駐在妻 さん プロフィール

  •  
駐在妻さん: タイ・バンコクに駐在・赴任が決まった方へ
ハンドル名駐在妻 さん
ブログタイトルタイ・バンコクに駐在・赴任が決まった方へ
ブログURLhttp://bangkokchuzai.blogspot.com/
サイト紹介文タイ・バンコクへ駐在・赴任・転勤が決まった方の不安を解決する情報をお知らせします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/12/14 03:22

駐在妻 さんのブログ記事

  • タイ人は短気で怒らせた超危険
  • タイの駐在が決まり、色々気になることがあるでしょうが、まとめれば「平和に過ごしたい」ということでしょうか。タイでは「平和と危険は紙一重」ということが言えます。そんなことは日本だって同じだと言われそうですが、タイでは命がかかわる危険に遭遇することが日本以上に確率が高いです。ただ、遭遇していることすら気付いていないかもしれません。遭遇していても気づかないのがひび接する人間であるタイ人です。そんな周囲に [続きを読む]
  • 駐在妻はモテる?
  • 駐在妻はモテるという話は聞いたことがありますか?これは海外で実際に生活してみるとわかるかと思えば、なかなか自分ではわかりません。だって、もてるということは、私たち駐在妻ではなく、男性の気持ちなんでわかるわけがありません。実際にもてる経験でもあれば、もてますよと言うことができますが、そうアクションを起こす男性は少ないものですし、私は経験がありません…ただ、駐在妻の間では噂話は流れてくることがあります [続きを読む]
  • タイ駐在夫は夜のお店、風俗に行くのか?
  • タイの駐在が決まった夫は、夜のお店、いわゆる風俗系には行くんでしょうか?駐在妻としてはそこが心配です。心配無用ですよ。行きますからwある雑誌のアンケートによると、仕事でもプライベートでも行ったことあるのが47%仕事でなら行ったことがあるのが25%プライベートならあるのが14%行ったことが無い人が14%だそうです。結局のところ、86%が夜の店に行ったことがある。14%が無いという結果です。タイの駐在 [続きを読む]
  • タイの赴任が決まり、駐在妻は英語ができなくて大丈夫?!
  • タイへの赴任が決まり、アジアと言っても海外ということで、駐在妻である奥さんが英語が話せなくて大丈夫だろうか?という不安があるかもしれません。結論から言えば、駐在妻は英語が話せなくても全く大丈夫です。まず、バンコクのお店の人もネイティブな英語ではなく、日本人レベルの英語だったりするので、変な気構えは必要なくコミュニケーションしやすいでしょう。さらに、日本人が生活する圏内では、日本のレストラン、スーパ [続きを読む]
  • タイの日差しは駐在妻の敵!
  • バンコクの駐在妻に必須のアイテムが日焼け止めです!年中刺すような日光のバンコクで日焼け止めを塗らずに歩くなんて完全にありえません!すぐに染みができてしまいそうで毎日日焼け止めは手放すことができません。現に私は日焼け対策を怠ってしまったので、帰国前には完全に染みが増えてしまいました。こんなところになかったのに・・・というところに(;へ:)バンコクでも日焼け止めは手に入りますが、日本製となると高かった [続きを読む]
  • 典型的な嫌われる嫌な駐在妻とは?あるあるパート2
  • タイで駐在妻になった際、嫌われている駐在妻がいます。前にパート1を書きましたが、今回はパート2です。 集団を仕切りたがる。何かと集団で行動するように働きかけ、さらにその集団を仕切ろうとしてきます。ランチ会を積極的に開く。異常なほど積極的に・・・そして、話題の中心になりたがり、店のメニューなども仕切りたがります。本当に駐在妻たちからは疎まれる存在です。陰湿な性格。このような人からはとっとと逃げた方が [続きを読む]
  • 駐在妻でうつに成りやすいタイプ
  • 駐在妻がいつでもセレブっぽい優雅な暮らしをしているわけではありません。私の知り合いの奥様の中には、鬱っぽい症状なのかな?と心配になる方もいました。どのような人が鬱っぽくなってしまうのか。 お子様がいなくて、旦那さんが仕事に出ると、ずっと1人でいなければならないタイプ。最初は伸び伸びしていてよかったそうですが、1年経つ前に、暇な気持ちは限界に達してしまったようです。広い家で1人きり。お手伝いさんがいて [続きを読む]
  • バンコクの駐在妻コミュニティーは狭い!トラブル解消法
  • バンコクで駐在妻として生活しているとコミュニティーの狭さに辟易することがあります。本当に気を付けてほしいことがあるので、今から話す実例を読んでくださいね。例えば日系スーパーで態度が悪い知り合いでもない駐在妻がいたとします。その人が前を見ずにぶつかってきたとします。あなたなら怒ります?注意します?実はどちらも不正解です!というのも、バンコクの駐在妻のコミュニティは想像を絶するほど狭いからです。仮に怒 [続きを読む]
  • 典型的な嫌な駐在妻の姿とは?あるあるパート1
  • こっちで駐在妻のグループで交流を深めていくにつれ、嫌な駐在妻のタイプが見えてくるものです。どんなタイプに私自身が嫌だと感じたかを書きますね。全てがこんな人たちではなく、ごくごく一部、稀に遭遇することがある珍種です。まずは、セレブと勘違いしている駐在妻です。日本では、安売りのスーパーを探していたにも関わらず、こっちでは会社から各種手当がつき、しかも専属ドライバーまでつく生活。住宅も高級コンドミニアム [続きを読む]
  • 駐在妻としての気分の落ち込み(鬱?)
