こしょこしょこしょ(松元佳子) さん プロフィール

  •  
こしょこしょこしょ(松元佳子)さん: 母はアルツハイマー父は血管性認知症
ハンドル名こしょこしょこしょ(松元佳子) さん
ブログタイトル母はアルツハイマー父は血管性認知症
ブログURLhttps://ameblo.jp/kosyokosyokosyo/
サイト紹介文両親に寄り添った介護の日々は20年。母はアルツハイマー要介護5、父は血管性認知症要介護4。
自由文1968年生まれ。
5人家族三姉妹の長女。
鹿児島生まれ鹿児島育ち。
愛知、大阪、鹿児島県鹿屋市を経て、鹿児島市在住。
母の若年性アルツハイマー発症から20年、
脳卒中を患った父の血管性認知症を8年、
寄り添う介護に専念。
現在両親は紆余曲折を経て施設入所に至る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供383回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2016/12/04 22:08

こしょこしょこしょ(松元佳子) さんのブログ記事

  • 80歳義父の入院までの道のりと入院を見守る次男嫁のつぶやき
  • 80歳義父の入院生活を見守る次男嫁のつぶやきという愚痴でございます。 正直、面倒くさいそしてかなりストレスたまった!!!(笑) 冒頭からの正直発言、申し訳ございません(笑) なぜなら、この1か月検査通院に付き添うこと毎週1〜2回。それも4時間から6時間/1回の検査病院滞在時間。 結果「白血病、○○症候群」で速攻入院。検査結果も病気の告知もすべて義父と二人で聞きました。そして自分の興味のある部分だけい [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 旅のことばカードシリーズ「見えている世界25」
  • 旅のことばカードから私の話を書くブログシリーズです。旅のことばとは?認知症とともによりよく生きるためのヒント カードの16から32は[家族のことば]です。認知症両親と家族に寄り添ってきたわたしのことばを綴ります。 【見えている世界25】同じ側に立って寄り添う。ここから本文〜〜〜〜〜〜〜〜症状によって、本人がまわりの人の認識や記憶とは違う「事実」を訴えています。そのとき本人の言うことや感じていること [続きを読む]
  • お出かけ鹿児島シリーズ 津貫蒸留所祭り2018@南さつま市
  • 日曜とはいえ家族的雑用の多い年頃のわたし。そういうときでも、ちょっとしたお楽しみを行程にねじ込むのは人生を楽しむ秘訣と信じております(笑) ということで。南さつま市のマルス津貫蒸留所の「津貫蒸留所祭り2018」をのぞいてきました。雑用と雑用の間ゆえレアな有料無料のウイスキーや焼酎などに手を出せなくて残念。 会場は、11月だというのに暑いくらいの陽気。イベントスペースは、たくさんのウイスキーを楽しむ人たち [続きを読む]
  • 頓珍漢な前向きさで過酷な人生を乗り越えてきたんだ
  • 頓珍漢な前向きさで過酷な人生を乗り越えてきたんだな〜義父は!と感慨に浸りそうになって引き返してきたマツモトです。入院して1日で病棟の人気者になったらしい義父!恐るべし!!!(笑)看護師さんにこっそり教えてもらいました(笑)さてさて。義父、実は深刻な病気での入院なのです。がしかし。そこは前向きな頓珍漢さで「なるようにしかならん!」というのです。そのあとすぐに、義父:ぼくの病名知ってる?わたし:(ぽかー [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 旅のことばカードシリーズ「いつものおしゃべり24」
  • 旅のことばカードから私の話を書くブログシリーズです。旅のことばとは?認知症とともによりよく生きるためのヒント カードの16から32は[家族のことば]です。認知症両親と家族に寄り添ってきたわたしのことばを綴ります。 【いつものおしゃべり24】これまでどおり、普通に話す。 ここから本文〜〜〜〜〜〜〜〜話しかけても、ぼんやりしていて返事が返ってこないことが増えてきました。そのとき「この話はしてもわからない [続きを読む]
  • お通夜葬儀の受付〜手順など記録編
