Malzack さん プロフィール

  •  
Malzackさん: Malzack Blog
ハンドル名Malzack さん
ブログタイトルMalzack Blog
ブログURLhttp://blog.malzack.com
サイト紹介文Malzackの書くブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/12/12 20:47

Malzack さんのブログ記事

  • 『iPad仕事術!SPECIAL 2018』で表紙と巻頭ページを担当しました
  • 今回も楽しくお仕事をさせていただきました。3度目の掲載の『iPad仕事術!』です。手書きに特化したSPECIALへの登場は昨年に引き続き、2度目となります。iPadとApple Pencilを使ったノート術、思考術をたっぷり14ページにわたり書き尽くしましたので、どうかご覧ください。今回もプロの編集者さんとプロのカメラマンさんとのお仕事。やっぱりその道を極めた人は仕事のクオリティが違いますね。僕が書いた原稿や画像に、見出しをつけ [続きを読む]
  • 「ゆっくり動くだけ」のスローライフ
  • イライラしてるとき、ムカムカしているとき、心はせわしないスピードで動いている。そうすると、それに合わせて動きも乱暴になり、落ち着きのないものになる。心の動きは行動にあらわれるのだ。心を制御するテクニックとして、呼吸を整えるという方法がある。しかし、呼吸を整えようとしても、周りの環境がざわざわしていると、どうしても呼吸に集中できない。心の動きが行動に現れるのなら、行動をゆっくりにすれば良いのではない [続きを読む]
  • ローライズテーブル
  • ローテーブルとは別名、座卓のことである。地べたに座って、ちゃぶ台よろしく使ってもいいし、ソファと組み合わせて、コーヒーや雑誌を置いてもいい。数年間地べたで生活していた僕が、最近イスを買った。来客用も含めて2つある。それに合わせて腰丈くらいのテーブルを買おうかとも思ったが、自分会議の結果、以前から持っている無印良品のローテーブルを活かす方向で決議した。こうやって写真を撮ってみると、違和感などない。お [続きを読む]
  • 新芽
  • 育てている観葉植物から新しい葉がつぎつぎと出てきた。春は色々なことが芽吹くとき。僕のまわりにも、新しい芽が出始めている。というか、自分で勝手に発芽させている。まずはiPadの手書き専用ブログをつくった。タイトルは『Digital Note Always』。最近買った9.7インチでNote Alwaysを使い倒しているわけだが、その経過とTipsを綴るログとして。新しいブログを立ち上げるのは初々しくて気分がいい。第一弾の記事を投下するあの [続きを読む]
  • 原因不明のトラブルの対処法
  • 体調が悪くて病院に行ったのに、どこも悪くないと言われて帰される。果たして本当に異常はないのだろうか。異常がないのになぜ不調が起きているのか。病院は緊急性がある症状を扱う場所だ。検査器具も優れているので、深刻な病気を見つけてくれる。しかし、緊急性の低い『病気未満』のことになると途端に範疇外になる。病気に至らないトラブルは、すべて原因不明の不定愁訴になるのだ。図で表すとこんな感じになる。つまり『病気 o [続きを読む]
  • iPadの大きさは「本のサイズ」で考える
  • そもそも日本の教育ではメートル法で長さを教わる。なのにテレビやスマートフォンを選ぼうとすると、いきなりインチが用いられるから参ってしまう。しかも画面におけるインチとは、縦でも横でもなく斜めの長さだというから、ほとほとピンとこない。iPadを選ぶときにも同じことが起こる。例えば左の新しいiPadは9.7インチで、右のiPad Proは12.9インチである。やっぱりインチでは実感がわかない。インチではわかりづらいので、これ [続きを読む]
  • 印鑑登録にまつわる話
  • 印鑑登録証明書をとるために役所にきた。姉が引っ越すことになったので、連帯保証人になるのだ。杉並区に引っ越してからもう少しで一年が経つ。でも実印の登録はまだ済ませていなかった。以前の住所の印鑑登録は移転すると自動的に抹消されるらしい。だから、免許証と実印を持っていけば、登録と取得が同時にできる。はずだった。しかし、窓口にきて気づいたことがある。財布の中に免許証がない。あれ、いつからないんだろう。最初 [続きを読む]
  • iPad Personal
  • Apple Pencilが使えるiPadは、これまで"iPad Pro"と言う商品名を掲げた、いわゆるプロ向けのデバイスに限られた。しかし、ここにきてとてもとても安価なApple Pencil対応のiPadが出た。びっくりすることに、Apple PencilとiPadの金額の両方を合わせても、最新のiPhoneよりも安い価格で手に入ることになる。つまり、これまでプロ向けとして制限されていたApple Pencilが、よりパーソナル向けになったのだ。だから、新しいiPadは『iP [続きを読む]
