麦の穂 さん プロフィール

  •  
麦の穂さん: 自死の明日
ハンドル名麦の穂 さん
ブログタイトル自死の明日
ブログURLhttps://ameblo.jp/kinagonwarabi/
サイト紹介文夫が自死したあの日から明日が見えないです。鬱病、自殺、自責、命、子供、日々のことを綴りながら模索中…
自由文大切なひとの自死により苦しい思いでここにたどり着いた方へ。来て頂いてありがとうございます。あなたは一人ではありません。決してあなたのせいではありません。悲しくて、淋しくて、ごめんなさい、そしてありがとう。私も気持ちが上がったり下がったりしますが、皆さんに助けて頂いてます。
ゆっくりと、一歩ずつ少しずつ、一緒に歩いて頂けますか?よろしくお願いいたします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2016/12/14 21:35

麦の穂 さんのブログ記事

  • あり得なかったはずのこと
  • 次男が車の免許をとったので、長男が横に乗って練習に出掛けました今は雑談する余裕も少し出てきて、他愛ないゲームの話で笑っているのを、後ろの席から見ていました花ちゃんも私の膝のうえから、心配そうに前を覗き込んでいます助手席にはもうひとつのバックミラーがあって、後部座席から見ると、ちょうどふたりの顔がそれぞれのミラーに映って見えました(幼い頃のふたりと同じ顔、まるで変わってないなぁ・・・)思わずミラーとふ [続きを読む]
  • 楽しむことの複雑さ
  • 楽しみなさい、と色んなところで書いてあったりします頭では楽しんだ方がいいのだと解っているのです自分のため、周りのため、あちらの旦那さんのためにも、楽しく過ごした方がいいはずですでも楽しむことには困難さがあり…あ、楽しめてるかな・・・?でも旦那さんがいたらもっとふたりで笑ったのに…すごく楽しかった!・・・だけど100%じゃないなだって旦那さんはこれを知らない、話もできない…ちっとも楽しめないとき・・・ [続きを読む]
  • すべて修行。
  • 帰宅後すぐに期待をこめて見に行く・・・うちのベランダに刺さったよそのアンテナは、まだそのままはぁ…お隣の屋根のめくれてるところを補強するために、うちの窓から上がってもらったり・・・そのご主人の姿を見ていると、うちは旦那さんがいないのだとさらに寂しさを感じたりご近所の多くも瓦やアンテナの修理がまだできてなかったり信号がまだ一部点いてないところもなかなか日常に戻るのは時間がかかるようですでももっと大変 [続きを読む]
  • 災害と心の反応
  • 眠りの途中で夢を見た台風で飛んできた、道を大きく塞ぐ屋根のような物体を、動かそうと押していたでもビクともしなかったやっぱりだめだと思ってそこを離れてふと見ると、あなたが向こうへ離れていくところだった隣にいたのはあなただったいっしょに押していたみたい片付けを手伝ってくれてたの?そこで少し意識が覚めてきて、続きを見たかったのに、もう現れなかったやっと何ヵ月ぶりかで夢で逢えたのに・・・片付けを一緒にやっ [続きを読む]
  • 台風・・・あぁ台風
  • 台風21号我が家は大きな被害はないのですが…周りの状況は報道されているような感じで、当日は木や自動販売機や看板が倒れているのを避けながら帰宅しました信号はところどころ点いてなかったり、あちこち自由に向きを変えていたり・・・古い家屋が多いところなので、壁がごっそり落ちているところも多く・・・その中で実家も義実家もたいして被害がなかったので幸いでした・・・義実家にはお見舞いに何ヵ月ぶりかの訪問をして、相 [続きを読む]
  • 休んだらいい
  • 昨日の夜に何度も願っていました自殺が多いというこの日のことを誰も死のうとしないでと30年近く仕事を続けてきた私でも、この月曜日の仕事は嫌でたまりません特にきらいな予定でもないのに嫌だという気持ちが湧いてきますでも最終的には諦めてあんまり頑張らずにやってこよう、と、自分を押し出すことになるのだと思います今夜は旦那さんには私のところには来なくていいから、誰かつらい淋しいひとがいたら、光と温かさで包んであ [続きを読む]
  • 本当の姿は
