新宿会計士 さん プロフィール

  •  
新宿会計士さん: 新宿会計士の政治経済評論
ハンドル名新宿会計士 さん
ブログタイトル新宿会計士の政治経済評論
ブログURLhttp://shinjukuacc.com
サイト紹介文怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
自由文怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供778回 / 365日(平均14.9回/週) - 参加 2016/12/12 16:45

新宿会計士 さんのブログ記事

  • 慰安婦問題巡り、日本の外務省が少しずつだが変わり始めた!
  • 「(従軍)慰安婦問題」とは、朝日新聞のウソから始まり、いまや「日本の軍、官憲が朝鮮半島で少女だけ20万人を拉致し、戦場に強制連行して性的奴隷として使役した」とされる問題として、国際的には大々的に認識され、日本人の名誉と尊厳が傷つけられ続けています。この問題を解決するために必要なことは、「ウソ」は「ウソ」だと正論を述べることなのですが、果たして、日本にはそれができるのでしょうか?慰安婦問題が動き始めた [続きを読む]
  • 改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て
  • 共同通信に日本の外務省あたりからリークされたと思しき記事が掲載されました。「圧力一辺倒ではなく、経済協力を通じて北朝鮮と信頼醸成を図るべきとする新方針が浮上した」、とするものです。犯罪者と「信頼醸成を図る」なんて、たちの悪い冗談としか思えませんが、北朝鮮に対して日本は圧力一辺倒で良いのでしょうか?対北朝鮮融和派の主張昨日、共同通信にこんな記事が掲載されました。拉致交渉、政府内に新方針案浮上/経済前 [続きを読む]
  • 中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない
  • 韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、昨日、「2048年の韓国」という記事が掲載されました。この2048年とは、「今から30年後」という意味に加え、「建国100年」という意味が含まれるらしいです。反日という自家中毒で滅亡しようとしている国に30年後があるとも思えませんが、こんな記事であっても冷静に読めば、何か得られるものがあるかもしれません。このゴミメディアを「愛する」理由私が「愛読」(?)しているメディアの [続きを読む]
  • 「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか
  • 朝日新聞がついにAI(人工知能)を使って記事の作成を開始した――。こんな記事を、『朝日新聞デジタル』(日本語版)に発見しました。とりあえずは高校野球の記事をAIで執筆しているようなのですが、私に言わせれば、社説から天声人語、あるいはすべての記事に至るまで、すでに「朝日新聞AI」で執筆しているようなものだと思います。「朝日新聞がAIで記事を作成」?朝日新聞のAI記事!「終戦記念日」の8月15日、『朝日 [続きを読む]
  • ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか?
  • 9月といえば「自民党総裁選」と即答する人は多いと思いますが、「国民民主党代表選」が行われると知っている人はそれほど多くないのではないでしょうか?ただ、国民民主党はこのままではジリ貧ですし、安倍総理と一騎打ちとなる石破茂・元自民党幹事長にとっても「圧倒的な差で負ける」ことになれば政治生命が脅かされかねません。そこで、石破氏はいっそのこと、国民民主党に移籍して、「国民民主党の代表選」に出馬されてはいか [続きを読む]
  • マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点
  • 一見すると関連がない、「ラオスのダム決壊事故」、「野田総務相のGACKTコイン巡る不祥事」、「立憲民主党の吉田統彦(よしだ・つねひこ)衆議院議員と文科省汚職の関連」という3つの出来事には、実は、1つの重大な共通点があります。それは、「報道しない自由」を連発する、わが国のマス・メディアの問題です。2018/08/07 12:25 追記当初公表版で「その直後に発生した福島第一原発の水蒸気爆発事故についても、菅首相がヘリコプ [続きを読む]
  • 日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論
  • 「日本が北朝鮮に対して1兆円を経済支援するだろう」。「いや、1兆円は『はしたカネ』であり、日本が支援する額は最低2兆円だ」。「いや、200兆円だ」…。何を荒唐無稽なことを、と笑った方もいらっしゃるかもしれませんが、笑わないでください。自称「日本を代表する経済新聞」が、こんな荒唐無稽な主張をしているからです。はてさて、その前に、この「日本を代表する経済新聞」とやらが、本当に信頼に値するメディアなのでし [続きを読む]
