はやこ さん プロフィール

  •  
はやこさん: お家のはやこ、時々お外
ハンドル名はやこ さん
ブログタイトルお家のはやこ、時々お外
ブログURLhttps://ameblo.jp/tama5564/
サイト紹介文節約、倹約大生活。 波乱含みの人生だけど、何とか生きていかなくちゃ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2016/12/14 17:26

はやこ さんのブログ記事

  • 時代の手仕舞い
  • 気になる記事 ・ 平成という時代の、 霊的な節目の影響。・ 一つの、時代という 「 エネルギー体 」 が意志を持って手仕舞い を始めている。・ 天皇陛下の霊的な任務とは、その時代 ( 平成では約31年間 ) に亡くなった無数の人々を 「 子供たち 」 として、陛下ご自身は 親として、そのお御魂 ( おみたま ) たちを引率して天に上げる こと。これが天皇の崩御 ( ほうぎょ : 貴人の死への敬称 ) をもって切 [続きを読む]
  • 家にもありがとうを言う
  • 古い建物のあちこちの不具合は人と同じで、年を取った当然の現象だと思っている。      大きな地震にも、大雨洪水にも、何とか持ちこたえてくれている、今現在、住まわせてもらっている、古い建物名を時々口にして 「 〇〇ありがとう 」 と、お礼を言うようになった。 たまたまなのか、何なのか、頻繁だった家鳴りがしなくなった。 お盆の今、ご先祖や縁ある諸霊が帰って来ておられる筈だが、建物とも話をしているかも知 [続きを読む]
  • お盆に、いつか来る日を考える
  • どんな人間にも必ず訪れる死。最近は、子や孫や親戚一同に囲まれた「 絵に描いたような大往生 」が減り 「 孤独死 」 が増える傾向にある。見守っていた家族を一人きりで死なせてしまい、後悔する人も少なくない。終末期のがん患者に寄り添う緩和ケア医として、これまで 2500人以上を看取って来た奥野滋子さんは、「 ひとりで死ぬことが寂しいとは限らない。人生に満足し安心して旅立つ方も多い 」 と、人の最期に関する一つの [続きを読む]
  • 富士山のお怒り
  • 気になる記事 時々変な事を言う幼稚園の子供が、テレビCMを見て言いました。「 富士山は、悪い人がたくさんになると怒って噴火しちゃうんだよなー 」私が家事をしながら 「 じゃあもうヤバいかもねー 」 と言うと、「 うーん、今は大丈夫だけど、ギリギリ 」 だそうです。2歳くらいから時々、「 あのね、富士山って噴火するんだよ 」 と言ってました。噴火という言葉は、どこで知ったんだろと思ってました。富士山の四季?だけを [続きを読む]
  • 今年のお迎え火
  • わたしの今年のお迎え火 例年は12日、完全に日の落ちた8時頃、ご先祖様をお迎え火でお迎えするのだが、今年に限っては、11日の夕方に霊界の門が開くそうなので、本日の夕方迎え火を焚くことにした。 夕方と言っても、まだまだ相当明るいのでご先祖様方もびっくりされるんじゃないかな。 玄関ドアを開けて外に立ち、線香3本に火を点けて、「 ご縁ある先祖の皆様、ご縁ある諸霊の皆さま、お帰りなさい 」 と心で言って、家の [続きを読む]
  • 驚きの日進月歩
  • 先日の10時頃、大都会へ行く用事が出来たので、電車で向かった。用事を済ませ、猫草を買うために通りを渡ったところで呼び止められた。申し訳なさそうに 「 献血をお願いします 」 こんな炎天下、献血をする人間は少ないだろうし、藁にもすがる思いで声をかけたのだろう。 私は比重が軽すぎて献血出来ない人間なのだが、むげに断るのも悪いので 「 いいですよ 」 と安請け合いをした。特にその日は、朝何も口にせず飛び [続きを読む]
  • 気力がダウン
  • 体力と食欲はあるものの、気力が追いつかない。35,6℃の気温が毎日続くと、何もしたくない。 そして、来年は24時間フル稼働でも、電気代が怖くないエアコンを買おうと決心した。 我が家のエアコンは、リモコンが無い時代の冷房のみの、恐ろしい時代ものなのだ。よってどえらく電気代がかさむ。24時間フル稼働した時の電気代を考えると、冷たいお茶と一日数回の水シャワーで、しのがざるをえない。 寝る部屋のエアコンは4 [続きを読む]
