えーじ123 さん プロフィール

  •  
えーじ123さん: 都会で働く田舎暮らし
ハンドル名えーじ123 さん
ブログタイトル都会で働く田舎暮らし
ブログURLhttp://countryman840.blog.fc2.com/
サイト紹介文菜園、狩猟、グルメ、由なし事を記載してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2016/12/10 12:23

えーじ123 さんのブログ記事

  • 大阪出張
  • 大阪へ出張しました。金曜日のせいでしょうかね、新幹線の中は混雑していました。8:00東京発の新幹線でしたが乗車率はほぼ100%。梅田で決算説明会を開催しまして無事終了。食い倒れの街で夕食です。しかし、飲食店を眺めると飲み屋さんが非常に多いですね。基本的に酒飲み仕様に設計されている事に気付きます。今回初めて分かりました。お腹のポッコリ出た不健康そうな酔っ払いサラリーマンがウヨウヨいます。金曜日のせいかその [続きを読む]
  • 65歳以上雇用への法改正に想う
  • 政府は、5日、安倍総理を議長とする「未来投資会議」を開き、成長戦略の議論を始めるそうです。柱には第4次産業革命と雇用、地方の3つのテーマを据えるのだとか。なかでも、雇用改革に継続雇用年齢を65歳以上に引き上げる法改正を検討するそうです。昨日、個人投資家向けに決算説明会を開催したところ、大半は高齢者でした。杖とついて歩くのもやっとなお爺さんを筆頭に、的確な投資判断が出来るか心配な人が多かった。そんな高齢 [続きを読む]
  • 普段の練習の80%
  • 夜、NHKをみていたら、谷口徹が出演していました。プロゴルファーで、50歳になって大きな大会で優勝した人です。この人に対して、丸山茂樹が評価しました。「試合では練習の80%のパフォーマンスを発揮するのが難しい。谷口さんはそれが出来る」とのこと。プロの試合では練習の80%のチカラも発揮できないのが普通なのですね。ワタクシの仕事でも言えるかもしれません。資料を作成し、相手に提案するのですが、自分が期待してい [続きを読む]
  • 野菜高騰なのに
  • 台風の影響で野菜の価格が高騰しているようです。関東では台風による塩害の影響で収穫量が激減しているのだとか。信州ではそれほどの害はないのですが・・・こちらは二十日大根です。先月種植えして、収穫時期を迎えました。少量のはずでしたが、家族で食すには多い。こちらはわさび菜です。2〜3週間ほどベビーリーフとして間引いていました。いまでは本格的なわさび菜になりました。お浸しにするとよいかもしれません。こちらはコ [続きを読む]
  • 「不倫のオーラ」(林真理子著)を読む
  • 本書は週刊文春に掲載されているエッセイをまとめた本です。「不倫のオーラ」って刺激的な題名ですね。さて、本書の中に興味を持った章がありましたので紹介したいと思います。以前、「東京タラレバ娘」というドラマがあったそうです。それに関しての著者の解釈が面白かったです。坂井順子氏が、このドラマを見て、郷愁が刺激され鼻の奥がツーンとなった。そして「まだやってんだ」、とコメントしたそうです。著者は次に言います。 [続きを読む]
  • 10月の4連休③
  • 今日は猟友会の射撃大会でした。大会なので各支部の実力者が揃っていましたね。大会には3種目ありまして、クレイ射撃のひとつに参加しました。今週、少しは当たることを確認したので、ビリにならなければ良いなという感じでした。結果ですが、予想外に良かった。いったいどうしたのでしょう。苦節5年、低空飛行を続けていましたが、上位ランクに入っていました。やはり禁酒効果なのでしょうか。そういう事にしておきましょう。 [続きを読む]
  • 10月の4連休②
  • こちら夏野菜撤収の途中でございます。お盆以降手入れを怠ったせいで酷い状態です。畑で成長した雑草を鎌で刈る作業を昨日今日と続けました。ジョギングの影響もあるかも知れませんが、全身筋肉痛の上に身体にだるさを感じます。奥の約1坪を刈るのに30分かかり、途中でしゃがむ有様で、途中で中止しました。こんな状態初めてですね。身体を絞り込む事への負担が大きかったのか、50歳を過ぎて体力が落ちたのか。あまり無理しないよ [続きを読む]
  • 10月の4連休①
