ryu さん プロフィール

  •  
ryuさん: 福島・四季の風
ハンドル名ryu さん
ブログタイトル福島・四季の風
ブログURLhttp://tgryu.blog.fc2.com/
サイト紹介文福島県を中心に四季折々の自然を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2016/12/10 06:32

ryu さんのブログ記事

  • 青葉若葉の阿武隈川源流の滝めぐり(おろちが滝編)
  • 福島県西郷村  青葉若葉の阿武隈川源流の滝めぐり(おろちが滝編) “熊のすべり台”から再び舗装道路に復帰し分岐点から雪割橋方面に少しに戻ると烏首川に架かる橋があり、その橋の手前に川に降りる鉄製の急な梯子階段があります。梯子を降りたところが“おろちが滝”の上段です。西の郷の滝めぐりの際、この手の鉄製の急な梯子階段を何ヶ所も降りるので4つの滝とも幼児や老人、障害者が滝に近づくのは厳しい(無理?)かも。 [続きを読む]
  • 青葉若葉の阿武隈川源流の滝めぐり(熊のすべり台②編)
  • 福島県西郷村  青葉若葉の阿武隈川源流の滝めぐり(熊のすべり台②編) ↑ “熊のすべり台”は水量が多くなければ滝の斜面を伝って落ち口まで登ることができます。   ↑ 中段はかなり広い棚田状のテラスです。   ↑ まるで打たせ湯のあるジャグジー風呂のような小滝と滝壺。 今年の夏は酷暑なので水遊びが気持ちよさそうです。 ↑ 滝の左岸   ↑ “熊のすべり台”の上流               流れによっ [続きを読む]
  • 青葉若葉の阿武隈川源流の滝めぐり(熊のすべり台①編)
  • 福島県西郷村  青葉若葉の阿武隈川源流の滝めぐり(熊のすべり台①編) 甲子温泉近くの滝を堪能した後は、国道289号線(甲子街道)を白河市方面にもどり、紅葉の名所雪割橋周辺に点在する滝をめぐります。これらの滝は阿武隈川本流の滝ではなく支流の烏首川に点在しそれらをつなぐ道は『西の郷遊歩道』と呼ばれます。 ↑ 西の郷遊歩道 Map (※西郷村観光協会ガイドマップに加筆)西の郷遊歩道には主な滝が4つあり、4滝と [続きを読む]
  • 青葉若葉の阿武隈川源流の滝めぐり(衣紋滝編)
  • 福島県西郷村  青葉若葉の阿武隈川源流の滝めぐり(衣紋滝編) 白水滝を見た後は上流にある衣紋滝へ向かいますが直接は行けないので一旦、甲子登山道分岐点に戻り甲子登山道を進みます。間もなく右手に温泉神社の階段があり、その階段を上るのもよし登山道を大きく回りこんでも衣紋滝への道に合流します。分岐点から道なりに5,6分歩けば再び白水沢に突き当たります。途中、崩落箇所やスズメバチの巣があったりするので注意が [続きを読む]
  • 青葉若葉の阿武隈川源流の滝めぐり(白水滝編)
  • 福島県西郷村  青葉若葉の阿武隈川源流の滝めぐり(白水滝編) 青葉若葉が目に眩しく清清(すがすが)しい季節ですが当地は空梅雨で滝や渓流も水量がかなり減ってきました。(撮影時6/19)西日本は豪雨で甚大な被害が出ているというのに2018年はなんとも極端な梅雨になってしまいました。被災された方々には心からお見舞い申し上げます。さて空梅雨では豪快な滝や渓流は望めません。自然ネタ旅行記派の私ですが山は好きでも山登 [続きを読む]
  • 緑風渡る初夏の山鶏滝 ⑦
  • 福島県平田村 緑風渡る初夏の山鶏滝 ⑦ 山鶏滝を真ん前にできる斜面下の岩場から遊歩道側に戻り今度は滝の落ち口から見下ろしてみました。 ↑ 右側の岩場が滝を真ん前にして撮影したポイントです。  ↑ 深山幽谷の趣がある山鶏渓谷ですが村役場や中心部は渓谷より上流にあるので残念ながら山鶏渓谷には生活ゴミが所々に流れ着いています。清流とは言いがたいですが写真的には十分キレイです(^^);。  ↑ 山鶏滝の落 [続きを読む]
