あまね さん プロフィール

  •  
あまねさん: あまね鍼灸マッサージ室
ハンドル名あまね さん
ブログタイトルあまね鍼灸マッサージ室
ブログURLhttp://amaneshinkyu.seesaa.net/
サイト紹介文横浜市鶴見区下末吉にある鍼灸マッサージ室です。 東洋医学を元に寄り添いながら丁寧に治療いたします。
自由文あまね鍼灸マッサージ室では患者様と一緒に笑い、一緒に考え、一緒に頑張る治療室を目指しています。

自分の体の不調を治せるのは自分自身だけです。

あまね鍼灸マッサージ室は患者様の体の気血が滞りなく巡るよう治療していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 359日(平均2.6回/週) - 参加 2016/12/15 10:57

あまね さんのブログ記事

  • 急性腰痛(ぎっくり腰)について嬉しいお言葉いただきました!
  • 「腰が痛くて動けない」と車でご来院の患者様。 お話を聞くと「なぜか朝から急に痛くなった」とのこと。動かしてどこが痛いのか確認できる状態ではないので、横向きで治療ベッドに寝ていただき、内科的所見がないか確認した後、治療を開始しました。 まず確認するのがおへその周りをぐるっと一周する、奇経の『帯脈』です。腹部を緩ませないと、腰の治療の難易度はぐっと上がります。  急性炎症を起こしている部位に「鍼通電」 [続きを読む]
  • すべての教育は「洗脳」である。
  •  堀江貴文さんが新書を出していたので、読んでみました。題名は「すべての教育は『洗脳』である」相変わらず、センセーショナルな題名です。 私の周りの友人は堀江貴文さんのことを話すと、面白いように「好き・嫌い」がはっきり分かれます。逆にいうと、人に対してインパクトを強く与える人物ってことなんでしょう。 私は彼が「好き」なタイプに入ります。マスメディアに取り上げられるときはとても強い言葉を拾い上げられてい [続きを読む]
  • 玄関に花を少し飾ってみました。
  •  看板を黒く作ってしまったせいで、新規の患者様が見落とすことが多く、少しでも目立つようにと看板を少し上にあげ、花を飾ってみました玄関が北向きなので、日当たりがあまり良くないのが欠点。半日陰でも育ちやすいという『インパチェンス』を飾ってみました これで少しは目立つようになったかしら??まだ寂しい感じがするので、これからも少しずつお花を増やす予定です!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 御高診願い
  •  鍼灸マッサージ師が医療人として行ってはならないこと。それは『患者様の状態を無視した抱え込み』です。 私たち鍼灸マッサージ師は病気の「診断」はできません。しかしながら問診と手を使った検査法で原因のかなり近いところまで推測することができます。そして、中には病院で行うよりも正確な推測になることもあるのです。 なぜなら私たちは必ず患者様の動きを触って、確かめて、痛みの原因を推測するからなのです。病院の中 [続きを読む]
  • ホビーショーに行ってきました!
  • 空き時間ができたので、ビッグサイトで開かれたホビーショーに行ってきました!実は鍼灸師は使う道具を自分で手入れすることも多く、手作りの現場に行くとあっというアイデアをもらえることが多いのです〓しかしながら、人気のショーなので、入り口はすでにこんな感じ。。。 今回はお灸の方法を今よりも増やしてできないか、お灸の下に石膏を使って簡単に施灸できるヒントを探しに出かけたのですが。周りはその他にも目を奪われる [続きを読む]
  • 銀座Sixに行ってきました!!
  •  定休日を利用して、いろいろな治療院さんを巡り、施術を自分が受けて、自分の技術を再考する機会をえています。 この前の火曜日はたまたま銀座の近くに行っていたので、4月20日にオープンした『銀座Six』に行ってきました〓まずは、人・人・人の人だかり。入り口ですらこの人です。そして、中に入ると、今回銀座Sixのデザインを担当した現代美術家・草間彌生さんの圧倒されるカボチャ達!!治療を受けた後で、お腹も空いてい [続きを読む]
  • 視力に関して嬉しいお言葉をいただきました。(黄斑部変性・緑内障)
  •  春になってから疲れ目や視力に関する嬉しいお言葉をいただきました〓お一人は黄斑部変性の患者様、もうお一人は緑内障が疑われる患者様です。 黄斑部変性も緑内障も、目の病気ですが症状が違います。 まず、黄斑部変性ですが、加齢とともに罹患率が上がります。黄斑部とは目の中でもっとも視力が出る場所で、紫外線などを浴び炎症が起こり、だんだんと変性していきます。そうなると一番よく見えるはずの視野の真ん中から歪んで [続きを読む]
