駐在妻 さん プロフィール

  •  
駐在妻さん: タイ・バンコクに駐在・赴任が決まった方へ
ハンドル名駐在妻 さん
ブログタイトルタイ・バンコクに駐在・赴任が決まった方へ
ブログURLhttp://bangkokchuzai.blogspot.com/
サイト紹介文タイ・バンコクへ駐在・赴任・転勤が決まった方の不安を解決する情報をお知らせします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/12/14 03:22

駐在妻 さんのブログ記事

  • バンコク日本人学校の担任の先生の当たりハズレ
  • バンコク駐在が決まり、日本人の多いコンドミニアムに住むことが決まると毎年の恒例行事があります。それはバンコク日本人学校の新学年の時、コンドミニアムで交わされる担任の先生の当たりハズレ談話です。。。日本ならそんな話はあまりしませんよね?でも、バンコク日本人学校に通うお母様方は横のつながりが濃いんです。したいしたくないにかかわらず、勝手に「うちの担任はどうだ、こうだ」と言った話を耳にする機会が増えてき [続きを読む]
  • バンコク日本人学校の学費は高い!
  • タイに赴任となり、勤務地がバンコクとなればほとんどの人がバンコク日本人学校を選びます。超マンモス校で、2017年度では生徒数2696名で教職員218名という世界1大きな日本人学校となっています。日本人学校は規模が大きければ良いというわけではなくて、規模が大きくなるほど、統一性を出すことに苦労しているようです。なにせ教員218名が一緒の教育方針で動くとなると本当に大変でしょうね。1年生なんて14クラ [続きを読む]
  • バンコク駐在員の浮気や風俗遊びの対処法
  • バンコクの駐在員をもつ駐在妻が不安なのが、夫の風俗・水商売での浮気です。もし、本当にしているなら、不潔で、妻として耐えられないことでしょう。では、バンコクで駐在している夫の風俗・水商売遊びにどう対処していったらよいのでしょうか。正直に言えば、対処のしようがありません。なぜなら、会社帰りの様子など飲み会だと言われたらわからないからです。さらに、残業だという理由だって調べようがありません。会社に連絡す [続きを読む]
  • バンコク駐在妻のマストアイテムは日傘です!
  • 必須アイテムは日傘です。タイの日差しは相当にキツイです。ちょっと当たっているとジリジリとサンマを焼いているかのように腕がヒリヒリしてくることも。毎回日焼止めのクリームを塗ることになりますが、やはり大切なのは日傘ですね。こちらにいる駐在妻ならかなり頻繁に使うことになるマストアイテムです。毎日使うものだから自分が好きなものを選びたいところです。嫌なデザインのものを毎日使うのと、好きなデザインのものを毎 [続きを読む]
  • タイのバンコクで駐在すると予想以上の生活費が!
  • タイに駐在になることが決まり、その赴任地がバンコクだったとき、思った以上に物価の安さを感じないかもしれませんよ。というのも、駐在で生活していると、現地の食べ物ではなく、かなり日本食に偏ってくると思います。バンコクで駐在をしている方の多くが、日本料理ばかり食べています。すると食費にかかるお金は相当高くなり、エンゲル係数が相当高くなります。例えば、日系のラーメン屋でラーメンを頼めば、200Bくらいしま [続きを読む]
  • 超危険!タイでの食あたり!
  • タイに赴任が決まって生活に慣れたころ、必ずといってよいほど遭遇する危機があります!それが・・・食あたり!バンコクの駐在妻の中でもあるあるです。この食あたりを経験していない人の方が少ないのでは?と思うほど、1年に1回。いや、短いスパンの人は何か月かに1回かドカン!と腹痛を伴う食あたりを経験します!これが本当にキツイんです。原因は様々でどこに爆弾が潜んでいるかわかりません。日本食レストランの刺身でドカ [続きを読む]
  • タイの駐在妻の習い事は帰国後の自宅サロンを考慮する!
