やんママ さん プロフィール

  •  
やんママさん: うさぎのスィーツブラザーズ
ハンドル名やんママ さん
ブログタイトルうさぎのスィーツブラザーズ
ブログURLhttps://sweetsbrothers.com/
サイト紹介文うさぎのスイーツブラザーズ!たると・とふぃ・ふらっぷ 1立ち2垂れうさぎとの甘い生活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/12/16 09:15

やんママ さんのブログ記事

  • うさぎの昼寝
  • ここまで無防備で大胆に寝るうさぎ、野生の勘は完全に失われていた模様です。それだけ家に馴染んでいたことの証明でもありますよね。それは、とても嬉しいことです。うさぎの昼寝上の写真のぷーすけですが、テーブル下から転げ出たのか、もともとここで寝ていたのかは不明です。(帰宅して慌てて撮った1枚です)ぷーすけの定位置のテーブル下は、今ではたるちの場所となっています。部屋んぽ(探検や後追い)を終えると…テーブル [続きを読む]
  • うさぎのぷりん 命日
  • うさぎのおっさんずの古い写真や過去記事から写真を…もう新しい写真は撮れないからねぇ。見たことがあるぞって方もいらっしゃるかと思いますが、そこはお許しくださいね。ぷりんの命日2016年6月9日午前5時34分に旅立ちました。もう2年も経つのか…まだひょっこり現れそうな気がして…カーペットから出られないぷーすけは、私に近い位置で、カーペットの端で待っていました。動くと後を追うように一緒に移動。戻る私を、またカーペ [続きを読む]
  • うさぎの新居 なるべくフラットに
  • うさぎのケージ選び、悩みますよね。大きさ・使い勝手・うさぎにとって快適で安全で…その他、家の事情もあるでしょうし(あまり大きいと置けない等)ね。うさぎと生活をしていく中で、うさぎの変化に合わせてケージも変えなきゃならない場合も出てきます。うさぎの足に合わせたケージ眼振と斜頸を数回繰り返し、ローリングを伴った時に左足の右から2本目の指辺りを痛めたたるち。ローリングが酷く、本兎は足の痛みどころではあり [続きを読む]
  • うさぎの爪切りのタイミング
  • 3羽のうさぎがいますが、この様に気を引くのはとふぃだけ。この時、ただ呼ばれるだけではなく、あるチェックをするのです。それは…爪切りのタイミング月に約1度の爪切り、そのタイミングを見るのです。長さで言えば、“2〜3mm伸びたら”でしょうかね。(実際は計ってないので正確には分かりません。)とふぃの場合は、毛むくじゃらなのでなかなか爪が見えませんので、大抵の場合は別の方法で確認します。膝の上に抱いても見辛いの [続きを読む]
  • 被り物の似合わないうさぎ
  • 何かを持ってお邪魔すると、必ず嗅ぐ作業から入るうさぎ。クンクン嗅いで、匂いを付けて…。頭に被ったり、乗せたりが似合わない!我が家のうさぎたちは、おっさんずも含めて被り物が似合わないのです。「可愛いから乗せてみよう!」という、頭に乗せるタイプもあまり似合わないのです。《こちら、ぷーすけ》乗せうさぎ まりおくん?〓ネタ切れ〓 なので、提供してもらおうとうさぎにお願いをしてみました でも、うさぎも寝てるば [続きを読む]
  • 回復したけど走れないうさぎ
  • 眼振も治まり、部屋んぽも出来るようになったうさぎ。左足先がちょっと床に擦れる感じでピョンピョンするから、多少後遺症があるのでしょう。回復したうさぎ前庭障害の後遺症なのか、ローリングを発症した時にケージ内で足を引っ掛け、左足の甲辺りを骨折していた(治ってます)ので、それのせいなのか…。どっちにしろ、痛みは無く楽しそうに遊んでいるから大丈夫かな。たるちストーブに「ご苦労さま!」と別れを告げ、冷風扇に「 [続きを読む]