  • アウトレイジな2ショット
  • 久々に迫力ある写真を見た。 握手をしているだけなのに。アウトレイジ感が半端ない。      日大の田中理事長と日本ボクシング連盟の山根会長の2ショット。 しかし山根なにがしと並んでいると田中理事長が若干いい人に見える不思議。山根なにがし、半端ねえー。 [続きを読む]
  • 豆乳マヨネーズ
  • 29日は台風の影響もあって、最高気温は30℃にとどまった。雨が降り込まない程度に窓を細く開けていたので、湿気を含んでいるが強風が涼しさを運ぶ。30℃はこんなに涼しいのだと、改めてびっくりした。 だが夜になって窓をすべて閉め切ると、熱気と湿気がじわじわとまとわりついて来る。やはりエアコン稼働。 台風が過ぎた翌日の朝は涼しかったが、午後からはちゃんと、いつもの真夏日に戻った。 わたしは雑で [続きを読む]
  • ヘアーカットに行った日
  • 近所にいつ通りかかっても、いつも真っ暗な美容院がある。たまたまなんだろうが、先日も前を通ったが相変わらず暗いままだ。試しにドアの前に立ってみたが、自動ドアは電源を切られて閉まったままだった。入口横を見たら 「 電話予約 」 と書いてあり、カット1500円とある。 1000円カットの店でもあるまいし、美容院で1500円とは、べらぼうに安い。わたくし御用達の1000円カット店が、200円値上がりして120 [続きを読む]
  • 色々な違和感
  • 腑に落ち、共感した記事があった。杉田水脈議員のLGBT発言に対して、ここぞとばかりにあちこちの怪しいやつらが反論していたのが、どうも違和感ばかりでもやもやしていたのだ。杉田議員も杉田議員だけど。 名うてのセクシーファッファTwitterより==========「 同性愛を差別している!」 「 失礼だ!」 と言いますが、当事者として全くそうは感じませんでした。なぜ当事者でない人たちが騒ぎ立てて謝罪を要求するのでしょ [続きを読む]
  • 抹茶寒天は分離するもの
  • 気温が30℃を超えると、HBでのパン作りはうまく出来ないと取説に書いてあったので、気温が30℃以下になるまで休止にした。猛暑の最近は、冷や麦がほぼ定番になっている。 冷凍庫の中に薬味の小ネギ、茗荷、シソをジップロックで保存して、なるべく、きらさないようにしている。キュウリを切る気力があるときは冷や汁になるが、薬味は同じなので消費のペースが早い。 きらしたときは仕方ないので、ネギと生姜だけでも全然かまわ [続きを読む]
  • 熱中症で骨折
  • 昨晩、従兄のお嫁さんの京子さんからメールがきた。従兄の健一郎が熱中症で、自宅の母屋から離れに通じる渡り廊下の5段ほどの階段を踏み外して足を骨折したというのだ。びっくりして電話をかけると、京子さんがことの顛末を、くわしく話してくれた。           ドンと大きな音がしたので行ってみると、渡り廊下に、健一郎が倒れていたそうで、そのまま救急車で病院に搬送された。診断の結果、熱中症によるめまいで立ち [続きを読む]
  • アイスの代わり
  • 今年はアイスを買って食べて無い分、代わりの冷たいものは食べていたと気付く。 自家製スイーツというのもおこがましい簡単なもの。粉ゼラチンにコーヒーを入れたコーヒーゼリー、寒天に豆乳を入れた豆乳寒天を作っては冷蔵庫に入れていた。 砂糖を入れずに作るのでブラックコーヒーで食べるもよし、その時の気分で砂糖を振りかけるもよし、なので常にステンレスボウルにこのゼリーか寒天のどちらかが入っている。      小分け [続きを読む]
  • 猛暑だとアイスよりお茶
  • 昨日23日は二十四節気の大暑だった。ずっと大暑よ。 暑さ対策に、最近、夜は10時過ぎには横になり、朝、なるべく早く起きるようにしている。しかし暑さが度を超すと冷感敷きパッドは、かえって蒸し暑いと知る。寝ている部屋は冷風扇と保冷剤のみなので、当たり前かも。 20日以外の早朝は、いくらかましな気温で、水シャワーを浴びると、窓からの風が気持ちいいと感じられた。 それでも7月20日からずっと、昼間になるとエ [続きを読む]
  • 減塩と適塩