  • 未来に繋がるがん診療
  • 4月18日に神奈川県立がんセンターが主催する「未来に繋がるがん診療」の講演会に行ってきました。この講演はがん治療に対してどの様な研究が進んでいるのかを発表してくれる講演会です。 まずは、がん治療にAI(人工知能)が使用され、格段に治療が進んでいるという発表でした。東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターの宮野悟先生による発表でした。 がんに罹患すると、特定のDNAに変化が見られます。欠損したり、形が変わ [続きを読む]
  • 今月の1枚①
  •  先日、母の友人が遊びに来てくださいました。 母とはなんと高校時代からの!!友人で、とても明るく、朗らかで素敵な方です。 ご趣味で長年綱引きをされているとのことで、一応綱引きのつもりで一枚書きました〓 よろこんでくださるかしら?何よりも綱引きって伝わると良いのだけれどにほんブログ村 [続きを読む]
  • 美容鍼のビフォーアフターを撮ってみました。
  •  空いている時間に母が「美容鍼してー。」というので、写真を撮らせてくれることを条件に美容鍼をしました(笑) 肌のハリにはコラーゲンを食べましょうと言いますが、コラーゲンを摂取したからといって必ず肌のコラーゲンに使われるとは限りません。 その点、美容鍼は皮膚に小さな損傷を起こし、その場所でコラーゲンを再生します。 美容鍼をするときは顔用の細い鍼を使います。お顔の皮膚は薄く、内出血しやすい場所なので、 [続きを読む]
  • フラワーフェスティバル
  • 3月31日〜4月2日まで行われたフラワーフェスティバルに行って来ました。 場所は桜木町にあるパシフィコ横浜です。 私の治療室は住宅の1室をお借りしているので少し狭いのですが、好きな絵を飾ったり、思い入れの額を飾ったりしています。その中に植物はなかったので、今回は手入れしやすい植物と、目の保養にレッツゴー〓 会場内はフラワーアレンジメント体験や、ハイドロカルチャー作り体験など、とても楽しめました。  [続きを読む]
  • 五十肩(肩関節周囲炎)について嬉しいお言葉をいただきました。
  • 「肩をまっすぐ上げるときに肩の中が痛い」とおっしゃる患者様が来院されました。私たちが俗に『五十肩』という病気は、実は疾患名ではありません。正しくいうと「肩関節周囲炎」で、肩関節周囲炎もどこが原因か分からないときにつける疾患名です。なので、本来整形外科や治療院では、なるべく「肩関節周囲炎」の治療をしません。検査や問診で原因のあるところを見極めて効果的な治療を狙います。今回の患者様は問診、検査、圧痛点 [続きを読む]
  • 手根管症候群について嬉しいお言葉いただきました。
  •  「右手の人差指から薬指が痛みと痺れがひどくて辛い」と患者様が来院されました。 一概に手の痺れといっても、いろいろな原因が考えられます。①首の問題②首から腕にかけて神経走行上の問題③手首の問題④薬などの副作用⑤脳の問題 など。。。 患者様は昨年右肩を骨折されてから右手の指の痺れが出始めたとのこと。そして骨折を見てもらっている整形外科で指の痺れの話をすると、「肩の骨折とは関係ないでしょう」と一笑され [続きを読む]
  • ヨモギを育ててます。
  •  4月の下旬からお灸教室を開催してみたいなーと考えています〓 お灸は色々な種類があるのですが、基本はヨモギから作られる艾(モグサ)から作られます。 艾はヨモギの葉を乾燥させ、フルイにかけて葉っぱの裏についている白い毛を集めて作ります。 どうせお灸教室やるのなら、艾を作ることもしてみたい!と思い、自宅で栽培中。土手で摘んできてプランターで水をあげています。一時期しんなりしていたのがスクスクと育ち、な [続きを読む]
  • 人生の終末期を考えよう
  • 先日、横浜市医師会が主催した『人生の終末期を考えよう』というシンポジウムに参加して来ました。 先着280名でしたが、会場は満席で関心の高さが伺えました。 5名のシンポジスト(大病院医師・在宅医師・弁護士・看護師・特養)により、それぞれの立場から「どのような終末期を選択するのか」という意見が発表されました。 5名の方々の共通する意見としてあげられたのは「ACPアドバンス・ケア・プランニング(事前ケア計 [続きを読む]
  • 腸セラピーって。。。
