kach さん プロフィール

  •  
kachさん: This Is The One! - strong -
ハンドル名kach さん
ブログタイトルThis Is The One! - strong -
ブログURLhttps://theone-strong.com/
サイト紹介文20〜30代のための読み物ブログ。音楽(ロック、ヒップホップ)、文学、生活(料理、子育て)。
自由文東京23区の最西端に住む30歳男のデジタル作品。平たく言うとブログです。20〜30代のための読み物ブログ。 文学、ロック、ヒップホップ。妻と子と会社、ブログ。ぶち込みまくる生活。今は清水翔太のアルバム『PROUD』の全曲レビューやってます。ワンクリックの出会いのために。クソ生意気だぜ焼け飛ばせ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/12/11 11:16

kach さんのブログ記事

  • Aviciiに寄せる追悼と感謝
  • 広告 昨日の夜、疲れきった俺は新幹線に乗っていた。そんな時、新幹線の通路ドアの上に設置されている電光掲示板に流れた文字。「【読売新聞ニュース】世界的DJのアヴィーチーさん死去。ロイター通信が伝える」。ナイトライフを愛する世界中のファンたちが、Aviciiへの哀悼の意を表明しているだろう。俺も、録音された音楽(レコード・ミュージック)を愛する一人のファンとして、この7年間、Aviciiが与えてくれたものに感謝する。 [続きを読む]
  • Kylie Minogue 『Golden』(2018)
  • 広告 ? そんなわけで、Kylie Minogueは踊りに出かけるKylie Minogueの新作『Golden』が気持ちいいので聞いている。アルバムのドアタマ、1曲目の「Dancing」の歌いだしのワンフレーズ目が最高だなと思う。No one wants to stay at homeNobody wants to be aloneまったくその通りだなと思う。誰も家でじっとしてなどいたくないし、同時に誰も孤独にもなりたくない。そんなわけで、カイリーは踊りに出かけるのである。踊りに出かける [続きを読む]
  • 「失われた楽園(Paradise Lost)」 アーシュラ・K・ル=グウィン
  • 広告 世界の誕生日 (ハヤカワ文庫SF) (ル=グウィンがこの世界にもういないことを今でも心細く思うし、一度はこの世界に彼女がいて作品を残したことを誇りにも思う。「あなたがここにいてほしい」と思うと同時に、アーシュラ・クローバー・ル=グウィンという名前をつづることに光栄を感じる。) この道ふらふら娘(1歳3ヶ月)と散歩をするのが俺は好きだ。別に目的地とかはあんまりなくて、ただ道を歩く。俺の感覚としては「歩か [続きを読む]
  • 9.「いつもBlue」 ? 『FLY』 全曲ソウルレビュー ?
  • 広告 「いつもBlue」にならないために「忖度してはいけない」と、このごろよく思う。忖度することで人はダメになる。もちろん、他人への「敬意」や「おもてなしの心」はとても大切なものである、とした上で。自分を卑下したり、自分の心を押し殺すほど他人に合わせるのは、いけないことだ。それは自分にとっても、相手にとっても、つまり全員にとって良い結果を生まない。 「分人主義」という考え方があって、簡単に言うと「人は [続きを読む]
  • 9.「いつもBlue」 ? 『FLY』 全曲ソウルレビュー ?
  • 広告 「いつもBlue」にならないために「忖度してはいけない」と、このごろよく思う。忖度することで人はダメになる。もちろん、他人への「敬意」や「おもてなしの心」はとても大切なものである、とした上で。自分を卑下したり、自分の心を押し殺すほど他人に合わせるのは、いけないことだ。それは自分にとっても、相手にとっても、つまり全員にとって良い結果を生まない。 「分人主義」という考え方があって、簡単に言うと「人は [続きを読む]
  • TANAKA ALICE 「Kiss My A**」 〜 GIORGIO 13 CANCEMI 〜
  • 広告 TANAKA ALICEの楽曲が俺は好きだ。特に最近、やたらめったら聞いている。「Kiss My A**」という曲を聞いて、俺は泣きそうになった。ここには「音楽をやる理由」が詰まっていると思った。音にも、歌詞にも、歌声にも。(しかし上記のビデオにおいては、TANAKA ALICE本人の衣装以外の点においては、その歌の世界を十分に表現できていないと思う。)その歌詞は俺に、Bruce Springsteenの以下の歌詞を思い起こさせた。We learned [続きを読む]
  • 「Incident On 57th Street」 ? Bruce Springsteen
