よっしー衛門 さん プロフィール

  •  
よっしー衛門さん: ややデヴ中年チャリダー備忘録
ハンドル名よっしー衛門 さん
ブログタイトルややデヴ中年チャリダー備忘録
ブログURLhttp://yossyemon.blog.jp/
サイト紹介文45才でロードバイクにはまった、ややおデブなチャリダーの備忘録。ロングライドやHC、皇居周回など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/12/15 10:16

よっしー衛門 さんのブログ記事

  • リズム de ヒルクラ
  • 熾烈を極めた酷暑ライドから中3日おいた8月19日。週末はイロイロ家族行事があったのだが、2時間走ってきてよしということになった。さて、どこいくか。。。2時間という限られた時間で満足感の得られるルートといえば御坂峠。ということで、早速出発した。この日のライドにはもう一つの目的があった。それは、新型サドルのテストだ。EmondaにはArioneの白青サドルを取り付けたのだが、DomaneにはもともとEmondaについていたArioneの [続きを読む]
  • ケツに対する衝撃 Domane SL5改:Emonda SL6との比較
  • ちょっとだけDomane SL5改の印象を。Emondaとの比較で一つはっきりしたことがある。それは、ケツに対する衝撃についてだ。Emonda SL6のシートマストキャップ(以下、面倒なのでシートポスト)はカーボンが装備されている。個人的な感想になるが、カーボンのシートポストは、衝撃を吸収してはくれない。カーボンだから衝撃吸収に優れているというのは、素材ではそうであるかもしれないが、シートポストに限って言えばそいつぁ都市伝 [続きを読む]
  • 罰ゲームか、修行か(その2):元気なくなった
  • 裏和田の下りでみかけた、右折=あきる野方面の看板。待てよ、このまま下って行けば大垂水峠を越えることになる。まあ、大した峠ではないのでどってことないのだけれど、甲武トンネル経由で帰れば、距離はちょっと長くなるが大垂水ほども登らずに帰れるのではないか、と思ってしまった。なぜそう思ってしまったのかはナゾだ。これが、判断ミスだったのだ。給水と補給が必要だということもわかっていたが、甲武トンネルを下った上川 [続きを読む]
  • 罰ゲームか、修行か(その1):まだ元気だった
  • 僕の働いている会社はお盆休みという概念がないのだが、たまたま、8月15日は以前の休日出勤の代休をとることができた。なので、走りに行ったのだ。とはいえ、やっぱ酷暑であることにはかわりなく、コースはなるべく日陰が多そうな林間コースを選択し、かつ、まだ涼しいうちにハードなヒルクライムを終えるということを心がけた。ハズ、だったんだが。。。かなり過酷なライドになってしまった。まさか、こんなにバテるとは思ってみ [続きを読む]
  • 最強の補給食
  • ロードバイクに乗ることは、もはや補給との戦いである。ちょっと強度を上げると、すぐにハラが減る。これは、ハラがダメなのではなくて、それだけカロリーを消費するスポーツだということだ。1時間当たり平坦路で250kcal、ちょっと強度を上げれば1時間当たり400kcalくらいは平気で消費してしまう。ってことは、補給をしないとあっという間にハンガーノックになってしまうということだ。僕はかつて、全く足が動かなくなるハンガーノ [続きを読む]
  • 身体もサドルも要調整
  • ようやく抗生物質の服用期間も終わり、なんとか溶連菌感染症から少なくとも身体は回復した。なので、8月11日の山の日、どこぞに走りに行こうという気になってきた。午前中は所要があったので、午後からの出撃だ。以前のログを見てみると、前回のフジイチはちょうど1年前、5時間チョイで帰ってきてた。なので今回も同じコースで行こうと、出発したのだ。最初の登りは、国道からわかれて県道を本栖湖展望台まで。 ところが。。。病気 [続きを読む]
  • 体力不足につき。。。
  • 結局、今年の大誤算は腰痛と溶連菌なのだが、加えて、超級山岳並の業務量&酷暑が見込み違いであった。実は、7月後半に夏休みを取って、親戚のいる北陸まで自転車で行ってやろうと考えていたのだが、そもそも業務多忙で夏休み返上ということに。もっとも、仮に夏休みとって走りに行ったとしても、ルート上の街では40度越えなんて話題がニュースになっていたくらいだから、路上で野垂れ死になんてことになりかねなかったけれど。仮 [続きを読む]
  • 備えあれば憂いなし(2)
  • エマージェンシーカードは用意した。だが、万が一に備えて、もう一つの準備をした。それがこれ、Medical IDリストバンド。現物はこんな感じ。 赤いマークがあるが、Star of Lifeといって、救急救命のシンボルマークなのだそうだ。本当は、赤じゃなくて青が正しい色なのだそうだが。 さて、この製品、耐水ペーパーとやらに必要事項を記入してリストバンドの内ポケットに仕込むことができる仕組みになっている。もちろん、氏名など身 [続きを読む]
