状況を考えました。まず、水草に吸われる養分は3つ。窒素リン酸カリウム大磯は貝殻が含まれており、水中にもカルシウム分が溶け出しやすいことから水質が高硬度になりやすいため、肥料の中でカルシウムと拮抗関係にあるカリウムは大量投入が必要と考えました。水槽ブログを徘徊すると、園芸用品の微粉ハイポネックスを水槽の底床に打ち込む [続きを読む]
  • ヘアウォーターのレシピ(比率)
  • ねぐせをさっと直すことができる朝の守護神ヘアウォーターは自作ができます。入れ物スプレーボトルは百均のでもいいですし、入れ物を先ず購入する目的としてヘアウォーターを一つ買っても良いと思います。量を使うのでこういう引き金タイプが使いやすくてよいですね。自作と市販費の違い自作のメリットは何と言ってもコストの違いです。100ml500円のグリセリン。水クエン酸5kg 1500円精油:2000円精油が一番高いぐらいですね。100c [続きを読む]
  • HILIQ:チーズケーキリキッドの試飲
  • HILIQからバナナクリームリキッドと併せてチーズケーキリキッドを購入しました。味はと言うと、ほぼヴァニラの香りで若干チーズらしき?香りがしますが、どうも吸ってる本人にしか感じません。周りは全くチーズ感は感じないそう。それどころか缶ピースの香りに似ているという話でした。でも甘くて美味しいです。が、やはり一日中吸ってると鼻腔に甘ったるい香りがついてまわり、嫌になってきます。香りをリセットするフレーバーが [続きを読む]
  • テトラPH/KHマイナスでpH調整
  • 我が家の水槽の水質は大体8.0近くあり、コケが勢いがとまりません。そこで、pHを下げてコケの勢いをなくそうと思い、pH降下剤の「テトラKH/PHマイナス」を購入しました。他のpH降下剤はリン酸が主成分という話だそうですが、テトラPH/KHマイナスはリン酸が入っていないそうなので、黒髭の原因にはならないようです。しかし、強力にpHを下げるそうなので1滴単位でpHを見ながら毎日少しずつ添加するのがよいそう。2日目、pH8.0 変 [続きを読む]
  • 水草成長鈍化の要因は高硬度環境にあった
  • 水草が生長しない理由。それが硬度にあることに気づくのにおおよそ半年かかりました。それでは実験結果を経緯を追って説明します。硬度を下げる硬度を下げるには、水槽内のカルシウムやマグネシウムを吸着して上げる必要があります。吸着にはイオン交換樹脂がもっともよいのですが、これはかなりコストがかかりますので、安く済ませるのであれば、園芸用ゼオライトが一番です。園芸用ゼオライトを100g程度出し、これを排水溝ネット [続きを読む]
  • トビムシ大発生
  • 水槽の蓋を開けたら…こげ茶色で1mm未満の小さな小虫が大量に発生!!オーマイガッ!!!こいつはなんじゃ!?と思って検索すると、すぐに正体が判明しました。この小虫どもは「トビムシ」とやらだそうで、湿度の高い場所を好む糞虫どもだそうです。今年はウオノカイセンチュウやらトビムシやらとやたら虫に好かれる年となりそうです。もう嫌。水をかけて水槽内に落とすスポイトで水をかけて水槽に落とそうとしても全くの無駄、す [続きを読む]
  • 白点病治療:マラカイトグリーン編
  • 白点病治療に赤唐辛子を使ってダメで、マラカイトグリーンに切り替えを行い治療を続けている日記です。白点病治療にマラカイトグリーンは効果的で、眼には見えない幼虫と体から離れた白点を倒す優れた薬です。しかし、治療が遅ければ体の小さな魚は助かることなく死んでいきます。でも、生き残ってる魚を助けるのならば一刻も早く投薬治療を行いましょう。マラカイトグリーンと赤唐辛子を解説した記事もありますので、参考になさっ [続きを読む]
  • チェリーバルブはカワコザラガイバスター
  • 水槽の中でいつの間にやら増えてしまい、根絶が難しいとされるカワコザラガイ。こいつらを倒すのを得意とする戦士(魚)のひとりにチェリーバルブがいます。チェリーバルブはカワコザラガイを食べない?チェリーバルブは個体によってはカワコザラガイに興味がわかず、見向きもしない事があります。この経験をした方はチェリーバルブはカワコザラガイを食べないと思ってしまいます。というのも、カワコザラガイが水槽壁面に強力に張 [続きを読む]
  • 夜驚症と不安神経症の克服
  • 小さい頃、夜半眠りにつくような時間に突然恐怖に襲われ大声で泣き叫んでしまうことがありました。当時は病名などはまったくなく、医者もどこ吹く風であったようですが、今では夜驚症(やきょうしょう)という名前がついています。夜驚症主に3〜7歳ぐらいの小さなときにだけ発症し、夜泣きと違って、例えばおむつが濡れていて深いとかうるさいとかそういう外敵の刺激を受けていないのにもかかわらず、寝ているとき突然泣き叫びなが [続きを読む]
  • ダイエット(サプリ&エクササイズ編)
