zoo3438 さん プロフィール

  •  
zoo3438さん: 60歳からはじめるFX投資で、老後を楽しく考えよう
ハンドル名zoo3438 さん
ブログタイトル60歳からはじめるFX投資で、老後を楽しく考えよう
ブログURLhttp://fx-3438.seesaa.net/
サイト紹介文毎日自分のシナリオを公開。還暦・定年。老後の生活のためにFX投資をはじめ月200pipsを目標に。
自由文年金もどうなるかわからない。
何か仕事をしていたい。

自身、勤めるにも、心臓の持病、親の介護となかなかむずましい年齢です。

何とか、パソコンは使えるので、FX投資に挑戦。
数億稼ぐのではなく、
月に10万円でもと思い始めました。

そんな、私が毎朝チャートからシナリオ作成し掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供272回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2016/12/15 10:58

zoo3438 さんのブログ記事

  • 2018/4/20 シナリオ
  • 19日のニューヨーク外為市場。米4月フィラデルフィア連銀製造業景況指数の支払い価格が7年ぶりの高水準に達し米債利回りが上昇、また、ロシア疑惑が緩和したことを背景にドル買い・円売りが優勢となった。ローゼンスタイン米司法副長官がトランプ大統領に、ムラー特別検察官が指揮している捜査で、トランプ大統領が捜査対象ではないと伝えたと報じられた。ポンド・ドルは、英国中央銀行のカーニー総裁がインタビューで利上げのタイ [続きを読む]
  • 2017/4/19 シナリオ
  • 18日のニューヨーク外為市場。日米首脳会談への警戒感がくすぶりドル売り・円買いが優勢となったが、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した米地区連銀経済報告(ベージュブック)で全米の経済活動の成長継続や物価の上昇が確認されたため、追加利上げを織り込むドル買いに底堅い展開となった。ユーロ・ドルは、域内のインフレ率が予想を下回ったため、金利先高感を受けたユーロ買いが後退。ポンド・ドルは、英国のインフレ率の予想 [続きを読む]
  • 2018/4/18 シナリオ
  • 17日のニューヨーク外為市場。良好な米国の住宅着工件数や、鉱工業生産を好感したドル買いが優勢となった。しかし、日米首脳会談の開催を控え、貿易問題などの警戒感がくすぶり、ドルは伸び悩んだ。ユーロ・ドルは、低調なドイツの景気期待指数に失望したユーロ売りが継続。ユーロ・円は、日米首脳会談を控えた警戒感にリスク回避の円買いが優勢となった。【本日の経済指標】・イギリス17:30*卸売物価指数(食品、エネルギー除く [続きを読む]
  • 2018/4/17 シナリオ
  • 16日のニューヨーク外為市場。予想を上回った米国の3月小売売上高を受けていったんドル買いが強まったものの、トランプ米大統領がロシアや中国を「通貨切り下げをしている」と非難したことなどから、貿易摩擦懸念が再燃。ドルは伸び悩み、円売りも後退した。【本日の経済指標】・中国11:00*鉱工業生産(3月)  予想 6.3% 前回 6.2%(前年同月比)11:00*四半期国内総生産(GDP)(1-3月期)  予想 6.8% 前回 6.8 [続きを読む]
  • 2018/4/16 シナリオ
  • 13日のニューヨーク外為市場。貿易戦争や地政学的リスクへの警戒感が後退しいったんドル買い・円売りが強まった。しかし、その後発表されたミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想を下回ったためドルが伸び悩んだ。【本日の経済指標】・アメリカ21:30*ニューヨーク連銀製造業景気指数(4月)  予想 18.6 前回 22.521:30*小売売上高(3月)  予想 0.4% 前回 -0.1%(前月比)21:30*小売売上高(除自動車)(3月) [続きを読む]
  • 2018/4/14 今週の報告
  • 今週の結果 「無駄なポジションは止めて、勝ちやすいパターンを見つける」トランプ米政権は12日、化学兵器の使用疑惑があるシリアのアサド政権への軍事攻撃に関して調整を続け一旦リスクオフ。その後トランプ大統領は軍事行動に前向きな姿勢を改めて示唆したが、化学兵器使用を裏付ける証拠は明らかになっておらず、最終判断に至らなかったため、リスクオンとなった。トランプ米大統領は12日、与党・共和党議員らとの会合で、環太 [続きを読む]
  • 2018/4/13 シナリオ
  • 12日のニューヨーク外為市場。シリアに対する軍事行動への懸念が後退したほか、トランプ米政権がTPPを再考する可能性が報じられ貿易戦争への懸念も後退したため、リスク選好のドル買い・円売りが再燃した。追加利上げを織り込むドル買いも観測された。ユーロ・ドルは、予想を下回った域内の経済指標を嫌ったユーロ売りが続いた。【本日の経済指標】・中国時刻未定*貿易収支(人民元)(3月)  予想 1810.0億元 前回 2248.8億 [続きを読む]
  • 2018/4/12 シナリオ