  • まるぞうさんの備忘録より 高血圧について血圧が上がる原因の一つがストレスです。このストレスとは身体が戦闘モードになったと判断した時です。これから襲ってくる敵と戦えるように、身体中に血液をドドドっと配るのです。瞳孔が開き心拍数も高くなります。血液も血小板が増え、いつ怪我をしても出血が止まりやすい状態になります。これがストレスで血液がドロドロになるという理由の一つであります。ストレスによる血液ドロドロ [続きを読む]
  • 土用の丑の日と自家製健康茶
  • 今年は7月20日と8月1日が土用の丑の日。数日前からやたら近所のスーパーで、うなぎの蒲焼が売られていたのはそういうことか。中国産の蒲焼は安いのに、スーパーでさえ国産の蒲焼は二尾5400円。国産は手が出ないけど、中国産は食べたくない。ということは、食べるなってことね。 はい。   懐かしいせいろ蒸し 鰻無しの土用の丑の日、7月20日は今までにない暑さだった。いつものように家中開け放っても、 [続きを読む]
  • 本当に聡明な女性とは
  • 日本で結婚式を挙げたニューヨーク出身のタラさん現在は名古屋に住んでいる(写真:タラ・カミヤさん提供)  正真正銘のニューヨーカー、生粋のクイーンズガールだったタラ・カミヤさん。寿司職人との運命的な出会いにより、現在は和食レストランのマネジャーとなった彼の妻として、そして彼との3人の子供を持つ母親として名古屋で暮らしている。実はタラさんも、おむつ交換と保育園と幼稚園の送り迎えの間をぬって続けたブログ [続きを読む]
  • 茹だる日は水シャワーと冷たい料理
  • よく茹だるような暑さというが、本当にうだるかもと思う今年の暑さ。朝6時に、汗をかいて気持ち悪くて目が覚めた。10年選手の冷風扇も、朝までもたない保冷剤も、この猛暑の朝には汗しかよばない。            起きると風を通すより先にすぐ水シャワーを浴びた。正真正銘の水シャワーだったが、冷たくもなく気持ちよく汗を流せた。人心地ついて、全部の窓を開け放って風を通す。 まだ7月というのに、夏休みも始ま [続きを読む]
  • 食べ物を考える
  • 昨日17日の朝、「 エアコン稼働時間 」 を書いた。下書きではちゃんと出来ていたのに、アップしたら記事が変な風に移動したり、消えたりしていた。頑張ってみたけど、ギブアップ。 まさか、幽霊画の中のお方たちが、いたずらしたのか。 まるぞうさんの備忘録より この野菜は農薬を使って育てられました。と聞くともうその野菜が毒であるかのように思われる方がいらっしゃるかも知れません。しかし出荷時には残留農薬がないこと [続きを読む]
  • エアコン稼働時間
  • 我が家は三面採光の角部屋で、通りを隔ててすぐに電車の高架がある。毎朝5時過ぎから深夜12時頃まで、上り下りの特急、急行、普通の電車が通り過ぎる。加えて、通りの車の騒音や、便利な場所ゆえの生活音も、かなりのものだ。よくしたもので、長く暮らせばそれらの騒音は、窓を閉めていれば、さほど気にならなくなった。 [続きを読む]
  • 幽霊・妖怪画展に行く
  • 先日 市の博物館に行った。 博物館の展示は 「 ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信 」 が主展示だったが、私の目的は隣の会場で同時開催特別展示の、「 幽霊・妖怪画の世界展 」 だ。 どうせ観るならゆっくり観ようと開館9時半に合わせて、電車と地下鉄を乗り継いで開館前に到着した。                      以前、何回か大きな展示や催しのときに来ていたが、仕事の忙しさもあって、ここ何 [続きを読む]
  • ベトナム人の半端ない「心理」
  • Googleの記事より ベトナムは、1955年11月〜1975年4月30日まで続いたアメリカとのベトナム戦争によって、多くの犠牲者を出している。 ベトナム人はアメリカ人が大嫌いと思っている人も多いかもしれない。またベトナムはフランスの植民地であった。それもあってか、今でもフランス語が話せるベトナム人が、お年寄りを中心に少数ながらいる。しかし、ベトナム人が本当に大嫌いなのは、アメリカ人ではなく、中国人だった [続きを読む]