  • お通夜葬儀で受付をお願いされたら、スマートにお受けしやりたいもの。今回貴重な経験をさせていただいたので、その内容を記録。ただし、地方のほのぼのとしたお通夜葬儀で、しきたりはゆるめです。 【準備】・会場のレイアウトと式の流れを確認する レイアウト〜受付(会社関係、一般、親族など)         式場、トイレなど          式の流れ〜開始時間など その他〜喪主、親族の所在、式場担当者(緊急の [続きを読む]
  • 入院時のアンケート記入で知る偉大な義父!
  • いよいよ入院まであと数日の義父。入院準備に付き合っています。入院時の書類記入はそれはもうたくさんあるのですが。 その中の入院時アンケート。たくさんある質問には書きづらいものもあります。義父が書きづらいといった質問は。 質問 現在のストレスはどのくらいですか?a)大いにある b)少しある c) あまりない d)ない  義父:なんかあるかな〜?わたし:伯母ちゃんのことは?義父:ストレスではない夫:病気のことは? [続きを読む]
  • 亡くなった方とのご縁、葬儀場に来る人たち
  • 葬儀場に来る人たちを客観的に見ることができる機会を頂いた。このような機会を頂けることこそ、ご縁やおかげさまや有り難いことなんだと思う。亡くなった方とのご縁から頂くことができた贈り物。 何かというと、受付。セレモニーの受付の中でも、お通夜葬儀は特別。 亡くなった方と様々な縁の方が受付にいらっしゃる。そんな方々と一瞬を共にする。 鮮烈。 交錯する過去の時間とそれぞれの想い。この方はどんな人生を歩んでいる [続きを読む]
  • お通夜葬儀あれこれチェックリスト
  • お通夜や葬儀は想定外ですが、準備は怠りなくしたいもの。慌てぬため、自分のためにブログに書いておく。仏教で私の住む地域では一般的だと思われるもので、他地域の方は参考程度に。 【香典など】地域の風習などによって違うため、香典供花などは関係者に相談して決める。参考程度にネットで相場を下調べしておくと安心。 ・香典は同居家族は家長名で相応の金額・親族との関係性で金額は異なる・49日までは御霊前、以降はご仏 [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 旅のことばカードシリーズ「おもしろ化23」 
  • 旅のことばカードから私の話を書くブログシリーズです。旅のことばとは?認知症とともによりよく生きるためのヒント カードの16から32は[家族のことば]です。認知症両親と家族に寄り添ってきたわたしのことばを綴ります。 【おもしろ化23】何気ないひとことでも盛り上げて返してみる。 ここから本文〜〜〜〜〜〜〜〜日々、一生懸命に介護に取り組んでいます。そのとき認知症や介護に関する話題が増えてくると、一緒に笑っ [続きを読む]
  • 積極的治療法のない病気と死に向き合う当事者家族の意識変化
  • 積極的治療法のない病気と死について当事者の家族として向き合うことになったのは何度目だろう。当事者は、すぐには自分に向き合えない。当然だ。自分だったら、若ければ若いほど、守るべきものがああると思えば思うほど、死は恐ろしい。なんとなく恐ろしい。漠然と恐ろしい。ような気がする。当事者の家族として、「死」は複雑だ。ただ見守るだけとはいかない現実がある。だが命は本人だけのもの。生き方、死に方は、本人が決め [続きを読む]
  • 認知症両親の介護 生まれて半世紀両親に伝える感謝と愛情
  • この10月に50歳の誕生日を無事迎えることができた。両親に、血を繋いできたご先祖様に、心から感謝している。遅ればせながら今日感謝を伝えるために両親の施設を訪ねた。 きょうも母はわたしを笑顔で迎えてくれる。なんて嬉しい! まずは母に近況報告。豊かな表情で頷きながら、時にわたしの言葉を反復しながら、話を熱心に聞いてくれる母。その熱心さが伝わってくる。嬉しくて涙がこぼれそうになった。 わたし:ねえお母さ [続きを読む]
  • 突撃!お散歩コースの気になるお店
  • お散歩コースにいつも行列のできているお店がある。ずっと気になっていたものの、行列に並ぶのが嫌で敬遠していた。そんなお店に先日突撃!たまたま誕生日で、ご機嫌なヘアサロン帰り、気分は最高潮(笑)お腹もスキスキな午後3時すぎ。今日は行列がないじゃないか!ところが。店頭の台の順番待ちには張り紙!「午後3時45分まで予約で満席です。」が、が〜んっ!恐るべし!超人気店!!!呆然としてしまう(笑)するとお店の扉が [続きを読む]