  • 緑風渡る初夏の山鶏滝 ⑥
  • 福島県平田村 緑風渡る初夏の山鶏滝 ⑥ 昨日に引き続き斜面下、滝真ん前の岩から目の前に迫る豪快な山鶏滝をご覧ください。 ↑ 撮影場所は前回と同じ滝真ん前の岩ですが  今回は滝橋と下流側を撮り込んだ構図です。 ↑ 滝まで2mもない位置から撮影しています。   これだけ水量がありながらこんな間近で撮れる滝も珍しいと思います。ただこれ以上水量が多いと滝飛沫をモロに浴びるので今回は丁度いい水量でした。 [続きを読む]
  • 緑風渡る初夏の山鶏滝 ⑤
  • 福島県平田村 緑風渡る初夏の山鶏滝 ⑤ 山鶏滝は四方から眺められ、滝の真上の岩や滝の真下の岩からなども見上げるように迫力ある滝を撮影できます。でもそれらの地点は安全柵の内側なので自己責任&十分注意が必要です。また、他に撮影者がいる場合は目障りにならないよう配慮をお願いします。 ↑ 緑風渡る初夏の山鶏滝   安全柵を乗り越え斜面を降りれば滝真ん前の岩から(写真の白丸)迫力ある滝を間近に撮るこができます [続きを読む]
  • 緑風渡る初夏の山鶏滝④
  • 福島県平田村 緑風渡る初夏の山鶏滝④ 山鶏渓谷の左岸から女滝や男滝を眺めたあとは同じ遊歩道を下流側の山鶏不動堂まで戻ります。不動堂の前には右岸に渡る橋があり、橋の上流側真ん前にあるのが山鶏滝です。 ↑ 緑風渡る初夏の山鶏滝  橋上から山鶏滝をやや見下ろした構図です。山鶏滝は滝幅、落差ともに約8mとそう大きな滝ではありませんが、複雑な流れを四方から眺められ、四季折々豊かな表情を見せる優美な滝です。名前 [続きを読む]
  • 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 ③
  • 福島県平田村 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 ③ ↑ 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 女滝の落ち口    名前こそ女滝ですがけっこう豪快な滝です。 ↑ 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 男滝   女滝の50mほど上流に男滝があります。女滝の左岸からは川沿いの岩伝いに間近まで行けますが右岸側からは崖下になるので近くには行けません。男滝の落差3m、滝幅も3mと名前ほど雄々しい滝ではないかも(^_^;)。現代なら、男らしさとか、女らし [続きを読む]
  • 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 ②
  • 福島県平田村 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 ② ↓ 女滝は右岸から見る場合も左岸から見る場合も  基本的には崖から見下ろします。でもこの写真の矢印のように少し藪漕ぎし岩場を下りれば滝左岸下の岩の上に立つことができます。 ↓ 滝壺側から見上げた女滝。   ↓ 春夏秋冬美しい山鶏渓谷ですが紅葉の頃はまた格別です。(2017年11/7 撮影)   ↓ 厳寒の山鶏渓谷だって負けてはいません。 2017年1/17撮影   [続きを読む]
  • 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 ①
