詩乃 さん プロフィール

  •  
詩乃さん: 30代ぽっちゃり女の婚活奮闘記
ハンドル名詩乃 さん
ブログタイトル30代ぽっちゃり女の婚活奮闘記
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/ai-lly/
サイト紹介文俄かにブームのぽっちゃりにあやかり、実体験を元にした赤裸々な婚活状況を掲載中。
自由文30代半ばに差し掛かったぽっちゃり女の婚活奮闘記です。婚活歴は現在1年半。
婚活と合わせてちまちまとですがダイエットもしつつ、過去から現在までの恋愛に関する記事も随時更新予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/12/04 11:47

詩乃 さんのブログ記事

  • 婚活パーティーからの出会い【リスさん】⑩
  • スヤスヤと寝息すら立てて寝ているリスさんを横目に、起こさないよう出来るだけ静かに布団の中に入り込む。2人で寝ても余裕のある広さのベッドの為、リスさんに背中を向けるように横を向いて距離も手を伸ばせば届くくらいの隙間を開けた。先程のスリリングな体験と今のこの状況に気分が高揚しているせいか眠気は感じていなかったが、眼を閉じると浅い眠りに落ちていたようで、恐らく1,2時間くらいは意識が遠のいていたと思う。な [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【リスさん】⑨
  • ※更新が非常に停滞しておりました…。また細々と更新予定です。部屋に着くなり、広くもない室内の中でその殆どを占めるベッドに向かって力が抜けるように腰を下ろした。リスさんはのんびりとコートを脱いでハンガーを手に取りハンガーに綺麗にかけている。私はまだ心臓がばくばくと早鐘を打っており、今更恐怖が押し寄せてきた。そんな私の様子を横目にリスさんは何事もなかったかのように微笑んで、リ「もう大丈夫だよ。ほんと [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【リスさん】⑧
  • リスさんは宥めるような言葉を放ちながらその場で必死に留まろうとしている。けれど突如現れたチンピラ風の男は胸倉を掴んでリスさんを引きずって行こうとしていた。行き交う人達は遠巻きに見て見ぬ振りをしている。いつの間にか私までもその人達と同じように見て見ぬ振りで所詮他人事と逃げそうになっていた。このままではいけないと咄嗟に自らを奮い立たせて2人のそばに近づき、私「警察呼んで話しましょう。」どう考えても車と [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【リスさん】⑦
  • 終電近い時間でも、街中は未だに人で溢れ場所によっては歩くのも困難な程だ。まだ寒さの染みる季節、酔いに火照る体でも風が吹くと寒さを感じるから余計に、繋いだ手に少しずつ力がこもる。それに応えてくれるかのようにリスさんの手にも力が込められるのを感じた。裏路地に入って、コンビニに寄り飲み物を買う。飲めないといいながら、もう少し飲もうというリスさんの提案に同意して缶チューハイを買った。今日会ったばかりで当 [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【リスさん】⑥
  • かなり酔っ払っていた。けれど、意識も記憶も割としっかりある。ふわふわと浮いているような、1番気持ちよく酔えている瞬間。私の手の中にあるテキーラのショットを、中々口をつけない私の手からリスさんが奪いとってまたリスさんが煽る。そして、もう1度引き寄せられそうになるけど、急に何故か恥ずかしくなって、その手を避けていた。少し残念そうに眉尻を下げるリスさんの表情に微かに罪悪感めいたものが芽生えるが、拒否した [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【リスさん】⑤
  • テキーラのショットを受け取るが、まだ少し残る理性がそれを口にするのを躊躇わせる。これを飲んだら流石にどうなるか分からない。既にかなり酔っている自覚はあったから。けれどそんな躊躇いを見透かすかのようにリスさんは自分のショットをくいっと傾けて一息で中身を空にした。そして、悪戯っぽく微笑んだかと思えば、不意にリスさんの手が伸びてきて後頭部に添えられる。そのままぐいと顔を近づけさせられたかと思うと唇が重 [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【リスさん】④
  • お互いに飲み物を買って、リスさんは軽くつまめるものも一緒に買って席に座る。私「こんな時間でもすごい混んでますね。」この店に入って最初に疑問に思っていた事を伝えるも、リスさんが聞こえないというようなジェスチャーをした。そして、リ「ごめんなさい、僕こっちの耳があまりよくなくて…でもこっち側からゆっくりめに話しかけてもらえたら大丈夫なんで。」不意に吐息が触れそうなくらい近くにリスさんが距離を詰めたかと [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【リスさん】③