  • この数日、録画がたまった大河ドラマを見ていますだいぶ追いついてきました今回の大河ドラマを、夫はきっと観ただろうと思います本棚に並ぶ幕末に関するさまざまな本・・・坂本龍馬も、新撰組も、色んな本の題名が並んでいます私はあんまり歴史は得意でなかったので一度聞いたことがありました『どっち側が好きなの?』『どっちも・・・どっちとかよりも、この時代の志士たちが好きなんやと思う』勧められて『竜馬がゆく』を読んだ [続きを読む]
  • 先が見えなかった私へ
  • 昨夜は『ドコモチューズデー』割引きを利用して映画を観てきました最終回の『ジュラシックワールド』深夜に帰るのが怖いので次男を誘ってこれが『ジュラシックワールド』ということ…命の意味、生命の意味、そんなところでしょうか生き物は単純に生きようとするもの人間はその摂理に何をしてきたのだろうかと思いますいつも通り悪者がエライことになるのはスッキリしたり、吹替えの玉木宏さんと重なって、さらに俳優さんもかっこい [続きを読む]
  • 幸せと言いたい
  • ゲーミングPCを快適に使うために、ゲーミング・キーボードとマウスを購入長男がテンション上がってガサガサと箱を開けました「お父ちゃん、『キーボード買って来たで』って言ったら、『どれ、見してみい』って言うやんな」「それそれ!『ちょっと貸してみい』って、カチャカチャって触って、『ほう…』って」「絶対そうやんな!」長男がゲラゲラ笑い、私も思い出しながら笑いましたそして、長男の口から父親の話が出たことも、さらに [続きを読む]
  • 戻れた部分を受け入れること
  • こんにちは夏風邪はマシになりましたが、暑かったり寒かったり、それが自分のせいなのか、天候のせいなのか、よく分かりませんとりあえず頭痛はなくなり、今日の休みまで何とか辿り着けました願わくば、もう少し過ごしやすい気候になって欲しいです職場の後輩が、ある治療場面の薬剤や先生の会話が分からなかった、ついていけなかったと言って悩んでいました話を聞いてみたけど、説明しながら私もあやふや・・・気になって、あさ6 [続きを読む]
  • この場所で勇気づけられること
  • 朝から頭が痛くて目が覚めて痛み止めと風邪薬を飲みながらしのいで暑いのか寒いのかヘンな体調のまま何とか仕事を終えて何だかよく分からない晩御飯を食べて寝ていました時間も何も気にせずひたすら眠りたいと思いました体調が悪いと途端に弱気がでてしまいます謝りたいとか、会いたいとか、自分はこんなに頼りないとか・・・身体と心は繋がっていると実感しますこれは夏風邪か…エアコンの温度バトルに負けてしまったしうっかりの心 [続きを読む]
  • 残された者
  • 6月の大阪北部地震以来、避難用品をそろえたり、家具の固定を見直したりしています余震の度に感じる不安がとても大きかったからです先月はテレビの下に転倒防止マットを貼り、カウンターワゴンのキャスターを固定しました(ワゴンは地震のあと動いていました)昨日はいよいよ食器棚の固定日曜日というのに、朝から食器をどんどん、どんどん、出して並べました「この食器使わんやん」「これ出しとくん?」「これ要るん?」子どもの言 [続きを読む]
  • 美しい空とこころの痛み
  • 昨日から乾燥した空気で秋のように涼しい朝起きたら肌寒かった窓から見える晴れた空が今日は悲しくて、淋しくて夢の続きを追っていたはずなのに、どんどん自責の思いに囚われていったこんなにも美しい空なのにちっとも嬉しくなかった思いが押し寄せて切なくてやるせなくて空の見えない部屋へ行ったあの日あの時私が違う言葉をかけていたら違う態度を取っていたら・・・届かないもう届かないあの時『なぜ。』永遠の問いは、悲しみや [続きを読む]
  • へっほーん、て何やねん
  • 「絵本読んで」テレビから聞こえてきた声でふと、ある光景を思い出しました次男が2〜3才ぐらいの頃だったでしょうか「えほん」と発音するのが難しくて、どうしても「へ、ほん」と発音してしまう頃がありました「へほん」とも言えなくて、「へ、ほん」と区切ってがんばって言っていたのですある日、買い物先で旦那さんが「ちょっとトイレ行って来るわ」とひとりで行きました長男と次男と3人で待っていたのですが、「横の本屋で待っ [続きを読む]
  • こちらに帰っていますか?
