leeloux さん プロフィール

  •  
leelouxさん: pluviôse 「仏蘭西 猫と食卓と」
ハンドル名leeloux さん
ブログタイトルpluviôse 「仏蘭西 猫と食卓と」
ブログURLhttps://ameblo.jp/berrichonne/
サイト紹介文ロワール地方の四季折々、ひたすら喰い意地の張った日常と猫との徒然
自由文フランスの食生活、郷土料理や海外の素材で作る和食の実験備忘録を織り交ぜた異国の日常で感じたひとりごとあれこれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/12/12 05:49

leeloux さんのブログ記事

  • 東(あずま)型と京巻き
  • 本格的にお寒うなって来ました。気温が1桁でも、マイナスになって来たわ。それでも、12月にしたらまあまあ、な方なのかも。 天気がイマイチな時勢は、お猫様も寝てばっかりで一番心地のヨロシイ処で、まるで置物の様に固まっておられます。そう、この床の下が暖炉であるためにお猫たちはここから動きまへん。ちょっとお昼寝混ぜてくれへんやろか。 んで先日ご紹介した新規のお道具仲間の卵焼き器ですけれども形によって呼び名 [続きを読む]
  • 猫の手を借り 育てる厨房道具
  • ジャポンでは東へ西への移動が多くあんまりお買い物に行く個人的な時間がなくて隙を見ては、良からぬ物の購入に。 ジャポンがあまりにも暖かいのでユニクロの折り畳めるダウンとジーンズと長袖シャツ3枚と言う軽装備で行ったものの現地調達で服を買うつもりがそんな暇もなくて、ある日なんか遂に洗濯したパンツが乾くまで外出不可能になったりしたざますよ。ジャポンは何処でも便利ですぐに買い物に行けると思ってたんですけど、 [続きを読む]
  • とりあえず、無事帰還なり
  • 無事に任務遂行して帰還しとります。ホンマはどさくさに紛れてこのまま年越し滞在などを狙っていたんですけど、バカンスやのうて出稽古やし、日程は自分で選ばれへんかったので仕方あるまい。いや祖国に出稽古行けたんやから、これ幸いというもの。 これでなんとか一年で一番憂鬱な12月のモチベーションを下げきらずに済む事を祈念したいところ。(好きにならんでもええから、これ以上嫌いになるのを防ぎたいという切なる気持ち [続きを読む]
  • 冬時間
  • あっという間に、冬時間ざます。夏の間もずーっと冬時間を示しておった我が厨房のピアノ(火口の事ざます)の時計もやっと現実時間に追い付いたわ。(時計を合わせなはれ、と言うだけの話) 暖炉も稼働して、完全冬装備ですけれども黄葉がピークを迎える前に雪が降りそうよ。 週末にご近所さんのシングルパパになった友人から久々に連絡がありアペリチフの呼ばれて行ったんですけど、その時持ち寄りでお仲間の仏人が持参した茄 [続きを読む]
  • 晩秋 暖炉始めました
  • とうとう、です。ええとうとう。 本来の気候になってきましたとも。 燃えるように真っ赤な夕焼け、小焼け、がみられるようになりました。こういう夕暮れの翌日は、天気が崩れるんだな。翌日は、一日中鉛色ざんした。 鉛色の日がやって来るんですよ。 でもまあ、そんなに悲観する前にこれからの黄金の黄葉の景色をまだ暫く堪能して現実逃避しつつ冬支度しよう思います。 クマのように、冬眠できたらええねんけど。 暖炉稼働で、 [続きを読む]
  • 厨房道具の衝動買い
  • 秋が深まりつつありんす。我が家の山椒太夫さんもすっかり紅葉して、柚子ファミリーの緑とのコントラストがいとおかし。 朝方のお天気は曇りだったり朝靄がかかっておるのですがお昼過ぎたら、ピーカンでこの時期にしたら寒いどころか暖かいほど。今年ほど、太陽を拝んだ年はなかったかもね。ありがたや。そろそろ、冬に備えてビタミンD強化に入らねばならぬよ暖かくても、日は確実に短くなっていておりやんすからね。 あれもこ [続きを読む]
  • 日々是好日
  • ちょいちょいと、黄葉が始まりだしました。今年はやっぱり早いわ。 とは言え、まだまだホンの序の口でこれからが本格的な黄葉になる感じですけれども桜の開花と一緒で、ボヤボヤしていたらあっという間に散ってしまうでしょうからタイミングを見逃してはならぬ。 この季節が毎年巡って来たとしても、一度として同じ黄葉は見られないからね。 考えてみれば葡萄の開花が始まってから、黄葉が散ってしまうまでホンマに好きな景色、 [続きを読む]
  • とりとめもなく