  • 10月の最初の週末は体育の日があって3連休です。そこに1日休暇を付けて4連休にしました。勤め人の特権ですよね。はい、有効に使わせていただきます。金曜日午前中に射撃場へ行きました。折角先週上達したのですから、忘れないうちに撃とうと思ったのです。4ラウンド撃ちましたが、どうやら半分以上は割れるようです。何がどう変わったのか、自分でもよく分かりません。ただクレイが前よりもよく見えるようになったのと、力まずに銃 [続きを読む]
  • 「南方熊楠物語(信念を貫いた自由人の生涯)」 高沢明良著を読む
  • 南方熊楠をご存知でしょうか。明治時代に活躍した人です。先駆的なエコロジストであり、イギリスでも認められた在野の学者でもあります。中国の革命家である孫文の友人でもあり、仏教に対する敗訴運動となった「廃仏毀釈」に猛然と反論しました。本書は、南方の出身である和歌山県田辺市が没後50周年を追悼して書かれました。そのため、あまり客観的にはならず、南方に対して親近感を湧かせる書き方で進んで行きます。郷土の偉人の [続きを読む]
  • 酒を控えて3週間目
  • 2018年10月4日、日経新聞の一面コラムには、若山牧水の歌が記載されてました。「白玉の 歯にしみとほる 秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけり」この歌を詠んだのは25歳の時だそうです。20台と言えば、イッキで酒をあおり、合コンで色めき立っていました。牧水の感性には到底及びませんね。残した歌は今も人々の胸を打ちます。おでんやもつ煮、燗酒が欲しくなる秋です。酒飲みにとっては、またしみじみと秋を感じることでしょう。 [続きを読む]
  • イタイのイタイの飛んでけ
  • 痛いという感覚はあまり味わいたくないものです。子供の頃は感覚が鋭敏なせいか、痛さ倍増だったですね。歯科医院の治療では、あの音とともに激痛が走り、身体がゾンビのように跳ね起きました。風邪をひくと昔は注射を多用しました。小学生になっても泣いていました。それでも大きくなるにしたがって痛さを我慢できるようになります。高校時代は硬式野球部でしたので、デッドボールや自打球を脛に受けたりしました。結構な痛さでし [続きを読む]
  • 「泥の蝶」 インパール戦線死の断章 (津本陽著)を読む
  • 先の大戦で有名なインパール戦線、内容は知らないものの酷い戦いがあった事は知っていました。先日日本橋丸善で本を物色していたところ、インパール戦の不条理を記録した文庫本がありました。本気で買おうとしたのですが思いとどまり、図書館で検索したところ本書があった次第です。中国本土で戦ってきた日本陸軍はミャンマー方面に転戦していきます。イギリスとインド軍が制空権を掌握し、圧倒的な火器・兵器を持つようになりまし [続きを読む]
  • 湧水に効果はあるのか?
  • こちら良く汲みに訪れる湧き水です。9月中旬頃、どうも身体が重い感じで、やたらと眠い時期がありました。別段病気でもなかったですし、酒を控えた時期で飲みすぎでもありません。朝の起床もやっとの状態で、早朝ジョギングは不可能。そのため、先週から湧き水を持ち帰って飲むようにしました。因果関係はわかりませんが、先週から調子が良くなったのです。単に秋のアレルギーがピークアウトしただけかも知れません。しかし、理由 [続きを読む]
  • 台風24号がやって来る
  • 天気予報では、台風24号の影響で終日雨のはずでした。朝の風景ですが、雲は多いものの雨はありません。むしろ薄日が差しています。と言う訳で、早朝ジョギングをしてきました。信州のジョグですから販路調教付きです。10?走りましたが、少し身体にガタが来た感じがしました。さて、菜園の様子はどんなか。こちらは種植えして3週間目のビーツです。先週はビーツのベビーリーフでサラダを作りましたが旨しでした。今ではベビーリー [続きを読む]
  • 雨の週末
  • ここ1か月間、週末のどちらかが雨でした。農作業時間も半減ですね。種植えも中途半端な状況ですし、草刈りや土壌整備も手付かずです。7月8月がほとんど雨が降らない状態でしたが、ここに来て一気に挽回となりました。本当に極端ですな。今朝は早起きしてジョギング5?、雨の中走りました。その後に射撃場へ行きました。相変わらずの下手くそですが、少しは上手になりたい。猟の先輩を無理にお誘いして練習に行きました。前回、 [続きを読む]
  • 「世界のひびわれと 魂の空白を」(柳美里著)をよむ
  • 芥川賞を受賞した女流作家、柳美里氏の著作を初めて読みました。彼女は小説家ですので、通常なら小説を読むのでしょうが、たまたま随筆が先になりました。略歴を見ると、昭和43年生まれの同い年。1997年(平成9年)に第116回芥川賞を受賞。29歳で受賞です。そうして現在でも活躍している作家です。才能豊かなのは当然として、その創作意欲は常人のレベルを超えていると思います。この本ではデビュー作「石に泳ぐ魚」が、取材した女 [続きを読む]
