leeloux さん プロフィール

  •  
leelouxさん: pluviôse 「仏蘭西 猫と食卓と」
ハンドル名leeloux さん
ブログタイトルpluviôse 「仏蘭西 猫と食卓と」
ブログURLhttps://ameblo.jp/berrichonne/
サイト紹介文ロワール地方の四季折々、ひたすら喰い意地の張った日常と猫との徒然
自由文フランスの食生活、郷土料理や海外の素材で作る和食の実験備忘録を織り交ぜた異国の日常で感じたひとりごとあれこれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/12/12 05:49

leeloux さんのブログ記事

  • スモモも桃もバラ科のうち
  • また、ちょっと暑さが戻ってきましたけれども旬のフルーツ祭りも盛り上がっとります。 バラ科のフルーツがてんこ盛りバラ科の果物の花は可憐やし、食べても美味しいなんて天は二物を与えるのねえ。 ネクタリンに桃(写真にはないけどプラムにミラベルもあるよ) ジャポンの白桃のような、昇天するほどの風味ではないとしても可憐な香りと口の中いっぱいに広がる甘酸っぱさはたまりません。 桃にはやっぱりこれが定番 黄桃と白桃と [続きを読む]
  • フランスの夏野菜 トマト活用編
  • 暑くなったり、涼しくなったり30度越えの日々が、まだたまにやって参りますのこういう夏は初めて経験する気がします。暑くても、予報によると来週の金曜までっぽいのでせっかくなので楽しもうではないかいな。 バカンス前のご近所さんたちから、この上ない量のお裾分け祭りが始まっとります。三日に一回くらい箱いっぱいの朝採れたてお野菜のデリバリーとも言う このレベルが三日に一回ですよ。幾ら何でも、中老の夫婦二人と [続きを読む]
  • 涼風至る
  • 猛烈な暑さは落ち着きましたがちょいちょい30度越えもまだやってくる気配どす。それでも、風の冷たさが冷涼フランスの夏らしい気配で戻って参っております。 葡萄畑のモン・サン・ミシェルと「たま」に讃えられますの。気高い美しさでござ候。 バカンスいつから?が、合言葉の8月ですけどワタクシ、今年は地元でバカンスよ。オットはアジア出張でお一人様なので、ブルターニュやらシャンパーニュやらアルザスやらコニャックやら [続きを読む]
  • おナスさまで楽チン料理
  • 一雨降って、ちょっと過ごしやすくなりましたよ。いきなり20度も気温が下がったわ。でもまた日曜には30度越え、まだもうちょっと夏っぽい日々が続く様ですけど雨もいい具合に合間に入って予報出てるので農家さんにとってはとても良い感じではないかな。地元のワイン農家さんは笑顔が出ているので、何卒このまま雹などの被害がないままに9月の収穫を迎えて欲しいでござんす。 今年は、おナス様がいつになく大活躍中。仏国家庭では [続きを読む]
  • 仏国で夏の定番料理 調味料編
  • 暑いです。けれども、どうせ八月も半ばになればこの暑かった日々を懐かしみ、フリースとか着て泪ぐんでいるやも知れません。ならば、短い夏を満喫せねば。と思ってメテオ(天気予報)をチェックしてみたら、30度越えな猛暑予想ではないもののまあまあヨーロッパ的な夏らしい日がまだ続きそう それよりもまた一人偉大なフランス料理界の巨匠がこの世を去ってしまった。ロブション氏の訃報は、ボキューズ氏の時よりも料理界の人間に [続きを読む]
  • フレンチドレッシングとソースヴィネグレット
  • 溶けそうな暑さ(暑さが痛いね)スペイン南部44度、ポルトガル南部は気温46度(体感温度が50度)とか、仏国は原子炉4基が稼動停止とか、オランダの道路が暑さで溶けたなどそれなりの酷暑になっとります。こちらは来週の火曜まで35度〜37度の予報が続いてますけれどもそれ以降は一雨来るみたいなので落ち着くような感じやね。いや、それにしても2003年の熱波でたくさんお亡くなりになられた以降仏国でもエアコンは(それでも)普及 [続きを読む]
  • おフランス的 ガリガリ君
  • 連日の熱暑、いや、酷暑がこちらでも続いておりますの。ジャポンの方々には生ぬるいとお叱りを受けるやも知れませんけどクーラーがどこに行っても常設されている様な国ではござらぬので飲食店とかサービス業でさえこの有様なんで他の施設の事とか考えるだけで熱中症になれると思うわ。 うず様もごはん様も、グッタリするなら日向ぼっこ止めなはれ、ですよ。 先日の続きで調味料の話に進みたいのは山々なんですけどねあまりに暑 [続きを読む]
  • 仏国的BBQとドレッシング事情
