ゆうぞう さん プロフィール

  •  
ゆうぞうさん: 筆界の彼方
ハンドル名ゆうぞう さん
ブログタイトル筆界の彼方
ブログURLhttps://hikkainokanata.chosashi-sato.com/
サイト紹介文土地家屋調査士受験生の為になる情報や日々の業務などを発信していきます。
自由文H27年土地家屋調査士試験合格者、H29年土地家屋調査士登録。現在行政書士も勉強中。業務と勉強と子育てに奮闘している父親です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/12/13 00:36

ゆうぞう さんのブログ記事

  • 土地家屋調査士補助者の転職に資格の有無は関係ない
  • こんにちは、ゆうぞう(@you3tips)です。転職をするなら「資格を持つべきだ」と考える方はたくさんいます。しかし土地家屋調査士の補助者の求人を考えている場合、そこまで転職と資格をセットで考える必要性はないかもしれません。土地家屋調査士業には「社員が◯◯人以上なら資格者を△△人雇わなければならない」等の規則もなければ、最低でも測量経験者である事(この縛りは求人表でたまにみかけますが…)と言う基準もないで [続きを読む]
  • 雪国調査士は冬が大変だけど、そこがチャンスだと思いたい
  • こんにちは、ゆうぞう(@you3tips)です。気持ちの良い日が続いたお正月でしたが、ここ何日かで嘘のように荒れました。雪です。息子は雪遊びができると大興奮でしたが、雪国調査士には大変厳しい時期になってきました。毎年仕方がないこととはいえ、やはり雪の季節は嫌なものです。ウィンタースポーツもしないものですから・・・・ 山形に戻ってからと言うもの東京で測量をしていた時には感じなかった、積雪地域特有の冬の厳しさ [続きを読む]
  • 土地家屋調査士開業前に一度は見て考えておきたい、日調連の公開情報。
  • こんにちは、ゆうぞう(@you3tips)です。土地家屋調査士試験に合格された方の次のステップは『開業』だと思います。そして土地家屋調査士を開業する上で最初の検討事項といえば「場所の選定」ではないでしょうか。親が土地家屋調査士で合同事務所にする方、調査士法人に入る予定の方は別かもしれませんが、個人で独立する方は1からのスタートです。特に場所の選定が重要なファクターです。選定理由は「業務経験のある市や区で開 [続きを読む]
  • 「伊能でGO」遂に始動。
  • こんにちは、ゆうぞうです。きました。遂に来ました!待望アプリ伊能でGOがリリースされました!過去記事で少しご紹介しましたが、正式に稼働したということなので触れていきたいと思います。https://hikkainokanata.chosashi-sato.com/2017/01/23/%e4%bc%8a%e8%83%bd%e5%bf%a0%e6%95%ac%e6%b8%ac%e9%87%8f%e9%9a%8a%e3%81%ae%e8%a1%8c%e8%b7%af%e3%81%8cgoogle%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%e4%b8%8a%e3%81%a7%e7%a2%ba%e8%aa%8d%e [続きを読む]
  • 筆界未定は後々の悩みの種。解消法と例外を確認しましょう。
  • こんにちは、ゆうぞうです。今回は筆界未定地についてのお話です。筆界未定地とは下図のように地図に記載される土地の地番が何かしらの原因でプラス地番として処理されてしまった土地のことです。このような土地は不動産取引はもちろんのこと、様々なシーンで悩みの種となります。 今回は、「筆界未定地」について原則と例外を確認し少し掘り下げていきたいと思います。筆界未定地筆界未定地とは筆界未定地の定義を確認してみます [続きを読む]
  • 【不動産登記法 建物】筆界特定制度について
  • 本日は筆界特定制度についてです。電車での通勤時間や移動中のスキマ時間で回答できるボリュームです。頭の体操にいかがでしょうか。 問1筆界特定の申請情報に補正することができる不備があり、登記官が補正を認める相当な期間を定めたときは、その期間内に、当該補正すべき事項に係る不備を補正することができる。答え答 ○筆界登記官は筆界特定の申請の不備が補正できるものであり、かつ補正に係る相当な期間を定めたときは、そ [続きを読む]
  • 【不動産登記法 建物】建物の登記事項床面積の定め方について
  • 本日は建物の登記事項についてです。電車での通勤時間や移動中のスキマ時間で回答できるボリュームです。頭の体操にいかがでしょうか。 問1出窓はその高さ1.5m以上のもので、その下部が床面と同一の高さにあるものに限り、床面積に参入する。答え答 ○出窓はその高さ1.5m以上のものでその下部が床面積と同一の高さにあるものに限り床面積に参入します。 問2柱又は壁が傾斜している場合の床面積は、各階の床面積に接着する [続きを読む]
  • 建物の基本事項、概念と建物要件を確認してみよう。
  • こんにちは、ゆうぞうです。 私たちが普段建物調査をおこなう時、建物周りと敷地からの離れを測って、構造や屋根などを確認して・・・・・と当たり前のように調査をおこなっていると思います。しかし、そもそもの根底の話ですが、私たちの扱う「建物」とはどのようなものを指すのでしょうか。 一般的な住宅は当然に「建物」として扱いますが、周壁のないカーポートや簡易的なイナバ物置はどうでしょうか? 土地家屋調査士は不動産 [続きを読む]