  •  自分の技術向上や新しい発見のために、無資格(いわゆる整体とかリフレクソロジーとか)、有資格(あん摩マッサージ指圧・鍼灸)のお店によく出向きます。 その中でも「腸セラピー」のコースはまだ受けたことがありませんでした。  排便異常は生活の質を下げます。ひどくなると気持ちが悪くなったり、肌に吹き出物が出たり、体が重だるくなります。日本人の成人人口の14%が便秘に悩むと言われていて、一般的な症状です。  [続きを読む]
  • あじさい鍼灸マッサージ治療院
  •  今日はあじさい鍼灸マッサージ治療院の院長、甲野先生が遊びに来てくれました。 甲野先生は実は専門学校時代の同級生。私が開業する際にたくさん相談にのっていただきました。 なんと10年ぶりの再会!昔の思い出から、何に気をつけて運営するべきか、どんなコンセプトにするかたくさん話してたくさん考えました〓 甲野先生はもともと整体やタイマッサージなどを経験してから鍼灸マッサージ界を志したので、手技が非常に豊富 [続きを読む]
  • 3月の1枚
  •  3月に入って先日書いた絵葉書がこれ↓これ、桜のつもりで書いたんです〓でも、桜に見えない。。。 私は小さいころは油絵を描くのが大好きで、よく植物もデッサンしていたのだけど、顔彩で桜のピンクを表現するのが、本当に難しい〓 そしてもう一枚がこれ↓これは患者様がお誕生日で書いたメッセージカードです。素敵な一年になりますようにと願いました。 4月9日に鶴見駅でフリーマーケットがあるのですが、「moxafrica」 [続きを読む]
  • 糖尿病について嬉しいお言葉いただきました!
  • 糖尿病の家系で、よく運動をして健康管理には人一倍気を使っていたのに、20年前から糖尿病になってしまった患者様。月1回の通院では「よく水分をとって、よく運動してください。」と指導されているとのこと。その患者様が目の手術をしたことがきっかけで運動ができなくなってしまったと嘆いておられました。「鍼灸が良いらしい」と聞いて来院してくださりました。治療を受けてくださって、まず驚かれたのが「すごく汗をかく!! [続きを読む]
  • へバーデン結節について嬉しいお声をいただきました。
  •  両手の全指が第一関節が腫れ上がるへバーデン結節になってしまった患者様。 へバーデン結節とはよく手指を使って細かい作業をする方がなりやすい、第一関節が痛みを伴い腫れてしまう疾患です。患者様は整形外科で小指だけは手術してもらったのですが、曲げづらくなってしまったとのこと。そして他の指に関しては「することがないから、痛むときは鎮痛剤を出します」と半ば投げ出されてしまったと嘆いていました。 作業をすると [続きを読む]
  • 花粉症について嬉しいお声をいただきました〓
  • 患者様から「こちらで治療を受けてから今年の花粉症は少し鼻水が出るくらいで、すごく楽です!」という嬉しいお言葉をいただきました〓 あまり知られてはいませんが、鍼灸にはアレルギーの症状を緩和する作用があります。 花粉症は東洋医学では顔面に熱がこもっている状態です。この熱は背中を上がって肩甲骨の間、後頭部、顔面に到着するのですが、この熱を下に下げる治療をします。 セルフケアとしては、とにかく体を温めるこ [続きを読む]
  • 高血圧のツボ
  •  最近患者様から「〜に効くツボを教えて」とよく聞かれます。特に内科疾患です。 それを少しずつ紹介していこうと思います。ただ、ツボは360個もあり、一番良いものを決めることはできません。 なので、セルフケアしやすい場所を選んでいこうと思います。 今日は「高血圧」に良いツボとして内関というツボをご紹介します。場所はこちら↓内関は高血圧の他にもストレスを緩和する作用、嘔気を抑える作用、胸をスーッとさせる [続きを読む]
  • 日経メッセ・ヘルスケア・スポーツに行って来ました。
  •  以前から興味のあった日経メッセ「ヘルスケア・スポーツ」の展示会を見学しに東京ビックサイトに行って来ました。すぐに鍼灸の臨床にすぐつながるものはあまりなかったけれど中々面白いものが見られました。 まずは腸内で水素ガスを発生する牛乳。昨今、「水素は活性酸素を除去し、アンチエイジング効果がある」と水素水がブームに乗って非常に売れていましたが、先日国民センターから「水素水と銘打って売られているもののほと [続きを読む]
  • 読んでいて飽きません。ゆるかわ妖怪絵
  •  私は絵本や挿絵のある本が大好きです。本当は治療室にも置きたいのですが、何分小さい治療室なので、待合に置けないのが実情です今回のヒットは母がプレゼントしてくれたこの本『ゆるかわ妖怪絵』by講談社です。これは妖怪の書かれた絵巻をストーリーを追いながら紹介してくれます。どうしてこんな形で書いたんだろうと、昔の人の想像力に驚かされます。実は私が鍼灸学校の学生時代に同じことを思ったことがあります。それは中国 [続きを読む]