  • 夫のバンコク赴任が決まり、駐在妻の生活をスタートした当初は、目まぐるしくやることがあり、忙しい日々を過ごすことになるでしょう。忙しいときというのは、普通はマイナスにとらえられますが、実は「考えなくて良い」のでマイナスではなく、精神的にはプラスに作用しているものです。バンコク生活が3ヶ月経った頃から周囲の細々したことが落ち着いてきます。すると初めて自分の境遇が冷静に見えてきます。日本とタイの違い。バ [続きを読む]
  • バンコク駐在妻の浮気
  • バンコクに駐在となり、バンコクマダム駐在妻となれば、かなりの自由時間をもてるようになります。子どもを幼稚園、学校に送れば、ずっと自由時間です。共働きしていた人は日本のように忙しくしなくてすむでしょう。しばらくタイ駐在妻として生活していると夫の不満がたくさん出てくるものです。駐在員の付き合いで夫はゴルフばかり。平日も何しているのか帰りは遅い。時々、子どものことを見れば、子育てに口出しをしてくる。そん [続きを読む]
  • バンコク日本人学校の担任の先生の当たりハズレ
  • バンコク駐在が決まり、日本人の多いコンドミニアムに住むことが決まると毎年の恒例行事があります。それはバンコク日本人学校の新学年の時、コンドミニアムで交わされる担任の先生の当たりハズレ談話です。。。日本ならそんな話はあまりしませんよね?でも、バンコク日本人学校に通うお母様方は横のつながりが濃いんです。したいしたくないにかかわらず、勝手に「うちの担任はどうだ、こうだ」と言った話を耳にする機会が増えてき [続きを読む]
  • バンコク日本人学校の学費は高い!
  • タイに赴任となり、勤務地がバンコクとなればほとんどの人がバンコク日本人学校を選びます。超マンモス校で、2017年度では生徒数2696名で教職員218名という世界1大きな日本人学校となっています。日本人学校は規模が大きければ良いというわけではなくて、規模が大きくなるほど、統一性を出すことに苦労しているようです。なにせ教員218名が一緒の教育方針で動くとなると本当に大変でしょうね。1年生なんて14クラ [続きを読む]
  • バンコク駐在員の浮気や風俗遊びの対処法
  • バンコクの駐在員をもつ駐在妻が不安なのが、夫の風俗・水商売での浮気です。もし、本当にしているなら、不潔で、妻として耐えられないことでしょう。では、バンコクで駐在している夫の風俗・水商売遊びにどう対処していったらよいのでしょうか。正直に言えば、対処のしようがありません。なぜなら、会社帰りの様子など飲み会だと言われたらわからないからです。さらに、残業だという理由だって調べようがありません。会社に連絡す [続きを読む]
  • バンコク駐在妻のマストアイテムは日傘です!
  • 必須アイテムは日傘です。タイの日差しは相当にキツイです。ちょっと当たっているとジリジリとサンマを焼いているかのように腕がヒリヒリしてくることも。毎回日焼止めのクリームを塗ることになりますが、やはり大切なのは日傘ですね。こちらにいる駐在妻ならかなり頻繁に使うことになるマストアイテムです。毎日使うものだから自分が好きなものを選びたいところです。嫌なデザインのものを毎日使うのと、好きなデザインのものを毎 [続きを読む]
  • タイのバンコクで駐在すると予想以上の生活費が!
