中嶌星児(なかじませいじ) さん プロフィール

  •  
中嶌星児(なかじませいじ)さん: 心と身体を”超”元気にする実践方法
ハンドル名中嶌星児(なかじませいじ) さん
ブログタイトル心と身体を”超”元気にする実践方法
ブログURLhttps://seijinakajima.blog.fc2.com/
サイト紹介文気コーチ(コーチ&気功師)が、自分らしく生きるための知識と知恵を説いています。
自由文このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を記しています。生まれ変わりたいのなら、学び、実践していきましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/12/15 00:35

中嶌星児(なかじませいじ) さんのブログ記事

  • ”変わりたい方だけ”変わればいい
  • 「二十代後半までには自我が固まってしまう」ということが、イマイチ分からない方がいるかもしれません。ただ、これはあくまで目安ですから人によって違います。十代前半でも、大人と同じような自我形成をしている子もいます。三十代や四十代でも、柔軟な自我の方もいます。全員、二十代後半で自我が固まるというわけではないのです。自我形成など環境によって簡単に変わりますからね。ですが、いくら大人と同じような思考をしてい [続きを読む]
  • これだけはやりましょう
  • 本を読んだり、セミナーで話を聞いて知識を増やしていくことも大切ですが、何より大切なことは『体感』です。教えてもらうと多くの知識を得られるのですが、その知識が全て自分のものになることはありません。与えられた知識というものは、言ってしまえばコンフォートゾーン外の知識なのです。まだ、自分のものになっていないのです。それを自分のものにするために必要な工程が『体感すること』です。この工程を忘れてしまうと、た [続きを読む]
  • 大人に必要なこと
  • 大人と子どもの無意識の違いは、先日の記事を読めば何となく分かると思います。大人は知識を蓄えることを中心として生きてきたため、勉強は得意なのですが、それを活かすことが不得意です。さらに、コンフォートゾーン(自我)の強固さも、生きていくにつれて上がっていきます。自我は記憶から成り立っていますから、生きた年月が長ければその分強固になっていくのです。なお、コンフォートゾーンを日本語にすると『慣れ親しんだ領 [続きを読む]
  • 大人(特に親御さん)は読んでください
  • 今一度話しておきますが、このブログの対象となる方は十代、二十代がメインです。一桁の子も入ったり、三十代以上の方が対象の時もありますが、基本的に若い世代が対象です。ですから、三十代以上の方が私のブログを読む場合、反感を持つ可能性があります。何故なら、子どもと比べると”自我が確立してしまっている”からです。自我の確立と言っていますが、「私はこういう人間だ」という”無意識レベルの思い込み”のことです。「 [続きを読む]
  • もっとシンプルに
  • イメージに対して感情を感じていくことが難しいと考えている方はいませんか?まずは以下の記事を読んでください。ポジティブな感情を感じる方法https://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-769.html過去のポジティブなエピソードを書き出したり、その時のポジティブな感情を感じることは何となくできると思います。しかし、感情を増幅したり、感情を繋ぎ合わせるという部分がイマイチ分からないという方もいるかもしれません。 [続きを読む]
  • 抽象度を上げるということ
  • 久しぶりに食の話をしましょう。人は元々肉食であり、必須アミノ酸を効率良く摂取できるため、元気になるためには肉を食べた方がいいと私は話しています。しかし、私自身肉が好きではありません。何故なら、肉ほど非効率的な食料生産法はないからです。また、家畜の扱いが酷すぎるからです。現在地球上には、家畜が約265億以上いるとされています。内訳としては、ニワトリが約230億羽、牛が約15億頭、ブタが約10億頭、羊が約10億頭 [続きを読む]
  • 成長する方法
  • 失敗の話です。日本人は、失敗を悪いものだと洗脳されて生きてきました。経済の話なのですが、「失敗をすると会社が損をするから失敗するな!」と脅されてきたのです。その大人が子どもの教育をして、さらにその子どもが大きくなり子どもに教育をしています。そのため、大人も子どもも失敗を恐れています。たった一回の失敗で全てを失うと思い込んでいるのです。また、失敗した記憶に囚われているのです。しかし、これは生物学的に [続きを読む]