  • 相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ
  • 先日、当ウェブサイトでは、『文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か?』を巡り、立憲民主党議員の汚職疑惑を取り上げ、(やや根拠不詳ではありますが)吉田統彦衆議院議員に疑惑が浮上しているのではないかと指摘しました。これについては産経系のウェブサイト『zakzak』でも「続報」が出ているようですが、肝心の実名が示されておらず、どうも報道機関が「報道しない自由」を発動しているようにしか見えません [続きを読む]
  • 「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ
  • 昨日の終戦記念日にあわせて、朝鮮半島は南北揃って、日本に対して理不尽で意味不明な要求をしているようです。ただ、こうした理不尽な要求に対し、絶対にやってはならないのは「逃げる」「反論しない」「認める」という行為です。韓国、北朝鮮相手には「あくまでも正論でぶつかる」のが正解です。犯罪国家・北朝鮮拉致加害者はだれで、被害者はだれですか?本日は、クイズから始めましょう。まずは何も前提条件を置かず、次の文章 [続きを読む]
  • 終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除
  • 昨日は「終戦記念日」でした。例年、マス・メディア各社は終戦記念日にあわせ、競うように「不戦の誓い新たに」だの、「未来に向け記憶を紡ぐ」だのといった「反戦社説」を掲載しますが、こうしたゴミ社説に読む価値はまったくありません。それよりも私たち日本国民がやらねばならないのは、開戦経緯や敗戦原因の研究と並び、「国民の敵」の特定と駆除なのだと思います。終戦記念日に抱く違和感昨日、8月15日は「終戦記念日」でし [続きを読む]
  • 文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂
  • いわゆる「慰安婦問題」を巡り、韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領は8月14日の「慰安婦記念日」に、「慰安婦問題が日韓の外交紛争につながらないことをのぞむ」と発言しました。ただ、この問題は文在寅氏自身の誤った行動により、すでに日韓間の外交紛争に発展してしまっています。日韓関係は破綻寸前?唐突ですが、現在の日韓関係はどういう状況にあるのでしょうか?日本にはさまざまな立場の人がいて、「日韓関係は悪いから [続きを読む]
  • 国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か?
  • 立憲民主党と国民民主党。「兄弟」のようなこの2つの政党を巡り、朝日新聞系のウェブサイト『WEBRONZA』に「ネット選挙コンサルタント」が寄稿した、一見すると正論っぽくも読める記事が掲載されています。ただ、着眼点は良いかもしれませんが、彼の議論にはいくつか重要な前提条件が無視されており、結論的には同意するのは難しいと思います。着眼点は良いかもしれないが…立憲民主党に関し、一見すると正論だが…「ネット選挙コ [続きを読む]
  • 韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ
  • 韓国メディア『朝鮮日報』に、「韓国は中国に傾かず、日本と米国との関係を強力に構築しなければならない」とする、韓国メディアにしては珍しい「正論」が掲載されています。ただ、非常に残念ながら、この議論自体、周回遅れです。なぜなら、韓国は日米両国の期待と信頼を裏切り続けたからであり、さらに、韓国が日米を必要とするほど、日米は韓国を必要としていないからです。珍しく冷静な、朝鮮日報の論考『朝鮮日報』を引用する [続きを読む]
  • トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか?
  • 数日で通貨が40%も下落するという、いわゆる「トルコ・ショック」が市場の話題となっています。ただ、トルコ・ショックのような新興市場(EM)通貨の暴落は、別に珍しいことではありません。世界には200近い通貨があり、歴史上も最近も、通貨が暴落して紙屑のようになった事例など、いくらでもあるからです。その意味で、私の「次の関心事」は、「トルコ・ショックが収束するかどうか」ではなく、「他のEM通貨に波及するのか [続きを読む]
  • 文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か?
