新宿会計士 さん プロフィール

  •  
新宿会計士さん: 新宿会計士の政治経済評論
ハンドル名新宿会計士 さん
ブログタイトル新宿会計士の政治経済評論
ブログURLhttp://shinjukuacc.com
サイト紹介文怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
自由文怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供549回 / 365日(平均10.5回/週) - 参加 2016/12/12 16:45

新宿会計士 さんのブログ記事

  • テレビ業界の自殺
  • DHCテレビが制作し、東京MXテレビが放送した『ニュース女子』という番組を巡り、BPOが「問題あり」という判断を下しました。私に言わせればBPOこそ独立性に疑義があり、もはやテレビ業界は公正な報道機関としての役割を、自ら終了宣言したのと同じだと考えています。そこで、本日はテレビ業界に関する私自身の見解を改めて掲載するとともに、2017年を振り返り、今年が「テレビ業界自殺の年だった」と指摘したいと思いま [続きを読む]
  • 【速報】米国が激怒?それを言ってしまうとは…
  • 『中国の対韓サラミスライス』の続編として、本日2本目の記事を更新します。文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領が「朝鮮半島での戦争は許さない」と言い始めました。米国に無断で勝手な約束をした文在寅氏本日は『中国の対韓サラミスライス』の中で、韓国が順調に、中国に「属国」として飲み込まれているのではないかと申し上げましたが、さっそく、その続報(しかもとんでもない報道)が出て来ました。中国を訪問中の文在寅(ぶ [続きを読む]
  • 中国の対韓サラミスライス
  • 昨日は『総論:通貨スワップと為替スワップとは?』という、ややマニアックな話題を提供しましたが、本日は時事評論に戻りたいと思います。そして、本日のテーマはずばり、「中国の対韓サラミスライス」です。補足:昨日の記事の意味について昨日の『総論:通貨スワップと為替スワップとは?』については、少しマニアックすぎる話題だったためでしょうか、わかり辛いという声が多かったようです。リンク先の記事は、普段私が当ウェ [続きを読む]
  • 総論:通貨スワップと為替スワップとは?
  • 本日は少し立ち止まって、ややマニアックな知識を提供しておきたいと思います。以前から執筆したいと思っていた、「通貨スワップと為替スワップの違い」について、できるだけ詳しく申し上げたいと思います。通貨スワップという用語の解説(当節は少しマニアックな説明ですので、読み飛ばしていただいても差し支えありません。)デリバティブの世界でいう「通貨スワップ」と「為替スワップ」の違い私が『【速報】カナダ・韓国間の為 [続きを読む]
  • どうして安倍総理は韓国大統領に訪日を呼び掛けるのか?
  • 昨日の『中央日報』日本語版に、安倍総理が文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領に対し、「早期訪日を要請した」とする記事が掲載されていました。安倍政権を支持している保守層は、最近の韓国の反日的振る舞いの酷さに加え、こうした安倍政権の対韓宥和的な姿勢に不安を感じているのではないでしょうか?本日はこれについて、私なりに考察を加えてみたいと思います。安倍外交の成果対中封じ込めの成果は上々!私は安倍政権の外交を [続きを読む]
  • 「北朝鮮攻撃」で問題は解決しない
  • 最近、日経ビジネスオンライン(NBO)に、大人気シリーズ『早読み深読み朝鮮半島』の記事が更新される頻度が上がっています。朝鮮半島問題の専門家である鈴置編集委員からすれば、朝鮮半島有事が近いという、それなりの確証を得ている証拠なのかもしれません。こうした中、当ウェブサイトでも、本日はお約束通り、『「攻撃後」のことを考える方が重要だ』の続編をお届けしたいと思います。朝鮮半島有事と周辺国米国から相次ぐメ [続きを読む]
  • 週刊金曜日<(越えられない壁)<唐揚げ弁当
  • 昨日、私は書店で、自分のビジネスに関連する書籍を買い求めた際、『週刊金曜日』を目にしたので、ついでに買ってみました。某チェーン店で買える美味しい唐揚げ弁当と同じ値段ですが、果たしてその価値はあったのでしょうか?ビジネス評論の方針早いもので、私がこの「独立系ビジネス評論サイト」を立ち上げてから、1年半が経過します。それ以前は大手の無料ブログサービスでブログを持っていましたので、その期間を含めれば、「 [続きを読む]
  • 少しずつ好転しつつある日本外交