  • タイのバンコクに駐在になり、たぶん数年は暮らすようになりますよね。それで必ず日本に帰国するんですが、帰国した奥様方から聞こえる声としては、日本の仕事で使える習い事をしておけばよかったという声です。実際に、日本に帰国してから、タイ料理屋さんをオープンさせた駐在妻の方もいらっしゃいます。そんなの無理!といった声が聞こえてきそうですが、そんな規模が大きい物ではなく、町の中の小さいショップを借りて、こじ [続きを読む]
  • タイ、バンコクの駐在で子どもの水筒はどうしたらよいか。
  • バンコクに駐在が決まった方で、お子様がいらっしゃる方にはぜひ聞いてほしいことがあります。バンコク日本人学校では水筒は必須の持ち物です。インターでも水筒を持って行きます。日本で子どもの水筒を買うなんて、とっても簡単なことですよね?では、バンコクではどうかというお話です。バンコクにも水筒は売っていますが、保冷のしっかりした物は、タイ製ではなく、日本製です。象印などの本格的な水筒はこちらの日系デパートな [続きを読む]
  • 仕事を辞めた駐在妻の生きがい
  • バンコクへ駐在する夫に付いて行くことで、仕事を辞めたという奥様もいるかと思います。今まで平日をバリバリがんばってきて、駐在妻としてタイに来たとき、暇な時間を持て余し、ぽっかりと心に穴が開いたような空虚な感じを味わうことがあります。生きている意味って何だろう・・・いろいろと悩みながら、ここまで思い詰める人も。私は、割り切って考えた方が良いと思います。例えば、駐在妻としてタイにきたのは人生の休養期間、 [続きを読む]
  • 駐在妻で辛いと思うとき
  • バンコクで駐在妻をしていて、辛いと思うことで多いものが孤独感です。というのも、駐在員である夫は、平日は深夜に帰宅し、遠方の勤務地のため、早朝から出勤。そして、土日は出勤しているか、ゴルフという生活です。だから、駐在妻は1人で子育てをしているような気持ちになってきます。特に、小さい赤ちゃんだと、話し相手になってくれるわけでもなく、かといって、暑いバンコクで簡単に外出できるわけでもなく、気が付いたら [続きを読む]
  • タイの駐在が決まり、生活してみて良かった点
  • タイに駐在が決まり、タイの生活に不安がある人も多くいると思います。でも、タイに駐在となり、実際にタイで生活してみたら思った以上に良かったという意見も多くあるんです。 特にタイでの生活で良かった点は、お手伝いさんを雇い、高級コンドミニアムに住めるという点です!日本では絶対にありえない経験です。洗濯、食器洗いをしてくれるお手伝いさんを月に3万円程度で毎日雇うことも。高級コンドミニアムは驚くべき広さで [続きを読む]
  • バンコク駐在妻が選ぶ幼稚園と判断ポイント
  • バンコク駐在妻が選ぶ幼稚園5位 メロディ幼稚園4位 たけのこ幼稚園3位 ニューバンビーノ幼稚園2位 キラキラKids幼稚園1位 SP幼稚園幼稚園を選ぶときの判断基準で一番大切にしていることが、園の雰囲気、先生の質でした。幼稚園ですからね。笑顔で通ってもらうのが一番です!次が通学距離。毎日の送り迎えをするのであれば、それは近い方が良いですね!次に施設や環境というものでした。せっかく子どもが通うなら環境が良 [続きを読む]
  • バンコク駐在妻が選ぶ不動産会社ベスト5
  • 某雑誌に掲載されていた2017年のバンコク駐在妻約1000人が選んだ不動産会社ベスト5位です。 5位 吉田不動産4位 西村不動産3位 アパマンショップ2位 ディアライフ1位 オーナーと直接1位のオーナーと直接というのは、こちらに一度住んでから、同じコンドミニアム内で、違う部屋を探すときにオーナーさんと直接契約する方が多いようです。ディアライフさんは、タレントのバービーさんを宣伝に起用していて、かな [続きを読む]
  • バンコクの駐在妻の習い事ベスト5
  • バンコクに住む駐在妻約1000人に行ったアンケートによる「習い事ベスト5」です。5位 テニスお子様でテニスを習っている子も多くいて、同じスクールに通う駐在妻も多いようです。4位 タイ料理これは王道ですね。タイに来たからにはタイ料理を作れるようになって帰国したいという思いは誰もがあるはずです!3位 英語せっかく海外で生活するのだから、英語をマスターしたい!という思いをもつ方は多いようです。2位 ヨガ [続きを読む]
  • バンコク駐在者に人気の3つの居住地域を紹介!