  • 自業自得は無意識の働き
  • このブログでも『自業自得』という言葉を何度か使っていますが、以前も話したように『善・悪両方の意味』があります。善いことをすれば善いことが返ってきます。悪いことをすれば悪いことが返ってきます。自業自得という言葉は、世間ではネガティブに言われることが多いのですが、そんなことはありません。まずはそれを認識してください。ただ、このままでは仏教用語でしかないため、もう少し分かりやすく説明しましょう。結論だけ [続きを読む]
  • 個人で用意する物、そうでない物
  • 「有事に備えて」カテゴリで災害等への対策を話しましたが、これはあくまで個人で用意した方がいい物です。家族で災害対策をする場合、荷物がもっと増えます。備蓄するための水や食料などです。ただ、人は三週間程度は食べなくても生きていけますから、食料よりも”水を優先”してください。人は水がないと、三日程度しか持ちません。「食料はあればいい」くらいに考えましょう。また、災害等で日常と同じ生活ができると思わないこ [続きを読む]
  • ストレスがあるのなら
  • 先日話したデトックス法ですが、身体の機能をある程度知っていれば誰でもできることです。体内に関する知識があれば、身体のどの部分がどのように働いているのか分かります。分からなければ、自分で調べて実践していきましょう。呼吸も老廃物を排出していますし、免疫は外敵を撃滅してくれます。毎日身体中の細胞が分解され、新しく作られています。身体には元々防御機構、循環機構が備わっているのです。その機能を、言葉を使って [続きを読む]
  • とっても簡単な毒抜き法
  • デトックスの話です。今までは運動をしたり断食をして毒抜きをするように話しましたが、もっと簡単な方法を話します。それは”言葉”を使うことです。私達は毎日”排泄”をしています。”それ自体が毒抜き”になるのですが、そこに言葉を加えると毒を排出する機能がアップします。例えば、排泄する前に「肝臓がどんどん毒を分解して、いらないものがどんどん腎臓で濾し取られている!」と思うのです。排泄している時に、「身体から [続きを読む]
  • アファメーションは絶対秘密
  • アファメーションについて話します。まず、アファメーションを書いた紙をアファメーションカードと呼びますが、どんなものに書いてもかまいません。ノートや方眼紙、画用紙など何でもいいです。ただし、持ち運びのことを考えると、名刺サイズのカードがいいでしょう。名刺用の印刷紙も販売されています。これは、名刺サイズに切り取り線が入っていますから、一々測ったり切ったりしなくても簡単に切り離すことができます。プリンタ [続きを読む]
  • 変わるために必要なもの
  • 気功やコーチングだけではありませんが、人は”体感”がないと理解できない生き物です。説明されただけでは理解できないのです。例えば、自転車や一輪車の乗り方を説明されただけで乗れるようになりますか?例えば、シュールストレミングを食べたことがない方はどれだけ臭いか理解できますか?体感とは、”自分の中で納得するために”必要なものなのです。気功やコーチングも、勉強だけではなく”実践”していくことが必要です。自 [続きを読む]
  • ヨーガとの違い
  • 瞑想と聞くとヨーガの行者を思い浮かべる方が多いようですが、ヨーガで何をしているのか考えたことはありますか?瞑想には色々な種類がありますが、ヨーガは”五感”から入る瞑想法です。物理的な肉体を介して自身を理解していく、そして解脱をしていくというものです。解脱とはバラモン教(現在のヒンドゥー教)の概念で、輪廻転生から抜け出すことを意味します。バラモン教では出生によって身分が決まります。そして、徳を積めば [続きを読む]
  • 日本人の思考力
  • 日本人の思考力について話します。と言うのも、日本人は一つのことしか考えられない方が多いのです。これは日本の教育の所為ですから、誰が悪いというわけではありません。あえて言えば日本政府でしょうか。例えば日本では、小学生の内から『2+4=□』『5+7=□』のような問題で教育されます。『答えは一つしかない』と教育されるのです。逆に海外では、『○+△=12』『□-◇=2』のような”考えさせる問題”が多いです。『答えはいく [続きを読む]
  • 湖面に写る富士