  • 最近、当ウェブサイトでは、重要ないくつかの「時事ネタ」が追い付いていません。私自身が年末近くなり、なにかとやることが多いためですが、それでも1つずつ、これらの話題を取り上げていきたいと思います。今日の話題は「好転しつつある日本外交」です。これで友好を目指すなんて…(苦笑)韓国・平昌(へいしょう)では来年2月、冬季五輪の開催が予定されています。が、漏れ伝わる報道を見ている限りでは、どうも開催自体が危 [続きを読む]
  • 自壊の道を歩み始めたテレビ業界
  • お約束通り、少しまとまった時間が取れたので、本日は「NHK訴訟」について取り上げます。参照するのは最高裁判決文です。2017/12/09 21:30 追記佐助 様のご指摘により、誤植を修正しております。いよいよNHK訴訟について考えてみます最近、当ウェブサイトでは取り上げたいと思う話題がたくさんあり、なかなか記事が追い付きません。こうした中、本日は、数日前からぜひ取り上げようと思っていた、この話題に切り込むことが [続きを読む]
  • 「攻撃後」のことを考える方が重要だ
  • すでに米軍による北朝鮮攻撃があるのかどうかを議論するタイミングを過ぎた―。これが、私の持論です。世の中には北朝鮮攻撃説が溢れ返っていますが、本日は『12月18日が晴天ならば北朝鮮奇襲か?』の続編として、「北朝鮮攻撃後」について、少し考えてみたいと思います。「北朝鮮攻撃後」に備える果たして米国は実力行使に出るのか?私は今週日曜日、『12月18日が晴天ならば北朝鮮奇襲か?』の中で、米軍が北朝鮮に対し、限定的な [続きを読む]
  • 中東・ロシアと日本とのつながり
  • たまには日本から遠く離れた地の話題をお届けしたいと思います。本日は中東とロシアに関する話題です。日本は離れた地域にも関心を!昨日、ドナルド・トランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と認めると宣言しました。これは国際的にみると大ニュースですが、日本から遠く離れた中近東の話題であり、多くの人にとっては、「何のことかよく分からない」と思ってしまうことでしょう。こうした中、本日は私が以前から温めて [続きを読む]
  • 産経ニュースに見る残念な論説
  • 昨日、大手新聞社のなかでも数少ない「保守系メディア」である産経新聞が運営するニュースサイトに、一見するともっともらしい、しかし私に言わせれば完全に誤った分析を発見しました。日韓関係の議論において、いったいどこが間違っているのでしょうか?保守派も誤る日韓関係現状分析残念な産経論説北朝鮮情勢を巡って国際社会が緊迫するなかで、大手新聞社としてはわが国では数少ない「保守系メディア」として知られる産経ニュー [続きを読む]
  • 虎ノ門ニュースで青山さんがメディアにキレる!
  • 昨日放送された大人気インターネット番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』で青山繁晴参議院議員が「キレた」…。本日取り上げるのは、インターネット時代特有の、マス・メディアと私たち国民の関わり方に関する考察です。どんなコメントも自由ですが…大手ウェブサイトである日経ビジネスオンライン(NBO)に連載されている大人気シリーズといえば、日本経済新聞社の鈴置高史編集委員が執筆する『早読み深読み朝鮮半島』です。最 [続きを読む]
  • むしろ韓国に慰安婦合意を破棄させろ
  • 慰安婦問題を捏造した犯人である朝日新聞は土曜日、韓国の康京和(こう・きょうわ)外交部長官が12月下旬に訪日し、2015年12月の日韓慰安婦合意について、何らかの意向を日本政府に伝達する予定だと報じました。報道したのが「慰安婦捏造新聞」である朝日新聞であるだけに、この報道には、それなりの信憑性があると見るべきでしょう。2017/12/04 20:05 追記本文中、佐藤地(さとう・くに)国連ユネスコ大使について言及した部分で [続きを読む]
  • 12月18日が晴天ならば北朝鮮奇襲か?
  • 先月末に北朝鮮がミサイルを発射して以来、事態は大きく動いています。こうした中、私は以前、『韓国は7割の確率で中華属国化する』の中で、朝鮮半島情勢を巡り考えられるシナリオを6つ提示しましたが、本日はより踏み込んで、具体的に米軍による北朝鮮攻撃があるのかどうか、そしてそれが行われた場合の「6シナリオ」との関係について、説明を行いたいと思います。NBOに鈴置論、登場!ゴミメディアとはあまりにも対照的な優 [続きを読む]
  • 反日韓国は中国に躾けてもらえ
  • 最近、韓国の反日が度を越しています。これについて、どう解決を図るのが正しいのでしょうか?本日は当ウェブサイトの「定番シリーズ」である日韓友好論を、中国との関係から切り取ってみたいと思います。これだけある!韓国の悪行総理の頭から「韓国との連携」が抜けた?当ウェブサイトでは約2週間前、朝鮮半島の未来を議論しました。その際、韓国が国としての主体性を維持することができる確率は10%に過ぎず、70%の確率で中華 [続きを読む]
  • 毎日新聞さん、ゴミを不法投棄しないでくれますか?
