HAKASE(jnkt32) さん プロフィール

  •  
HAKASE(jnkt32)さん: Blog〜続・トイレの雑記帳
ハンドル名HAKASE(jnkt32) さん
ブログタイトルBlog〜続・トイレの雑記帳
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hakase32
サイト紹介文鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、 政治社会の事共について記したくなり、現在に
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 319日(平均3.4回/週) - 参加 2016/12/09 12:35

HAKASE(jnkt32) さんのブログ記事

  • 今回衆院選〜「池上無双」が面白い
  • 第48回衆院選が終わった。大方の予想に反し、与党 自公政権側は、衆院総数 465議席中、日本国憲法改正発議に必要な 2/3を超える 313議席を確保。後述の所を除いては、ほぼ安定した政権運営の基盤を手にしたと申して良さそうだ。公示間際に起こった、突然の野党再編劇に際し、当初大いに注目された、小池東京都知事率いる 希望の党は意外に苦戦し、旧民進党左傾組メインの、立憲民主党に第一野党の座を奪われる不覚を取った。原因 [続きを読む]
  • 有意義な、産経の衆院選各党アンケート
  • 今回の、衆院選投票日まで後一日となった。各党代表も、今日は最後の追い込み遊説で、全国を駆け回っている様だ。それと、南方に控える 大型台風第21号の、風雨の影響が懸念される事もあって、島嶼(とうしょ)部では、投票日を今日に繰り上げたりする動きも一部で見られ、又、各地の期日前投票が過去最高の件数となった由。投票場所によっては、1Hを超える待ち時間となり、今日の投票を諦めた有権者各位もあった様で、今後の選挙運 [続きを読む]
  • 「筋の通らなくなって来た」立憲民主党
  • 昨日、今回衆院選の 期日前投票に行って来た。ここの所は雨がちで、本来は秋晴れの続く気候の所が、思わしくない空模様が続く日々。加えて、南方に控える、台風第21号が今週末から来週初にかけ、我国本土を窺う気配。投票日の 10/22(日)は、悪くすると荒天の可能性もあり、投票を早めた次第。期日前投票の理由にも「荒天が予想される為」の項目が立派に存在し、これにより、投票を繰り上げる方々も多かった。これからの天気変化は [続きを読む]
  • 「乗ってみたいリゾート列車は?」に答える
  • コナサン、ミンバンワ!ここの所は雨がちの日々。来週初めに、南方の台風第21号が北へ抜けるまでは、秋らしい晴天は期待薄らしい。まあ「降られる」のは慣れているし、雑事にしても、雨天時にした方が良い事もあるだろう。本来なら過ごし易く、週末辺りは行楽などに充てたい所だが、空模様に関しては、もう少し先になりそうであります。さて、衆院解散総選挙の期間中でもあり、又、依然不安定な朝鮮半島情勢、5年ぶりの共産党大会 [続きを読む]
  • 神鋼の 製品検査不正は「国難級の問題」だ
  • やはり、民進党は「ポンコツ選挙互助会」に過ぎなかったのだろうか。来週 10/22(日)投開票の衆院選に、希望の党から立候補した民進党出身の候補達が、支持勢力への説明に苦慮している問題があるんだと。一昨年の2015=平成27年、国会で集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法案に同意しなかったにも関わらず、今回は同法の「現下の厳しい国際情勢に鑑み、現行の安全保障法制については、憲法に則り適切に運用する。その上で不断 [続きを読む]
  • 衆院選挙戦雑感と、拙写真帖新作のお知らせ