  • 福島県平田村 緑風渡る初夏の山鶏渓谷 ① 花と滴る緑と涼風を求めて定番の阿武隈山中“東野の清流”と“山鶏滝渓谷”に行ってきました。前回までは東野の清流を紹介したので今回kらは山鶏滝渓谷をご覧ください。西日本では梅雨末期の豪雨被害に見舞われましたが当地は皮肉にもようやく恵みの雨でした。福島県を含む東北南部は6/10に梅雨入り以降まとまった雨がほとんど降らず空梅雨状態だったので被災地には申し訳ないです [続きを読む]
  • 花咲く東野の清流・初夏の候 ⑥
  • 福島県玉川村  花咲く東野の清流・初夏の候 ⑥ 東野の清流の遊歩道は上流唯一の丸太橋が終点なのであとは同じ道を再びスタート地点に戻ります。スタート地点周辺は自然豊かな棚田が広がり 林道に沿って緩やかになった東野の清流が流れています。 ↑ 遊歩道のスタート地点脇で地面が白い花で埋め尽くされていました。 エゴノキの花です。エゴノキの花は合弁花で変色前に花ごと落花するので散った後も見栄えがします。 ↑  [続きを読む]
  • 花咲く東野の清流・初夏の候 ⑤
  • 福島県玉川村  花咲く東野の清流・初夏の候 ⑤ 東野の清流を訪れたのはコアジサイの他にバイケイソウも咲き出しているかもと期待したからです。上流側は残念ながらまだ咲き出したばかりの株が多かったですが咲き出しのフレッシュな花を楽しめました。  バイケイソウ(ユリ科シュロソウ属)は花が梅に葉がケイランに似ていることから付いた名前で    ヨーロッパ、シベリア、東アジア、アリューシャン列島、アラスカ、日本で [続きを読む]
  • 花咲く東野の清流・初夏の候 ④
  • 福島県玉川村  花咲く東野の清流・初夏の候 ④ 東野の清流は大雨後でもなけれ水量の多い渓流ではありませんが逆にその方がスローシャッターで撮るシルキーな滝の表現にはぴったしです。水量が多過ぎると綿飴みたいなぼってりした滝に見えてしまいます。かと言って少なすぎればショボイ印象になるし何事も“過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し”ですね。 いいね!! [続きを読む]
  • 花咲く東野の清流・初夏の候 ③
  • 福島県玉川村  花咲く東野の清流・初夏の候 ③ 東野の清流は標高は600mほど、通常でも水量の少ない小さな川の渓流なので呼び名が“渓流”ではなく“清流”というのが何とも慎ましく好感がもてる呼び名です。ガイドブックに載るような観光名所ではないので、平日ならほぼ貸し切り状態。静かに水音や小鳥のさえずり、滴る緑に癒されたい方にぴったしの穴場的癒しの清流です。 一つ一つの小滝の落差はせいぜい1m〜2mです [続きを読む]
  • 花咲く東野の清流・初夏の候 ②
  • 福島県玉川村  花咲く東野の清流・初夏の候 ② 福島県民でもおそらく殆どの人は知らないであろう“東野の清流”東野と書いて様々な読み方がありますがこの清流の最寄の集落“東野”にちなんだ“ひがしののせいりゅう”と読みます。 かつては小さいながらも主な滝には最寄の玉川村立須釜小学校 四辻分校の児童が愛称を付けた看板がありましたが、分校は平成19年3月31日をもって閉校になってしまい、それに呼応すかのように [続きを読む]
  • 花咲く東野の清流・初夏の候 ①
  • 福島県玉川村  花咲く東野の清流・初夏の候 ① 花と緑と涼風を求めて阿武隈山中の“東野の清流”へ行ってきました。福島県を含む東北南部は6/10に梅雨入りしたものの梅雨入り前からずっとまとまった雨がほとんど降らず空梅雨状態。このまま雨が降らなければ滝巡りはしばらくお預けかなと思っていたら自身の休日前、運良く夜から明け方に少し雨が降りました。焼け石に水状態かも知れませんが降らないよりはましだしこの時期は [続きを読む]
  • 秘湯二岐温泉の滝巡り / 二岐川大滝編
