かおり さん プロフィール

  •  
かおりさん: 私のPD日記
ハンドル名かおり さん
ブログタイトル私のPD日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kaochan22/
サイト紹介文離人症性障害があって臨床心理士の心理面接を毎週受けてます。空を眺めたり空の写真を撮る事が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/12/04 17:38

かおり さんのブログ記事

  • 今日の病院
  • 今朝も目が覚めてから不安動悸が止まらず、ほとんど眠れませんでした。いつも0時から1時の間にベッドに入り、3時間ほどで目が覚めてしまいます。今日は病院(精神科)の日だったので、目が覚めてからハルシオンとデパス2mgを飲んで何とか眠ろうとしたのですが、あまり眠れないまま・・・・やっぱり朝は来た。最近、本当に薬が効かない。体調は最悪で、病院へ行くかどうか悩みながら、薬の相談もしたかったので、とりあえず頑張 [続きを読む]
  • 手の感覚
  • 何だか父が亡くなってから、色々手続きとか話し合いがあって、やっと落ち着きました。あまり覚えてないけど、ただ覚えていることは、母が飲んでたグラスが震えていたこと。司法書士との手続きの帰りで、二人で珈琲館によって一息ついていたのですが、気が抜けたのか、母は甘い物を食べたがっていました。妹なら一緒にケーキでも何でもいつも楽しく食べるのでしょうが、しきりにデザートを頼みたがっていた母は、私がコーヒーだけで [続きを読む]
  • 心が痛い
  • 明日は病院の後に、母や年配の会社の人達と会うことになりました。私の体調が悪かったので、夫が先週の始め?10日前くらいに一人で実家へ行き、夫は月と木曜日が休みで、木曜日は私の病院の送り迎えで14時くらいなら大丈夫だと言う話をして、都合のいい日に連絡を下さいと言って帰ってきました。母は父が病気になってから、自分の都合の良いように「思い込む」時が多くなって、看病時も妹が空いてる日は・・・・約束もしてない [続きを読む]
  • 処方箋のQRコード
  • 私が通っている病院では、10月から新電子カルテシステムを導入したらしく、初週は通常の2〜3倍近く待ちの状態でした・・・先週は休んだので、今日行ってみたけど、やはりドタバタしてる。処方箋の紙も小さくなって、QRコードまで・・・ついている。私が通ってる病院は中規模で、精神科と神経科しかありません。待合室は改装してから、100人以上は座れるのかな?診察室が10室に増えて、心理面接室は2つ?、入院病床は2 [続きを読む]
  • 心理テスト
  • 何だか久しぶりに心理テストをやってみました。ダークサイド診断! 心の暗黒面 ← してスタート私の結果は以下の通りでした。オーラは「ホワイト」だっだのにな・・・?「暗黒度は【78%】です。あなたは「嫌気が差したら相手を完全に無視して扱う」タイプのダークサイドの持ち主かも。誰にでも優しさを惜しまず接することができる、愛に満ちた性格のあなた。家族や恋人、親しい友達などには特に、何かと世話を焼きたくなり [続きを読む]
  • 涙と怒り
  • ふと気を緩めると・・・涙が溢れ出すし、現実を見ると、怒りがおさまらなくなる。この怒りは何だろう?誰か・・・にぶつけたいけど、八つ当たりになりそうで、一人で悶々としてる。「怒り」はいつも「自己嫌悪」のように自分に返ってくるから、感情を殺すことには慣れているのに、心理士が・・・怒ることは「良いこと」だと私に植え付けてくるから、ややこしい。父の死とは関係なく、ここ1年ほど、ムカついたりイラっとしたことを [続きを読む]
  • 祈り花
  • 昨日も今朝も・・・起きると38度近く熱が出て、とても喉が渇きます。でも夕方になると、36度前後まで下がって、自立神経が乱れています。しばらくは仕方ないかな・・・・ [続きを読む]
  • 台風
  • 今朝にかけての台風は、本当に風が強くて・・・とても怖かったです。何か物音がすると思って、窓越しから外を見てみると、色んな物が竜巻のように舞っていて、落ちていました。明るくなって庭を見てみると、トタン?のようなものが落ちていて、私の家は1枚でしたが、5〜6枚飛んで来た家もありました。すぐに自治体の役所に電話したら、さっき持って行ってくれましたが、こんなことは初めてで、とても驚きました。都内は最高風速 [続きを読む]
  • 悲しい現実
  • 父が亡くなって、1週間以上が経ちました。まだ生きてるような気がしたり、悲しくて怖い夢ばかり見ます。でも父の会社の役員2人が、おとといの金曜日に実家の母を訪れたらしく、また母に名前だけでいいからと「代表取締役」になるようせまったようです。小さな会社ですが、専業主婦の母にその気は全くなく、公正証書遺言で「全株」を私が相続することになっているので、その旨を伝えて断っていました。父が亡くなったばかりで、そ [続きを読む]