  • 銀行業に未来はあるか
  • 9月26日、金融庁は18事務年度(2018.7〜2019.6)の金融行政方針を発表しました。その中で、金融機関の行為・規律に関する課題のひとつとして、投資用不動産向け融資業務を挙げています。具体的にはこれまでの事例として4点。①金融機関および悪質な持やち込み不動産業者の双方が関与し、入居率や賃料・融資の借り手の財産や収入状況の改ざん②借りてにとって経済合理性のない融資商品や預金・保険商品などとの抱き合わせ販売③相 [続きを読む]
  • 耳の後ろにしこりが・・・
  • 昨夜何気なく耳の後ろに触れるとしこりのようなモノを発見。太陽にほえろのGパン刑事ではないが、「なんじゃこりゃ!」となりました。首や耳にできるしこりはガンなのかも、と勝手に思ったりします。心配になってウェブ検索してみますと、しこりに触れて痛みがないとリンパ節に癌ができている可能性あり、とのこと。ここでワタクシの妄想は膨らみます。50歳の癌ですから早く死ぬんだろうな。どうせ死ぬのなら、手術や抗がん剤治療 [続きを読む]
  • 問題・課題の特定方法
  • 身の回りにはさまざまな問題があります。うまいこと行かない時やフラストレーションがたまる状況。何か問題・課題がある訳です。そして解決するにはどうすりゃいいのか。まず基本は問題を正視することから始まります。問題に対して目をつぶったり、考えない様にしたりするのでは問題の先送りです。解決には繋がりません。ビジネスでは、問題・課題について要素分解して問題を特定することが解決の第一歩です。今日はその要素分解に [続きを読む]
  • ブドウ畑に行ってみた
  • 狩猟チームの先輩、山爺のブドウ園に行ってきました。この時期ブドウ園を開放し、観光客で賑わっています。通常は棚で栽培しますが、こちらは異なります。あまり事例のない栽培方法だそうです。このように葡萄に紙袋を被せます。こうして虫や鳥の害を防ぐのです。葡萄一つ一つに紙袋を被せる作業は大変です。スーパーで普通に陳列されていますが、生産者の手間を知ると感慨深いです。こちらはピオーネという品種です。巨峰を別の種 [続きを読む]
  • 9月後半の菜園
  • 信州では朝夕が寒くなり、一部の雑草は黄色になりました。もうすっかり秋の気配が漂っています。一部の田んぼでは稲刈りが行われいています。8月下旬に植えたわさび菜がようやく大きくなりました。ベビーリーフとして活用できるサイズです。隣のマルチにはコーンサラダの種を植えましたが、まだ何にもありません。発芽が遅いのか、それとも芽だしに失敗したか、今のところ分かりません。左側はからし菜です。からし菜は、鶏料理の [続きを読む]
  • 「農村起業家になる」 曽根原久司著をよむ
  • 著者の前著「日本は宝の山―農村起業のすすめ」が、韓国で翻訳出版されているらしい。その上、TV局がロケ取材に訪れたという。OECD諸国のうち、日本と韓国の食糧自給率はとりわけ低く、食料の安定供給や農村のコミュニティ維持が喫緊の課題になっている。さらに、都市への一極集中という課題を抱えているそうだ。こうした傾向は韓国にとどまらず、インド・バングラ・マレーシア・タイ・ブラジルなど様々な国々から視察や調査 [続きを読む]
  • カボチャの収穫
  • こちら今年栽培したカボチャの一部です。先週末に収穫しました。今年は2種類のカボチャを栽培しました。白いカボチャは、伯爵南瓜といいます。雪化粧や九重栗カボチャなどと同様、長期保存が出来るタイプのホクホク系白皮栗南瓜の一種です。小さくて黒い方は、坊ちゃんかぼちゃといいます。坊ちゃんかぼちゃは形や肉質が一般的な栗カボチャとよく似ていて、粉質でホクホクとした食感で甘味も有り美味しいです。また、一般的な栗カ [続きを読む]
  • 禁酒経過報告①
  • 禁酒を初めて1週間になりました。ほぼ毎日飲酒していて、1週間酒を断ったのは約15年ぶりです。水曜日は大学時代の友人達との飲み会でしたが、それほどストレスもなくウーロン茶で参加しました。禁酒1週間目で気づいた点は、夕方になると飲酒のことを考えていることでした。スーパーマーケットではこんな感じです。いつもだったら酒の肴にコレを買うけれど、今日は要らないな。このチーズ美味しそうだな、ワインに合うな。など、様 [続きを読む]