  • 11日のニューヨーク外為市場。トランプ米大統領がシリア空爆の可能性を示唆するなど地政学的リスクが上昇、リスク回避のドル売り・円買いの動きが優勢となった。その後、米国の3月消費者物価指数(CPI)の上昇や米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC)議事録がタカ派色を強めたためドル売りはやや後退した。【本日の経済指標】・ユーロ圏18:00*ユーロ圏鉱工業生産(2月)  予想 0.1% 前回 -1.0% [続きを読む]
  • 2018/4/11 シナリオ
  • 10日のニューヨーク外為市場。中国の習主席が年内の自動車関税引き下げや経済を開放する方針を表明。米中貿易合意に注意深く楽観的な見方が強まり、リスク選好の円売りが加速した。また、コアPPIが6年半ぶりの高水準となったため年内の追加利上げ観測も強まり、米債利回りの上昇でドル買いも強まった。ユーロ・ドルは、欧州中央銀行(ECB)が声明を発表し、ノボトニー・オーストリア中銀総裁の年内に資産購入プログラムを終了し、 [続きを読む]
  • 2018/4/10 シナリオ
  • 9日のニューヨーク外為市場。トランプ米政権が対中貿易問題に関する姿勢を和らげたため米債利回り上昇に伴うドル買いが一時優勢となった。しかし、シリアに関する地政学的リスクの上昇、米連邦議会予算事務局(CBO)による米国財政赤字の拡大予想が嫌気されたほか、米連邦捜査局(FBI)がトランプ大統領の私的弁護士の事務所を強制捜査したとの報道で警戒感が増し、ドル売りに拍車がかかった。ユーロ・ドルは、ドラギECB総裁が域内 [続きを読む]
  • 2018/4/9 シナリオ
  • 6日のニューヨーク外為市場。米国の3月雇用統計の非農業部門雇用者数が予想を下回ったほか、米中貿易戦争への警戒感が再燃し、米債利回りの低下に伴うドル売り、リスク回避の円買いに拍車がかかった。トランプ米大統領が「貿易戦争は若干市場に痛みを与える」と指摘したほか、ムニューシン米財務長官も潜在的な貿易戦争のリスクに言及したことが、投資家心理を悪化させた【本日の経済指標】・日本8:50*国際収支・貿易収支(2月) [続きを読む]
  • 2018/4/7 今週の結果
  • 今週の結果 「ポジションを減らして利益拡大を狙う。」米トランプ政権米国、10兆円規模、対中追加制裁検討。トランプ米大統領は5日、知的財産権侵害などを理由にした対中国の貿易制裁措置について、25%の追加関税を課す中国製品の対象を1000億ドル(約10兆7000億円)分積み増す考えを示した。中国は即座に報復拡大を示唆し、米中の緊張が高まった。米労働省が6日発表した3月の雇用統計(速報値、季節調整済み) [続きを読む]
  • 2018/4/6 シナリオ
  • 5日のニューヨーク外為市場。米国の失業保険継続受給者数が45年ぶり低水準に達したほか、米中貿易論争で、交渉後、最終的に合意に至るとの期待が広がったため、株高に連れたリスク選好の円売りや米債利回りの上昇でドル買いに拍車がかかった。ナバロ国家通商会議委員長やクドロー米国家経済会議(NEC)委員長は米国と中国が合意に至るとの楽観的な見解を示した。ユーロ・ドルは、ユーロ圏サービス業PMIの予想外の悪化でユーロ売り [続きを読む]
  • 2018/4/5 シナリオ
  • 4日のニューヨーク外為市場。米国の3月ADP雇用統計が予想を上回ったほか、米中貿易摩擦問題でロス米商務長官やクドロー米国家経済会議(NEC)委員長が最終的には交渉で解決するとの見方を示し、また、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉協議で暫定合意に近いとの観測が強まったため貿易戦争への懸念が緩和。米債利回りの上昇に伴うドル買い、株高に連れたリスク選好の円売りが再燃した。【本日の経済指標】・ユーロ圏15:00*ドイツ製 [続きを読む]
  • 2018/4/4 シナリオ
  • 3日のニューヨーク外為市場。貿易戦争に関する懸念が一服、また、株式相場の回復で投資家心理が改善。米債利回りの上昇に伴うドル買い、リスク選好の円売りが再燃した。【本日の経済指標】・オーストラリア10:30*住宅建設許可件数(2月)  予想 -5.0% 前回 17.1%(前月比)10:30*小売売上高(2月)  予想 0.3% 前回 0.1%(前月比)・中国10:45*Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)(3月)   [続きを読む]
  • 2018/4/3 シナリオ
  • 2日のニューヨーク外為市場。米国3月のISM製造業景況指数や2月建設支出が予想を下回ったことに加え、米中両国の貿易摩擦の深刻化が米国企業の収益を圧迫するほか、世界経済にも悪影響を及ぼすとの懸念が高まり、米債利回りの低下に伴うドル売り、リスク回避の円買いが加速。中国政府はトランプ米政権による輸入制限の報復措置として、米国製品に最大25%の関税を上乗せする措置を発動すると発表した。【本日の経済指標】・オースト [続きを読む]
  • 2018/4/2 シナリオ
