くみっぱ さん プロフィール

  •  
くみっぱさん: たのしい夢日記
ハンドル名くみっぱ さん
ブログタイトルたのしい夢日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/neko32_06
サイト紹介文京都奈良寺社巡り・思い出・読んだ本…日々のあれこれを写真と共に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 301日(平均0.5回/週) - 参加 2016/12/07 01:40

くみっぱ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 暑さもおさまって。
  • 「ご朱印集めるのやってみようと思って、ご朱印帳買ったんです」今年の新卒のS先生が言う。「あ、私もやってるよ。どこで買ったの?」「今宮神社です」あ、なんか人気あるよね…「野菜の絵がついたのです」ああ、そうだった!! あの可愛いのね!神社のご朱印帳の、人気筋の中の一つだ。 そう言えば、まだ行ったことがないのだ。西陣の八百屋の娘だった女性が徳川綱吉の御生母になり…と言う事で「玉の輿神社」と言われているそ [続きを読む]
  • 夜散歩・なら燈花会
  • 暑い。大阪の夏が暑いのはいつものことだが、相方が茨城に住むようになり、関西は「とりわけ」暑い、と確信を持てた感あり。とにかく湿度の高さと、陽が落ちてもむっとこもった暑さ。茨城は夜になると、北海道のように、夜になったら真夏でも「寒い」という言葉が出るほどではないが幾分過ごしやすかったし、昼間も湿度が低かった。折角の夏休み、どこかに出かけよう、と思ってもこの暑さでは、歩き回るのもためらわれる。夜にしよ [続きを読む]
  • 南円堂。その後、法華寺、海龍王寺、そして業平寺。
  • 4つもお寺を巡るって、大変?と言う事は、京都、奈良では、ない。なんたってお寺だらけなのだから。5月、確かあの日は結構暑かったな。歩いて歩いて。興福寺南円堂。八角形の美しいお堂だ。観音様の浄土、補陀落山の形なんだそうな。藤原氏ゆかりの、南円堂すぐ傍の藤は残念ながら終わっていたが、橘が花盛り。三十三所のご朱印を頂いた後は、小さなお寺3つを回る事にした。まずは近鉄奈良駅に戻り、ひとつ隣の新大宮駅まで。こ [続きを読む]
  • 岡寺。しゃくなげ。ダリア。
  • さて、記憶をたどろう。今年4月の記憶だが、その前に…初めて行ったのは確か、昨年のお正月。初詣に行くのに、京都は人が多いし、とドライブがてら、飛鳥寺の後に訪れて、山中にこの大伽藍!?と驚いたお寺だ。岡寺は、もともとは草壁の皇子の岡の宮を道場にした、というのが始まりと言うから、千年以上前からの歴史あるお寺である。日本最大の塑像があり、最古の如意輪観音さまだそう。斜めに肘ついたりしてなくて、如意輪観音ぽ [続きを読む]
  • だるまさんのお寺・勝尾寺
  • 台風がやってきた。公休の月曜日だが、これではどこかに出かけることもままならず、家に籠っているしかない。3月4月は慌ただしかったため、この頃に訪れた西国三十三所のお寺の事は書けていなかったのが心にかかっていた。こういう時に写真の整理をしようか。勝尾寺は3月、相方の車でお詣りした。大阪の北、それほど遠いと言う場所ではないが、2月に行った生徒さんから、「雪、結構あって車怖かったですよ」との事だった。箕面 [続きを読む]
  • メディアワークスの本...ビブリア古書堂の事件手帖
  • 「ライトノベル」に学生時代親しんだ社会人に手に取ってもらい、またそれ以外の層にも受け入れられるような本を作っているのだそうな。メディアワークスってなんだ?と思ったのだけど、結局カドカワだったのね。この「ビブリア...」は、タイトルに惹かれつつもこのメディアワークスの本の一大特徴、「表紙がマンガっぽい」でちと、手が出なかったのだが。「ジャケ買い」て言うのもあるらしいが。 偏見だった。結構、私の年齢でも [続きを読む]
  • 空梅雨。