  • 文部科学省の一連の汚職事件を巡って、新たなスキャンダルの可能性が浮上しています。インターネット上で少し前から話題になりはじめていたのが、立憲民主党の吉田統彦(よしだ・つねひこ)衆議院議員が一連の汚職に深くかかわっているのではないかとの噂です。本稿では共同通信の記事をベースに、ずばり、「マス・メディアの報道しない自由」の問題点について考察してみたいと思います。JAXAの新たなスキャンダル?宇宙飛行士 [続きを読む]
  • 「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質
  • 週末、日本人男性が北朝鮮当局に拘束されたという報道がありました。ただ、考えてみれば、北朝鮮はテロ支援国家であり、そんな国にノコノコと出掛け、観光してカネを落とすということ自体、極めて非常識な行為です。個人の権利よりも公共の福祉、日本の国益の方がはるかに大切です。軽い気持ちで北朝鮮旅行をしようとする人は、立ち止まって思い直してほしいと思います。2018/08/14 12:00追記本文中の誤植を修正しました。コメント [続きを読む]
  • 何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚
  • 私が昨日のニュースを見ていて一番驚いたのは、またしても南北朝鮮が南北首脳会談を開催することで合意した、とするものです。現時点で「9月に平壌で」という以外、具体的な日付や段取り、議題などが決まっているというものではなさそうですが、私が一番懸念しているのは、またしても南北朝鮮が日米中露などの周辺国に無断で勝手に変なことを合意し、そのことで北朝鮮の核武装解除が遅延する、という点なのです。平壌で9月に南北 [続きを読む]
  • 韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明
  • 一昨日、昨日に続き、北朝鮮石炭密輸事件の衝撃について取り上げます。日本語版ウェブサイトを開設している韓国メディアの報道を眺めていると、「韓国が国際的な不信感を受けることを避けねばならない」だの、「今回の事件は業者の問題であり、韓国政府の問題ではない」だのといった、非常にピント外れな解説記事が掲載されています。北朝鮮石炭密輸事件の衝撃韓国が国連安保理決議に基づく北朝鮮制裁に違反して、北朝鮮産の石炭を [続きを読む]
  • 「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな!
  • 財務省が、またしても「国の借金は1088兆円」というインチキ理論を提示して来ました。国民から正当な選挙で選ばれたわけでもない財務官僚が巨大な権限を握っている現状は、非常に困った状況にあります。私たち日本国民が正しい経済理論を学び、「国の借金1088兆円」「国民1人当たり860万円の借金」「今すぐ財政再建が必要」といった大ウソに騙されないための理論武装をすることが求められていることは間違いありません。財務省の [続きを読む]
  • 「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ
  • 9月に自民党の総裁選が行われる予定ですが、現在の情勢だと、安倍総理が3選を決めることはほぼ間違いないと見て良いでしょう。ただ、朝日新聞の社説を眺めていると、「安倍1強は民主主義の根腐れだ」、「安倍1強は危うい」、「安倍1強を問え」、といった具合に、朝日新聞はこの半月あまりで3回も似たようなタイトルの社説を掲載しているのです。朝日社説「安倍1強」シリーズ再掲:民主主義根腐れさせるのはむしろ朝日新聞以 [続きを読む]
  • 北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版)
  • 韓国が国連安保理決議に違反して北朝鮮産の石炭を輸入していた問題を巡り、本日は、昨日の『北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も?』で言及しなかった記事、情報などを引用し、あらためてこの問題について状況を整理しておきたいと思います。2018/08/12 12:15 追記この記事についてはさきほど、全体的に見直しをし、表現の欠落・不足を補うなどしています。したがって、この記事はさきほど改題し、末尾に「2 [続きを読む]
  • 原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題
  • 原爆投下から73年が経過しましたが、原爆の非人道性が薄れるものではありませんし、記憶を風化させるべきでもありません。ただ、原爆被害について語り継いでいくことが大事だという点についてはまったく同意しますし、朝鮮半島出身者である原爆被害者に対して人道上、一定の支援が行われることに合理性があるにしても、そこにさりげなくウソを混ぜ込むということがあってはなりません。広島と長崎の原爆の非人道性広島と長崎に原爆 [続きを読む]
  • 北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も?
  • 最悪、韓国の「国策銀行」である韓国開発銀行(KDB)に対し、北朝鮮との取引を巡る米国政府による「セカンダリー・サンクション(二次的制裁)」が発動される可能性が出て来ました。韓国の事実上の国有企業である韓国電力の子会社が北朝鮮産の石炭を購入していたとされる問題がその発端ですが、この事件、調べれば調べるほど、韓国が国ぐるみで制裁破りをしていたのではないかとの疑いが濃厚になるのです。圧力の抜け穴以前から [続きを読む]
  • 日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報
  • ラオスで発生した、未曽有のダム決壊事故を巡って、甚大な被害が生じているはずなのに、わが国のメディアがほとんど取り上げていないのは不思議です。これについて、私は少し前から、ラオスの現地メディアの報道などをチェックするようにしているのですが、この中で、ラオスは「感情的に報道する国」ではないのではないか、という点に気付きました。ラオスのメディアの親日報道?空港ビル建設巡り、ラオスが日本に謝辞先月23日にラ [続きを読む]