  • 備えあれば憂いなし(1)
  • 去年は、雨にたたられた年だった。今年は、健康にたたられる年だ。4月に腰痛を発症、ようやく治ったと思ったら。。。今度は、39度近い高熱を発してしまった。もう、歩くのもままならないほど。医者に行ったら、溶連菌とやらに感染しているということが分かり、抗生物質の服用10日間、そして服用期間中の運動は控えるようにとのことだ。これには、僕の身体も関係してくる。実は、ペニシリンアレルギーなのだ。この溶連菌、ペニシリ [続きを読む]
  • Domaneの特徴をつかみたい
  • 今日7月25日から、本当は夏休みを計画していた。親戚のいる北陸まで2泊くらいで走ろうと思っていたのだ。しかし、業務多忙でとてもじゃないが休みなんて取れない。仮に取れたとしても、最近の酷暑を考えると、昼間走るのは無謀だったけれど。台風も来ているし。それはそれとして、今日は無理矢理定時で上がったので、Domane SL5改の特性を把握すべく、夜練に出かけた。そうそう、いつまでもDomane SL5改と呼び続けるのはちょっとナ [続きを読む]
  • Domane SL5改 カスタマイズ計画
  • 妻チャリのDomane AL5は、ほぼカスタマイズは終了といっていいだろう。あとは、サイコンを取り付けるくらいかな。でも、SL5改は、まだまだカスタマイズするところが残っている。備忘録的に列挙してみよう。シートマストキャップSL5は、アロイのシートマストになっている(TREKはシートチューブに挿入するシートポストではなくて、チューブの上からかぶせるシートマストキャップなのだ)。 これをカーボン製に交換したい。TREKの日 [続きを読む]
  • 灼熱地獄の朝練:完全にヘバった。。。
  • 7月22日。前日納車されたDomane AL5改は、前日に井の頭公園ポタでシェークダウンした。翌日23日、ショップの朝練で本格デビューと相成った。7時集合なので、ちょっと早起きして、まずはサドルの交換。僕はどうしてもBontragerのサドルが合わないようで、完成車についていたAffinity Compというサドルは、井の頭公園往復だけでも坐骨が痛くなってきた。なので、今まで使っていたArioneに換装した。他にも、CO2ボンベアタッチメント [続きを読む]
  • Domane SL5改&AL5デビュー
  • 7月21日土曜日、Domane SL5改とDomane AL5の納車と相成った。ワイフはまだ公道をロードバイクで走るのが怖いということなので、とりあえず、神田川沿いを家まで帰ろうということで、ゆっくりと家に向かった。その道約2キロ。そしたら、ちょっとはSTIの使い方などに慣れてきた様子だったので、どうせなら、井の頭公園まで行ってみないか?と提案してみた。彼女も、ショップからの道のりも楽しかったようで、じゃあということでUター [続きを読む]
  • Domane SL5改
  • 妻チャリを105化したわけだが、その秘策とは。。。この時期、各メーカーがサマーセールを始める。それを利用したわけだ。もちろん、シマノが105のサマーセールをしたわけではないのだが。山梨と東京の自宅との二重生活をしていると、自転車も往復する作業が発生する。走って行けばいいっちゃぁいいんだけれど、毎回そういうわけにもいかず、車載して移動していた。ところが、これ、妻から苦情が出ていたのだ。東京チャリと山梨チャ [続きを読む]
  • マネできるかい!
  • いよいよTour de Franceも山岳ステージに入って楽しくなってきた。それにしても目立つのが、クリス・フルーム。何が目立つかって、あのガチャガチャしたフォーム。遠くから見てもすぐわかる。どうも、手が長すぎるんだろうな。なんなんだ、この上ハン持った時のヒジは。後ろは、昔のリッチー・ポートかな?2年連続落車DNFは残念だが。それはそれとして、リッチーのフォームと比べると、いや、違いすぎる。こないだスバルライン登っ [続きを読む]
  • 妻チャリ105化
  • 妻のDomane AL2のコンポをクラリスから105化する計画、ちょっとラッキーがあって実行することができた。しかも、出費を極限まで抑えることができたのだ。その方法論はおいおい振り返るとして、105化されたマシンの写真を、ショップが送ってきてくれた。アップにするとこんな感じ。 かっけーじゃん。105といっても、最新の7000シリーズではなく、1世代前の5800シリーズ。1世代前というのは失礼にあたるかもしれない。7000シリーズが [続きを読む]
  • 涼を求めて富士山へ!