  • バンコクの駐在が決まったら必ず考えなければならないのがどの地域に住むかということです。バンコクで日本人はほぼ固まって住んでいますが、その地域がいくつかに別れています。日本人が多く、かつ便利なところを順番にご紹介します。まず、圧倒的に日本人が多い地域がBTSのプロンポン駅付近です。ちなみにBTSとはバンコクの中心部を走る高架鉄道の名称です。プロンポン駅周辺にはエンポリアムという高級デパートがあり、また、フ [続きを読む]
  • タイの駐在生活で覚悟するべき停電
  • タイの駐在生活をしていて不便なことは、停電が多いことです。これは本当に困ります。別に日本の春先のような心地よさであれば、窓でもあけてやり過ごすことができるんですが、タイ生活です^_^;日中30℃を越えるような日に停電になったら。。。まぁ、日中であれば、家から出てカフェでやり過ごすことができます。でも、キツイのが夜の停電。しかも夕食時だったらもう地獄です。暑い。暗い。いつ復旧するかわからない精神的苦痛。 [続きを読む]
  • 駐在妻が不安な夫の夜のお店遊び
  • タイの現地で超大手の広告紙のアンケート調査によると、夜の店に行ったことがありますか?という問いに対して、駐在員の方が答えた結果は。。。86%がある!でも、嘘をついて「ある」を答える人はいなくても、嘘をついて「ない」と答える人は少なからずいると思うので、実際は90%以上が「ある」といえるんじゃないかなと思います。これはアンケートによる事実の数字なので、タイにいく駐在妻としては、なかば覚悟して置かなけ [続きを読む]
  • バンコク駐在妻の人付き合いの悩み
  • バンコクのコミュニティーはとても狭いです。本当に顔見知りに頻繁に出会います。習い事がかぶったり、買い物する場所もかぶったりとかなり頻繁に奥様グループの誰かと出会います。バンコク駐在妻の大きな悩みの1つにこの日本人妻グループの人付き合いがあります。はじめから社交的であればいいんですが、そうではない人もいますよね。でも、毎回のようにカフェやランチの誘いをしてくる人もいます。また、子どもがいれば遊び場で [続きを読む]
  • バンコク駐在の妻が持っておくと便利なクレジットカード
  • バンコクの駐在が決まった奥様でお子様がいる方はぜひ持っておくと便利なものがあります。それはクレジットカード。しかもJCB。お子様が遊ぶところで有名な場所にエカマイのプレイタイムというところがあります。室内の遊び場で、子どもの遊具がたくさんあって1日楽しめるところなんですが、ここはJCBカードで払うと20%も割引があるんです。他にもJCBはちょくちょく優遇されるところを見かけるんで、JCBのクレジットカードは持 [続きを読む]
  • バンコク駐在に電化製品はもっていくべきか?
  • バンコクに駐在が決まった奥様が悩まれることに電化製品をもっていくかどうかがあるようです。冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、コーヒーメーカー・・・あげたらきりがありませんが、私の個人的な感想は、全くもっていく必要はない!ということです。バンコク駐在で住むことになるであろうコンドミニアムには、電化製品がほぼそろっているところが多くありますので。また、もし一部足りないものがあれば、簡単に手に入りますよ。ただし [続きを読む]
  • タイの駐在で不安な食生活について
  • タイに駐在が決まった夫の妻として不安なことに食事があると思います。タイの料理は、なんかキツイ香辛料のイメージがある人が多いんですよね。でも、そんな心配は全くいりません。というのも、バンコクなら、ほぼすべての日本料理が手に入ります。しかも、クオリティも日本レベルです。よくどっかの海外のなんちゃって日本食レストランというレベルではなくて本当に日本でも通用するレベルの店は山ほどあります。ココ壱、牛角、一 [続きを読む]
  • バンコクへ持っていくべきか迷う物があるときの思考法
  • バンコクへの駐在が決まったとき、次に奥様方がしなければならないのが、荷物整理でしょうね。バンコクに持っていった方が良いのかな?これは持っていかなくても良いのかな?正直なことをお伝えするとほとんどの物はタイで手に入ると思います。でも、不安は不安でストレスになりますよね。イライラも増えてくると思います。そんな方におすすめなことがあります。迷うくらいなら、いっそのこと持って行ってしまう!という決断です。 [続きを読む]