suoyimai さん プロフィール

  •  
suoyimaiさん: さがしもの工房
ハンドル名suoyimai さん
ブログタイトルさがしもの工房
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/suoyimi/
サイト紹介文ビジネス書や小説、IT、SE、写真、電子工作などの専門書、の読書日記を公開しています。
自由文職業はシステムエンジニア。日々忙しいので、もっとゆとりのある生活を求めてます。趣味は、読書、イラスト、写真。最近は電子工作も楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/12/03 19:17

suoyimai さんのブログ記事

  • 僕がロボットをつくる理由
  • アンドロイドで有名な石黒教授がロボットを作る理由をインタビュー形式で回答する書籍です。石黒教授のモノの考え方や生活の様子を垣間見ることができます。学生時代にレストランでアルバイトをしていたため料理の腕前も確かなようです。しかしながら、好きな食べ物はプッチンプリンとインスタントラーメンというのはなかなか面白いです。あまり食にこだわらず合理的な食事を取る人が研究者には多い気がします。着ている服は全て黒 [続きを読む]
  • Web Designing 2017年12月号
  • 今月の特集は「数字力」です。KPI (Key Process Indicator), KGI (Key Goal Indicator), KSF (Key Success Factor)などの横文字が出て来ますが、ロジカルに成功するには、これらを意識する必要ががあります。報告したり話をしたりするときは、数字を意識することが大事です。グラフについても、ただ棒グラフにするのではなく、どこに注力したいのか、また、閾値があるのなら閾値がを破線で示すなど一目で強調ポイントが理解できる [続きを読む]
  • Harvard Business Review 2017年9月号
  • 今月号の特集は」「燃え尽きない働き方」です。燃え尽きないためにはレジリエンスを身につける必要があります。人によっては他者と関わることでレジリエンスが強くなることもあるそうです。最近、企業では生き過ぎたコラボレーションがバーンアウトに関係しているようです。意思決定までのプロセスが非常に長いと調整だけで時間や労力がかかってしまいます。また優秀な社員に負担が集中する傾向があるようです。優秀なマネージャー [続きを読む]
  • 数学ガールの秘密ノート 丸い三角関数
  • 数学ガールの秘密ノートの今回のテーマは三角関数です。円を使った三角関数の導出をわかりやすく説明しています。サイン(sin), コサイン(cos)の定義だけ覚えれば、それ以降の加法定理などの導出は可能です。回転とベクトルを導入し、図示したり、実際にグラフを描いていく様子が記載されていることで理解しやすくなっています。正96角形で円周率3.14になる、という説明も面白かったです。余分な情報になってしまうため、本書にはで [続きを読む]
  • 一流の育て方
  • 勉強だけでなく、ビジネスでも活躍できるような大人に育てるための秘訣を紹介した本です。親の考えを押し付けず、子供たちの自主性・選択を尊重し、それに対するアドバイスをするのが良いようです。視野を広げるように体験する機会を作ったり、読書を習慣化させる、などのサポートをするのです。そうすることで、自主性や”やり抜く力”が付きます。勉強だけでなく、勉強以外のことも大事です。他者への配慮、自制心、金銭感覚、な [続きを読む]
  • リーダブルコード
  • より良いコードを書くための良書とされている本書です。6年ほど前に話題になりましたが、今頃になって読んでみました。基本的な考え方は、テクニックを自慢するようなコードを書くのではなく、他人や、時間が経過した後に振り返る自分のために、理解しやすいコードを書くことを優先することです。以下のC++のコピーコンストラクタと代入演算子を再定義しないとデフォルトの設定が使われてしまうのを防ぐテクニックは参考になりまし [続きを読む]
  • 日経Kids 潜在能力を引き出す育脳メソッド
