エニサム さん プロフィール

  •  
エニサムさん: 東京ハードボイルド
ハンドル名エニサム さん
ブログタイトル東京ハードボイルド
ブログURLhttp://www.tokyo-hardboiled.xyz/
サイト紹介文東京に住む、40代男性の仕事と日常を綴る。ネットショップ関連の内容や些細なことが多くなる模様
自由文男の人生の半分は女のためにある。だが、もう半分はそうじゃない。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/12/05 21:58

エニサム さんのブログ記事

  • 危機管理能力がいくら高くても回避できない危機がそこにある事実
  • 世の中に危険はたくさん存在している。考えもしなかった危険は意外なほど身近なところからやってくるものである。そんな危険と隣り合わせの人間社会であるが、私もまた、思いもよらない危険に見舞われたのである。なんと私としたことがキッチンで調理中にスライサーで親指を盛大にスライスしてしまい、大出血したのだ。スライサーはご存じだろうか。野菜を薄くカットする調理器具なのだが、私の所有していたスライサーは100円ショ [続きを読む]
  • そう言えば楽天スーパーセールがやっているから楽天の話でもしようか
  • 現在楽天市場で恒例のスーパーセールがやっている。以前に記事にしたような気がしないでもないが、なんとなくまたしてもそれについて書きたくもなるわけである。楽天スーパーセールは半額を前面に出した広告を出してはいるが、意外とほしいものが半額になっていることはない。半額でも気軽に変えない高価なものや、半額になっても大してほしくないものがメインで半額であるから、手を出すべきは半額商品ではなくポイント倍率が高 [続きを読む]
  • あえて言葉にするならば、それはモード系の女
  • とある夏の話だった。印象的な出来事だったのですぐに記事にしたのであるが、決定打にかけるという理由で投稿を躊躇している間に季節が君だけを変えたわけだ。したがって冒頭の文章が8月云々と言う状態になっているのは華麗にスルーすることを推奨する。8月がまた、今年も過ぎて行こうとしている。だからこの限りある8月の時間を無駄なく過ごしたいと考えれば考えるほど、無駄に考えているだけである、結果として無駄に過ごし [続きを読む]
  • まだ仮想通貨を消耗させてるの?すでに妄想通貨となった日々
  • 長らくの赤貧であるがために、私はインターネットを使って何やら金銭の授受が発生しないかしらと言うことで、「お金儲け」と言う語句でグーグル検索をしこたましてみたりと、必死のパッチで銭金のことを追いかけているのは皆様に関しましても同様だろう。したがってココナラとかクラウドワークスとかそういった類のサイトも見たりするわけだ。ヤフオクとかメルカリもチェックしている。思想はすでに乞食の類。そう、カネの亡者なの [続きを読む]
  • 旅はまだ終わらない
  • 飛行機しんどい年末に久しぶりに実家に帰ったのであるが、実家の感想とかを述べることは特段する気はないのである。しいて言うなら、羽田から関空まで飛行機に乗ったのであるが、真ん中の席はとにかく苦しい。お金持ちになってもっとゆとりある席をゲットして楽々な空の旅をしてみたい。それに比べて新幹線の快適さ加減が素敵すぎて、お弁当なども食べてしまうではないか。一時間ちょっとの時間の乗車であるがとても楽しい旅となる [続きを読む]
  • 巻き爪を自分で治したいという5年越しの我が闘争
  • 巻き爪と言う状態をご存じであろうか。爪が湾曲してしまう状態である。私もいつからか巻き爪になっていて、痛むことはなかったがなんとなく気になる状態であったのが、年を重ねることによってか時々痛いというか違和感と言うか、気になるような状態になった。それは30代後半からだったのであるが、いろいろ試した結果、現状も特に変化することはなく、今も巻き爪状態である。 巻き爪ごときで病院に行けるか! 病院に [続きを読む]
  • 昨年読んだ本『陸王』のテレビドラマがそろそろ始まる
  • 『陸王』がドラマ化される。昨年、夏に入るころに入院していた。そのなぜ入院していたかはこの際割愛させていただくことにしたのであるが、その時にお見舞いで来てもらった友人から本をいただいた。www.tokyo-hardboiled.xyz池井戸潤氏の作品「陸王」と言う小説である。本を読むのは比較的好きだったが、池井戸潤氏の作品に初めて触れたのは小説ではなくテレビドラマの「半沢直樹」である。半沢直樹と言って知らない人はいないと言 [続きを読む]
  • そう言えば映画「銀魂」を観に行ったんだった
  • 最近は割と出かけることが多くなってきている。中でも映画に行くことが増えた。映画と言ってもなぜか邦画を見る率が高くなってきている中で、ご多分に漏れず映画を観に行ったわけだ。早朝に新宿へ向かい、ぶらぶらとバルト9へ急ぐ。 実写化映画を見る気構え 福田監督作品 文句が言いたいわけでもないし、絶賛するわけでもない 実写化の雄、小栗旬実写化映画を見る気構え今回見ることにした映画は、漫画原作のアニメに [続きを読む]