  • 真っ白い長袖Tシャツ
  • サラリーマンの頃は、真っ白いワイシャツを着ていたのでそこまでではなかった。しかし、ワイシャツを着る必要がなくなり、メリノウールのグレーの長袖ばかりを着ていたら、なんだか地味すぎる気がしてきた。季節だって春なんだし、職業もセラピストなんだし、もっと明るく垢抜けたい。薄暗いトーンの服装で、極端にモノが少ないオトコなんて誰だって会いたくない。「困ったら無印」がモットーの僕は、すぐさま無印良品の店舗に足を [続きを読む]
  • ティッシュハウス
  • 地べたで暮らす『和風暮らし」から一転、椅子を使った『西洋暮らし』に移行している最中なのだが、そうするとティッシュの取り扱いも変わってくる。今まではローテーブルの下にティッシュを隠していたのだが、椅子に座っていては取り出すことができなくなった。とはいえティッシュを目に見える位置におくと、生活感が出すぎてしまい、ミニマルな部屋のイメージを一気にお茶の間風に変えてしまう。それほどにティッシュの存在感と固 [続きを読む]
  • フロアワークからベッドワークに
  • フロアワークにこだわっていた。フロアワークとは、簡単にいえば床でおこなうボディケアのことだ。もともと僕がリラクゼーションを習いはじめたのは、タイ古式のボディワークだった。受けたことがある人はわかると思うが、それは床にマットレスを敷いてやるのが一般的で、いわゆるマッサージベッドは使わない。ダイナミックなペアストレッチがたくさんあるので、マッサージベッドではできないのだ。僕自身がそうなのだが、マッサー [続きを読む]
  • iPadといえば
  • 必要ないのはわかっているんだけど、9.7インチのiPadがほしくてたまらない。つい最近リリースされたApple Pencilが使えるヤツだ。現在使っているのが12.9インチのiPad Pro。スマートキーボードを使えばブログも書けるし、Apple Pencilでノートもとれる優れものだ。「デカイのは正義」という主張を何度もこのブログで掲げて、A4のサイズの合理性を語ってきた。しかし、サラリーマンを辞めてから仕事の内容が変わった。A4の紙の書類 [続きを読む]
  • リセットプレイス
  • 考えに煮詰まったら、カフェに行くようにしている。仕事のこと、人間関係のこと、頭の中で思考の糸がこんがらがったときは、カフェに行って、糸の絡まりを丁寧にほどいていくのだ。暖かいコーヒーで心を静めて、考えごとを紙に書き出していく。おもしろいもので、カフェに行くとほとんどのことが解決する。いや、問題の本質は解決しないこともあるが、問題に対する心のとらえかたは間違いなく軽くなる。言うなれば、「考えが煮詰ま [続きを読む]
  • ふたたび椅子
  • ブログを書くメリットは、自分の過去を振り返れることにある。「ローテーブルを買ったのはいつだっけ」と過去記事を見てみると、今から2年ほど前だった。それまではデスクとキャスター付きの椅子に座っていたが、「日本人なら床生活だろ」と、地べたでの生活に移行したのである。ところが最近、"地べた生活"からまた、椅子を使った"腰掛け生活"へと舞い戻ってきた。つい先月、「今年は不買を貫いて持ち駒で勝負する」と宣言してい [続きを読む]
  • 卵の愛好家
  • 世の中には卵の愛好家が多くいる。卵の愛好家は、丼でもピザでも、最後にトッピングとして卵が乗るとテンションがあがる。僕もそのうちのひとりである。おでんの具でも、卵は必ずおさえておきたい。卵がないおでんなんて高見沢のいないALFEEみたいなもんだ。いや、僕が高見沢のファンだということではなくて、“居ないとなんだか物足りない”ということである。卵はその可愛らしい見た目だけでなく、字面もまた可愛い。「卵」とい [続きを読む]
  • 待ちに待ったKindleのSplit View対応
  • 僕はいま、興奮している。Kindleアプリにとんでもないことが起きたのだ。なんと、KindleがiPadのSplit View機能に対応した。「待ってました!」と思わず言葉に出た。これにより何ができるようになったのか。それは、Kindleを読みながらApple Pencilでメモをとることが可能になったということだ。これがどれくらいすごいことかわかるだろうか。Kindleを読みながら手書きでメモをとりたい。以前にもこの切実な思いをブログに綴ってい [続きを読む]
  • ミニマリストだと思われたくない
