ミノセン さん プロフィール

  •  
ミノセンさん: ミノセンの教育日記
ハンドル名ミノセン さん
ブログタイトルミノセンの教育日記
ブログURLhttp://clastti.hatenablog.com/
サイト紹介文ミノセンが教育について、疑問。提唱する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 314日(平均0.9回/週) - 参加 2016/12/13 00:09

ミノセン さんのブログ記事

  • 【甘やかすって何】発達障害と発達障害じゃない子
  • 最近、「発達障害なんだよ、甘えじゃないんだよ」って言葉を見ました。じゃあ、発達障害じゃなきゃ甘えなのでしょうか?私はどちらも違うと思う。そのあたりから、見直さないとずーっと関わっていけば何が甘えか何が甘えじゃないか見えてくるのが人。大人も子供もみんなそうですよね障害のあるなしもそうでも、大人は往々にして子供に厳しいそうしていいって、教育されているから私はどんな子供も関わりあった上で、 [続きを読む]
  • 【いじわる大人】優しい子供
  • いじわる大人は私です。笑優しい子供はクラスの子。いじわる大人は今までの経験を語りあれしちゃだめ、これしちゃダメと言うんです。優しい子供は大丈夫?どうしたの?と、優しく声をかけるんです。今回、会社活動で総会を行いました。二週間の成果を語りクラス全員で存続を話し合います。原則は活動が二週間滞ったら倒産しかし、子供たちはチャンスをあげてもいいんじゃない?と、真逆の発想をしました。そうだった [続きを読む]
  • 【音楽の授業】おもしろい授業
  • 授業参観があり音楽を見させていただきました。そこで感じたことが3つ1つ目は「可能性」社会の専門のから移られた先生で音楽は就職してからでも、授業を見るとすごく子供が生き生き歌っている今からでも遅くないと言うことをみせていただきました。2つ目は、「子供の認知」子供は歌詞の意味を考えるとおのずと歌い方がかわる。その特技を先生が知らないと音楽できないってこと音楽作りの3要素国語…歌詞でわからない言葉をチ [続きを読む]
  • 【会社学級活動】みんなで楽しんで世界を回す
  • 昨日は学級活動で会社にチャレンジみのせん論ですが、クラスが出来上がってからの方が面白い会社がせつりつされます。いくつか衝撃的な会社が出来たので紹介します。1.朝の体操会社朝2分体操をみんなでする。「まるで、建設会社の朝礼( ゚艸゚;)」2.瞑想会社一日、10秒めいそうする。「す、すごい小学生…」3.平和、協力会社クラスの平和のために、チャイム着席の声かけ「理念が素晴らしすぎる」初めはレク会社のよう [続きを読む]
  • 【話し合い席替え】自分たちでベストを考える
  • 席替えは子供にとって一大イベント今回は国語の発表会があるので、それに向けた席を子供たちに全部丸投げしました。一筋縄ではいかず特に最期の1人が気に入らなすぎてしくしくわたしは、「みんなでなんとかしてみなよ」と、一言かけて見守るといつもやんちゃな男の子が、優しく声をかけたり優しい女の子がしびれを切らして文句を言ったり同じような気持ちになりやすい子がぼそっとつぶやいたりそうかと、閃いた子が私 [続きを読む]
  • 【衝撃学級】みんな使っていい紙
  • 私のクラスには子供を私が応援する「応援します思いやり、一生懸命、一人も置いていかない」という紙と「声に気をつけて」紙があります休み時間の運動会の練習中も勝手に応援紙を掲げている子供。自習の時にそっと黒板にこえにちゅういを貼ってくれる子供をみて。素敵だなと思いました。そして、今のクラスのブームは、秘密基地ごっこです。みんなの試行錯誤が面白い今日この頃です。 [続きを読む]
  • 【全員贔屓】その2
  • 神奈川では飛行機がすごいですもしかして戦争とかかんがえています。今回全員贔屓を、掲げて学級経営中二週目になって机を2つ置いた部屋に異変そこにいた子供が全員変わりました。立ち歩いちゃう子が本当に多いクラスでしたがあり方を考えて友達に譲るということごできてきています。すごい‼?感動しました。 [続きを読む]
  • 【全員贔屓】新しい学級づくり
  • 夏休みが終わり、子供たちも運動会の練習で燃えています。さて、2学期が始まり2つのことにチャレンジしています。1つ目はパーテーションを2つ導入アマゾンで売っている自習室というパーテーションです。2つ目は自習室を黒板の横に作りました。余分な机を2つ置いただけですが決まりは誰でもいつでも使っていい、ということ。テレビを見るときは戻る専科の先生には断りをいれてから子供たちは譲り合うことをし始めました。 [続きを読む]
  • 【工夫】運動会は意識するだけ
  • 久々に職場に行きました。仕事はいやだぁわわわわわでも、運動会の踊りが待っていました楽しかったですこの楽しさを子供達にもつたえますここで、、ワンポイント前の動きの時に次の動きを支持するだけで練習時間が短くなる音楽やってた人間はそこらへんにいると思うので頼って見てください [続きを読む]
  • 【お母さんの頑張り】保護者の声聞いてる?
  • o-157のニュースを見て習慣をみなおしております。今日のテーマは「保護者との関わり」ある研修に参加した時、困ったお母さん、どこに相談したらいいかわからないお母さんに会うことができました。「先生から、息子が突然通級っていわれ」「今年は、支援なのにダメダメってすごく言われて」「不登校家系だから仕方ないのかも」私のできたことは偉いよ〜。や、●年生は、充電期間なのかもしれないですね。親御さんはと [続きを読む]