  • タイに駐在になることが決まり、その赴任地がバンコクだったとき、思った以上に物価の安さを感じないかもしれませんよ。というのも、駐在で生活していると、現地の食べ物ではなく、かなり日本食に偏ってくると思います。バンコクで駐在をしている方の多くが、日本料理ばかり食べています。すると食費にかかるお金は相当高くなり、エンゲル係数が相当高くなります。例えば、日系のラーメン屋でラーメンを頼めば、200Bくらいしま [続きを読む]
  • 超危険!タイでの食あたり!
  • タイに赴任が決まって生活に慣れたころ、必ずといってよいほど遭遇する危機があります!それが・・・食あたり!バンコクの駐在妻の中でもあるあるです。この食あたりを経験していない人の方が少ないのでは?と思うほど、1年に1回。いや、短いスパンの人は何か月かに1回かドカン!と腹痛を伴う食あたりを経験します!これが本当にキツイんです。原因は様々でどこに爆弾が潜んでいるかわかりません。日本食レストランの刺身でドカ [続きを読む]
  • タイの駐在妻の習い事は帰国後の自宅サロンを考慮する!
  • タイのバンコクに駐在になり、たぶん数年は暮らすようになりますよね。それで必ず日本に帰国するんですが、帰国した奥様方から聞こえる声としては、日本の仕事で使える習い事をしておけばよかったという声です。実際に、日本に帰国してから、タイ料理屋さんをオープンさせた駐在妻の方もいらっしゃいます。そんなの無理!といった声が聞こえてきそうですが、そんな規模が大きい物ではなく、町の中の小さいショップを借りて、こじ [続きを読む]
  • タイ、バンコクの駐在で子どもの水筒はどうしたらよいか。
  • バンコクに駐在が決まった方で、お子様がいらっしゃる方にはぜひ聞いてほしいことがあります。バンコク日本人学校では水筒は必須の持ち物です。インターでも水筒を持って行きます。日本で子どもの水筒を買うなんて、とっても簡単なことですよね?では、バンコクではどうかというお話です。バンコクにも水筒は売っていますが、保冷のしっかりした物は、タイ製ではなく、日本製です。象印などの本格的な水筒はこちらの日系デパートな [続きを読む]
  • 仕事を辞めた駐在妻の生きがい
  • バンコクへ駐在する夫に付いて行くことで、仕事を辞めたという奥様もいるかと思います。今まで平日をバリバリがんばってきて、駐在妻としてタイに来たとき、暇な時間を持て余し、ぽっかりと心に穴が開いたような空虚な感じを味わうことがあります。生きている意味って何だろう・・・いろいろと悩みながら、ここまで思い詰める人も。私は、割り切って考えた方が良いと思います。例えば、駐在妻としてタイにきたのは人生の休養期間、 [続きを読む]
  • 駐在妻で辛いと思うとき
  • バンコクで駐在妻をしていて、辛いと思うことで多いものが孤独感です。というのも、駐在員である夫は、平日は深夜に帰宅し、遠方の勤務地のため、早朝から出勤。そして、土日は出勤しているか、ゴルフという生活です。だから、駐在妻は1人で子育てをしているような気持ちになってきます。特に、小さい赤ちゃんだと、話し相手になってくれるわけでもなく、かといって、暑いバンコクで簡単に外出できるわけでもなく、気が付いたら [続きを読む]
  • タイの駐在が決まり、生活してみて良かった点
  • タイに駐在が決まり、タイの生活に不安がある人も多くいると思います。でも、タイに駐在となり、実際にタイで生活してみたら思った以上に良かったという意見も多くあるんです。 特にタイでの生活で良かった点は、お手伝いさんを雇い、高級コンドミニアムに住めるという点です!日本では絶対にありえない経験です。洗濯、食器洗いをしてくれるお手伝いさんを月に3万円程度で毎日雇うことも。高級コンドミニアムは驚くべき広さで [続きを読む]
  • バンコク駐在妻が選ぶ幼稚園と判断ポイント
  • バンコク駐在妻が選ぶ幼稚園5位 メロディ幼稚園4位 たけのこ幼稚園3位 ニューバンビーノ幼稚園2位 キラキラKids幼稚園1位 SP幼稚園幼稚園を選ぶときの判断基準で一番大切にしていることが、園の雰囲気、先生の質でした。幼稚園ですからね。笑顔で通ってもらうのが一番です!次が通学距離。毎日の送り迎えをするのであれば、それは近い方が良いですね!次に施設や環境というものでした。せっかく子どもが通うなら環境が良 [続きを読む]