  • しばらくダイエットという言葉を忘れ、暴飲暴食の日々を過ごしていたところ、体重は食べた分だけ増える、いわば青天井であることに気が付きました。タニタ体組成計体の正確な数値は体重計に教えてもらいました。タニタの優秀なスマホ対応体組成計は余すことなく自分のだめなところを教えてくれます。そこで、私はダイエットのために色々試行錯誤をしてみようと思いました。ケミカルシリーズ防風通聖散ナイシトールとかあのシリーズ [続きを読む]
  • ベイビーボックスでチェリーバルブの繁殖
  • 繁殖用の隔離箱といえば一番優れているのはスドーのサテライトだと思います。場所も取らないし、以前にグローライト・テトラのペアをサテライトに閉じ込め産卵させた実績もあります。しかし、スドーサテライトは気温に左右されやすいという弱点もあります。やはり外に出ている分、そればかりはなんともなりません。次にいいのがニチドウのベビーボックスプラスです。スポンジフィルターがついている、産卵終了後の親だけ逃がせる気 [続きを読む]
  • ピートモスは入れ過ぎに注意(超酸性化)
  • 園芸用ピートモス水槽の硬度を下げる水槽の硬度を下げる方法としてマグネシウム・カルシウムをイオン吸着するゼオライトがあります。他にもピートモスを入れると硬度が下がるという記事がありました。本当かどうか定かですが、ピートモスは植物にも良い腐植酸を含み、pHも落としてくれるので、植物成長のために園芸用ピートモスを購入。PHが8近く合ったのが1週間で6まで下がりました。45cm水槽に出汁用パックにたっぷり詰めて、そ [続きを読む]
  • 植物育成LEDライトと小型水槽
  • 水草をより簡単に育成するためにexcelvalの植物育成用LEDライトを購入しました。7割赤LEDと3割青LEDのライトです。似たようなライトで白もあり、演色性もあるのもまだ売っています。そして本水槽ではテトラ共にかじられてしまうニューパールグラスを育てるために、小型のプラ水槽チックの小型水槽を購入し、リン酸を吸着してコケを抑制してくれそうな赤玉土を敷き詰め、KOTOBUKIの丸型底面濾過フィルターを設置してみました。新芽 [続きを読む]
  • ベイビーボックス パールグラス養殖場
  • ベイビーボックスでチェリーバルブの養殖失敗につき、ベイビーボックスがごみとなりそうでしたが、何か使いみちがないかと考えたどり着いたのが、使わなくなったセラミスを底床にしてさなか、エビに喰われてちぎれとんだ悲しいパールグラスの待避所にしようと思いました。ただ、セラミスは軽いのでこぼれて大磯砂に混ざってしまいました。それからは底床は大磯砂にしましたが、セラミスと比べて育ちが悪い…加えて、大磯砂ではおも [続きを読む]
  • ニコチンリキッドデビュー
  • 国内で販売されているVapeリキッドはリキッドにニコチンは含有していません。薬事法で含めることが認可されていないからです。しかし、海外ではニコチン入りリキッドは普通に販売されています。加熱式タバコが許可されているのに、国内でニコチンは試薬用としてしか手に入らないから個人でそう簡単に入手は不可能。でも、Vapeでニコチン入りリキッド、一度は吸ってみたいと思いますよね。物は試しとして比較的廉価で有名なニコチン [続きを読む]
  • フケの特効薬フケミンとの出会い
  • 乾燥してくる季節、頭からパラパラおちてしまうフケ。洗っても洗っても出て来るフケ。洗っただけでフケが出ず、清潔感があるイケメンが羨ましい!!そう思わずにはいられないフケの出る頭。ずーっと悩んでいました。そしていつの日かフケは出るもんだからしょうがない!と開き直ったりもするんですが、頭を揺らした際に舞い散るフケ。あぁーーーーーーっっっっ!!!くっそー!超洗ってフケが出ないようにしてやる!!シャンプーブ [続きを読む]
  • ミナミヌマエビ屋外飼育計画(その後)
  • ヌマエビ屋外育成計画から実体験を経て至った結論を記します。ヌマエビ屋外飼育について発泡スチロールでミナミヌマエビを飼育にも程度条件が必要だということがわかりました。加えて、ビオトープもこの真夏の暑さはかなり危険を伴うものだということも理解しました。失敗談も踏まえて、発泡スチロール飼育について説明します。水作り発泡スチロールは水の量もそうですが、広くて底が浅いものが適切です。そして、水質浄化を行うた [続きを読む]
  • マツモが育たない原因と解決策
  • 今回はマツモの成長の話をします。マツモと言えば水草界の中ではトップクラスの成長率を誇る水草です。バンバン伸びてバンバン増える。脇目も振らずに脇芽を出していくわけですけれども。....はい、さておき!我が水槽ではこいつらが枯れる!!黒髭に被われる!!!成長ストップ!!!!と、散々たる結果から容易に育つはずのマツモにすら辛酸を舐めることになりました。しばらく様子を見ていても、成長の兆しは見えず枯れ落ちて少なくなって [続きを読む]