がる先生 さん プロフィール

  •  
がる先生さん: 現役塾講師が運営する中学生と保護者を応援するブログ
ハンドル名がる先生 さん
ブログタイトル現役塾講師が運営する中学生と保護者を応援するブログ
ブログURLhttp://garusensei.jp/
サイト紹介文中学生向けの勉強方法、おすすめ参考書、教育問題などについて記事にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/12/17 10:08

がる先生 さんのブログ記事

  • 子どものクラスが学級崩壊のときにできること
  • 「学級崩壊」最近では世間に慣れ過ぎたためか、あまりメディアから聞こえてこなくなりました。しかし、学級崩壊の現実はかつてたくさん報道されたころと何も変わらず、今も学級崩壊状態に陥っているクラスはたくさん存在します。もし自分の息子のクラスがそうだったら…保護者の立場であれば、だれもがその心配をしてしまうと思います。そしてもし、本当に子どものクラスが学級崩壊状態であれば保護者としてどんなアクションが起こ [続きを読む]
  • 現役塾講師が塾講師の仕事をオススメする理由
  • 塾講師の仕事と言えば、何かとブラックという話が付いてまわります。労働環境が悪いと言われがちな仕事ですが、私は「教育が好きだ!」という人にはぜひオススメしたい仕事です。なぜ私が塾講師という仕事にここまで魅了されるのか、現役塾講師の私が塾講師の魅力をしっかりと伝えたいと思います。1.生徒の成長が楽しい!やはり塾講師の楽しみと言えば、生徒の成長でしょう!自分が指導した生徒たちが「先生、○○点とったで!」 [続きを読む]
  • 3年生のチャレンジテストは対策すべき?重要性は?
  • 6月の第4週あたりに3年生のチャレンジテストが行われます。3年生はチャレンジテストの時期が1・2年生よりも早くさらに中間試験・修学旅行・期末試験と時期がかぶっているためあまり意識が傾いていない生徒が多く感じます。3年生のチャレンジテストと定期テスト、一体どちらに重点をおくべきなのでしょうか。現役塾講師として助言できることをお伝えします。1.時期的には最悪私はそもそもなぜこの時期にチャレンジテストを [続きを読む]
  • 実力テストは成績に入るのか、その影響はどれくらい?
  • 中学校にはいくつものテストがあり、それが個人の評価につながります。個人の評価、というと通知表を思いだす人がほとんどだと思います。通知表の成績は、その学期間の授業態度や提出物、試験で判断されるのですが、実力テストはその評価の中に入るのでしょうか。私の勤めている塾でもこうした質問が多いため、わかる限りでお話ししていきたいと思います。1.実力テストとは実力テストとは、範囲が指定された定期テストとは違いそ [続きを読む]
  • 塾講師のアルバイトがブラックって本当?
  • 求人情報誌を開くと何かと目にかかる塾講師の求人、将来教育職に就きたい!という大学生に人気のアルバイトでありながら、一部では極端なブラックバイトと言われています。実際にブラックバイト根絶のために立ち上げられたNPO法人ブラックバイトユニオンの中にも、塾講師のアルバイトで苦しめられたというメンバーがいました。それらを聞いてしまうと塾講師のアルバイトはちょっとヤバいんじゃ…と思ってしまうかと思います。実際 [続きを読む]
  • 理解していないと難しい個別指導塾活用術
  • 私は集団指導塾の講師として勤務しています。できればより多くの子どもに、良い教育機会を与えることができれば…とこのブログを立ち上げています。そして今回何か役に立てることはないかと考えたところ勤めている塾でも問い合わせの多い個別指導塾の利用に関しての疑問への回答という結果に至りました。私は集団指導塾で働いていますが、個別指導塾についてはよく考えます。1対1だと本当に勉強の効率が良いのか、集団指導より指 [続きを読む]
  • 教育にお金は必要?塾講師が考える授業料
  • 塾講師をしていると常々考えてしまうことが、お金のことです。保護者の方から授業料をいただくたびに頭が下がる思いです。私の勤めている塾は、5教科のみの集団授業、1日3時間、週3回(テスト前は5回)の固定授業数で運営しています。授業料は大体2万弱です。子どもの教育のために2万円!本当に保護者は頑張ってますよね。ありがたいです。だからこそ一切手を抜けないなぁと思います。ところで、最近はコマ数を極端に少なく [続きを読む]
  • 大阪府公立高校入試制度完全攻略