  • 梅雨入りしてどのくらい経つだろうか?今年は相当の空梅雨らしいが、今日も6月末近く、梅雨真っ最中の時期なのにかんかん照りの暑さ、京都では30度を越したらしい。このブログも、生活環境が変わってからしばらく放ってしまった。先月も奈良の西国三十三所のお寺をいくつか回ったのだけれど、写真も整理する余裕がなく。今日は滋賀県の長命寺、西国三十三所三十一番。数年前、同居人が前の会社のバーベキューで滋賀県に行ったとき [続きを読む]
  • 忙しかった3月。
  • 忙しくなるとは思ってたけれど予想通り。 そもそも3月は募集期。ここで稼がなくていつ稼ぐ、という月。4月から来る新卒さんの面倒見る予定も立て。数字も作り。4月から単身赴任的に茨城県に赴き、実家の家業を継ぐ同居人の準備。同居人も22年大阪で働いて、もうほとんど関西人だ。関西でもビジネスやりたいから、と、家は大阪に置くと言う。同居人のバースデーはお気に入りの温泉へ。次の週は3日ばかり同居人と共に茨城県へ。 [続きを読む]
  • 和歌山県のお寺・粉河寺
  • 電車に乗って、知らない場所を旅するのは楽しい。ドライブも楽しいけれど、ひとり電車の窓から景色を眺めながら、もいいものだ。別にいい景色でなくても、目に入るものが珍しくて、というのもある。と言う訳で和歌山までJRで行くことにした。目的地は和歌山県、紀の川市の粉河寺。西国三十三所第三番だ。スマホのナビタイムで一番早く着くルートを選ぶと、JR熊取駅からバス、とある。乗る。…これが最短ルート??思いっきり山 [続きを読む]
  • 美味しい和菓子・・・穴太寺
  • 和菓子が好きである。何と言っても好物中の好物は桜餅。桜の季節にしか食べないと(基本)決めてはいるけれど、そろそろ行きつけのスーパーに、お気に入りの美味しい桜餅が出てきていてついつい手を伸ばしてしまったり。趣味の寺社巡りをしていると、そこの売店などで美味しいものに出会ったりしてしまうもの。20年前に、友人の義理のご両親(オーストラリア人)が見え、奈良のバスツアーにお付き合いしたことがある。ところどこ [続きを読む]
  • 雪の貴船神社
  • 何事にもタイミングというものはある。先週末は大寒波が来るとの予報。実際、寒かった。しかしこれが月曜まで続けばチャンス!去年は撮れなかった京都の雪景色が撮れるかもしれない。いいタイミングだ。日曜には何度もTwitterをチェック。結構、京都のあちこちの景色の写真をアップしている人がいる。しかも相当の雪の量だ。これならば、寒さが続けば、山の方なら融ける事はないだろう。以前から、貴船神社と雪、の写真を狙ってい [続きを読む]
  • 新年、日本海へ。成相寺・松尾寺。
  • 年が明けた。いつものお正月。年末、31日に大混雑の黒門市場に出かけ、元日夜に食べるてっちり用の白子入りフグを調達、その他、年越し用の蕎麦、合鴨(雑煮や蕎麦に使ったり、同居人が鴨ローストを作る)蕎麦だけでは到底お腹がいっぱいにはならないので、押し寿司も買っていく。関西風丸もち、白味噌、日本酒、そしてデザートに花びら餅。我が家の定番買い物。フグをさばいてもらう時間、待ち時間1時間位。その間に人ごみを抜 [続きを読む]
  • 兵庫県のお寺・中山寺
  • 兵庫県のお寺に行ったのは初めてである。西国第二十四番札所、中山寺。今年3月に1年かけて洛陽三十三所観音巡礼を満願し、今年からいよいよ西国三十三所巡礼をスタートすることにした。洛陽三十三所は、西国三十三所に遠すぎるお寺があることから、京市内の三十三か所を回るように後白河天皇が考えた、というもの、つまりは京都のお寺だけだった。なので急げば2日で回れるとも聞いた。同僚のアメリカ人の先生は西国三十三所を回 [続きを読む]
  • 京西山の紅葉・善峯寺
  • 11月、関西では良い季節。 北海道にいた頃は、中途半端に寒い月で、かえって早く雪が降らないかな、と思ったものだが。少し早目の紅葉狩り、同居人の車で出かける。京都西山方面は電車で行くと、バスに長々乗ることになり不便だが、車だと新しい高速道路が出来ていてあっという間なのだ。西国三十三所第二十番札所、善峯寺。早速本堂の千手観音様にお詣りし、ここで西国三十三所のご朱印帳を購入。見開きで絵付きの豪華なものだ [続きを読む]
  • コスモス寺