  • 随分、ご無沙汰した感じがしますけれども(随分というほど大袈裟でもないやんねえ)お猫様たちもワタクシも元気ハツラツで変わりございませんゆえ心配ご無用でござんすよ。 秋の気配が少しずつ濃厚になりつつある今日この頃まだありがたいことにインディアンサマーが続いておる感じよ。陽だまりのお猫様って、幸せの匂いがするわね。ふわふわの和毛に顔を埋めて深呼吸したくなります。 ご近所のお猫様たちの集会も、のんびり [続きを読む]
  • 9月のかほり
  • ぼちぼちと、収穫もほぼ終わりの気配が見えて参りましたでござる。(まだやってるところもありますけれども)9月といえども、ちょっと前まであんなに暑かったのに明日は初霜の予報が出たわ。 いつだって、仏国は突然に季節がガラリと変わるんですけどこの調子だと、暖炉に火を入れる日も遠くないわな。 美しい夕暮れが葡萄畑を染め上げて行きますの。 収穫が終わって、葡萄のなくなった葡萄樹畑を見ると祭りが終わった後のような [続きを読む]
  • 実りの秋
  • 先週からこちらの地域も本格的な収穫がスタートじゃよ。ご覧の通り、葡萄も大喜びの実りの秋到来。小さな宇宙が笑顔になっとります。 好いワインになるとええねえ 秋の気配を森羅万象に感じつつもなんと本日の最高気温は32度。こんな炎天下の収穫って未だかつてなかったと思います。ご近所の長老(御歳84才)に聞いてみたところ、彼の人生でも初めての事らしいわ。去年の今頃はすでに暖炉に火を入れていたと言うのに いくら真夏 [続きを読む]
  • 即席 ミラベルうめぼしもどき
  • いよいよ、本格的な葡萄の収穫が始まりましたでございますよ。しっかし、30度越えの日々が連日続いておりんす。こんな収穫は滅多にあるものではござんせん。 そんな収穫ネタはまた別で書くとして(ホンマか) 本日は、大豊作のミラベル祭りの話。野菜のおすそ分けが落ち着いたと思ったら今度は果実のおすそ分け祭りでござるよ。ありがたいねんけど、ミラベルのやうに傷むのが早い果物は本気で大急ぎで保存食にするなり、調理す [続きを読む]
  • 硬水とお掃除オバちゃん
  • うず様、静養中にてオバハン、晴れでも晴耕雨読ならぬ家仕事に精を出す、の図。 オカン自身も8月は調子悪かったので9月前半はあまり飛ばさずに体調整えて中盤から(多分年末まで)の無休体制に備えんとあきません。この隙に、家のお手入れ、大感謝祭を密かに開催中。12月に特に大掃除とかやらない文化圏なので、思い立ったが吉日思い立たなければ、やるきっかけもないと言うだけの事やねんけど。 掃除、洗濯、もちろん調理でもこち [続きを読む]
  • うず坊の経過
  • うず坊のテーピング、水玉模様があればかわいいのになあ。本日もヒョウ柄どす。 テーピング部分は、毛を剃られてしもうて肉球のお手当をして貰っているんですけれどもどうも痛いのと、歩きにくいのとで、脚は上げたままとても歩きにくそうで常に舐めているので、テーピングの上の部分はかさぶたが出来ています。多分、包帯を舐めすぎてなのでせうか、また唇も腫れてるしうず坊、踏んだり蹴ったりです。 肌が弱いんでしょうか。( [続きを読む]
  • 厨房の新入り 
  • 本日のうず様 新しいテーピングは何柄といいましょうかまあまあワイルドな柄である事には間違いありません。センセの遊びゴコロは、飼い主にも優しさを感じますのう。お猫さまは、病院通いのストレスでグッタリ。テーピングの前脚を舐めすぎて、またカサブタ発生。そして、下唇がまたしてもタラコざんすよ。 センセ、大丈夫なん? また様子見て、恐怖のクリニック・リターンの計画立てんとあかんわ。うずちゃん、食欲はあるし、 [続きを読む]
  • うずらの受難 秋の陣
  • 一難去って、また一難 と言いますかオカンが前回、熱の花盛り(単純ヘルペス)だった時この仔も、お口が腫れておったんです。 アレルギーが出やすいのか後ろ足の皮膚に炎症を起こして病院に行った時も、すでに肉球にも炎症が出ている話をセンセーにしていたんですけどね結局、後ろ足のカブれは完治したものの、肉球や口の腫れは再発しとりまして先日も大捕物長でクリニックへ連れて行ったのに空振りになる無駄な大騒ぎを起こし [続きを読む]
  • しば漬け食べたい 2018
  • 口角炎で大騒ぎをしている間に発酵終了したおなす様、もとい、乳酸発酵生しば漬け。 これで、いつでもどんと来い、しば漬け食べたい気分、ですわ。 本来は、赤シソと紫なすオンリーで仕込むのが京風オリジナルなんですけど生姜を入れたのは大正解。(ズッキーニときゅうりも入れたので、鮮やかな赤紫にはなりませんでした)夏の勢いはすっかり影を潜めはじめましたが、懐かしい、祖国の夏の盛りの香りがします。糠漬けもそうで [続きを読む]