  • 朝、花ちゃんの散歩のときに空を見ると、雲が美しく、天球だなぁとしみじみ感じました出勤の道路はどこもすいていて、車も自転車も人もまばら、角を曲がると遠くの信号まで歩道には誰もいませんでしたあ、世間はお盆休み・・・普通に仕事をする自分が、ちょっと淋しくなったりしますスマホに『この日の想い出』が届いていました4年前の花ちゃんと旦那さんが、部屋でくつろいでいる姿でした愛らしい花ちゃんと旦那さんの光景を思い [続きを読む]
  • 頑張る姿の功罪
  • 前々回の記事とコメントを書いていて・・・ダメダメなお母さんだけど、今ではこれでいいと思うように、ある時から変えたことを思い出しました以前にも書いたことがありますが、『私は負けない』大切な呪文ですへこたれそうな時に、背中を押してくれて、頑張れる呪文です特にこの数年、何度もこの呪文で自分を助けてきましたそして、子どもの前でも、強い母の背中を見せていれば伝わるものだと信じて、突き進んでいた時期もあったの [続きを読む]
  • あきらめのつけ方
  • いくつか書いていたことはあって、今朝も書いていたんだけど…何だかそぐわないで保留してる今日は遅くならずに帰れそう、と期待していたのが、そうではなくなったあーあモチベーションが下がってしまって嫌だなぁ楽しいことを考えよう今度、親子三人で遊びに行くこととか…お友だちと会うこととか…あ、花ちゃんの可愛い仕草と表情とか…楽しいことって限られるけど花ちゃんはくつろいでいるときでも身体のどこかにお尻をくっつけ [続きを読む]
  • 仕事をしてくれてありがとう
  • 昨日、次男とシングルマザーのドラマを見ていました「お母ちゃん、ありがとうな」突然、次男が言いました「こんなに大変なことにならなくて。それはお母ちゃんが仕事をずっと続けていてくれたからや」お父ちゃんが仕事ができなかった間も、お父ちゃんのことがあったあとも、お母ちゃんがしんどいのに頑張って続けたからだとそれは・・・私がこれまで仕事を続けざるを得なかったのもあるし、生活が困窮する理由も人それぞれで、仕事 [続きを読む]
  • 我が身を大切にすること
  • 気が乗らないことはやらないことにして・・・そこから離れて、絵を描いてみたり、ドラマを見たり…昨日は何となくのんびり過ごして、TVで見たストレッチをしてみました思いのほか、左右のバランスが悪くなっていて、あちこち凝っていましたこの二年で姿勢が悪くなったのは自覚しています疲れた、しんどいって横になってしまうし、スマホばかり見てるし筋力もすっかり落ちています背を起こして固くなったところをほぐして軽くなって [続きを読む]
  • 逃げている
  • 洗濯物を干していたら、かごの中から花ちゃんのおもちゃが出てきた遊んでいるうちに服の間に紛れたのだろう次男が修学旅行のおみやげに買ってきたひつじちゃん表面がすっかりきれいになっていたこんな風に汚れがとれるようにきれいさっぱり落ちたら…辛い記憶も悲しいできごとも今もまだ、こんな生活あり得ないと心のどこかで思ってるこの生活もきれいさっぱり洗い流せたら…“元に戻れたらいいのに”ふと、思ってしまった…逃げて [続きを読む]
  • こころの掛け金
  • あさ目覚めて今日の夢にいたかどうか、毎日ぼんやりと考えます・・・いなかったな、今日も昨日の夜の火星を思い出し、ずっと昔の彗星も思い出し・・・『次にこの彗星が来る頃は、私たちおばあちゃんとおじいちゃんだよ』『それまで生きてんのかな』『60代だよ、たいてい生きてるよ』・・・まだうつ病にもなっていなかった頃の会話でした涙が出そうになり会いたくなってしまう蝉が鳴いて、わんわん鳴いて思考が落ち着かず無性に会い [続きを読む]
  • 怖くて眠れない夜
  • こわいこわい家が揺れる風が当たる雨が打ち付ける窓に、扉に揺れる、揺れる家が飛ぶ訳ないのに怖いこんなことなかった心細い私が異常に怖がってるのか・・・暴風圏にあった夜中3時に眠れなくなりました本当に、心から、お父さんいて欲しい、と思いました断念してTVの台風情報を見ながら昨日のことから日記に書き始めました昨日の土曜日は午前勤務でしたが、昼過ぎから発生した緊急患者さんの処置で大幅に残業…ほぼ一日勤務でした [続きを読む]
  • 不意打ち
  • 家を建てたときの社長さんに会ったレジで並んでいたら、とつぜん話しかけられて動揺した早くレジの順番廻ってきてと願った暑いねぇそうですね、でも今日は少しましですね子ども大きくなったやろ?ええ、もう大学生と大学院です一番お金かかる時期やなぁそうなんです・・・普通の会話の振り・・・精一杯。この社長と前回会ったときのことを思い出したそしてその先のあなたの姿も…ずん、と胸が重くなった空気はこんなに重かったっけ [続きを読む]
  • 生きる努力を
  • ずっと、命のことを考えてきて夫のこともあってからなおさら考えてきて自分の命だから、自分で選ぶこともできるだけど、自分の命なのに周りから生かされているのも事実で反対に、自分の命は周りにも影響して、相手の生きていく気力を奪ってしまったりする死を考えてしまう方には、どうか、死ぬ方法よりも生きる方法を探して欲しいと勝手なお願いを度々書いてきたこれは、ただただ、私の願いに過ぎないだって私は辛い方の問題解決は [続きを読む]
  • 無理だな
  • せっかく離れてるのに気持ち保とうとしてたのに容赦ない蝉時雨とこの暑さ悲しいことを書いてしまいそうになるから、気持ちを引きずられないように書かずにいようと思ったそうでないと現実を生活しにくいからだけど容赦ないな・・・朝からわんわんと蝉の声が鳴って暑さがじわっとまとわりついてふぅ〜引き戻されるにほんブログ [続きを読む]