さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: まほろば
ハンドル名さくら さん
ブログタイトルまほろば
ブログURLhttp://mahoroba.ldblog.jp/
サイト紹介文日本各地の神社の御朱印、御朱印帳を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/12/09 23:35

さくら さんのブログ記事

  • 穴八幡宮
  • 穴八幡宮あなはちまんぐう東京都新宿区西早稲田祭神:応神天皇・仲哀天皇・神功皇后社伝によると、康平5年(1062年)に源義家が奥州からの帰途、この地に兜と太刀を納め八幡神を祀ったのが始まりとされる。寛永18年(1641年)、宮守の庵を作ろうとしていたところ、山裾の横穴... [続きを読む]
  • 西院春日神社
  • 西院春日神社さいいんかすがじんじゃ京都府京都市右京区西院春日町祭神:春日神(建御賀豆智命・伊波比主命・天児屋根命・比売神)天長10年(833年)、淳和天皇が退位し淳和院離宮に移る際、守護神として奈良の春日大社より勧請して祀ったのが始まりとされる。 [続きを読む]
  • 今宮神社 (京都市)
  • 今宮神社いまみやじんじゃ京都府京都市北区紫野今宮町祭神:大己貴命・事代主命・奇稲田姫命平安遷都より前からこの地には疫神を祀る神社があったとされる。平安遷都後、疫病や災厄に悩まされ、神泉苑、御霊神社、祇園社などで盛んに御霊会が行われた。今宮神社の紫野御霊会... [続きを読む]
  • 吉田神社
  • 吉田神社 〔二十二社〕よしだじんじゃ京都府京都市左京区吉田神楽岡町祭神 第一殿:健御賀豆知命    第二殿:伊波比主命    第三殿:天之子八根命    第四殿:比売神貞観元年(859年)、藤原山蔭が奈良の春日大社より四柱を勧請したのが始まりとされる。吉田家... [続きを読む]
  • 寶登山神社
  • 寶登山神社ほどさんじんじゃ埼玉県秩父市長瀞町長瀞祭神:神日本磐余彦尊(神武天皇)    大山祇神    火産霊神社伝によると、景行天皇41年(111年)、日本武尊が東征の帰途に大和畝傍山の神武天皇を遥拝するために宝登山に登ったところ山中に猛火が起こったが、多く... [続きを読む]
  • 車折神社
  • 車折神社くるまざきじんじゃ京都府京都市西京区嵯峨朝日町祭神:清原頼業公平安時代の儒学者、清原頼業公を祀る。関白九條兼実より政治の諮問を受け「その才、神といふべく尊ぶべし」と称えられた。文治5年(1189年)の逝去後、清原家の領地であった現在の地に廟が立てられ、... [続きを読む]
  • 今宮神社(秩父市)
  • 今宮神社いまみやじんじゃ埼玉県秩父市中町祭神:伊邪那岐大神・伊邪那美大神    須佐之男命    八大龍王神    役尊神    龍王観音創始の年代は不詳。霊泉に伊邪那岐大神・伊邪那美大神の二神を祀ったのが始まりとされる。大宝年間には修験道の祖である役小... [続きを読む]
  • 唐澤山神社
  • 唐澤山神社からさわやまじんじゃ栃木県佐野市藤町祭神:藤原秀郷公明治16年(1883年)、秀郷公の子孫である佐野氏の居城であった唐沢山城の本丸跡地に創建された。藤原秀郷公は俵藤太の別名でも知られており、平将門の乱を鎮め、鎮守府将軍にも叙された。 [続きを読む]
  • 杭全神社
  • 杭全神社くまたじんじゃ大阪府大阪市平野区平野宮町祭神:第一本殿  素戔嗚尊    第二本殿  伊弉册尊・速玉男尊・事解男尊 (熊野三所権現)    第三本殿  伊弉諾尊貞観4年(862年)、坂上田村麻呂の孫で、この地に荘園を持っていた坂上当道が牛頭天王を勧請... [続きを読む]
  • 二荒山神社(日光)
  • 二荒山神社 〔下野国一宮〕ふたらさんじんじゃ栃木県日光市山内祭神:二荒山大神     (大己貴命・田心姫命・味耜高彦根命の総称)日光三山(男体山・女峰山・太郎山)を御神体として祀る。東照宮に隣接する本社、いろは坂を上った中禅寺湖畔にある中宮祠、男体山山頂... [続きを読む]
  • 日光東照宮
  • 日光東照宮にっこうとうしょうぐう栃木県日光市山内主祭神:徳川家康公配  祀:豊臣秀吉公・源頼朝卿元和3年(1617年)創建。徳川家康公を祭神として祀る。元和2年に駿府城で亡くなった家康公は久能山に埋葬されたが、遺言により一年後に日光に改葬された。もともとは神仏習... [続きを読む]
  • 三峯神社