  • 通知表の評価ってなんでちゃんととらなきゃいけないの?塾で働いていると、こんな質問をよく受けます。自分の評価をはっきりさせるため?とりあえず高い評価を受けたほうがお得だから?もちろんそれも一つの答えなのですが、塾講師の考えとしては不正解です。ズバリ、通知表の成績は公立高校入学試験合格のための点数になるからです。そうはいっても大した点数じゃないんでしょ?と思っている親御さんもいますが、実はそうではあり [続きを読む]
  • 大阪府チャレンジテスト2018年度版
  • 大阪府がチャレンジテストを実施してから、早くも4年が経ちました。賛否両論ある中、今年も継続して実施されるようです。実施日もすでに決定しており、中学三年生は6月20日、中学一、二年生は2019年の1月10日ということです。中学三年生は、あと二か月と迫っているので、今からでもすこしずつ考えていきたいところですね。それでは、改めてチャレンジテストの制度について説明していきましょう。1.チャレンジテストとはチャレン [続きを読む]
  • よくある質問にお答えします! 〜本を読めば読解力があがるのか〜
  • 子どもたちや保護者との懇談の中で、よく聞かれる質問を抜粋してお答えしていきたいと思います。まずは、「本を読めば読解力はあがるのか」という質問です。確かに国語という科目は謎だらけの科目です。普段は何の問題もなくコミュニケーションをとれる私たちでも、国語の問題となると、急に難しくなってしまうんですよね。それって読解力がないから?じゃあ本を読めばいいの?そんな質問にお答えしましょう!1.読解力とは読解力 [続きを読む]
  • H30年度入試直前!今から間に合う!?対策国語編
  • 試験まであと1週間を切りましたね。焦らず慌てず出来ることを行っていきましょう^^生徒からよく「国語ってどうすればいいん!?」と質問されます。国語ほんまにわからへ〜ん。そう悩んでいる人が多いのかなと思います。そこで、今からでも国語の試験対策をお伝えします。あくまで最終的な手段というのを理解したうえで、読んでいって下さいね。国語は問題文をしっかり理解すべし!国語の試験問題の本質は問題文です。問題文をし [続きを読む]
  • (無題)
  • 入試直前!今から間に合う!?対策英語編大阪府公立高校入試まで日が迫ってきました。志望校も決まりなかなか焦り始めているのではないでしょうか。そんなときにうまくいかない、やり方がわからないとなればどうしてもイライラしてしまいますね。勉強にとってストレスは大敵、深呼吸して状況を整えましょう^^1.全難易度共通ですべきことA問題、B問題、C問題と共通ですべきことは、日々の勉強時間の中に単語を覚える時間を設け [続きを読む]
  • H30年度入試直前!今から間に合う!?対策英語編
  • 入試直前!今から間に合う!?対策英語編大阪府公立高校入試まで日が迫ってきました。志望校も決まりなかなか焦り始めているのではないでしょうか。そんなときにうまくいかない、やり方がわからないとなればどうしてもイライラしてしまいますね。勉強にとってストレスは大敵、深呼吸して状況を整えましょう^^1.全難易度共通ですべきことA問題、B問題、C問題と共通ですべきことは、日々の勉強時間の中に単語を覚える時間を設け [続きを読む]
  • 大阪チャレンジテスト対策2017最終編〜簡単にまとめました〜
  • あけましておめでとうございます。2018年、今年もどうぞよろしくお願い致します。大阪府のチャレンジテストが近づいてきました。大阪府内の中学校すべてが調査対象です。さらに結果によって成績表にも反映されるので、しっかりと得点を取らなければなりません。試験本番まであと数日と迫っているので、現役塾講師の私も毎日クタクタです(笑)おかげさまで更新が滞ってしまいましたm(__)mさて、あと数日と迫っている今、出来ることは [続きを読む]
  • 中学2年生チャレンジテスト対策2017〜英語編〜
  • 今年も大阪の中学生にはチャレンジテストがやってきます。対策している人、していない人、これからする人、さまざまな人がいると思います。チャレンジテストとは? 今回はチャレンジテスト対策の英語編。実はチャレンジテストの英語は、定期テストでも、入試でもないある特異な点があるのです。そこを知ることができれば、対策も比較的スムーズに進めることができます。その点を踏まえつつ、チャレンジテストの英語対策についてお [続きを読む]
  • 最近増えている映像授業は効果的か
  • 近年IT産業の発達がめざましいですね。何もかもがAIに取って代わられ、既存の仕事の半分以上が失われると言われています。塾講師にとってもその波を感じています。いきなりAIにとって代わられることはありませんが、今最も塾講師の仕事を奪いつつあるのが、映像授業です。実力のある講師が1人いれば、その講師の映像を使いまわせば、いつ、どこにいたって名講師の名授業を受けることが出来る!確かに広告通りに受け取ればそうなの [続きを読む]