  • 脳科学から見た早期教育への疑問点について紹介されています。2015年の本です。子供が小学校に通い始めると勉強のことが気になってくる親も多いと思います。気になり始めると、早期教育の方が良いのかなぁ〜なんて心配になってきますよね。脳科学的には、小さいころ(3歳くらいまで)にスマホやテレビばかりで子守をさせておくと、変化ばかり気にする子になってしまうので避けるべきとされています。5歳くらいからはピアノやそろばん [続きを読む]
  • 日経Kids 中学受験をしない選択
  • 最近、中高一貫の学校が増えてきているそうで、中学受験という言葉も良く耳にするようになりました。本書は「中学受験をしない選択」とありますが、別に中学受験を否定しているわけではなく、中学受験をしないなら、中学受験の代わりに、その時期に伸ばす必要のある教育をするのが良いですよ、と勧めています。2013年の本です。8歳から12歳は前頭前野が発達しやすい時期だとされています。この時期に脳に負荷をかけるとワーキング [続きを読む]
  • 子どもの脳を育む! よい習慣
  • 子どもの脳を育むにはどうしたら良いかについて触れられている2011年の本です。こういった本は時代とともに、良い悪いが変化するので、今回は参考程度にしたいと思います。図書館で手にとってはみましたが、Amazonでのレビュー数も少なく、レビューも低いので、あまり読まれていない書籍なのかもしれません。睡眠時間よりも朝決まった時間に起きる睡眠リズムが大事、外で遊ぶことは考える以上に脳(前頭前野)に良い、ピアノは万能 [続きを読む]
  • フツーのサラリーマンが週末副業を始めてみた
  • 働き方改革の一環で副業を認めている企業が増えているようですね。本書はこのような動きが始まる前の2012年の古い本です。副業の業種はレコード輸入・販売です。平日の帰宅後や週末にネットを使って副業をしているようです。個人事業主として事業を起こすことで、色々と経費で落としたり、赤字部分を補填したり、といった財形テクニックも紹介されています。経費で色々と落としているところは本当にいいの?と疑問に思う部分もあり [続きを読む]
  • CUDAとTensorFlowを使った機械学習をUbuntu上で試してみた
  • 我が家のデスクトップPCにはNVIDIAのGPUが搭載されています。GeForce GTX 960というモデルで、CUDAコアは1024個です。3年前のGPUなので今となってはミドルクラスですが、3Dモデリング作成などは今でも快適にできます。せっかくなので、GPUを使った演算処理も試したいと思い、深層学習(ディープラーニング)の分野で耳にすることの多いTensorflowを使ってみることにしました。GPUを使った並列処理にはオープンで汎用性の高いOpenCLと [続きを読む]
  • Git逆引き入門
  • Gitの使い方について逆引き形式で「こういう場合にどうしたら良いか」という疑問に答えてくれます。コマンドライン入力とGUI(SourceTree)の2種類が紹介されています。GUIはSourceTree限定なので、あまり応用できませんが、コマンドライン入力はGit共通のため大変参考になります。git merge, git rebaseなどのコマンドをオプションも含めて説明してくれています。また、.gitkeepファイルを使った空のフォルダの作成、リモートリポジ [続きを読む]
  • 全社員生産性10倍計画
  • ITツールなどにより生産性を向上させるテクニックを紹介した本です。Amazon Prime Readingで読み放題の本です。一人当たり月500円かければ生産性を大きく向上できるとのことです。具体的にはG Suiteが取り上げられています。ツールを使わないことによる時間のロスを考えると、月500円で生産性を向上させれば元が取れるという考え方です。他の先進諸国に比べて日本のホワイトカラーの生産性が低いことは色々なところで取り上げられ [続きを読む]
  • 農業ビジネスマガジン vol.19 (2017秋)
  • 農業ICTの利用が増えていることについて特集されています。農業ICTというと、IT技術先行で農業課題からはずれていることがあったようですが、最近は、農業課題ベースでこういうICTが必要、という流れになっており、より農業とICTが密接に連携するようになっているようです。GPSを使ったトラクターなどの農耕機械の自動運転も大規模農業向けに導入されていますが、価格を下げたサービスも増えてきて、今後、農家でも利用できること [続きを読む]
  • ニジマス釣りに行ってきました