  • 父の死
  • 21日にブログを書き終えて、夜の11時過ぎから急に私が壊れはじめました。「お父さんを起こさなきゃ!!お父さん寝てたらダメだよ!早く起きて!!」と何度も繰り返していたので、夫に促され・・・横になって気を失ってしまいました。それから日付が変わって、約1時間半後の22日に、父は亡くなりました。21日の金曜は、父の容態も安定していて、酸素も90まで上がり、血圧も安定していたので、翌日の22日には、母も実家へ戻 [続きを読む]
  • 誰かの感覚
  • ここ1週間は大変でしたが、誰かの感覚を・・・はっきりと感じます。私とは違う、誰かのもの。目を閉じてると突然、頭の中にニュースが流れたり、誰かが見てるもの?草が伸びた川の風景だったり、私の頭の中に鮮やかに入ってくる。テレビをつけると、初めて観たニュースがデジャヴのように感じることが多いです。誰だろう?・・・・ただものすごく「強い気」を持ってる人。「誰か」本人が気づいて発してるのか、私のアンテナが勝手 [続きを読む]
  • 母がおかしい
  • 母がおかしい。一卵性母娘(いちらんせいおやこ)のような母と妹との間で、母が壊れそうです。14日の金曜日には父が安定し、その日は父から家に帰るよう言われ、母は一度家に戻ったのですが、土曜日の夜からまた父の容態が悪くなり、泊まることに。簡易ベッドは5日単位で借りられて、個室の中に初めて設置してもらったのですが、木曜日に一度使っただけで、翌日の金曜日には必要ないと返してしまったようです。ただ土曜日から今 [続きを読む]
  • 峠は越えたようです
  • やはり今朝の3時まで、父は危険な状態でしたが、やっと峠は越えたみたいです。昨夜から泊まって看護してた母に電話したら、血圧が100を超えて脈拍も安定したようでした。夕方に病院へ行ってる妹に電話したら、ちょうど主治医との面談?が終わったようで、血圧も118、高酸素マスクも取れて、血液の数値も良くなっているとのことでした。電話を代わって父と話したら、何だか冗談を言っていて、声にもハリがあって安心しながら [続きを読む]
  • CRPと白血球
  • 今日は朝からまた貧血で、廊下に倒れてしまい、右の腰骨と肩を強打してしまいました。もう病院(精神科)には間に合わないと、ベッドで朦朧としていたら、母から電話が。何だか2回かかってきたのですが、最初と1時間後の電話の内容が変わっていて理解できず、私の夫に代わってもらったら、父の血圧が下がり・・・危険な状態だと言うことで、やっと私も正気に戻りました。顔だけ洗って、すっぴんのままマスクだけして、車で何とか [続きを読む]
  • 人は完璧じゃない
  • 私が育った家庭は、きっと表面的に体裁も悪くなかったと思うけど、確かに歪んでいた。歪んだ家庭の中で、差別や肉体的にも一番傷ついたのは、「私」。心理士は「過去はもう終わったこと」だと、自分に言い聞かせることが大切だという。確かにその通り。でも、記憶に深く刻まれたことを消すのは、容易ではない。私は疎まれないよう「完璧」であろうとした。「完璧」を目指すあまり、ちょっとした失敗も心に数倍の負担がかかり、最後 [続きを読む]
  • 手術不可能
  • 先週、父の手術が予定されていましたが、前夜から嘔吐が続いていたそうです。手術室の直前まで吐いていたのに、看護師に急かされて車いすに乗せられて運ばれ、麻酔をかける段階で・・・血圧が下がり、麻酔科医からストップがかかったそうです。外科医は予定通りそのまま行うつもりだったそうですが、麻酔科医に・・・「何かあったら、責任取れるんですか??」と強く反対されて、手術は中止しHCUへ。腸閉塞の通常の治療とされる「 [続きを読む]
  • 手術が成功しますように
  • すい臓がんの父が、月曜日から入院しました。何度か書いてますが、2年2ヶ月前に末期と診断され、余命3ヶ月〜半年と宣告されましたが、本人の気力とラドンを用いた免疫療法でだいぶ元気だったのですが・・・8月になってから酷暑が続き、それでも仕事や外に出ていたので急激に悪化し、月曜日に救急で運ばれ、ガンとは別に「腸閉塞」が原因のようです。父は明日、人工肛門・・・・をつける手術を受けます。どうしてここまで?と思 [続きを読む]
  • 久しぶりの病院
  • 今日は久しぶりに病院へ行ってきました。いつも苦手な心理面接も、気持ちを言葉にすることによって、心が少し軽くなりました。でも昨日ほとんど一睡もできなかったので、何だか午後は頭が痛い。今日はゆっくり眠れるといいな。 [続きを読む]
  • 少しずつ
  • 2週間以上も続いた夏風邪も、ようやく咳も止まってきました。その間に伯母とも母とも・・・少し険悪になりましたが、やっと目が覚めた気がします。どこかでずっと求めていたものは、ただの幻想でした。元凶かもしれません。最近、小学校の頃に兄がよく聴いてた曲を載せていました。この曲はいつの頃だろう?これでしばらく、過去を思い出さないように。。。 [続きを読む]