中嶌星児(なかじませいじ) さん プロフィール

  •  
中嶌星児(なかじませいじ)さん: 心と身体を”超”元気にする実践方法
ハンドル名中嶌星児(なかじませいじ) さん
ブログタイトル心と身体を”超”元気にする実践方法
ブログURLhttps://seijinakajima.blog.fc2.com/
サイト紹介文気コーチ(コーチ&気功師)が、自分らしく生きるための知識と知恵を説いています。
自由文このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を記しています。生まれ変わりたいのなら、学び、実践していきましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/12/15 00:35

中嶌星児(なかじませいじ) さんのブログ記事

  • 不妊治療について
  • 前回少し話したのですが、不妊治療の話をもう少ししておきます。はじめに言っておきますが、私は子どもの味方ですから生まれてくる子どもを優先的に考えます。不妊治療を行っている方は不愉快になるかもしれませんが、子どもの将来を考えるのならしっかりと学び、考えていきましょう。まず、不妊とは子を為せない状態です。偶然できないのか、何かしらの疾患によってできないのかです。そもそも、妊娠の確立自体が一割もいかないく [続きを読む]
  • 女性差別について
  • 先日は教師が虐めを解決できない理由を話しましたが、今度は女性差別について話します。先に結論を言ってしまうと、これは”コンフォートゾーン”の所為です。現代社会は男女平等を謳っていますが、未だに女性差別が蔓延しています。女性もそれを何とかしたいのでしょうが、男女平等を謳っている女性自身が差別をしている状態です。例えば、女性が活躍している職場などに男性が来ると、爪弾きにしたり虐めに走りします。平等を掲げ [続きを読む]
  • 教師が虐めを解決できない理由
  • 教師のエフィカシーが低いために虐めを解決できないと話しましたが、これは教師のエフィカシーが圧倒的に高ければ虐めなど起こりようがないからです。エフィカシーは、否定や強制により下がります。逆に、褒めると上がります。教師がしていることは、上記の内どちらだと思いますか?教師の仕事は、生徒の足並みを揃えることです。低すぎても、高すぎても駄目なのです。そのため、平均から外れている子に対して否定や強制を使います [続きを読む]
  • あなたにもできること
  • ゴール達成にはハイエフィカシーが必要ですが、日本人はエフィカシーがとても低いと話しました。これは教育や社会の所為なのですが、この弊害は各所で出ています。例えば、日本人は粗探しがとても好きです。メディアを見てみても、過去に何をしたのかで人を判断しています。何十年も前のことを引き合いに出す方もいます。例えば、昼ドラが好きな方がいます。ドロドロの人間関係を見て、人の不幸は蜜の味と思っているのです。例えば [続きを読む]
  • ハイエフィカシーが必要です
  • プロスポーツではハイエフィカシーが必要だと話しました。そして、コーチはエフィカシーを高めてくれる存在です。そのため、コーチを雇えば優勝できるのかという疑問が出てくるのですが、状況によります。例えば、「コーチを雇って全国大会に優勝したい」と思っている二種類の高校生チームがあるとします。まず、一方のチームは県大会優勝もできないチームです。この状態でコーチを雇ったとしても、数ヶ月後に全国大会優勝は難しい [続きを読む]
  • ワールドカップでの出来事について
  • ワールドカップの話が白熱しているので、私も少し話しましょう。日本対ポーランド戦ですが、日本は0−1で負けたにも関わらず、セネガル戦の影響で決勝トーナメントに進出しました。この試合、後半の10分間はただのパス回しで日本は終わらせています。しかも、ポーランドも日本に勝っているため無理にボールを追わないばかりか、座りだす選手もいました。まず、『勝つため』という理由なら、監督が取った行動は正しいでしょう。 [続きを読む]
  • この問いに答えられますか?
