アイゼスト さん プロフィール

  •  
アイゼストさん: 俺のらんちゅう
ハンドル名アイゼスト さん
ブログタイトル俺のらんちゅう
ブログURLhttp://izest.hatenablog.com/
サイト紹介文東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。俺にはこれしかできんのじゃぁ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 355日(平均7.0回/週) - 参加 2016/12/04 01:43

アイゼスト さんのブログ記事

  • わが人生最初の作品は12.5?でした
  • 2016年末に始めたらんちゅう飼育。3月に採った初めての仔。ほとんどがサシという結果の中生き残ったのはたった2匹。まあまともな尾はこの一匹のみ。(もう1匹はスポ尾だけど背腰はいいので記念に飼っているだけ。)気が付けば11月。初の仔引きはサイズをどのくらいまで作れたのか。その結果を記録すべきだなと思い、計ってみました。写真では定規との遠近の関係で14cmくらいあるように見えますが実際は12.5?。満足ではない [続きを読む]
  • 会がない時期の加温飼育、それはそれで楽しい(飼育場動画2本)
  • 11月12日の横浜観魚会良魚交換会で落札した2歳メス。多数の魚の中で良魚を見分ける眼力は私にはないのですが、入札前の雑談で複数の方が高い評価をされていたのがこの魚。で、この機会はいろんな意味で勝負だと判断。絶対落とせる、という価格を思い切って出して落とした魚です。出品者の方は日本一を何度も獲得されている有名な方。その方が種にしようと思って会にはつかっていなかったという魚です。この魚、我が家の「高価 [続きを読む]
  • 時間を買う
  • 今年最後となるであろう導入。この時期にも頑張ってバイイング。これは種として楽しみな魚で、会にも戦力としての可能性が期待できる魚です。らんちゅう初年度の今年はたくさんの魚を買いました。この趣味でこんなにお金を使うとは想像もしていませんでした。ですがお金使った分だけ確実に勉強になっていると実感しています。いい魚を普通の魚と比較して観察することが勉強になるし、買う時にそのブリーダーさんから頂くアド [続きを読む]
  • 食が細くなってしまったらやはりどうしようもない
  • 今日のランチでのこと。11人の友人と定食屋でみんながカツカレーを注文。メンバーの中の細身の女性が「ごはん半分にしてください」で半ライスのカツカレーを見て、「これでも多いな、食べられない・・・」で、体重80kgの男性が、「じゃあ俺半分もらうよ」とペロリ。別のもう一人の同じく細身の女性が残した分もその80kgの男性は軽く平らげました。女性たちはダイエット目的で抑えているのではなく本当に食べら [続きを読む]
  • 味は温度で変わるもの
  • 最近ペレットは熱湯でふやかしてから与えています。食いがいいような気がします。ぬるいビールはまずい。冷めた肉まんは食えたものじゃない。同じ食べ物でも温度で味は変わるもの。暖かいペレットはきっとおいしいのかなと想像しながら給餌しています。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 命のリレー、バトンが落ちそう
  • 10月に採った貴重な「秘伝のタレ」はこの22匹に絞られてしまいました。ご両親はすでにお星さまに。 この中の半数はすでに今にでもハネたいレベル。曲がっているとか尾が全然ダメとか。 種用としてでもその候補段階まで持ってくことができるのはせいぜい2〜3匹程度か。 これなんかはまあまあでしょうか。 赤ちゃんの段階で数匹に絞って魂込める育て方なんてらんちゅうじゃなくで犬か猫みたいです。 でも、全力で頑張ります。この [続きを読む]
  • 仕事場で飼育する強み
  • 会社に置いている200リットル舟。24時間20℃室内飼育。エラで約1週間切餌していた5匹が徐々に動き出してきました。給餌まではもう少し我慢。会社は現在先行投資的にオフィスを広げていてスペースに余裕があるので職場飼育ができています。ここは応接スペースとトイレの間の場所。一日に何度も通る場所。なんといっても頻繁な観察ができることが強みです。このほかにも280リットル舟3つ、計4つの舟を職場においており、頻繁な観察 [続きを読む]