  • 数日程続いた秋晴れも、昨日で一旦終わり、今日から暫くは、秋雨の続編となるらしい。まあ雨がちの「降られる」天気には慣れているし、余程の荒天にでもならなければ、一定は仕方がないかと言う所。「止まない雨はない」のも事実。又、晴天が戻る事を、楽しみにしたいとも思う次第。10/22(日)の本投票日へ向け、進行中の 衆院選挙戦。当初、自公政権交代への対抗馬として大いに注目された「希望の党」だったが、ここへ来て、その [続きを読む]
  • 衆院選〜二新党は、どちらも期待薄
  • 去る 6月、神奈川県下の東名道にて、大型車の関与した、二名が犠牲の追突事故につき、当該 1BOX車に対し、事故直前から、後方からの「煽り」や前方での進路妨害を繰り返した末、道交法禁止事項の追越車線での停止を強要、乗員への暴行を図った、福岡県在住の男性容疑者が逮捕された。立件に際し、捜査当局は、当時周辺を走った、約 260名に及ぶ運転者各位から聞き取りなどの裏付けを取り、容疑事実を掴んだ由。犠牲となったご夫妻 [続きを読む]
  • 「希望の党」は、本気で支持拡大努力をしているか
  • 今回の衆院選公示が、明日に迫った。与野党共、街頭遊説などの選対行動に入ったが、安倍内閣総理大臣の遊説には、相変わらず過激勢力の野次が付き纏っている様だ。半分は、安倍大臣の自業自得かも知れないが、野党側敵対勢力のスパイが、安倍大臣の行程探りなどの暗躍をしているらしいとの指摘も聞いた。基本は「スルー」が一番だが、公示前にこの様な芳しからぬ事態があった事は留意したい。勿論、公示後のこの様な挙動は公職選挙 [続きを読む]
  • 沖縄戦跡「チビチリガマ」損壊事件の背景は・・
  • 先月の事だが、沖縄・読谷(よみたん)の洞窟戦跡「チビチリガマ」内部が大きく荒らされ、集団自決を余儀なくされたと言われる、犠牲各位の遺品や、慰霊の千羽鶴、メッセージなどが大損壊される事件があった。実行犯とされる容疑者は、いずれも十代の地元未成年男子四名で、全員が逮捕容疑を認め、全てか否かは不明も、多くが重要戦跡の事情を知らず、一部で話題の、心霊スポットに該当とかで、肝試しのつもりで立入り、揚句、内部の [続きを読む]
  • 保守標榜の以上は、組合組織の支援を受けずとも
  • コナサン、ミンバンワ!衆院解散総選挙に際し、新党の発足が相次ぐ昨今だ。小池都知事の興した「希望の党」に続き、事実上分裂して消えた、民進党の左派勢力が、枝野民進代表代行を頂いて発足した「立憲民主党」がそれだ。「希望の党」へは、100人を超える旧民進衆議が合流、それに際し、小池代表は、安保法制及び改憲や外国人参政権反対の政策に同意できるか否かの「政策協定書」を、言わば合流の踏み絵の様に使い、自党への忠誠 [続きを読む]
  • 混迷の月初
  • 2017=平成29年10月も、拙ブログを宜しくお願い致します。先月下旬辺りから、それまでの暑さから一変、急に秋らしい気候になって来た。こう言う時季は、昼夜の温度差が大きくなり、体調の安定が難しくなって、風邪などをひき易くなるものだ。今冬にかけ、これからの大敵 インフルエンザの流行も早めらしいとの指摘も聞いた。どうか、着衣の上手な調節や、できるだけ睡眠や休息を、少し長めにとるなどの対策で、乗り切って参りたい [続きを読む]
  • マスゴミは 左を「自由」と言い包(くる)め
  • 2017=平成29年9月も、最終日となった。少し早めの秋本番。夏場と違って、昼夜の温度差がとみに拡大しているので、着衣や寝る時の夜具などを上手く調節し、体調を維持できる様心がけたいもの。折から風邪も流行り出した様だし、毎冬の脅威でもある、インフルエンザも早めの流行が予測されている様だ。冬場に向け、足早に過ぎる良い季節を、元気で快適に過ごせればと思います。さて「スポーツの秋」でもある所、芳しくない話題に接し [続きを読む]
  • 民進党 予定調和の終章