  • スマートフォンのカメラが高性能ですから、一眼レフはもう必要ないかもしれません。もっとも、センサーやレンズの関係上、星の写真や望遠での写真は難しいですが。カメラはレンズが全てですから、一眼レフは型落ちでも十分です。試したい方は参考にしてみてください。レンタルもありますから。自然の中にいると抽象度は上がります。自然を感じていると瞑想もやりやすくなります。是非、自分にあった瞑想法を探してみてください。※ [続きを読む]
  • 気功の限界
  • ペットに対する気功について話しますが、これはペットに限らず生命体全てに適応されます。まず、寿命が来ている生物に対して延命治療を施さないでください。例えば、食事をしないからムリヤリ食べさせるなどです。日本の介護でも胃ろうが問題になりました。ムリヤリ食べさせることは虐待なのです。これは”飼い主の煩悩”であって、臥している生物は自分の終わりを察知しています。そこで延命をしてしまうと、”余計に”苦しませる [続きを読む]
  • 酒と煙草
  • 健康の話をします。子どもは大人になれば酒や煙草を嗜むことができるようになりますが、頭のいい子ならそんなことはしません。酒や煙草の有害性は知られています。ビールを一杯飲んだだけで脳細胞が死滅しますし、煙草には大量の化学物質が含まれています。アルコールは脳をマヒさせIQを下げますから、トラブルの元になります。タールはガンの元であり、ニコチンは依存症を誘発させます。気持ちよくはなれますが、リスクの方が圧 [続きを読む]
  • 許す、許さないは自由
  • 先日の記事の「強制になる」という言葉で思い出したことがあります。以前、「自分を虐めた人間や身内を殺した人間を許す」というニュースを見たことがあるのですが、そんなことをする必要はありません”許さなくていい”です。自分が許せないと思うのならそう思えばいいのです。他者から何を言われても許す必要はありません。他者から強制され、自分は納得していないのに許そうとする方がいましたが、そんなことはしなくていいです [続きを読む]
  • 求めるということ その2
  • 一つ前の記事の話ですが、『求めることで自分のゴールにロックオンできる』と話しました。逆に、『求めていないものは全て強制になる』とも話しました。「自分の求めていないものが強制になる」ということが分からない方は、広告を思い浮かべてみてください。例えば、テレビのCMを見て商品が欲しいと思ったことはありませんか?例えば、ダイエット番組の影響でダイエットをしたという方はいませんか?これらは、自分の中にないも [続きを読む]
  • 努力はいらない
  • 以前話した内容ですが、もう一度話しておきます。あなたは、映画やテレビで「努力は報われる」「努力は実る」などの言葉を聞いたことがありませんか?誰かから言われたでも、自分で言っているでもいいです。日本人は努力を美しいものだと思い込んでいるようですが、”努力をしても無意味”です。何故なら努力とは、”ゴールへ向かう状態とは真逆のこと”だからです。”我慢をして”何かをするという言葉なのです。やりたくないこと [続きを読む]
  • 求めるということ
  • 基本的な話をします。まず、コーチングでも気功でも、”自分自身が求めていること”が重要です。求めるという行為がなければ、人は何かを見つけることさえできないのです。私は、「求めなければ得られない」と話していますが、一番の理由は『求めると視点がゴールにロックオンするから』です。その結果、ゴールへ向かうための方法などが見えるようになってきます。”今まで盲点になっていたものが”見えるようになるのです。求めな [続きを読む]
  • あくまで一手段
  • 気功についてはある程度話したので、後は自分自身で実践していってください。気功は”本当に”体感が重要ですから、言葉にするだけでは意味を成しません。自分で実践して、体感して、ようやくモノになります。身体で覚える必要があるのです。例えば、自転車や一輪車に乗るときに練習をしませんでしたか?そして乗れるようになったら、頭で色々と考えなくても乗れるようになっていませんか?身体で覚えるとはこういうことです。気功 [続きを読む]
  • 本当は『ある』
  • 7、8月分の気功カテゴリを読めば、気については何となく分かると思います。しかし、科学とは発展途上であり、現在の科学力で全てが分かるなどありえません。認知科学的に気功の説明をしてはいますが、”それが全てではない”のです。実際に気功を行ってみると、物理法則に当てはまらないものが出てきます。それらを説明しようとしても、現在の科学力では証明できないのです。つまり、”気は本当にある”のですよ。まあ、これを言っ [続きを読む]