  • 出張で疲れて戻ってきたときに見つけたものとは、玄関ポストに刺さる「ゴミ」でした。貧乏暇なしの新宿会計士貧乏暇なしと言われますが、私も「一難去ってまた一難」となっています。今週は年内刊行予定の企業会計の入門書が完成しましたが、息つく間もなく出張、帰京後には法人税の申告、そして顧客との面談などが続いています。本来ならば、年末年始のタイミングでは、資料の更新や知識のインプットに努めたいところですが、どう [続きを読む]
  • 北朝鮮攻撃の確率は50%に上昇した
  • 昨日、北朝鮮がICBMと見られる弾道ミサイルを発射しました。これにより私は、現時点で米国が北朝鮮攻撃に踏み切る確率が50%程度には上昇したと考えています。ただ、北朝鮮攻撃が加えられたとしても、それは北朝鮮の核開発問題を本質的に解決するものとはならず、問題は結局、先送りされる公算が高いと見ていることも事実なのです。出張後の最初の仕事は…出張から戻ってきましたが、仕事が山積みになってしまっています。その [続きを読む]
  • IT化はここまで進んだ!
  • 地方出張をすれば、色々と思うところがたくさんあります。本日お送りする、「地方出張により感じたこと」というテーマは、IT化です。IT化社会を実感する東京で進むキャッシュレス社会私はここ1〜2年、ある「実験」をしています。それは、「財布を持たない」ことです。カード収容型のスマホケースに、スマートフォン(格安キャリアで契約しているiPhone SE)と日常でよく使うカード類5枚と紙幣数枚だけを入れて、外出時にこ [続きを読む]
  • 地方で「公共事業悪玉論」の間違いを実感する
  • 本日も出張先からのウェブサイト更新です。地方出張ならではの視点は、「現地で何をどう実感するか」、だと思います。さ、寒い…!今月、私は2回の地方出張を行っており、現在がその2回目の出張の最中です。1回目、2回目ともに、具体的な道県の名前は申し上げません。1回目は「美しい島」、2回目は「北の方」、とだけ申しておきましょう。そして、間抜けなことに、私は今回、コートを持ってくるのを忘れてしまいました。とい [続きを読む]
  • ホテルで無料配布される朝日新聞
  • 管理人は本日から再び出張です。こうした中、本日は時事ネタから離れ、出張先から見た朝日新聞の行為を冷ややかに眺めてみたいと思います。またしても出張中…「貧乏ヒマなし」と言いますが、かくいう私も、本日から再び出張に出掛けることになりました。といっても、当ウェブサイトの更新を続けることができます。というのも、日本国内であれば、たいていのビジネスホテルにはWiFiが飛んでいるからです。これこそまさにテクノ [続きを読む]
  • 日本は韓国を必要としていない!!
  • 本日は久しぶりに、「何でもない記事」を手掛かりに、「知的格闘」の大切さを訴えてみたいと思います。題材に取り上げるのは、某メディアの某記事です。会社の決算期以前から申し上げている通り、私は新宿を拠点に、吹けば飛ぶような小企業を経営しています。「会社」と名乗っていても、会社とは「名ばかり」に過ぎず、実際には事実上、私1人での「ワンオペ」企業です。当社は決算期を9月末としているため、11月末に税務申告をし [続きを読む]
  • 中国のプロパガンダにどう立ち向かうか
  • 大阪市とサンフランシスコ市の姉妹都市関係の解消については、一見すると都市間の問題に見えますが、そう考えるのは間違っています。これは中国による遠大な「ディスカウント・ジャパン」工作の一環と見るべきであり、そうであるならば、日本が取るべき対策も、私たちが考えているほど甘いものではありません。姉妹都市関係解消報道の裏にあるもの大阪市、サンフランシスコ市との姉妹都市関係を解消へ大阪市が米国サンフランシスコ [続きを読む]
  • ウェブ言論を考える
  • 最近、当ウェブサイトの記事が某大手言論サイトに転載され始めたようです。当ウェブサイトの記事を選んでくださったことは光栄であり、その言論サイト様には感謝申し上げたいと思います。こうした中、本日は久しぶりに「時事ネタ」から離れ、「ウェブ時代の言論」について考えてみたいと思います。ウェブ時代の言論空間大手言論サイトの転載に感謝!当ウェブサイトは「読んで下さった方の知的好奇心を刺激する、独立系ビジネス評論 [続きを読む]
  • 余裕がなくなってきた朝日新聞社
  • どうやら朝日新聞という厚顔無恥な組織に、「倒産」という社会的鉄槌を下さねばならない時が来たようです。マス「ゴミ」批判が待望される時代以前から申し上げてきたとおり、今年はマス・メディアが「自殺した年」として記録されるのではないかと思います。というのも、マス・メディアによる「自爆」が続いているからです。マス・メディアに関する話題は、今週だけでも2つほど取り上げていますが(『2つのニュースにみる、マスゴ [続きを読む]