  • 自分が子供のころ、田舎へ行ったついでに、近くのニジマスの釣り堀によく行っていました。通っていた小学校の近くにも池があって、放課後とか土日にはフナやコモロを釣っていました。今の子供たちの時代には、そのような簡単に釣りができる環境が無くなってきました。一方で、ゲームの中では釣りを題材にしたミニゲームがたくさん出ているので、「釣り」というもの自体は馴染みがあるようです。せっかくなので、釣り堀ではあります [続きを読む]
  • Web制作者のためのGitHubの教科書
  • Web開発者向けにGitHubを説明した本です。GitHubとSourceTreeを題材にしています。基本的にコマンドラインの話は少なく、主にSource TreeやGitHubによるGUI操作が中心です。GitHub特有のPullRequest、UserアカウントとOrganizationアカウントの違い、についての説明が参考になりました。 [続きを読む]
  • Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33
  • Gitの使い方の本です。Source TreeとBitbucketを題材にしています。Gitの基本的な使い方について、図を多用してわかりやすく説明してくれます。基本的な使い方は本書で身につけることができます。GUIについては、Source Treeが紹介されていますが、利用許諾に気になる内容があったので、オープンソースのTortoise Gitを代わりに使うことにしました。Ubuntu上にGitリモートサーバーを作ってBitbucketの代わりにしました。fetchとpul [続きを読む]
  • 朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる
  • コーヒーとビールの効果について紹介した本です。コーヒーもビールも飲みすぎると体に良くないと思いますが、上手に飲むと仕事のパフォーマンスが上がるそうです。Amazon Prime Readingで読み放題の本です。飲み物は食べ物に比べると50倍も吸収が速いです。コーヒーを飲むと交感神経が刺激され、やる気が出ます。ビールは副交感神経をやわらげ、仕事相手とも打ち解けやすくなります。コーヒーは朝10時に一仕事終えたタイミングで休 [続きを読む]
  • 働く人のための 最強の休息法
  • 医師の視点から休息法についてアドバイスしてくれる本です。IoMTなど最新の技術についても触れられています。まずは何と言っても良質な睡眠を取ることが大事です。ノンレム睡眠とレム睡眠のセット90分で、合計7時間30分の睡眠が最も良いとされています。仮眠は午後3時までに取るのが良く、仮眠の姿勢は椅子に垂直に座り、頭は固定するのが良いと説明されています。普段、机の上に頭をうずめて仮眠をとっているのですが、今度は本書 [続きを読む]
  • 小説 君の名は。
  • 大ヒットした映画「君の名は。」の小説版です。映画完成の少し前に発売されました。Amazon Prime Readingで読み放題の本です。内容は映画と同じですが、映画では表現が難しかった各キャラクターの内面や心情が小説ではうまく表現されています。二人の視点が切り替わるところは、紙面を3行使って、うまく表現しています。文章でもこうやって表現できるんだなぁ、と感心しました。 [続きを読む]
  • 明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術
  • 明日に疲れを持ち越さないための仕事術についての本です。Amazon Prime Readingで読み放題の本です。他国に比べて、日本人は特に疲れている人が多いとのこと。厚労省のストレスチェックで自己チェックしてみるとストレスを抱えているかわかります。睡眠は6〜8時間取るのがよく、寝る3時間前までに食事を済ませ、1時間前には入浴し、30分前にはスマホやパソコンから離れ、直前にストレッチと腹式呼吸をするのが良いとしています。昼 [続きを読む]
  • 子育ては心理学でラクになる
  • 著者は子育ての経験はありませんが、コンサルティングの経験で、子育てにもビジネスシーンと同様のテクニックが使えると感じ、本書を出したそうです。著者は特にウィルパワーが大事だと主張しています。ウィルパワーは「スタンフォードの自分を変える教室」という書籍で紹介されてる内容です。「やる力」「やらない力」「望む力」を身につけると良いとのことです。子供のやる気を引き出すにはコミュニケーションが大事で、「やりな [続きを読む]