  • 正しい塾の選び方Part4〜学習塾と進学塾の違い〜
  • 私が勤めている塾は10月~1月くらいが新規入塾のピークです。おそらく来年度に向けて早めに入塾させておこうという保護者様の考え方なのでしょう。おそらく今でも入塾を考えている保護者様がたくさんおられると思いますので、塾を選ぶ際に大切な選択肢、学習塾か進学塾の違いについてお話していきます。目次1.学習塾とは2.学習塾のメリット・デメリット3.進学塾とは4.進学塾のメリット・デメリット5.こんな子どもは学習塾 [続きを読む]
  • 英語教育の改革に乗り遅れないために
  • 日本の英語教育は近年急速なペースで改革が進んでいます。従来の読むに重点を置いた英語ではなく、使える英語・伝える英語として、実践的な英語を身に着けるための改革です。今回はその改革について、より認知を広めたいと思いまして、記事に書き起こしてみようと思いました。お子様の年齢によっては、英語が今までとは違う授業が行われるので、知っておいて損はありません。知っておくに越したことはないので、まずは知識として備 [続きを読む]
  • 中学2年生チャレンジテスト対策2017〜社会編〜
  • どうも、がる先生です。大阪の中学生にとって、とっても大切な試験、チャレンジテストが1月に迫っています。(チャレンジテストについての詳細はコチラ)そろそろ2学期末テストが終わって、時間に余裕ができた生徒も多いんじゃないでしょうか。チャレンジテストまでおよそ1か月!今が2年生までの勉強を復習するチャンスです。そこで今回は比較的復習の効果が出やすい社会の勉強方法と勉強のポイントをお伝えします。抽象的な内 [続きを読む]
  • 塾講師に向いている人とは
  • 塾講師をしていると、自分はつくづく塾講師に向いているなぁと思います。これは教員免許を取る際に、実際に見た教員の現場、そして学校教員として働いている友人の話から比較して考えた結果です。おそらく教育職を志している人は学校教員か、塾講師(または予備校講師)のどちらかを考えたことはあるはずです。そこで今回は、塾講師に向いているのはこんな人だ!というのを私自身の経験からお話ししたいと思います。1.指導を仕事 [続きを読む]
  • ポピーは家庭学習で効率的に使用可能なのか
  • 塾に勤めている私ですが、常に考えていることが教育機会の平等化についてです。親の収入と子どもの学力は比例するという学説を聞いたことがあるかと思います。事実の一つとして真剣に受け止めていますが、しかしそれでいいはずがありません!そこで私の手で少しでも教育機会の平等に力添えを出来ないかということで、塾講師から見た視点で役に立つ家庭学習の教材を紹介したいと思います。1.ポピーとはポピーとは全家研(全日本家 [続きを読む]
  • ポピーは家庭学習で効率的に使用可能なのか
  • 塾に勤めている私ですが、常に考えていることが教育機会の平等化についてです。親の収入と子どもの学力は比例するという学説を聞いたことがあるかと思います。事実の一つとして真剣に受け止めていますが、しかしそれでいいはずがありません!そこで私の手で少しでも教育機会の平等に力添えを出来ないかということで、塾講師から見た視点で役に立つ家庭学習の教材を紹介したいと思います。1.ポピーとはポピーとは全家研(全日本家 [続きを読む]
  • 「龍馬が消える」について塾講師が考える
  • 文部科学省が高校日本史の教科書の改革案を提案し、坂本龍馬・上杉謙信…などが歴史の教科書から姿を消す、ということが話題になっています。中学生対象の塾講師とはいえ、歴史を指導している私も大変興味深いニュースでした。暗記中心の詰め込み教育から脱し、理解中心の「考える力」を育むための改革ですが、賛否両論飛び交っています。実際に龍馬や謙信が教科書から消えることについての私見や、実際の影響についてお話ししよう [続きを読む]
  • 塾講師に転職した私が教員免許をとった理由
  • 私は、建設会社勤務から転職して塾講師になりました。そして、転職後に通信制の大学を利用して教員免許を取得しました。塾講師なら、教員免許はいらないのでは?と考える方も多いと思います。ですが、実際に教員免許を取得する過程で得られるもの、実際に取得していて得られるもの、など様々な効果があるということが分かりました。今回は、塾講師である私が教員免許をとった理由をお伝えします。1.職を失うのが怖かった!塾講師 [続きを読む]