  • 【学級経営って】授業のud学会「学級経営」全国大会に
  • 8月17日授業のユニバーサルデザイン全国大会に行きました。本日のテーマは「学級経営って」実は、これって学校規模で大事なのかなとおもいました。講師の先生曰く、「誰も習ってない。誰も、答えを知らないのにすごく問われるもの。」という言い方をされていて、とても納得しました。問われたのは理想のクラスと先生のあり方この問いへのミノセンの答えは「理想」は先生がいなくても自分達でできる。そのために「先生のあり [続きを読む]
  • 【みかん園と獣害】人のやさしさに触れること
  • 関東は梅雨に雨が降らなかった分たくさんの雨が降っています。こんな雨の中今日は神奈川県西部の名産である「みかん」の畑にお邪魔しました。日本のみかんの生産の10位で2.8%ですが、シェアを保っています。ここの「みかん園」お父さんとおかみさんが本当にいい人。商売人ではなく、人として本当にやさしい。子どもたちが「おもいやり」に触れる瞬間だろうなと感じました。 [続きを読む]
  • 【先生も全員参加!】JAPAN教育に光を
  • テーマは「先生も全員参加」を!支援級担任の時複数担任の良さをしったので発信したくなったミノセンです。特別支援学級とは・・・。私の論と国の定義を説明します。「私の論」間違えてほしくないのは特別支援学級=≪障がい者限定≫ではないということ。私の考えですが、日本は≪障がい≫とくくっているだけで実際は国から保証を受けられる人に手帳を配っている。だけ目の見えない人のための社会を作るのは大変。だから [続きを読む]
  • 【お母さんみてますよ】夏休み中の子供
  • 電車に乗っているとたくさんの家族にあいますよね。この前、電車にたくさんの親子グループが乗ってきました。私は、どんなグループかとワクワクしてしまうんですが案の定、おしゃべりおしゃべりおしゃべりでも、中学年くらいの子が「しー」ってやってくれました。まぁ、最近は子供の話なんかききませんから、止まりませんが学校で、習ったんだな学校を美化するわけでは無いですが、やっぱり、学校って社会の価値を伝え [続きを読む]
  • 【子供の言葉】聞いてわかる本当の気もち
  • 今日のテーマは「子供の言葉」聞いてわかる本当の気持ちよく教師は「こうするんだよ、ああするんだよ」と声掛けをします。なぜか、時間がないと思っているから実際授業は生き物で、どんなところでつまずくかなんて何年やっていてもわからない。ある日「先生の授業わからない」とはっきり言われたことがあります。その時は、なんてこと言うんだと悲しい気持ちになりましたが、翌日、「どこがわからなかった」勇気を出して聞く [続きを読む]
  • 【ネット研修】ファシリテーションって教育に必要?
  • 山の日ですが、陸にいるミノセンです。山にはなかなかいかないですよね。なんて「山の日」のせいで思い起こされます(笑)すごい!さて今日のテーマは「【ネット研修】ファシリテーションって教育に必要?」結論:目的によっては、必要な時もある。   必要に応じて使えばよい。結論が早すぎましたね(^^;)。まず、「ファシリテーションってなんだ?」ということでミノセン得意のネット研修です。今は「You Tu [続きを読む]
  • 【先生のお仕事】自分なりに考えてみた。
  • ブログを再開します。「自分の気持ちを発信したい!」と思えたので!!今日のテーマ「そもそも先生の仕事はなんでしょう(・△・;)?」人格の形成? 学力向上? いろんな事やらせる? 子供に自治させる? 校務分掌?書いても書いてもきりがないです。例に出した5項目だけでも1日、2日は論争が起きそうです。詳しく知りたい方はコチラ↓文科省のホームページ「教員を目指そう!」http://www.mext.go.jp/a_menu/sho [続きを読む]
  • いろんな教員がいる
  • 今、教育現場は多種多様。大切にするものが都道府県、市町村、学校、教員によって大きく違う。?「いい先生」の基準?この考え方は大人が植え付けなきゃ子供が発することはないと思います。「この先生とどうやって一年楽しもうか」考えられる子供が増えることの方が面白いのではないかなと、私の幼少期を思い出した日曜日でした。 [続きを読む]
  • 新しい出会い
  • 新しい出会いには誰しも緊張し、どう振る舞えばいいか悩むもの。子供たちも一緒ですね。どんなドラマも先が分かっては面白くない。そんなことを頭に入れてなにを育てて伸ばすか考えていきたいです。 [続きを読む]
  • 卒業式で、反省
  • 卒業式後あんなに暴れた子たち先生、学校また来てもいいみんなとあそびたいよ。と、相談されました。本当は、学校大好きなんだなと、改めて感じました。卒業おめでとう。‥つくづく学校って場所が子供を子供らしく振舞わせないのかもと、反省させられました。もっと、いきいき‼ [続きを読む]
  • なんでもよろこべるっていいな
  • 全員クラスメートがあつまるとイェーイと言えるそんな、子供全員で遊ぶと言うとイェーイといえるそんな、子供全員で、劇をすると言うとイェーイといえるそんな、子供が、います。一方、あいつがずるい休んでイェーイ俺たちだけであそびたかったのにやりたくねぇこんな、子供に楽しい経験をさせたいな [続きを読む]