  • 久しぶりに白シャツを着た。サラリーマン時代はシャツを着るのがマナーだったので、白いオックスフォードシャツを毎日着ていた。オックスフォードシャツはカジュアルにも着られるので、オンオフ兼用で使える。なるべくコンパクトな持ち物で暮らすモノ・ミニマリストにとってはマストアイテムだ。所有しているのはジムフレックスのものだ。着丈も僕にぴったりだし、胸ポケットがないシンプルなデザインが気に入っている。しかし、最 [続きを読む]
  • つまらないPhone
  • 名付けて『つまらないPhone』。イントネーションは"つまらない"のあとに区切りをいれずに、最後まで一息で言い切ってほしい。最近のiPhoneのホーム画面がこちらである。元々なるべくシンプルな使い方を心がけているが、最近はもう一歩踏み込むことにした。いろいろと仕事の依頼が来たので、集中モードに切り替えるのだ。実行したことは通知をオフにすること。いままでもiPhoneは鳴らない設定にしていた。バイブレーションで通知が [続きを読む]
  • カミクボさん
  • 「仲介っていうのは困っている人の味方になる仕事だよ」そう教えてくれたのはカミクボさんだ。不動産業で働いていたときの先輩だ。先輩といっても20歳以上も年上。正直いって、出世には向かない人だった。会社の利益になるように動く。それが民主主義のあるべき姿だと思う。社員は会社の利益から賃金を得ているわけで、会社が儲からなければメシの食い上げだ。不動産の仲介業というのは、文字通り人と人の間に入る仕事である。しか [続きを読む]
  • 反撃
  • 春になると“反撃”の二文字が頭にうかぶ。今年の冬は寒かった。気温も例年より低かったように思うし、部屋のカーテンをやめて目隠しシートにしたのも影響した。部屋全体の温度があがりにくく、暖房効率が悪かった。分厚い掛け布団を処分してしまったのもよくなかった。寝ている間もエアコンやストーブをガンガンつけていたので、電気代が跳ね上がった。「電気ご使用量のお知らせ」の料金を見て、思わず体も跳ね上がる。一人暮らし [続きを読む]
  • 人間の微細エネルギー層と『Body、Mind、Spirit』
  • カラダの外側には目に見えないエネルギーの層がある。そんな風に言うと懐疑的に思う人もいるかもしれない。しかし「見えないものは信じない」という人も、経絡は盲目に信じているのではなかろうか。経絡とはつまり、東洋医学のツボのことだ。どんなリアリストだって、足裏をグイグイと押されて「胃腸がおつかれですね」なんてセラピストに的中されると、その信ぴょう性に疑いを持たない。経絡は肉体のほんの少し外側にあるエネルギ [続きを読む]
  • 首元を冷やさないスカーフハック
  • 首元をホットタオルで温めると副交感神経をサポートできる、と書いた。自律神経が整うことでアレルギー反応も穏やかになるし、心のリラックスにもなる。さらに、最近はスマホやPCの使用で首が固める人が多いので、首回りの筋肉をゆるめるのも大きな意味がある。ただし、ホットタオルの弱点は持ち運びができないことだ。しかし、セッションに来ていただいたお客さんから教えてもらった良いアイテムがある。そのアイテムとは、スカー [続きを読む]
  • 低気圧のトラブルに有効なセルフクレニオセラピー
  • 低気圧で体調が悪くなる人は、耳をひっぱるといい。その前に、なぜ低気圧になると具合が悪くなるのか。その根拠らしきものを調べてみた。内耳で気圧の変化を感じると、センサーでキャッチした気圧変化の情報が脳へと入り、自律神経系を活性化させます。ここで、内耳が気圧の変化に敏感だと、少し気圧が変化しただけでも、過剰に脳に情報が伝わり、交感神経か副交感神経が過剰に活性化されてしまいます。 「低気圧」で体調不良を起こ [続きを読む]
  • セッション用のエッセンシャルオイル
  • ボディワークをやるにあたって、環境はすごく大事である。クライアントのリラックスの深さが効果に影響するからだ。特に自然治癒を高めるワークをやっていると痛感する。いわゆる治療院は、比較的に緊急性が高いクライアントを取り扱う。なるべく多くの患者さんの痛みを和らげなければならないので、短い時間で効果を出す”時短“の施術が正義とされる。それはそれで、必要な役割を担っている。救命病棟24時ではないが、ボディの悩 [続きを読む]
  • 背骨のラインにある『Body、Mind、Spirit』
  • チャクラを知ると、人間の背骨のラインに『Body、Mind、Spirit』があることがわかる。第1チャクラと、第2チャクラは人間の性器がある場所、また排泄の場所だ。生命、生存に関するパーツはここにある。その役割を考えると、もっとも“肉体”に近い部分であるといえる。背骨を上にあがると、そこには“感情”を司る部分がある。チャクラでいうと第3、第4、第5のあたりだ。第3チャクラと第4チャクラのあたりは東洋医学でいう五臓(心 [続きを読む]