  • 今年の仏国は、がっつり暑い猛暑日が結構に続いております。とは言え、ジャポンに比べれば高々知れとる気温(35度とかウロウロ)で乾燥している分、辛さ的には幾ばくかはマシ(対日本比というのも阿呆らしい比べ方やけど)と言えば、そうなんやろうけれど基本的にクーラーはオプション設置な仏国のお家は、それはそれでツライもんよ。扇風機でさえ持たないご家庭は珍しいうちには入らへんからね。でも、流石に今年は増えてそうな気 [続きを読む]
  • non, je ne regrette rien
  • 7月が終わる前にどんなに気忙しくともやっぱり、書き残しておこうと思います。 これもまた、ワタクシにとっての恒例の7月行事になってしまった感があり同じ月に誕生日と命日があるママ上への思いを今年もブログに残しておこうと思うのであります。→虹の彼方に 今年の7月は、いつになく用事が立て込んでもともと記憶力も悪いのに拍車をかけて月半ばまで記憶が飛ぶくらい毎日何かしらジャポンの客人関係のことであたふたしてま [続きを読む]
  • 快気祝いと猫好き用乾麺シリーズ
  • みなしゃん、こんにちはうずらです。 おかげさまで、おくちのびょうきはなおりましたぜったいにぜったいにびょういんに行きたなかったからです。 ご心配をしてくださったみなしゃんにご挨拶しなさいっておかあしゃんに言われたので元気ですっておしらせします。今日もおなかいっぱいごちそうを食べました。びょうき治ったから「かちゅぶし」(かつお節、おかかの意)が付いてくるねんでうれしいな。 おかんを外に出せない様に靴 [続きを読む]
  • うずらの夏、ごはんの夏
  • 先日のうずらの受難にたくさんのコメントやメッセージを頂きましてまことに有難うさんでございます。 またしても、ブランクが空きましたがおかんの熱の花も、リジンとアロマオイルのお陰で瞬く間に完治しうず坊は、病院に行きたくない一心で腫れを引かせてくれました。(前回貰った消毒薬を使っているのでその効果が出ていると言う説の方が有力) 天日干しで、ウキウキ中のうず様病院の恐怖以来、えらい甘えっ子さんになってしま [続きを読む]
  • 続・うずらの受難と雹被害
  • 仏国は祭りムードで絶好調でおます。サッカーも優勝したもんね。20年ぶりの優勝、という事ですけども自分的には12年前に決勝でジダンが頭突きしてイタリアに負けちまった試合を見て以来の盛り上がり的な感じ。(あの衝撃は凄かったけど、周りの仏人の落胆振りとそれでもジダンを支持する人気っぷりに驚いた記憶だけが残っとります) 土曜も日曜も花火が上がって月曜は凱旋パレードでエライ騒ぎですけどこのところ暗い物騒なニュ [続きを読む]
  • 青しそ大作戦
  • すっかり更新が空いてしまいました元気にしておりますが夏の連日客人祭りで、右往左往しとります。ジャポンエキスポの関係とかで、ジャポンからも仕事ついでに遊びに来てくれる友多し、という感じですけれどもご無沙汰の間には、ジャポンでは地震があったり未曽有の豪雨の被害があったり亡くなられました方々のご冥福とともに被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。 北半球のお友だち、暑中お見舞い申し上げますに [続きを読む]
  • Japonismes 2018
  • 日が暮れません。 ビタミンD祭りでワッショイ。メラニン祭りとも言うがな。 そして、今年初の30度越えを記録しましたよ。まあ、今日は涼しさ復活ですけれども。 暑いときは、そば巻きとか巻き寿司が食べ好いね。残り物でもこんな風にすればなんとなくオサレに見えて余所行き風じゃ。 と言うても、これは先日に駆り出された地元のイベント用のアペリティフの残り物をかき集めて作ったやっつけ仕事のリメイク巻き寿司でござる。 [続きを読む]
  • 週明けの騒動
  • バタンキューで目覚ましかけずに爆睡体制だったのですが月曜の朝には色んなところから震災に対する気遣いのメッセージを頂いておりました。一番最初に声をかけてくれた中国系仏人の友人のメッセージによって故郷の一大事を知るというテイタラクですわ。 地震の翌日は、水がお店から消えたらしいけれど(ジャポンのお家芸やな)うちのうず坊が自らお届けすると張り切り中。おビビり様のいじらしいお気持ちだけ受け取っておこう。 [続きを読む]
  • 今日はおにぎりの日 やねんて
  • この週末は鬼の様に地元の皆さまのために働いとりました。遠征に行ってるわけでもないのに、疲労困憊。でも、気持ちよくやりきった感があるので老体はガタガタですが気分スッキリ。 ブログが全く時事ネタに追いつかへんのですがたまたま、今日はなんの日シリーズが目に止まったのでそっちネタ。 おにぎりですってよ、おまいさん。 最近は凝った料理はおろか、握り飯すら作る気力がなかったのにいきなり40人前の大作を仕込んで( [続きを読む]