  • やはり、前原誠司さんは、第一野党(だった)民進党最後の代表となる可能性が高そうだ。一昨日夜、国政新党「希望の党」を立ち上げたばかりの現東京都知事 小池百合子さんと極秘会談、離党者続出の、民進党を実質合流させる方向で、一応の話がついたんだとか。昨日午後、TV速報が入った折は、一瞬「ガセか?」とも思ったが、今日午後、衆議院が「予定調和」の解散となり、冒頭の合流話も具体化している様だ。この件は、まだ全てが具 [続きを読む]
  • 「希望の党」とりあえずは希望なし
  • 衆院の解散が近づいたと言われる。安倍自公政権は、この所悪化している北鮮情勢への対応などを挙げ「国難的課題」に当たる為の、解散の大義を見出す方向の様だが、やはり「森友、加計問題」に関するもう少し踏み込んだ説明が必要と心得る。この事案は、左傾メディアによって、事実を歪曲して伝えられた所もあるので、尚更だ。「行政の歪みが正された」と評する、加戸前愛媛県知事のご見解が蔑ろにされた事も、メディアが招いた問題 [続きを読む]
  • 「北」拉致事件の政治利用・・と言う嘘と曲解
  • コナサン、ミンバンワ!先日の、メキシコ国における、犠牲多数の震災につき、まずは一言 お見舞いの意を表したい。その上で、我国からを含む救援隊各位のご活動を、心より労いたく思う。これ以上の犠牲被害が拡大しない事と、救援活動のつつがなきも、併せて祈りたい所であります。本題に入ります。北鮮の、一連の危険な軍事行動に対し、更に一段の制裁を決めた、国連総会の席上にて、トランプ米合衆国大統領が、日本人拉致事件の [続きを読む]
  • 身近な所からの 財産権問題
  • コナサン ミンバンワ!今夜は訳あって、滋賀県下の宿で、この記事を書いている所。午後からは雨模様で、天気回復は夜半からになりそう。まあ、夏から秋への移り変わりの内と言う事もあり、荒れさえしなければ、仕方のないレベルかもだが。さて今回は、今まで多く触れて参った、内外の時事問題とか、それらへの政府対応、各政党や主要報道メディアのあり様などから少し離れ、いずれ大きな課題となるだろう、日本国憲法改正の一必要 [続きを読む]
  • 民進党=選挙互助会の証明
  • 今週に入り、突如 衆議院解散・総選挙が間近である事が明らかにされた。今月下旬の、臨時国会冒頭にも行われる見通しだと言う。直接には、自民三衆議の急逝に伴う補選を避ける意味もあったのだろうが、第一野党 民進党の不良な内部事情や、小池東京都知事に近いグループが結成予定の、新党の態勢が整う前に選挙執行の方が、与党にとっては有利との判断からとの指摘もある。衆院解散総選挙は、内閣総理大臣の専権事項につき、多言 [続きを読む]
  • 本当に始末が悪い「高齢左翼」
  • 前回の続きになるかもだが、某女性記者の「無理筋」な内閣官房長官会見での質疑とかの報に接するにつけ、これはやはり「一定の需要」が見込めるから、敢えて「思想闘争的記者活動」の供給のつもりなのか、とも思ったものだ。事実「パヨク」と言われる左派市民勢力は相当な数に上る様で、拙者も「決して、軽く見ない様に」と、ネット知人の方から注意を受けてもいる。今回は、某ネット記事を引用して、その実態を裏付ける事共を見て [続きを読む]
  • 随筆家 高山正之さんに学ぶ 「騒女」への視点
  • 「民進は オワコンですか そうですか」前原民進党代表が、大きな困難に見舞われている様だ。同氏は、日本新党時代の1992=平成4年と、1999=同11年の二回、北鮮こと朝鮮民主主義人民共和国への渡航歴があるそうだが、二回目に、現地女性と懇ろにしている様子が、昨日出た老舗週刊B誌に画像共載った由。現民進党代表にして、当時国会期間中だった折の渡航とは、大いに不適切は事実。同党は今、複数国会議員の離党など、難しい局面だ [続きを読む]
  • 電波オークション制実施へ 確かな道筋を!