  • 魅惑の蜂蜜ワールド
  • さて、行って参りましたがな、クリニック。予約の電話を入れたら、なんとその日の夕方でおけー。バカンス後の田舎の利とでも言うんやろか。ラッキー霧雨の中、散歩がてらの距離なので気楽なもんです。 ドクターとは、ご近所さんのお付き合いもあるので緊張感もなく四方山話をしながら、今まで試した薬類を写メでお見せして、かれこれ1週間経つが効果がなく今に至ると伝え、診断を仰ぐ。 それはヘルペスっぽいねんけど、やっぱり [続きを読む]
  • 大口、開けられず
  • 一日の気温の振り幅が大きい仏国でありんすがこの頃は1日ごとの最高気温差の激しさも加わって中々のものですよ。本日は最高気温32度からの最低気温が12度明日は最高気温24度で最低気温は18度(これは雨が降って雲が出るからじゃろう)フツーはここから下降線を描きながら9月の雨のシーズンになって行くんですけど今年はまだまだ夏が居座る感じやね。フランスに住んでいると、衣替えが要らんねん。 本日の夕暮れも、熱気球が仲良 [続きを読む]
  • スパイスから世界をめぐる
  • 残暑が厳しいなあと、30度越えだった翌日はいきなり最高気温が23度週末は小雨も降って最高気温が18度しかござーませんでした。日曜は快晴。気温は然程上がらず、風もすっかり冷たくなったけれども天気予報では来週以降にまた30度になる予報が出とります。 収穫が始まった地域もあるようだし、これだと、東京オリンピックのマラソンやないですけど早朝に収穫スタートして気温が上がり過ぎる時間帯は早めに切り上げるなどの対応を [続きを読む]
  • 夏の発酵食品とコウモリナイト
  • 昨夜は、真夜中にコウモリの軍団が家の中に不意打ちで侵入してきてお猫様たちは大騒ぎになりましたの。 おかんは片っ端から窓を開けて回りましたがコウモリ軍団は家の中を飛びまくって出ていく様子なしよ総勢、多分10匹くらいやろかごはんさんが夕涼みを楽しむ二階の窓から入ってきたっぽいんですけど楽しそうにクルクル旋回して、飛び交っておりんした。いや、もしかするとあちらさんもパニクッていたのかも知れへんけど。 ビ [続きを読む]
  • スモモも桃もバラ科のうち
  • また、ちょっと暑さが戻ってきましたけれども旬のフルーツ祭りも盛り上がっとります。 バラ科のフルーツがてんこ盛りバラ科の果物の花は可憐やし、食べても美味しいなんて天は二物を与えるのねえ。 ネクタリンに桃(写真にはないけどプラムにミラベルもあるよ) ジャポンの白桃のような、昇天するほどの風味ではないとしても可憐な香りと口の中いっぱいに広がる甘酸っぱさはたまりません。 桃にはやっぱりこれが定番 黄桃と白桃と [続きを読む]
  • フランスの夏野菜 トマト活用編
  • 暑くなったり、涼しくなったり30度越えの日々が、まだたまにやって参りますのこういう夏は初めて経験する気がします。暑くても、予報によると来週の金曜までっぽいのでせっかくなので楽しもうではないかいな。 バカンス前のご近所さんたちから、この上ない量のお裾分け祭りが始まっとります。三日に一回くらい箱いっぱいの朝採れたてお野菜のデリバリーとも言う このレベルが三日に一回ですよ。幾ら何でも、中老の夫婦二人と [続きを読む]
  • 涼風至る
  • 猛烈な暑さは落ち着きましたがちょいちょい30度越えもまだやってくる気配どす。それでも、風の冷たさが冷涼フランスの夏らしい気配で戻って参っております。 葡萄畑のモン・サン・ミシェルと「たま」に讃えられますの。気高い美しさでござ候。 バカンスいつから?が、合言葉の8月ですけどワタクシ、今年は地元でバカンスよ。オットはアジア出張でお一人様なので、ブルターニュやらシャンパーニュやらアルザスやらコニャックやら [続きを読む]
  • おナスさまで楽チン料理
  • 一雨降って、ちょっと過ごしやすくなりましたよ。いきなり20度も気温が下がったわ。でもまた日曜には30度越え、まだもうちょっと夏っぽい日々が続く様ですけど雨もいい具合に合間に入って予報出てるので農家さんにとってはとても良い感じではないかな。地元のワイン農家さんは笑顔が出ているので、何卒このまま雹などの被害がないままに9月の収穫を迎えて欲しいでござんす。 今年は、おナス様がいつになく大活躍中。仏国家庭では [続きを読む]