  • この時期に。邪道仔引き実践中
  • 実はこの時期にもかかわらず仔育てをしています。10月上旬生まれ。親は当歳の10?くらいのおチビさん。まだ暑い時期で3日でふ化。と悪条件のオンパレード。さらにタイミング的にも最悪で、生まれてすぐに半月のヨーロッパ出張。餌やりをできないまま1.何とか少しでも生き残ってねー2.舟の壁面のあおこを食べててねー3.2週間後に帰ってきたらブラインやるから待っててねーと3つの願いを残して2週間のヨーロッパへ。生まれ [続きを読む]
  • 餌食いのペースメーカー
  • 冬眠なし。室内で室温常時20℃飼育。手前の更紗が2歳。奥の巣赤が当歳。来年会で使いたいのは手前の2歳。奥の当歳はお供。この当歳は我が家の中でもとりわけよく食べ、成長の良かった当歳です。つまり親をつくるにあたっての餌食いのペースメーカーとしての役割を期待してここに入れています。概ね期待通りの仕事をしてくれています。会用の2歳(来年親)は現在3匹所有していますがすべてこの方法(ペースメーカーとセットで [続きを読む]
  • 薬に詳しくはないけれど薬科大学の授業で講義をしました
  • 一昨日開催された横浜観魚会良魚交換会でゲットした親アズマ5匹。無事に導入。即冬眠モードで餌は切っています。それにしてもこいつら、春になったら産卵藻を放り込んでおくだけで、自然産卵で1万以上の卵を産むのでしょうか。アズマをブリーディングしたりアズマの品評会に参加したりする気持ちは全くないのですが、春になったら仔を引いちゃうのかもしれません。「殖やす」って無条件に楽しいですもんね。話は変わって先週 [続きを読む]
  • 飼い主はやすらぎ、らんちゅうはエラ
  • 昨日(11月12日日曜日)の夜、北千住の師匠にお誘いをいただきまして深夜まで。覚めることのない情熱と尽きることのないらんちゅう談義。とにかく熱い。それが楽しい。師匠は自称「初心者」という立ち位置で、その話は訓示というより先輩目線での経験談やアドバイス。これがこれで大変勉強になります。師匠、ありがとうございました。我が家の魚は半分冬眠、半分は常時室温20℃で飼育継続中。そのうち一組がエラ。この夏 [続きを読む]
  • 横浜観魚会良魚交換会にて思わぬ収穫
  • 横浜観魚会良魚交換会に参加させていただきました。会員ではないので売る方ではなく購入目的で。ここは初めてお邪魔しました。参加人数も多くそのスケールにびっくり。来年以降も毎年来よう!らんちゅうは1匹入魂。大胆価格で2歳魚を落札。皆さんご存知の2歳、親で常に全国TOPレベルのSさんの魚。このほかそのSさんの観魚会立行司の魚がいてその1匹も大胆価格で大勝負に出たのですがなんと2000円差で敗北。ある方が私と [続きを読む]
  • バイイング
  • ちょっと大きめの当歳2匹(雄雌各1)を導入しました。舟に余裕があることと、この時期の導入というものもよい経験になると考えたためです。メスの方は2歳以降に会でも使えそうです。元気ないい魚です。寄り添って泳ぐ姿が見ていて飽きません。子供のころ、新しいおもちゃを買った時のようにワクワクしますね。新しい魚を迎えると。明日は横浜観魚会さんの良魚交換会がありますね。出品は会員限定ですが参加は非会員でもOKと [続きを読む]
  • ダメかとおもったらんちゅうが復活の兆し
  • 瀕死の状態だった矢風(ヤフー)1号。約1か月の寝たきり(横になっていた)生活から復活の兆しが見えてきました。一時はもうあきらめてもいたので安心。ヤフーでの調達魚。2歳18?。9月の喜楽品評大会で親の東前頭4枚目になった魚です。尾がいまいちなので会で上位に行くことはないと思いますが、白で18?は観賞用として映えるので好みの魚でした。品評大会時の写真。早くこの時の状態に戻してあげたいです。頑張 [続きを読む]
  • 産んだ〜
  • 朝、舟を見ると6匹のらんちゅうが角でじっとしていました。一瞬、あれ?エラ、体調不良?昨日までは何ともなかったのに。よく見ると卵が水中を乱舞。産んだかぁ。予想もしてなかったぁ。もちろんこの時期には採らないので、ある程度のの卵は救って廃棄。あとは放置しました。ですが雌雄が明確になったことは一つの収穫。ここは秋から春の間は24時間室温20℃の室内。たまたま11月でしたがこのまま冬眠せずに1月にもう [続きを読む]
