テモテパパ さん プロフィール

  •  
テモテパパさん: テモテパパのぶろぐ〜みことばを読んで〜
ハンドル名テモテパパ さん
ブログタイトルテモテパパのぶろぐ〜みことばを読んで〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/temotepapa/
サイト紹介文主に聖書の言葉を読んで思ったことを 何でも良いから、毎日書く、で頑張っています。
自由文聖書のみことばはyou versionから
通知されるものに頼っています。

あくまでも、個人の勝手な思いなので、
適当に読み流してください。

たまに、他のことも書くので、
統一感は全くありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 307日(平均5.0回/週) - 参加 2016/12/15 07:25

テモテパパ さんのブログ記事

  • 理想は高く
  • そして、あなたのすることはすべて、言葉によるとわざによるとを問わず、いっさい主イエスの名によってなし、彼によって父なる神に感謝しなさい。コロサイ人への手紙 3:17 JA1955http://bible.com/81/col.3.17.JA1955イエスの名によってすべてのことをすることはクリスチャンにとって理想の生き方。家庭生活も会社生活もすべての言動をイエスの名によってする。理想は高く。そうはいってもうまくいかない。何かに躓いてうまくいか [続きを読む]
  • 人の中から出るもの
  • すべて外から人の中にはいって、人をけがしうるものはない。かえって、人の中から出てくるものが、人をけがすのである。〔マルコによる福音書 7:15 JA1955http://bible.com/81/mrk.7.15.JA1955これは人の口からでる言葉を指している。人が発する言葉が人を汚すことがある。人を傷つけることがある。発することばは、発する人の心に左右される。心にないことは言葉にはならないから。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 低血圧 体験?
  • 先日、ちょっとした体験をしました。ヘルニアからくる足の痛みのため、整形外科にいったときのことです。痛みを早く取りたかったので痛み止めの注射をしてもらいました。しばらくして、会計の時でした。その前から少し変だったのですが、財布を開けた瞬間、たてなくなって、その場に座り込んでしまいました。その後、処置室で横になりましたが、血圧を測ってもらったら、80~40でした。そりゃ、立てなくなりますよね。ふらふらでし [続きを読む]
  • 五千人への給食
  • それから、イエスは五つのパンと二ひきの魚とを手に取り、天を仰いでそれを祝福し、パンをさき、弟子たちにわたして配らせ、また、二ひきの魚もみんなにお分けになった。 みんなの者は食べて満腹した。 そこで、パンくずや魚の残りを集めると、十二のかごにいっぱいになった。 パンを食べた者は男五千人であった。マルコによる福音書 6:41?-44 JA1955http://bible.com/81/mrk.6.41-44.JA1955イエスがパンと魚を分けた集団は、男だ [続きを読む]
  • 試練=試されている
  • 試錬を耐え忍ぶ人は、さいわいである。それを忍びとおしたなら、神を愛する者たちに約束されたいのちの冠を受けるであろう。ヤコブの手紙 1:12 JA1955http://bible.com/81/jas.1.12.JA1955試練は、ただつらいだけではない。試練を通して、人は心も体も鍛えられる。試練がいつか過ぎ去ることを信じ、試練を乗り越えられることを信じ、試練を堪え忍んだ者がいのちの冠を得ることができる。でも、神は憐れみ深い方であるから、私たち [続きを読む]
  • 心にいだいて
  • わたしのいましめを心にいだいてこれを守る者は、わたしを愛する者である。わたしを愛する者は、わたしの父に愛されるであろう。わたしもその人を愛し、その人にわたし自身をあらわすであろう」。ヨハネによる福音書 14:21 JA1955http://bible.com/81/jhn.14.21.JA1955 [続きを読む]
  • 創造者なる神
  • あなたは知らなかったか、あなたは聞かなかったか。主はとこしえの神、地の果の創造者であって、弱ることなく、また疲れることなく、その知恵ははかりがたい。イザヤ書 40:28 JA1955http://bible.com/81/isa.40.28.JA1955ついつい、忘れがち。全能で、創造者である方が私たちの神であることを。ついつい、忘れがち。そんな神にすべて委ねて従っていけばよいことを。ついつい、忘れがち。そんな方が私たちの罪のため、ひとり子をこ [続きを読む]
  • 施政者のために
  • すべての人は、上に立つ権威に従うべきである。なぜなら、神によらない権威はなく、おおよそ存在している権威は、すべて神によって立てられたものだからである。ローマ人への手紙 13:1 JA1955http://bible.com/81/rom.13.1.JA1955一部の施政者の影響で国際的な緊張が高まっている中、その権威が神からのものだと言われても、素直にはなれない。この、ローマ人への手紙がかかれた背景を考えれば、今の時代にそのまま当てはめること [続きを読む]
  • 客先から帰る途中、雨が降ってきたので、傘をさして歩いていて、ふと見上げると、虹。渋谷の宇田川遊歩道。 [続きを読む]
  • 記念
  • よく聞きなさい。全世界のどこででも、この福音が宣べ伝えられる所では、この女のした事も記念として語られるであろう」。マタイによる福音書 26:13 JA1955http://bible.com/81/mat.26.13.JA1955このことばは、ある女がイエスに香油をかけた行為に対して弟子たちが「もったいない」と非難するなかイエスが言われたことばだ。「ナルドの香油」とも言われるエピソードだ。この香油はかなり高価で、売ったら「300デナリ」 になっ [続きを読む]
  • 試練
  • あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。コリント人への第一の手紙 10:13 JA1955http://bible.com/81/1co.10.13.JA1955生きていると、いろんなことに会う。楽しいこともあるが、つらいこと、悲しいこと、耐えられないことに会うこともある。 でも、神は耐 [続きを読む]
  • 自分では気がつかないこと
  • 「神よ、どうか、わたしを探って、わが心を知り、わたしを試みて、わがもろもろの思いを知ってください。 わたしに悪しき道のあるかないかを見て、わたしをとこしえの道に導いてください。」詩篇 139:23?-24 JA1955http://bible.com/81/psa.139.23-24.JA1955自分では、気がつかないこと。きっとたくさんある。「きっと」というのは、自分では気がつかないから。だから、他の人のことばに耳を傾けないと。神は他の人を通じて語りか [続きを読む]
  • ロバの子
  • 「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつながれていて、子ろばがそばにいるのを見るであろう。それを解いてわたしのところに引いてきなさい。マタイによる福音書 21:2 JA1955http://bible.com/81/mat.21.2.JA1955イエスがエルサレムに入る際に乗るためのロバの子を調達するために弟子たちに命じられた。この出来事をロバの子の視点で歌にしたものがある。?? ロバの子 なんだか悲しい このごろ 毎日 さびしい なに [続きを読む]
  • ソロモンの知恵
  • シバの女王は主の名にかかわるソロモンの名声を聞いたので、難問をもってソロモンを試みようとたずねてきた。 彼女は多くの従者を連れ、香料と、たくさんの金と宝石とをらくだに負わせてエルサレムにきた。彼女はソロモンのもとにきて、その心にあることをことごとく彼に告げたが、 ソロモンはそのすべての問に答えた。王が知らないで彼女に説明のできないことは一つもなかった。列王紀上 10:1?-3 JA1955http://bible.com/81/1ki. [続きを読む]