  • ゲリラ豪雨と消えたアイツ
  • またご無沙汰しております。 いやー、それにしても今年は天気が落ち着きませんわ。 こんなにゲリラ豪雨が多くてフランスのあちこちで雹が降りまくって気が休まらぬ年とはこの事なり。 ゲリラ豪雨と雹が重なって、ロワールの一部でもそれなりの被害も出ておるようですが奇跡的にこちらは病気が出るわけでもない範囲の瞬間的な雨量と、雹の被害も皆無。 今の所は、無傷ざます。むしろバラは満開で、葡萄の花も咲き始めて、ええ香り [続きを読む]
  • 今日は麦茶の日 らしい
  • 6月がやって参りましたよ。あっという間に今年も半分やおへんか。 5月末はボルドー、シャンパーニュで未曾有の雹の被害がおました。そして、連日の様に激しい夕立はこちらでも雷様を引き連れて、ゲリラ豪雨な夕立が続いとります。(あっという間に止むねんけどね、いつ雹が降るか気が気じゃないわよ) 雷様が去って行った後はお見事な虹が登場するんですけど田舎では、虹の始まりの場所まではっきり見えたりしますの。 虹の始ま [続きを読む]
  • 遠征記 
  • 上半期多分最後の出稽古もう遥か昔みたいな感じになって来てますけどちょっとだけ覚書 今回は珍しくアジアでござんした。そのままジャポンに寄ってから帰ってきたかったのですけどね地元おフランスですでに予定が組まれていたので直行直帰よ(涙) 行き先はこちら よく働き、よく食べました。いつもの事ですけれども。中国のおもてなしは、とにかく胃袋宇宙化なご接待。もはや食べる為に移動しているとしか思えないほど、食べる [続きを読む]
  • 冷やし中華 今年も 始めました
  • やっと初夏らしい兆しになって来ました。 ボルドー地方は未曾有の雹の被害で葡萄畑もエライことになっております。昨年の晩霜被害に続いて、この雹被害(ゴルフボール大の雹が20センチ近くも積もるレベルで畑は壊滅的被害のところもある)弱り目に祟り目とはまさにこれ これからの季節(収穫まで)、どの産地も他人事では済ませられません。 何年か前に、ロワールでも雹被害で大変なことになったんですけれども雹が降った後に豪 [続きを読む]
  • 仏国で柚子の苗木
  • 晴天が続いた週末あっちこっちでパーリーやらお祭りが開催されとりました。 ご近所のマダムのご自慢のバラが咲き誇っとります。(写真は加工なしの天然色)このバラは一つの株から見事に家の玄関〜二階の窓〜もはや屋根まで覆っていて圧巻ざます。 このお宅や一帯の門の藤の様も圧巻なんですけど→立夏を彩る 本気で農家を生業にされておるこのお宅にある植物は、知らんうちにこちらも本気度が高く遊び心いっぱいの庭になるのや [続きを読む]
  • 初夏を喰らふ
  • 遠征から帰って来ているんですけど時差ボケとか、留守中溜まった用事に追い回されて今日に至ってしまっておりんす。遠征記はまた気が向いたら書くとして(いつものパターン) まずはリアルタイムなお話から。 昨年は晩霜であり付けなかったアカシアの花のベニエ(天ぷら)間に合いましたとも。 ありがたや。 丁度仏国に帰国した際に満開を迎えておりいつも一緒に食べるご近所のマダムからご招待。マダムが森でアカシアの花を摘ん [続きを読む]
  • 遠征中
  • ただ今絶賛出稽古中このお国、ビールも生温うございますわよ。(笑)戻りましたら、また皆様のところへお伺いします!来週までご機嫌よろしゅう。 [続きを読む]
  • 立夏を彩る
  • いよいよ空の青さが濃くなって来ましたよ。ご近所さんのお庭の花が映えること、映えること 立夏の花と言えば、藤ざんすね。彼方此方の玄関で藤が見事に咲き誇り、散歩が一段と楽しい季節やわ。 パリの友人がお花屋さんを経営していてこの時期、お店で売られるお花の多くが色合いもスイート系で香りは甘酸っぱくて可憐な香りのものが多いのでウキウキするらしいですけども、田舎にいると、都会の花屋さんに並ぶ花があっちこっちの [続きを読む]
  • 晩春のお散歩
  • 霜の心配もどうやら峠を越えてあとは夏の到来を待つばかり、なムードになって参りましたよ。 ロワールといえばお城とか王家の庭園などで有名でござんすがロワール河の周りに漂う気球もロワールらしい景色な名物の一つかも知れません。古城巡りをされるなら、この気球で上から目線で絶景を楽しむと言うのもありざます。この頃、夕刻(こちらの日暮れ前なのでまあまあ夜の時間ですれども)になると近所で熱気球が飛んでいる様子が [続きを読む]