  • 120リットル舟らくちん飼育
  • 自宅玄関の120リットル舟。2匹の魚は観魚会当歳小の部に出した2匹。(1匹は前頭、もう一ひきはドボン)室内なので外より6度くらい高い18℃でしたが今日から20℃でヒーター入れました。このまま冬を越そうかと思っています。魚はとても小さいので育成継続です。品評大会を乗り越えて元気でいてくれていることが何より。先月のヨーロッパ出張による2週間不在時もこの舟で生き延びてくれました。舟に穴をあけてオーバーフロー加工 [続きを読む]
  • 特に大事な3匹の近況
  • 1.某メジャー大会の優等2歳メスその大会のあとに導入した魚。もちろん安価ではありませんでしたがこのレベルの魚を自分で持たないと経験値が何年も遅れると考え、思い切って導入しました。これ以上の成績を残した魚はなかなか市場に出てこないし。こういう2歳を親に仕上げていく経験もしたいという目的もあります。先月のヨーロッパ出張時の2週間不在を乗り切ってくれて元気に生きています。前オーナーさんもこのブログをご覧 [続きを読む]
  • らんちゅう2年目に向けての戦略
  • 会社の飼育場。120×90が3つ。10月後半の2週間に渡るヨーロッパ出張後、初めてしっかりと水替えを行いました。そして少し魚の構成変更も。この飼育場は室温を冬の間もずっと20℃以上を24時間保ちます。来年の2歳、親の戦力はここで育成を継続します。冬の間もアカムシを与え続けます。来春の仔引きは産んでくれたらやりますが、種の、特にメスの戦力が手薄です。だから成り行き次第で。産まなかったら産まなかったで来春 [続きを読む]
  • 日らん全国大会見学
  • 大阪で開催された日らんの全国大会を見学しました。快晴、無風。最高の天気に恵まれ、すばらしい11月3日となりました。私は今年は9月と10月に3週間も海外出張が入ったのでそもそも準備ができず出陳はなし。見学のみとなりました。でも会場に来てみるとやはり魚を出して参加したいという思いが強くなります。来年にむけていいモチベーション形成ができました。来年以降は秋の海外出張はいれないつもりです。また会場では何人か [続きを読む]
  • 大阪に来ました
  • 朝7時ごろに東京の綾瀬を出発。11時に名古屋の会社に訪問。商談。1時間で商談を終え、昼食は新幹線名古屋駅ホームのきしめん。相変わらず行列ができていました。立ち食いの冷凍麺のきしめんなのですが本当にうまい。いつも名古屋を通るときはここに寄ります。で大阪へ。午後の仕事の予定はメールを数件処理する程度なので、明日の日らん全国大会の会場を見に行くことにしました。新大阪から御堂筋線に乗り換えて10分足ら [続きを読む]
  • 早くも来春の地元2歳会を意識する日々
  • 全国大会二日前。見学はするものの参戦できない(できる魚がいない)自分にとっては気持ちは早くも来年に。今いる魚たち。種用と会用を明確に分けなければいけません。私の飼育環境は会社半分、自宅半分。自宅は自然水温で冬眠へ。会社は常時20℃空調なので冬眠なしのやんわり飼い込み継続へ。写真の舟は種と会が混じっています。週末に構成変更予定。直近目標は来春の地元の会の2歳会となります。頑張ります。にほ [続きを読む]
  • 帰国しました
  • 約半月に渡るヨーロッパ出張から帰国。昼頃綾瀬につきました。会社の仕事もたまっていて水替えすべき舟もたまっていて平行して進行。今深夜24時近く。水替えは半分終了。あとは明日以降。明日も仕事いろいろ。明後日は名古屋で一仕事して大阪へ。3日は全国大会見学。1匹は出しても面白そうなのがいたのですが2週間放置したのでやはりコンデションが万全ではありませんでした。完璧に諦めることができましたので見学を楽しみます。 [続きを読む]
  • あと12時間で日本へ
  • 10月14日土曜日から続いたヨーロッパ出張もあとわずか。この2週間に残念ながららんちゅうは5匹ほど命を落としてしまったようです。その中には大事な1匹も。残念です。やはりらんちゅうを2週間放置することは難しいですね。毎日面倒見てもうまくいかないこともあるくらいですから。12時間後には成田着です。今、デンマークの空港にいます。日本時間は夜の22時半。こちらは昼の14時半。こんな景色です。フランスからの帰国は直 [続きを読む]