dichter1999 さん プロフィール

  •  
dichter1999さん: シニアのコラボ
ハンドル名dichter1999 さん
ブログタイトルシニアのコラボ
ブログURLhttps://ameblo.jp/dichter1999/
サイト紹介文シニア夫婦の作品発表の場です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/12/15 20:43

dichter1999 さんのブログ記事

  • 4『わが人となりを作り給いし人々』
  • ■ 夫の新作(古本・自己啓発本・参考書・新刊の各ガイド) ■ 4-9私は小5の3学期ごろから中1の2学期ごろにかけて月刊の読物雑誌「少年」で江戸川乱歩作の探偵小説『怪奇四十面相』と、それに続く『宇宙怪人』を夢中になって読んだことがありました当時の雑誌はとうに失われてしまったのでKindle版の江戸川乱歩作品集を買って読んでみますと登場人物では明智小五郎探偵と助手の小林少年と怪人四十面相が心に残るシーンでは [続きを読む]
  • 4『わが人となりを作り給いし人々』
  • ■ 夫の新作(古本・自己啓発本・参考書・新刊の各ガイド) ■ 4-8本の名前は知ってるけれども読んだことはおろか手に取ってみたことさえないそのようないわゆる名著といわれる本が私のまわりには一体どれほどあるでしょうそのような一冊がアルベルト・シュヴァイツァーの『水と原生林のはざまで』なのですさて一読してわかることはこの本はキリスト者の書いたいわば伝道の書だということです それは、例えば第1章冒頭ではルカ [続きを読む]
  • 4『わが人となりを作り給いし人々』
  • ■夫の新作■4-7エイブラハム・リンカーンが独学で身を立てたという点では野口英世とよく似ていますし少年時代に父親から勉強を蔑ろにされたという点では二宮金次郎が、両親の死後に伯父から勉強を禁じられたのとよく似ていますそして丸木小屋で生まれたリンカーンも没落農家の末裔だった金次郎も英世も子どものころに貧しい暮らしを送ったという点では全く同じですこの三人の偉人の生涯から少年の私は殊勝にも物事を成就するには [続きを読む]
  • 4『わが人となりを作り給いし人々』
  • ■夫の新作■(承前) 二宮金次郎と同じように 貧農の出の英世が 幼時に遭遇したヤケドという不幸をバネにして (並はずれた情熱と忍耐と努力によって) 世界的な医学者になる その「逆境をはね返す負けじ魂」から少年の私は貴重な人生訓を学んだのです そしてこの人生訓は、後年 憂き事の尚この上に積もれかし限りある身の力試さん という、熊沢蕃山の名歌から学んだのとまったく同じ人生訓といえるのです 心に響く一行に出会い [続きを読む]
  • 4『わが人となりを作り給いし人々』
  • ■夫の新作■4-5 H村のH小学校から、U市のN小学校に転校してまもなくの頃、今でいう環境の変化による不登校寸前の状態だったのでしょう、私はよく腹痛を起こして、学校を早引きしたことがありました。 その時の担任の先生が、女のA先生で、先生にまつわる思い出は少なくないのですが、私の人となりに影響を与えたものといえば、ある日、早引きを申し出たときに、先生から、将来、医者になっては、と言われたことです。  [続きを読む]
  • 4『わが人となりを作り給いし人々』
  • ■ 夫の新作(古本・自己啓発本・参考書・新刊の各ガイド) ■ 4-4疎開先の村の小学校の入学式の日校庭の朝礼台に向かって整列する前に付き添って来た父から私が白組(二組)だということを幾度となく念を押されたその朝礼台のすぐそばにもまた小四の夏休みに都会のマンモス校に転校して初めて迎えた二学期の始業式の日の朝勤めに行く父に置いてけぼりにされて朝礼台に向かって整列した生徒たちの前で途方に暮れてしくしく泣 [続きを読む]
  • 4『わが人となりを作り給いし人々』