  • コスモスは好きな花のひとつ。実家の門柱の前にもひと群れのコスモスがあり、去年、父が家を去る際に写真を撮っておいた。北海道だから、ひと月位前のことになるが。さて、持ち主が変わった家の前に、コスモスはまだ咲いているのだろうか? 塀の前にはクレマチスがあったのだけれど、誰か近所の人が持って行ってくれただろうか。父は近所の花好きの方々に、好きな時に入って持って行ってほしいと言ってあったようだが。奈良の般若 [続きを読む]
  • 暑いけれど…
  • 風があると体感温度はずいぶん違う。ここ数日、関西各地では35度以上の気温が当たり前。このあたりは湿気が多い事もあり「酷暑」の二文字は言い得て妙、というものだが、一昨日はかなり風があった。そうなると湿気もおさまり、幾分過ごしにくさに歯止めがかかる…と言う程度だが、汗の額にそよぐ風は心地よいものだ。やっと夏休み、次の日の事を気にせずのんびりした気分でJRに乗った。行く先は嵐山。とは言っても、目的は天龍 [続きを読む]
  • 真夏の一日・三井寺にて。
  • 8月になった。フェイスブックの「過去のこの日」によると、去年は仕事で、PLの花火がちょうど終わった後頃に電車に乗り、汗まみれの人たちに囲まれて…と言うような事を書いている。今年の8月1日は私が汗まみれ、の一日だった。JR,京阪を乗り継いで滋賀県大津市の天台寺門宗総本山、園城寺へ。通称三井寺である。ここは私の愛読書、京極夏彦の「鉄鼠の檻」にも「山門派」(延暦寺)との対立の話で出てくるので、以前から行 [続きを読む]
  • 夏真っ盛り・南禅寺から永観堂へ
  • 建仁寺の記事を書いていて気づいた。ここの所立て続けにあちこちのお寺をまわっていて、場所を混同。記憶力やばいのでは?この「やばい」はいまどきの「いけてる」ではなく、本当にやばい。金地院は南禅寺の塔頭だった…まあ、コピペして書き直そう。夏に行くのにいい場所、水辺。今度こそ、南禅寺の水路閣の上への道を思い出して探そう!数年前、確かに行った場所なのに、たどり着けなかったのだ。ネットで色々な方のブログを見て [続きを読む]
  • 京都最古の禅寺・半夏生の花
  • 梅雨の晴れ間、めずらしく陽のあかるいある日、建仁寺を訪れた。京阪祇園四条駅から祇園を抜け、その奥に、よくこんな街中にこれだけ広い敷地を…と思う位の規模のお寺である。京都最古の禅寺、臨済宗建仁寺派の大本山だ。建仁寺と言えば、やはりこれ。俵屋宗達の「風神雷神図屏風」。但しここにあるのは、キヤノン作高精細デジタル複製、だけれど。本坊入ってすぐにほとんど真っ暗な部屋がありそこに浮かび上がるように展示されて [続きを読む]
  • 東福寺・青紅葉。
  • 夏の禅寺は良い。何が良いか?すっきり、涼しげなのである。東福寺は紅葉の美しさで人気の寺。京都五山の一つ、創建は鎌倉時代ということ。紅葉の名所であれば、つまりは青紅葉も美しい。2010年あたりに紅葉を見に行ったことがあり、その年は紅葉の当たり年、燃えるような、という表現がここまで似合う場所があるだろうか、という見事な紅葉を堪能した。夏の通天橋。人、いない…。すっきりの極致。紅葉の時は、この橋の上は行 [続きを読む]
  • 早朝、祇園祭
  • 朝、起きられたら行こう。目が覚めなかったら行かない。よってアラームはセットしない。くたくたに疲れて帰った土曜の夜、そう決めた。初めは、土曜の夜仕事が終わってから速攻で京都へ行き、駒形提灯に灯が入ったところや、夜の山や鉾の写真を撮ろうかとも思っていたが、ここの所土曜日は死ぬほど疲れて終わる。夏バテか?もともと超ハードな日ではあるけれど。はい、仕事終わり、先週の土曜日と同じく、もう、何も考えられない… [続きを読む]
  • 紫陽花寺・三室戸寺・流れ橋。
  • 三室戸寺は3回目。最初はちょっと、カラカラ紫陽花。2度目は見頃。今回はどうか?今回は同居人の車で朝早く出かけたが、すでに駐車場はほとんど満杯。一歩遅ければ場所がなかった。さすがに紫陽花寺で有名なだけある。しかも日曜なのだし。ここは紫陽花が一万株あるのだそうで、紫陽花の道を抜けて歩いていく感じ、先日の岩船寺とは敷地の大きさも違うので開放的でもある。何種類の紫陽花があるのか。ここは石段を上がると本堂で [続きを読む]
  • 過去の記事 …