  • 一昨日の14日は二十曲峠に行ったが、三連休最終日、もう一本走りたくなった。とはいえ、かなり過酷な熱波が日本列島を覆っており、昼間はちょっと厳しい。ので、多少でも暑さを避けるならば、以下の選択肢しかない。1.涼しいところに行く2.涼しい時間帯に走るどちらか、ということでなくて、その両方の組み合わせでもいい。涼しいところとなると、北海道などの高緯度地方か、標高の高いところしかない。すぐに北海道はいけない [続きを読む]
  • 二十曲峠:富士山は見えずとも。。。
  • 最近、とにかく仕事が忙しい。7月の3連休も、休めるかどうかすら怪しかった。が、なんとか仕事を翌週に先送りすることとしてカレンダー通りに休めることになった。とはいっても、世の中メチャクチャな猛暑。連休初日の14日は昼間のライドは諦め、夕方から出撃することとした。当初はスバルラインでも、と、思っていたんだが、涼を求めて林間コースを選択。山梨東部で林間コースはいくつかあるが、その中でも、川沿いで涼しかろうと [続きを読む]
  • 誰がために105?
  • 妻のマシンはDomane AL2で、コンポはShimano Clarisだ。もちろん、信頼のShimano製。壊れたりはしないし、初心者の妻が使う分には、性能的には十分すぎるほどのものだ。 さて、妻は下りがとにかく怖いといっている。ローラー台でZwiftやるだけなら下りはないから心配ないので、Zwiftが好きということみたいだ。だが、実走の方が楽しいのは間違いないんだけど。。。で、Clarisのブレーキ。確かに、ちょっと渋いというか、何というか [続きを読む]
  • 夜ライドは楽しいな!
  • 7月4日、久々に、夜練に出かけることができた。最近、なんでもかんでも久々。ところが、台風7号改め温帯低気圧のおかげで、都内は強風に見舞われてしまった。なので、尾根幹はちょっと敬遠しようかなぁ、と。いや、尾根幹自体はいいのだけれど、そこに行くまでのR20が怖い。強風にあおられて自動車と接触なんてシャレにならない。皇居方面も状況は同じ。ということで、五日市街道ド平坦夜練と相成った。まずは井の頭通りを吉祥寺方 [続きを読む]
  • 中長距離ライドのルーティング
  • 走行距離100キロ以上の中長距離ライドをするとき、当然ながら、事前にプランを考える。一般的に、そういったルーティングの、何か秘訣みたいなものはあるのだろうか?僕はたいてい、ハイライトを前半に持ってきてしまうようだ。意識したことは当然ないのだが、確かに言われてみれば。。。例えば奥多摩周遊道路の場合。小河内ダムがあるにせよ、風張峠登ってしまえばハイ終わり。風張峠から自宅までは、移動にしか過ぎない。甲州東 [続きを読む]
  • R'Airからの卒業:ミシュランAIRCOMP Ultra Light
  • R'Airのパンク頻発により、そろそろ僕の中のR'Air信仰は捨てようと思った。レーゼロカーボンの前輪パンク3連発は、ちょっと許しがたい。いくら運だとはいえ。。。だが、スタンダードなチューブではレーゼロカーボンの軽さを活かすことにはならない。軽さは正義だから。そこで投入した新兵器が、天下のミシュランAIRCOMP Ultra Light。一応、パッケージには18C-23Cと記載されているが、お店いわく、ミシュラン本社に確認したところ2 [続きを読む]
  • 2カ月ぶりのセンチュリー(その3):160キロ走れた!
  • (続き)さて、ひとしきり墓参のプロセスを済ませて朝比奈峠の残り。 なんだか、件の女性にあってから、力が抜けてしまったし距離も短いから、惰性で登るだけ。その後、六浦から金沢八景にでて、そこから先は毎度おなじみのルート。横浜のチョイ手前のコンビニでもう一度休憩して、横浜からR1で東京へ。最近、横浜までくると、もうあと少しだな、なんて思うようになってしまっている。そこから40キロ弱あるんだけれど、なんだか横 [続きを読む]
  • 2カ月ぶりのセンチュリー(その1):雨。。。 大人の判断
  • なんだかんだ、また自転車に乗る間隔があいてしまった。長期の出張が入ってしまったからだ。秘密兵器のPower Calを使うような時間もなく。。。ということで6月28日、不意に有給を取ることができたので、山梨の自宅に置きっぱなしにしてある愛機を東京までトランポすることにした(=つまり自走)。山梨から東京だと、ゴールデンコースは道志みち。しかし、たった100キロほどの行程。せっかく一日中時間が取れるので、それじゃあも [続きを読む]