  • ■ 夫の新作(古本・自己啓発本・参考書・新刊の各ガイド) ■ 4-2小四のとき図工の時間に「爪を切りましょう」のポスターを描いたことがありました私は、そのポスターに握り部分がU字型の和ばさみで左手の爪を切っているところを描いたのですが担任のT先生がそのポスターをクラスの皆の前に掲げると「はさみをバカでかく描いたところがいい」とほめてくれたのです私の絵心はこのときに芽生えたようです(29年01月06日 17:0 [続きを読む]
  • 4『わが人となりを作り給いし人々』
  • ■ 夫の新作(古本・自己啓発本・参考書・新刊の各ガイド) ■ 4-3小四のときに芽生えた絵心を小五の私にしっかり、根付かせてくれたのはほかでもない小五のときの担任のS先生でした「物事を極めるにはまず全体から」という先生の絵の描き方を元にした教えは六十有余年たった今もいわば金科玉条として私の行動規範の一つですがこれ以上の言及は、すでに『夢をゲットする勉強法(三々回し)』にも記しましたので割愛します先 [続きを読む]
  • メッセージボード
  • 夫のこだわり : 私は魂をいたわる作品を書くことに余生を捧げます。 血液型:AB型 出身地:栃木県 1 『眠れぬ夜に』[平成11年度日本図書館協会選定図書]●印刷本はこちら●電子本はこちら2『夢をゲットする勉強法(三々回し)』[商標登録済]●印刷本のアマゾンはこちら北斗書房はこちら●電子本はこちら妻のこだわり : 私は魂を魅するてまりを作ることに余生を捧げます。血液型:O型 出身地:京都府 ●アマゾンのネット [続きを読む]
  • 新作
  • 夫の新作4-1 まず初めに、私は、父からは生真面目な性質を、母からは外柔内剛の性質を受け継ぎました。 かくて、大方の人生と同じような七転び八起きの人生を送るべく運命づけられた、と書かなければなりません。4-2 小四のとき、図工の時間に、「爪を切りましょう」のポスターを描いたことがありました。 私は、そのポスターに、握り部分がU字型の和ばさみで、左手の爪を切っているところを描いたのですが、担任のT先 [続きを読む]
  • メッセージボード
  • 夫のこだわり : 私は魂をいたわる作品を書くことに余生を捧げます。 血液型:AB型 出身地:栃木県 1 『眠れぬ夜に』[平成11年度日本図書館協会選定図書]●印刷本はこちら●電子本はこちら2 『夢をゲットする勉強法(三々回し)』[商標登録済]●印刷本のアマゾンはこちら北斗書房はこちら●電子本はこちら妻のこだわり : 私は魂を魅するてまりを作ることに余生を捧げます。血液型:O型 出身地:京都府 ●アマゾンのネットスト [続きを読む]
  • テスト
  • 40年書き綴った日記を元に『眠れぬ夜に』を著し、『眠れぬ夜に』を元に『夢をゲットする勉強法(三々回し)』を著した沢 生造が、十数年ぶりに日記を再開してこのブログに公開し、併せて、『眠れぬ夜に』の続編、および、その後に続く新作も、随時掲載します。 [続きを読む]
  • 日記(2017)
  • 3/31(金)憂き事の尚この上に積もれかし限りある身の力試さん――熊沢蕃山のこの名歌を、昨日から、何度心につぶやいたことだろう。夢多きがゆえに、憂き事もまた多いのは、夢追人の宿命なのである。 [続きを読む]
  • 日記(2017)
  • 3/17(木)気づいてみると、前回更新してから、もう一週間になる。何事も、一歩ずつしか進めない、融通の利かない性分だから、喫緊事である動画の作成に集中して、更新を等閑に付している間に、読者登録をしてくださった方がいる。わけがあって、「いいね」と「コメント」を一時的に中止しているけれども、「読者登録」と「リブログ」は受け入れている、その読者登録第一号なので、それを記念して、更新することにする。 「H [続きを読む]
  • 3『眠れぬ夜に(続編)』
  • (補遺)  体験記      アルファ・クラブ個人会員 多久克矩(60歳)  詩的な体験  私が早期の胃癌で胃の3分の2を切除する手術を受けてから、早くも9年近い年月が過ぎましたが、当時のことは、今でも、ついこの間のことのように思いだされます。 私の場合、胃癌が見つかったのは、京都第一赤十字病院の人間ドックのお蔭でした。44歳のときに受診しはじめてから7回目――ちょうど50歳のとき――の平成3年 [続きを読む]