  • 先日、「人は欲望のために心と身体を壊している」と話しましたが、元々体調が悪い、身体が弱いという方もいます。むしろ、此方の方が多いかもしれませんね。それを何とかするために、薬を飲んだり病院へ通ったりしている方もいるでしょう。食生活を変えたり、健康食品を飲んだり、色々やっているけど変われないと思っている方もいます。ですが、この場合も無意識が病弱な状態に固定されているだけです。コンフォートゾーンが虚弱に [続きを読む]
  • 情報の取捨選択をしよう
  • 先日、「無意識の働きを促す」と話しました。この辺りの説明をもう少しします。まず、無意識の特性からです。無意識は『臨場感が強いイメージを現実化してしまう』という特性を持っています。先日、仮想世界へのダイブという表現をしましたが、映画の『マトリックス』が分かりやすいです。この映画は、仮想世界へ侵入し敵と戦うストーリーなのですが、元々は認知科学を元に作られた作品です。そのため、上記にある無意識の特性が考 [続きを読む]
  • ポジティブな気(情報)を入れよう
  • 以前、「元気になりたいのならポジティブな気を長時間浴びよう」と話しましたね。これと真逆のことしているのが病人です。長時間ネガティブな気(情報)に曝されているのです。人はイメージしたことしか得られません。イメージ内でしか生きられないのです。これは、イメージそのものが自分だと無意識が思い込んでいるために起こります。これを自我と言ったり、コンフォートゾーンと言ったりするのです。イメージできないことは全て [続きを読む]
  • 追い詰められている方へ
  • 先日、「自殺もゴールへ向かうことも等しく逃避だ」と話しました。ブログの内容を学習している方なら分かることなのですが、今一度話しておきます。まず、コンフォートゾーンの働きを学びましょう。コンフォートゾーンを日本語にすると、『快適な領域』です。もう少し砕けた言い方をすると、『慣れ親しんだ範囲』『当たり前のこと』などになります。コンフォートゾーンは人間だけではなく、全ての生命が持っているものです。例えば [続きを読む]
  • 自殺を考えている方へ
  • ここで話す内容ではないかもしれませんが、話しておいた方がいいと思うので話します。『自殺』についてです。自殺とは、人間だけが持っている特権です。生命は『生きる』ということを強いられています。本能にそのようにプログラミングされているからです。呼吸をするのも、ご飯を食べるのも、子孫を残すのも全て本能があるからです。生命は、自分が生きるために他の生命を殺すことはあっても、自分自身を殺すことはありません。し [続きを読む]
  • 気功は○○トレーニング
  • 先日、気を簡単に感じられる方法を話しました。これを毎日実践していくと、ある程度気を操れるようになります。また、一日30分、できれば一時間以上続けるだけで元気になることができます。できる方は四六時中です。長時間ポジティブな気の曝されましょう。自分自身でポジティブな気を作り出し、それを自分の中に戻してあげるのです。繰り返していくと、無意識も書き変わります。生きるための機能を、気によって意図的に高めてあげ [続きを読む]
  • 簡単に”気”を感じる方法
  • 気功の説明はいつくかしましたが、簡単に気を感じられる方法は話していませんでした。本来なら、気功師に気功をしてもらうと簡単に体感できるのですが、自分で簡単に体感できる方法を話します。本当に簡単です。まず、両手の掌を合わせてください。「いただきますの姿勢」です。その状態で、掌を60回擦り合わせましょう。そして、擦り終わったら掌の間に大きめのゴムボールがあるような感じをイメージして、掌を広げたり狭めたりし [続きを読む]
  • はじめてのコーチング
  • 「ブログを読んでいるだけでなかなか実践できない」という方がいますね。この主な原因は、『日本人が”自分の価値・評価”を下げる教育しか受けていない』ため、自分から変わっていこうと思えなくなっているからです。また、”心”が現状に固定されているため、その外側へ出ていきたくないのです。ですが、元気になりたいとか幸せになりたいと思っているのなら、自分から行動することが不可欠です。しかし、その意欲を削いでいるの [続きを読む]
  • 心と身体を一致させるために
  • 先日の話ですが、ブログで紹介しているポジティブになるための方法と世間一般のポジティブシンキングを同列に考えないでください。私がブログ内で話していることを簡単に言うと、『自我がどのように作られていくのか』です。その原理を理解して、ポジティブになっていくために、ゴールへ向かっていくために実践していくのです。これは立派なポジティブ思考になります。私が先日話したことは、とにかくポジティブな言葉を使っていれ [続きを読む]
  • ポジティブ思考をするために