  • 福島県天栄村 秘湯二岐温泉の滝巡り / 二岐川大滝編 御鍋小滝や御鍋渓谷を堪能し二岐川大滝を見るために再び桔梗清水まで戻ります。桔梗清水のすぐそばに砂防ダムがありその際から二岐川に入渓し上流を目指します。道は全くないので川を遡行します。川はそう水量が多いわけではありませんが長靴では厳しいかも。夏場ならマリンシューズなど滑りにくいシューズでもいいかも。 ↑ 二岐川大滝までは約500m、遡行12分ほどで見 [続きを読む]
  • 秘湯二岐温泉の滝巡り/御鍋渓谷編
  • 福島県天栄村 秘湯二岐温泉の滝巡り/御鍋渓谷編  群青淵の引き込まれるようなアイスブルーに魅入った後はさらに御鍋渓谷の下流に進みます。 ↑ 御鍋渓谷・なた割り滝   なた割り滝が見えてきました。二岐川が大岩を迂回するように分岐して流れます。分岐した左側の川が鉈(ナタ)で真っ二つに割ったような大岩の隙間を滝が流れ落ちていきます。 ↑ 御鍋渓谷・なた割り滝   おそらく大岩の小さなひび割れに川の一部が流れ [続きを読む]
  • 秘湯二岐温泉の滝巡り / 御鍋渓谷群青淵編
  • 福島県天栄村 秘湯二岐温泉の滝巡り / 御鍋渓谷群青淵編 今回の主役をこれでもかと撮りまくったので御鍋小滝の下流の小滝群(御鍋渓谷)も見てみましょう。 ↑ 御鍋小滝から50mほど渓谷を下ってくると群青色の釜がとても美しい甌穴(釜・滝壺)があります。     ↑ 群青淵の上は蛇のようにうねった渓流瀑になっています。   ↑ 釜の深さは2m弱ほどでしょうか。     滝壺というよりは大きな甌穴って感じです [続きを読む]
  • 秘湯二岐温泉の滝巡り/御鍋小滝編③
  • 福島県天栄村 秘湯二岐温泉の滝巡り/御鍋小滝編③  昨日は御鍋小滝を斜面の途中からの構図でご覧いただきましたが今日は谷底まで降りて見てみましょう。 ↑ 斜面の中ほどからは2つの滝を見下ろせる絶好ポイントです。   ↑ 谷底まで降りてきて御鍋小滝を正面から見上げた構図です。  水は右岸に偏って流れ落ちています。落差は約10m滝幅は一番下で8mほど。谷底から見上げるので落差は実際より寸詰まりで見えます [続きを読む]
  • 秘湯二岐温泉の滝巡り / 御鍋小滝編②
  • 福島県天栄村  秘湯二岐温泉の滝巡り / 御鍋小滝編② 御鍋小滝は基本的には崖上の遊歩道から見下ろすだけすがようく見ると谷底へ降りる踏み跡があるのでそれを辿って少しづつ谷底に降りながら撮影します。ただ急斜面なので足元には十分注意してください。 急斜面の途中からは名無しの小滝が真正面に見えます。   大きな滝ではありませんがツツジの背景としてはこれ以上ない脇役、いやツツジが無ければ十分主役級です。 そ [続きを読む]
  • 秘湯二岐温泉の滝巡り/御鍋小滝編①
  • 福島県天栄村 秘湯二岐温泉滝巡り/御鍋小滝編①   昨日は桔梗清水をご覧いただきました。目的地の一つ二岐川大滝は桔梗清水の近くから入渓しますが帰りに寄ることにし、上流にある御鍋小滝を先に訪れます。桔梗清水からさらに御鍋林道を登ると左手に御鍋渓谷遊歩道の広い駐車場があります。ここに止めても御鍋小滝には行けますが歩く距離が長いので50mくらい先の左手にある御鍋神社の駐車場に止めた方が御鍋小滝に近いです。 [続きを読む]
  • 秘湯二岐温泉滝巡り / 桔梗清水編
  • 福島県天栄村 秘湯二岐温泉滝巡り / 桔梗清水編 桔梗清水はこの水流を見ると清水というより湧水、いやいや湧水言うより沢ですね。 私が想像するに少なくとも平家の落人がやって来た平安時代以前はこの清水は地表を流れている沢(川の小さいもの)だったのではないかと思います。それが土砂崩れや土石流などで沢が埋まり、やがてその土石の隙間から水が湧き出し次第に樹木や草、苔が繁茂し現在のような形になったような気がします。 [続きを読む]