  • 広告 一番熱い季節は、春なのかもしれない。そりゃあ、朱夏をむかえれば、朱夏が一番暑いに決まっている。しかし要点は、朱夏をむかえないヤツらがいるかもしれないってことだ。夏をむかえた時には、すでに打ちのめされてヨレヨレになっているヤツらがいる。計画も見通しもなく、すぐそこにあると思い込んだ栄光に向かって駆け出したとたんにボコボコに打ちのめされて土を舐めるハメになったヤツらが。そこから立ち上がるヤツも [続きを読む]
  • ハゲについて
  • 広告 ここ最近、3年間ほどのことだと思うが、俺の生え際は後退している。もともとヒタイの広いほうで、たとえばプールで期せずしてオールバックになってしまい生え際を晒す時など、友人に笑われたりなどしていた。それがここ数年で、目に見えて「ヤバイ」領域に踏み込んできたと思う。同級生の女子などにふざけて髪を持ち上げてヒタイを見せると、「キャー」と甲高い悲鳴が上がるほどだ。2人の祖父、そして父と、俺の知る限りの男 [続きを読む]
  • ハゲについて
  • 広告 ここ最近、3年間ほどのことだと思うが、俺の生え際は後退している。もともとヒタイの広いほうで、たとえばプールで期せずしてオールバックになってしまい生え際を晒す時など、友人に笑われたりなどしていた。それがここ数年で、目に見えて「ヤバイ」領域に踏み込んできたと思う。同級生の女子などにふざけて髪を持ち上げてヒタイを見せると、「キャー」と甲高い悲鳴が上がるほどだ。2人の祖父、そして父と、俺の知る限りの男 [続きを読む]
  • 金原ひとみ 『星へ落ちる』
  • 広告 星へ落ちる (集英社文庫) 西野カナの「会いたくて 会いたくて」の歌詞がしばしば揶揄されるわけだけど、あのサビのフレーズを笑ってほしくないなと俺は思う。「会いたくて会いたくてふるえる」。そりゃ”恋”をすりゃそういうことだってあるだろうし、そういう強い感情は歌にもなるだろう。それを笑える人というのは、そういう感情に縁が無いのか、それともわざわざそんなことを歌にするという行為を笑っているのか。 まぁ確 [続きを読む]
  • セルフコントロールの下手くそな僕らの今後について
  • 広告 こういうことを書くと社会的に自分が不利になるということはわかっているのだけど、とにかく俺は自制心というのか、自分をコントロールする力が弱い。「やらなきゃいけないこと」「やったほうがいいこと」、挙句の果てには「やりたいこと」まで、全部まとめて、やらない。逆に「やっちゃいけないこと」「やらないほうがいいこと」、挙句の果てには「別にやりたくもないこと」を、いつのまにか平気でやっている。「あきまへん [続きを読む]
  • 古今東西孤高の存在!
  • 広告 ブッダ!アリストテレス!老子!アレクサンダー!ウェルギリウス!ジャンヌダルク!シェイクスピア!チャップリン!手塚! 孤高の存在!孤高の存在!孤高の存在になりたいよな!なぁ!! 「お前らみんなウルセ! ナンモわかってねぇ!!」なんて言ってヨォ!「今ひとつよくわからないが、きっとあの人にしか見えない深遠なヴィジョンがあるに違いない」なんて思われてヨォ! ダヴィンチだよ!ダヴィンチ!ダヴィンチみたいに [続きを読む]
  • 我々には前進アルのみ、ナノダ! ナノダ?
  • 広告 このブログを開設してから100件弱の記事を書いてきたが、そろそろ自分の記事のクセがつかめてきた。何を書いても、だいたい同じような落としどころに帰ってくる。・宇宙的視点で見れば人生などちっぽけな存在に過ぎないこと。・かつて自分が愚かだったこと。・自分の中に相反する二つの性格が同居していること。・「自分」というものはそれほど一貫性と一面性でわかりやすく捉えられるものではないこと。・過去よりも、今と [続きを読む]
  • 我是宇宙間的塵埃
  • 広告 我是宇宙間的塵埃「花火の輝きは短く儚いものである」と、花火が輝いているまさにその時に、花火自身がそのように考えるだろうか。きっと考えないのではないかと、私は思う。「あれはとても眩く儚い一瞬の輝きだった」と、今振り返ってそう思う一連の出来事が、その出来事を生きていたまさにその当時の私には、あまりそのようには見えていなかった。 16歳の夏、同級生の女の子を誘って、花火を見に河川敷に向かった。今にして [続きを読む]
  • 立ち往生 and still alive
  • 広告 いつからか、「すっかりとっ散らかっちまったな」と思う。毎日毎日、自分の気持ちや望みを書きとめては、一つずつ整理して暮らしていた頃の自分はもういない。それが子供を持ったことによるものなのか、「勤務時間」というものの無い仕事をし始めてからなのかわからないが、とかく頭がとっ散らかっている感覚はある。たぶん、環境要因のせいにしてはいけないのだろう。一日の中でたった20分、デスクの上に置いたノートとペン [続きを読む]
  • 8.「milk tea」 ? 『FLY』 全曲ソウルレビュー ?