  • 怪我や病気の方で、ポジティブ思考によりポジティブになろうとしても、「うまくいかない」という方はいませんか?現状が痛い状態、辛い状態であるため、そう思えないのはある意味当たり前なのですが、ポジティブ思考を勘違いしている方がいるため話します。まず、ポジティブ思考の何が良いのかを考えましょう。おそらく、テレビや書籍などでよく見かける「免疫力がアップするから」という理由だと思います。その結果、病気が早く治 [続きを読む]
  • 心の働き、脳の働き
  • 先日、オカルトやスピリチュアルの話を少ししましたが、それらでは幽霊や魂がいると説いているはずです。しかし、そこで行われていることは同じです。”幻覚”を意識的、あるいは無意識的に見ているのです。人間は、強烈に信じているものを幻覚として見ることができます。人体の構造的な話をすると、眼球から入った視覚情報が電気信号により脳に伝わり、モノを認識しています。また、心で想うことやイメージも、脳内の電気信号でし [続きを読む]
  • 特性を学んでから実践しよう
  • 心と身体の特性について話します。怪我や病気になった場合、治すための方法として手術をしたり薬を飲んだりと身体に働きかけることが多いと思いますが、心から行うことも可能です。しかし、どちらの方法も一長一短ですから、双方の特性を学んでから実践していきましょう。まず、身近なものとして医者が行っていることです。医者は、患者の身体の不具合を見つけ物理的な対処を行います。手術や投薬などですね。怪我や病気の対症療法 [続きを読む]
  • 実践しているヒトだけが得られるもの
  • リラックスの基本的な話をします。リラックスをする方法として私は呼吸法を挙げていますが、音楽や香りの方がリラックスできるという方もいるでしょう。他にもリラックスする方法として、お風呂に入ったり買い物をしたり美味しいものを食べたりと色々あると思いますが、その前にリラックスの定義をしておきましょうか。定義をしなければ論じることができませんから。おそらく、私とあなたではリラックスの定義が異なります。世間一 [続きを読む]
  • 愛を知りたいのなら その3
  • 愛を感じると身体が変わってしまうと話しましたが、よく分からない方のために”例え話”をします。これがそのまま愛にはなりませんから、各自で体感してください。まず、恒常的に身体を壊している方は愛が足りません。と言っても、これでは意味が分からないため違う言葉に置き換えます。常に身体を壊している方は”エネルギー”が足りないのです。エネルギー不足により身体が不具合を起こしているのです。ここでは『愛=エネルギー [続きを読む]
  • 愛を知りたいのなら その2
  • 世の中には愛について語っている人間が数多くいますが、これらは全て情の話しかしていません。また、愛を語っておきながら人間のことしか考えていません。愛が分かっているのなら全生命のことが観えていなければおかしいのですが、それに気付きもしません。ですから、私は世の中の愛は全て情だと話しているのです。何故、愛を語っておきながら毛皮や絹で全身を着飾っているのでしょうか?何故、愛を語っておきながら食に無頓着なの [続きを読む]
  • 愛を知りたいのなら
  • このブログでも愛についていくつか話しました。「子どもやペットには愛を与えてあげよう」と話していますが、私が愛と呼んでいるものは悟らなければ与えられないものです。そんなものを話しても仕方がないので、「愛情を与えてあげよう」「認めてあげよう」と話しているのです。愛とは、よほどの修行をしなければ与えることなどできないものですから。愛に情など必要ありません。情がない状態とは、自我がない状態のことです。例え [続きを読む]
  • HPリニューアル
  • 以前も通知したように4月から色々と変更しますが、それに先立ちHPをリニューアルしました。HPは変えましたが3月までは以前と同じプランで受け付けます。ただ、コーチングを受ける前にまずは自分で実践してみましょう。なお、私のコーチングを受けたいのなら覚悟するように。……何の覚悟だと思いますか?もちろん変わる覚悟です。SNCoachinghttps://sncoaching.net [続きを読む]
  • 壁を越えると容易になる
  • セルフコーチングを毎日行っていくと、自身を変えることが容易に感じる瞬間があると思います。『壁を越える』の方が伝わるでしょうか。学習曲線の閾値を越えた状態のことです。「こんなに簡単に自分を変えられるんだ」と感じる瞬間があるのです。このような体感がある方は、心一つで簡単に変わってしまいます。違う言い方をすれば、『自己洗脳』が容易になるのです。少なくとも、師を見つけ、学び、考え、毎日修行をしていけば誰で [続きを読む]
  • 4月から変更します
  • 来月からコーチングの方法等を変更します。①遠隔気功ヒーリングの回数をなくします②コーチングコースを一つにします③料金を私のエフィカシーレベルに戻します①ですが、遠隔気功の回数を決めていた理由は私に依存させないためだったのですが、必要ないことに気付きました。治りたい方はどんどん治りますし、こんなに回数必要ありませんから廃止します。②ですが、私が行っていることは全てコーチング+気功ですから分ける意味が [続きを読む]