  • それから待つ事数分、再びLINEが入る。リ”下に来ました!コンビニの前にいます。”さっきまで会場で顔を合わせていたのに、こうして改めて待ち合わせるとなんだか妙に緊張する。まるで初めてのデートの待ち合わせのような錯覚とでもいおうか。高鳴る鼓動を落ち着けようと深く息を吸ってゆっくり吐いた。そしてコンビニの出口に向かうと、自動ドア越しにリスさんが見える。スマホを見ていたので私には気づいていない。慌てずにリ [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【リスさん】②
  • パーティーは終電までまだ少し余裕のある時間に終わる。終了の合図から参加者は会場から出て行く。私も会場から出ようとコートを手に取ったところでLINEが届く。リスさんからだった。リ”お相手見つかりましたか?僕は見つかりませんでした。”私”残念ながら1人ですよー。”リ”じゃあ、この後もう1軒どうですか?”私”はい、是非ー。”リ”下のコンビニ前で待ち合わせましょう。”まだ会場にいながらここまでのやり取りをして [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【リスさん】①
  • 最初はお見合い回転寿司形式のパーティーの方が自分からいかなくても全員と話せるからいいと思っていたが、カップリングするどころか中間印象にすら殆ど残れない事が続き、この頃は立食形式のパーティーに味をしめていた。お酒も入る為、普段より緊張せずに話せるし、話せる時間も長くて気軽に声をかけてもらえる事も割とあった為、少し料金は高めだったが月1で通っていた。そしてヒョウさんとの再会と同じく、リスさんともこの立 [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【ヒョウさん】③
  • ホテル街を連れまわされた後、掴まれた手を払って駅の方へ向かった。ヒョウさんは急に大人しくなり、漸く駅で別れたのは結局終電間際だった。隙だらけだっただろう私にも反省点はあるがあんなにあからさまに体目的と言わんばかりの対応をされ、カップリングしてから仲が深まらなくて逆に良かったなと思う。帰宅後にLINEがきたため、挨拶程度にLINEを返したがその数日後にはブロックした。…しかし、ヒョウさんとはこの後も婚活パ [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【ヒョウさん】②
  • 人見知り故に空きっ腹に流し込んだアルコールが良い感じに血流を良くして顔を赤く染める。20代の頃はお酒を飲んでも赤くなったりといった見た目に出る事はなかった気がするが、今や酔うと顔が赤くなり体が熱くなる。けれど意識はしっかりしていた為、今の状況はきちんと理解できている。ヒョウさんのとってつけたような言葉といかにも私の身を案じているだけと言わんばかりの作ったような心配そうな表情を横目に、私「いえ、ほん [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【ヒョウさん】①
  • カピバラさん編で既に登場しているが、まだ書ききれていない出来事もある為再登場のヒョウさん。出会いに奔走していた約1年半の間で再会すること7,8回。【ヒョウさんの詳細】30代後半23区内在住、一人暮らし営業コンサルタント背が高く細マッチョ、目鼻立ち良しジム通いが趣味初めて会った時にカップリングするがその後2人で会う事は叶わず、次に再会したのは婚活パーティー。お見合い回転寿し形式のパーティーでは相手にされず、 [続きを読む]
  • 婚活状況【2】
  • 過去を遡り記事にしている為、今回は今現在の婚活状況について。詳しい経緯については追々記事にしていくつもりだが、半年前くらいに知り合った方とお付き合いしており現在同棲中である。出会いは婚活パーティーで、ひとまず年末を目処に今後の事について話し合う予定の為、結婚をひとまずの婚活のゴールとした場合まだゴールには辿り着けていないが、新しい出会いについては求めていない。色々思う事はあるが、ひとまず順調に思 [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【ネズミさん】③
  • その後もネズミさんの相手に求める条件の話は続いた。ネ「結婚は2年以内にしたいです。」ネ「僕の収入だけでは厳しいので共働きで。」ネ「子供欲しいので結婚前にはお互いに検査を受けて、結果次第では残念ですが…。」など一頻り条件を並べた上で、ネ「この条件が大丈夫な方がいいんですが、どうですか?」と、ストレートに聞かれた。ちなみに、私の条件は一切聞かれる事はなかった。私「…子供に関しては、私も欲しいと思ってま [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【ネズミさん】②
  • 【ネズミさん詳細】40代前半23区内居住、家族と同居中、次男自営業背が高めでやや濃いめの顔汗をやたらと掻いていたのが印象的ネズミさんとカップル成立後。パーティーが終わるとネズミさんからネ「お時間あればお茶でもどうですか?」と誘われ夕方の早い時間でもあった為、快諾して会場近くの某コーヒーチェーン店に入る。飲み物を頼み、席に着くと早速ネ「カップルになれて良かったです。今日いた女性の中で、あなたが1番条件に [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【ネズミさん】①