  • 広告 「milk tea」は恋の音アルバム8曲目の「milk tea」は、クラシカルなソウルバラード。音で言うと、前アルバム『PROUD』の「花束のかわりにメロディーを」に近いと感じる。誰かに心惹かれていく、その甘さと、高揚感と、そして、怖さ。そこにはふくれあがった期待と共に、何かを一歩間違えてしまったら二度と取り返しがつかないほどに壊れてしまうのではないかという不安がある。期待と不安の両方が、入り混じり、共存している [続きを読む]
  • 7.「Because of You」 ? 『FLY』 全曲ソウルレビュー ?
  • 広告 「歌」をとどけるポップソングアルバム『FLY』の7曲目「Because of You」はシンプルなソウルミュージックであり、今の時代にはそれが逆にトレンドに響く。ソウルフルな「歌」に特化した楽曲で、イギリスから全世界のチャートを席巻しているのはSam Smithだ。Sam Smithの存在を俺が初めて知ったのはたしか2013年ごろ、「Latch」のアコースティックバージョンがFacebookのタイムライン上で話題になった時のことだったが、俺は [続きを読む]
  • そんな感じで、アレだ
  • 広告 もう12時かよマジかよ。と、ひとりごちてみる。 今日やれたこと。・腕立て伏せ・仕事はまぁまぁ手ごたえが返ってきたからよし 今日やりたいこと・清水翔太『FLY』アルバム全曲レビュー進める・こないだ知った会議のメソッドまとめて、明日の会議で試せるようにする・ちょっと残った仕事のタスク処理しとく こうやってまとめてみるとアレだな。俺、仕事大好きだな。仕事が上手くいって、妻と仲よくやれてれば、まぁひとまずそ [続きを読む]
  • ステイ・ゴールド
  • 広告 妻と娘と、風呂に入った。LUSHのバスボム「ヨガボム」を浮かべて。娘にしてみれば、バスボムデビュー。ちょうど今から1年前ごろ、娘はまだ妻の腹の中にいた。妻と娘と、3人で風呂に入った。娘は絵に描いたように丸々と太った赤ん坊で、頬がたわわに実って赤い。腹はずっしりと詰まって重く、その丸い厚みの中に生命に重要なものがたくさん詰まっていることを実感する。どうかこの、内臓のずっしりと詰まった袋がいつまでも [続きを読む]
  • エモーション、エモーション
  • 広告 「嫌味」やノイズは含めない、のがコツ学生のころ、ある講義の中で先生が語った話を、俺はまだよく覚えている。俺がかよっていたのは私立大学の文系学部で、大学の勉強といっても気楽なものだったから、半分ほどの学生はまともに講義など聞いてはいなかった。講義中に私語が飛び交うのは日常茶飯事で、講義をしている先生の声がろくに聞こえないこともあった。そんな状況であっても、別に単位を取るのにそれほど支障はないこ [続きを読む]
  • 【和訳】「Driving Home For Christmas」 by Chris Rea
  • 広告 Driving home for Christmasクリスマスに ホームへと車を走らせているOh, I can’t wait to see those facesあの顔を見るのが待ちきれないよI’m driving home for Christmas, yeaホームへと車を走らせているところさWell I’m moving down that lineあの道をとおっていくAnd it’s been so longずいぶんm久しぶりだけどBut I will be thereあの場所へ行ってI sing this song to pass the time away時間をこえるためにこの [続きを読む]
  • 【和訳】「Driving Home For Christmas」 by Chris Rea
  • 広告 Driving home for Christmasクリスマスに ホームへと車を走らせているOh, I can’t wait to see those facesあの顔を見るのが待ちきれないよI’m driving home for Christmas, yeaホームへと車を走らせているところさWell I’m moving down that lineあの道をとおっていくAnd it’s been so longずいぶんm久しぶりだけどBut I will be thereあの場所へ行ってI sing this song to pass the time away時間をこえるためにこの [続きを読む]
  • itsumi 「渋谷的日常の非日常」を聞いた
  • 広告 昨日の記事のとおり、渋谷でおこなわれた「Green Drinks Shibuya」というイベントに行ってきた。イベント自体、期待通りに面白いものではあったのだが、そこにitsukoというインディーズデビューしたばかりの歌手が来ていた。なぜ渋谷のこのイベントに?といえば、彼女は國學院大學の学生で、学内のペーパーメディアなどでもフューチャーされているらしい。で、デビュー曲のタイトルが「渋谷的日常の非日常」という渋谷をうた [続きを読む]
  • 12.「Tokyo」 ? 『FLY』 全曲ソウルレビュー ?
  • 広告 (途中の曲を飛ばして最終曲の「Tokyo」を先に書いているが、他の曲を書かないというわけではなく、書きたくなった曲から書いている。年内にアルバム全曲ソウルレビューを書き上げる予定だ。) 未完成を約束された俺たちの人生について一番大事なことは、きっと言えないことなのだ。なぜなら、一番大事なことは、きっと叶わないから。我々は「最善」ではなく「次善」の人生を生きている。それでも十分に幸運なことだと思う [続きを読む]