  • 三峯神社みつみねじんじゃ埼玉県秩父市三峰祭神:伊弉諾尊・伊弉册尊社伝によると景行天皇の御代、日本武命が東征のおり群馬県の碓氷峠に向かう途中、この地の山に登り伊弉諾尊と伊弉册尊の国造りを偲んで社を建て二神を祀ったのが創建とされる。その後景行天皇が東国巡行の... [続きを読む]
  • 今戸神社
  • 今戸神社いまどじんじゃ東京都台東区今戸祭神:応神天皇・伊弉諾尊・伊弉冉尊・福禄寿康平6年(1063年)、源頼義、義家親子が奥州征伐の折、祈願のため京都の石清水八幡宮を勧請したのがはじまりとされる。今戸八幡と呼ばていたが、昭和12年)1932年に隣接していた白山神社を... [続きを読む]
  • 生根神社
  • 生根神社いくねじんじゃ大阪府大阪市住吉区住吉祭神:少彦名命創建の創始は不明だが、延喜式にその名が記されている。現在の社殿は慶長年間のころのもので、大阪府の重要文化財に指定されている。別名の奥の天神は、境内に祀られている天満宮が住吉大社から見て奥に鎮座して... [続きを読む]
  • 鎧神社
  • 鎧神社よろいじんじゃ東京都新宿区北新宿祭神:日本武命    大己貴命    少彦名命    平将門公醍醐天皇の御代、円照寺が創建され、その鬼門鎮護のため神社が創建されたと伝えられている。日本武命が東国平定のさいにこの地に甲冑六具を蔵めたという伝説がある。... [続きを読む]
  • 難波八阪神社
  • 難波八阪神社なんばやさかじんじゃ大阪府大阪市浪速区元町祭神:素戔嗚尊    奇稲田姫命    八柱御子命(天忍穂耳命・天穂日命・天津日子根命・活津日子根命・熊野久須毘命             多紀理毘賣命・多岐津比賣命・狭依毘賣命)創始の詳細は不明。社... [続きを読む]
  • 鷲神社
  • 鷲神社おおとりじんじゃ東京都台東区千束祭神:天日鷲命・日本武尊   酉の市で知られる通称おとりさま。古来よりこの地に殖産、開拓の神として祀られていた天日鷲命の社に、日本武尊が東征の戦勝祈願をしたとされる。その凱旋のおり、社前に熊手をかけ戦勝の御礼参りをし... [続きを読む]
  • 大原野神社
  • 大原野神社 〔二十二社〕おおはらのじんじゃ京都府京都市西京区大原野南春日町祭神:第一殿  建御賀豆智命    第二殿  伊波比主命    第三殿  天之子八根命    第四殿  比賣大神延暦3年(784年)、桓武天皇が長岡京に遷都した際、天皇の后である藤原乙牟... [続きを読む]
  • 熱田神宮
  • 熱田神宮あつたじんぐう愛知県名古屋市熱田区神宮主祭神:熱田大神相殿神:天照大神・素戔嗚尊・日本武尊・宮簀媛命・建稲種命三種の神器の一つである「草薙神剣」を御神体として祀る。熱田大神は草薙神剣を御霊代としてよらせられる天照大神のことであるとされる。草薙剣は... [続きを読む]
  • 太宰府天満宮 御朱印帳
  • 太宰府天満宮道真公がこよなく愛した梅を描いた御朱印帳。太宰府以外の天満宮、天神社でも同柄の御朱印帳を拝受できます。太宰府天満宮で新しく御朱印帳を拝受し御朱印をいただくと、最初の2頁を空けて3頁目に押していただけます。伊勢の内宮外宮をお参りしたときに頂いてく... [続きを読む]
  • 西宮神社
  • 西宮神社にしのみやじんじゃ兵庫県西宮市社家町祭神:第一殿 えびす大神(蛭児大神)    第二殿 天照大御神  大国主大神    第三殿 須佐之男大神全国にあるえびす神社の総本社。蛭子神はイザナギとイザナミの間に生まれた最初の子だが、不具の子であったため葦... [続きを読む]
  • 烏森神社
  • 烏森神社からすもりじんじゃ東京都港区新橋祭神:倉稲魂命・天細女命・瓊々杵命社伝によると、天慶3年(940年)、平将門が乱を起こした時に鎮守将軍藤原秀郷(俵藤太)が武州のある稲荷神社に戦勝祈願をしたところ、白狐が現れ白羽の矢を授かり速やかに乱を鎮めることができ... [続きを読む]
  • 亀戸天神社
  • 亀戸天神社かめいどてんじんしゃ東京都江東区亀戸祭神:天満大神(菅原道真公)    天菩日命道真公の末裔で太宰府天満宮の神官であった菅原大鳥居信祐が、天神信仰を広めるためとび梅の枝で天神像を刻み諸国をめぐり、寛文元年(1661年)江戸の亀戸にあった天神社にたど... [続きを読む]
  • 品川神社
  • 品川神社 〔東京十社〕しながわじんじゃ東京都品川区北品川祭神:天比理乃咩命・素戔嗚尊・宇賀之売命文次年(1182年)、源頼朝が海上交通安全と祈願成就の守護神として安芸国洲崎神社より天比理乃咩命を勧請したのが始まり。元応元年(1319年)に宇賀之売命を、文明10年(1... [続きを読む]