  • カピバラさんと婚活パーティーで再会した時にカップルになったネズミさん。正直この時のパーティーでは、いいなと思える人がおらず、けれど何の成果もなく終わるのは勿体無いと焦り出していた時期でもあり、とりあえず最終投票カードの第3希望までを半ば投げやりに埋めていた。第1と2は私的には感じがよかったなと比較的好印象だったが相手の方からは印象確認カードにもチェックしてもらえずフリータイムでも話しかけられる事なく [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【カピバラさん】11
  • 気まずい空気の中、耐え切れなかったのかカピバラさんが口を開くのだが、カ「いい人いましたか?」と質問してきた。私「さぁ、まだ分からないです」いい人がいたかどうか聞いてどうするのかとこの場ではどうにも不釣り合いに思える質問に少なからず苛立ちを覚える。同時に、こういう人だったと思いだす。お互いにもう婚活対象ではないということが明白になった瞬間ではあるが、少なくてもこの場では態とらしくてもそれらしい対応 [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【カピバラさん】⑩
  • その後少しずつLINEも来なくなりFO状態となった為、数ヶ月ぶりにまたパーティに予約した。勝手の分かっている馴染みの主催しているパーティを選ぶ。この時はまだ都内に会場は一箇所しかなく、2週間に1回くらいのペースでの開催という事もあってか割と早い段階で女性は予約が埋まっている。ということもあってあまり迷っている暇はなく半ば勢いで予約した。そしてパーティ当日、会場の場所も覚えているし、流れも分かっているが会 [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【カピバラさん】⑨
  • カピバラさんからはその後、連絡は来るものの他愛ないやり取りが続くだけだった。前回会っていた時に次はカピバラさんが住んでいる地域まで遊びに来ないかと打診されたが次回の日程を提案されなかった為私からも敢えてその事には触れなかった。正直積極的に会いたいとは思えなかった。そしてカピバラさんと次に会ったのは、初めて会ってから2ヶ月近く経った頃だった。結局私とカピバラさんが住んでいるところの中間くらいの場所で [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【カピバラさん】⑧
  • ※久しぶり過ぎる更新です。読んでくださっている方がいらっしゃいましたらお待たせしてしまい大変申し訳ありませんでした。残り20%となった異性としての期待感。この時点でかなり帰りたい気持ちに侵食され、帰りたいという意思をどう上手く伝えられるかに頭を巡らせていた。特に会話も弾んでいなかった為、沈黙の最中に頃合いを見計らって切り出そうとした矢先。カ「…どっか行く?カラオケとか。」カ「俺は朝まででも大丈夫だよ [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【カピバラさん】⑦
  • 2時間のコースは滞りなく終わり、店を出たのは21時過ぎ頃。終電まではまだ時間もあり、カピバラさんから少し散歩しないかと提案されなんとなく断りづらくて了承する。結局最後まで席は向かい合わせの状態を守り、店を後にするが…。散歩の為に近くの公園に向かい、歩いていると今度は、カ「あの…手繋がない?」私がカピバラさんの数歩後ろを歩く形で前に進みながら、カピバラさんは前を向いたままで手を繋ぐ許可を求めてくる。あ [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【カピバラさん】⑥
  • カピバラさんと某居酒屋の半個室にて。飲むペースの遅い私にしきりにもっと飲んでいいのにと煽ってくる。それを笑顔でかわしながら、コース料理を食べ進める。会話の内容は主に恋愛の話と仕事の話。正直全体を通してひとつの話題に対しての内容が薄く会話は途切れがちで楽しいとはあまり思えなかったのだが。唯一私が興味深かったのが、カピバラさんの元彼女の話だった。元彼女とはいまでもまめに連絡を取り合っており、パーティ [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【カピバラさん】⑤
  • カップルにならなかったものの、パーティーの時に頂いた連絡先が縁で食事に行く事になったカピバラさん。約束は土曜の夜に決まり、当日まで他愛もないLINEのやりとりをした。お店は予約してくれたということで場所は都心のお互いが比較的行きやすい場所に決まる。当日、待ち合わせ時間は夕方。予約時間より少し早めに待ち合わせした。パーティーで会ってから確か2,3週間経っていたと思う。塩顔といえば聞こえはいいかもしれないが [続きを読む]
  • 婚活パーティーからの出会い【カピバラさん】④
  • 誰ともカップルになれずに終了した帰り。一緒に来ていた友達もカップルならずであった為、反省会とは名ばかりのご飯を食べに行った。そこで男性参加者の話で盛り上がる。お互いにメモしていたり記憶に残っているポイントが違うし、話した内容も違うとそういう人だったんだと新たな面も分かって面白かったりする。友達と行くメリットは、1人でないため不安が軽減されるカップル不成立の場合に帰りが寂しくない情報共有できるなのか [続きを読む]