  • 3月30日のニューヨーク市場は、グッドフライデーの祝日で休場のため、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続いた。【本日の経済指標】・中国10:45*Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)(3月)  予想 51.7 前回 51.6・アメリカ23:00*ISM製造業景況指数(3月)  予想 60.0 前回 60.830日シナリオ=======================USD/JPY日足 トレンドレス下段1時間 トレンドレス下段 [続きを読む]
  • 2018/3/31 今週の結果
  • 今週の結果 「春のブレークタイム。今週は課題克服が進まず。来月に期待。」米トランプ政権の鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を発動猶予期間に中国との関係改善の予兆。28日のニューヨーク外為市場で米10-12月期GDP、個人消費確定値、2月の住宅関連指標が予想を上回ったほか、低調な7年債入札を背景とした債券利回りの上昇に伴いドル買いが強まった。さらに、月末、期末に向けた実需のドル買い、貿易摩擦懸念や中朝首脳会談が開 [続きを読む]
  • 2018/3/30 シナリオ
  • 29日のニューヨーク外為市場。米3月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値やシカゴ購買部協会景気指数が予想外に低下したことに失望したドル売りが優勢となった。しかし、月末、期末絡みのドル買いに下値が支えられたほか、株式相場の上昇に連れリスク選好の円売りが再燃した。ユーロ・ドルは、ドイツの3月インフレ率が予想を下回り、欧米金利差の拡大観測を受けたユーロ買いが後退。ユーロ・円は、予想を下回ったドイツの3月インフ [続きを読む]
  • 2018/3/29 シナリオ
  • 28日のニューヨーク外為市場。米10-12月期GDP、個人消費確定値、2月の住宅関連指標が予想を上回ったほか、低調な7年債入札を背景とした債券利回りの上昇に伴いドル買いが強まった。さらに、月末、期末に向けた実需のドル買い、貿易摩擦懸念や中朝首脳会談が開催されたことで北朝鮮の脅威が緩和したこともドル買い材料となった。【本日の経済指標】・ユーロ圏16:55*ドイツ失業者数(3月)  予想 -1.5万人 前回 -2.2万人(前月 [続きを読む]
  • 2018/3/28 シナリオ
  • 27日のニューヨーク外為市場。貿易戦争への懸念が緩和したほか、米国の住宅価格指数が予想を上回ったためいったんドル買いが優勢となった。しかし、その後発表されたリッチモンド連銀製造業指数や消費者信頼感指数が予想を下回り、また、後場にかけ株式相場が大きく下落に転じたほか、米政府が中国の対米投資を制限する方針を示したため、リスク回避の円買いや米債利回りの低下に伴うドル売りに拍車がかかった。【本日の経済指標】 [続きを読む]
  • 2018/3/28 シナリオ
  • 27日のニューヨーク外為市場。貿易戦争への懸念が緩和したほか、米国の住宅価格指数が予想を上回ったためいったんドル買いが優勢となった。しかし、その後発表されたリッチモンド連銀製造業指数や消費者信頼感指数が予想を下回り、また、後場にかけ株式相場が大きく下落に転じたほか、米政府が中国の対米投資を制限する方針を示したため、リスク回避の円買いや米債利回りの低下に伴うドル売りに拍車がかかった。【本日の経済指標】 [続きを読む]
  • 2018/3/27
  • 26日のニューヨーク外為市場。中国の李首相が貿易戦争よりも交渉する意向を見せたほか、ムニューシン米財務長官も関税の免除で中国との合意に注意深く楽観的との見方を示したため、貿易戦争への脅威が緩和。リスク回避の動きが後退した。ユーロ・ドルは、ドイツ連銀のバイトマン総裁のタカ派発言を受け、金利先高感を背景にしたユーロ買いが再燃した。ユーロ・円は、欧日金利差の拡大観測を受けたユーロ買いが優勢となった。【本日 [続きを読む]
  • 2018/3/26 シナリオ
  • 23日のニューヨーク外為市場。予想を上回った米国の2月耐久財受注速報値に加え、トランプ大統領が包括的歳出法案に署名したため政府機関閉鎖の警戒感が後退しいったんドル売りやリスク回避の動きが和らぐ局面もあったが、貿易戦争やタカ派米政権への不安がくすぶりドル売り・円買いが続いた。【本日の経済指標】本日は主要経済指標の発表はありません。26日シナリオ=======================USD/JPY日足  [続きを読む]
  • 2018/3/24 今週の結果
  • 今週の結果 「チキン決済はなかなか解消できないが、我慢で今週は利益大。」米トランプ政権は23日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を発動した。直前の22日には中国による知的財産権侵害や米企業への技術移転強要に対抗し中国製品に制裁措置を課す大統領令にも署名、強硬な通商政策を相次ぎ実行に移した。狙い撃ちされた中国は対抗措置として米国製品の課税リストを示すなど対決姿勢が鮮明で「米中貿易戦争」の様相。で日経 [続きを読む]