  • 1989=平成元年の中国大陸民主化運動などに携わった、政治評論家 石平(本国名 しー・ぴん)拓殖大客員教授が、菅内閣官房長官向けの不適切な質問などで良くも悪しくも注目された、東京新聞女性記者 望月某に対し、厳しい批判の見解を出された。「権力と闘うとは・・彼女のやっているのは、吐き気を催す自惚れだ!」と。冒頭に続き、9/8(金)に、石平氏は、再び望月氏に関するツィートを投稿した。「私のツィートは一日にして、1200 [続きを読む]
  • 報道メディアは 国民的疑念を知っているのか?
  • コナサン、ミンバンワ!依然続く残暑だが、朝晩は、流石に少し凌ぎ易くなって来た。明後日頃、降雨の予報だが、これからは一雨毎に、季節が進んで徐々に秋らしくなって行くのだろう。又、そうあって欲しい所だ。海の向うの米合衆国は、我国の台風に当たる大型ハリケーンが続いて襲来、同国南部をメインに、深甚なダメージを被り、多数の人的被害も生じている様だ。一言、お見舞いの意を表したい。振り返って我国では、減少傾向とは [続きを読む]
  • 民進党の迷走が止まらない
  • 「山尾(志桜里)さんとその相手は弁護士で、安保法制などの専門家を自称していたのだから、これ位乗り切る危機管理をしないと。山尾さんがまず謝るべきは、相手の奥さんと子供、次に自分の旦那と子供、党や世間へのお詫びなんて後の後。そして時間無制限の会見対応。ここが出発。危機管理については素人だった」これは、未だに騒がれている、山尾志桜里衆議の男女関係問題に関しての、ある法曹家の方のご見解である。所謂「不倫」と [続きを読む]
  • 捕獲動物は、食糧安保に貢献し得る
  • 今月のここまで、余り関心を抱きたくない出来事が一つあるのは、或いはお察し頂ける事と思う。申すまでもない、第一野党 民進党の代表選と、党執行部役員人事の事だ。代表選候補 枝野幸男、前原誠司の各位には、いずれも清新さと説得力がなく「所詮は、選挙互助会」と揶揄される同党トップ選出の重さが、全く感じられないものだった。保守側にも一定歩み寄れる前原新代表の選出は良いが、枝野候補とは、実態的な大差がなく、初め [続きを読む]
  • 音楽家 日野皓正さんの行動から見える 対北姿勢
  • 一日遅れとはなったが、秋篠宮家 眞子内親王殿下と、小室 圭さんの婚約発表を伺った。一言、祝意を申したい。しかし・・この慶事を狙った訳でもあるまいが(中国大陸で行われる、重要な国際会合への牽制意図らしいとの指摘有)、北鮮が、昨年に続き、通算六度目の核実験を強行した。今度は水爆とかで、先に我が本土超えの飛翔をした中距離弾道弾実験に続くもの。安倍政権は、当然の事ながら厳重抗議。国際連合安全保障理事会の緊急 [続きを読む]
  • 防災〜対自然災害も、対弾道弾も、同様の心構えで
  • 2017=平成29年9月も、宜しくお願い致します。毎年の事だが、今月は防災月間。前世紀の1923=大正12年のこの日生じた、関東大震災の重い教訓は、先の大戦のそれと同様に、重く受け止められ、活かされなければならない。少し、本題からはそれるのだが、大阪府下の工業地帯を通る産業道にて、納品待ちや休憩の為、長時間停車する大型トラックなど多数向けの、一斉取り締まりがあったそうだ。確かに道路法規上適切とは言えない振る舞い [続きを読む]