  • うさぎって意外と大変なのよ
  • こんなにモフモフで、こんなに可愛いうさぎなのに…意外と面倒な生き物なのですよ、はい。以前も書きましたが…可愛いだけじゃうさぎは飼えないこれは、うさぎに限らず、生き物全部に言えることですね。その中でも、うさぎは大変な方だと思います。(以前の記事はこちら↓)うさぎをお迎えしようと考えてる?背中に愛(i)を背負ううさぎ、ふーすけ。皆様に愛を届けるためにこの世に生を受けたかも知れないうさぎ。少なくとも、同 [続きを読む]
  • うさぎ、使い方を覚えるか?
  • うさぎさん、逆ですが?お漏らししちゃうから、余計におケツはベッドにINしてて欲しいのですがね。まぁ、この体勢が楽なら仕方が無いですが…。身体の調子は?左斜頸の経過良好と思っていたら、元々の右側斜頸が再発し、薬を服用し始めて1週間が経ちました。今日、その経過を診てもらいに病院へ行って来ました。首の傾きは、そんなに気になる程ではなくなりました。眼振もまだ時々出るものの、直ぐに止まるので重症化は避けれた様 [続きを読む]
  • 時々うさぎに見えない
  • うさぎを呼んでみたけど、気が乗らない時は反応が無いです。何か貰えると思うと、直ぐに跳んできますけどね。この辺が、やはりうさぎらしいところでしょう。うさぎに見えないけど、やることはうさぎ部屋んぽだと分かると、“ピョン”とケージから私の膝上に跳び乗りました。着地が軽いですね〜。とふぃだと『ドスン』くらいに感じますから。1000gの差は大きいです。膝から下りてから先ずすることは、匂い付けです。下りたと思った [続きを読む]
  • 逆(右)側も!《うさぎの斜頸と眼振》
  • うさぎの斜頸と眼振、前回は眼振と左斜頸でした。今回は、右斜頸になりました。これで、左右均衡が取れる…なんて能天気なことを考えている場合ではありません。眼振もあるので、病院へ行って来ました。右斜頸と眼振後遺症で左傾き加減だったたるちが、右に小首を傾げていることに気が付きました。可愛くポーズを取ってるときの傾きとは、やはり違いますね。直ぐに『おかしい!』と分かりました。体勢を変えようとするとよろけるの [続きを読む]
  • うさぎのボール遊び
  • このお方はボールその物には興味がありません。このボールはたるちの彼女。たるちの匂いが気になり、「す〜は〜」しているだけなのです。たるちは、斜頸と眼振になってからボールちゃんとも遊ばず(もんもんも無し)、放置しっぱなしです。うさぎのボール遊びって?ただもんもんするだけではないのですよ。但し、たるち限定の遊びだったんですがね。(これももう見れないと思うと、ちょっと寂しい。)(あぁぁぁ、これもぉ!!切な [続きを読む]
  • うさぎのツメダニ
  • 以前はこんな風にうさぎ吸いをしていたのに…今はそれが出来ません!!うさぎ吸い休止中!!それは、何故かと言いますと…うさぎのツメダニ1ヶ月ほど前、たるちの背中(首・肩甲骨辺り)に小さなおハゲがありました。まぁ、このくらいのおハゲなら、少し様子見でも良いかとそのままにしておきました。しかしこのおハゲ、小さくなるどころか成長していたのです。おまけに、フケみたいなものが現れ、これはもしかして…今週火曜日に [続きを読む]
  • うさぎアニキの誕生日
  • 奥様方、お久しぶりでございます。イケメンうさぎのぷーすけこと(自分で言うのかっ!)、ぷりんです!4月4日は誕生日だぜ2007年4月生まれのぷーすけ、11歳になりました。とはいっても、本人(兎)はお月様在住ですがね。ぷーすけとの出会いが、今現在どっぷりとうさぎ生活にはまる切欠だったのですよ。1歳、2歳、3歳…そして9歳と、誕生日を祝えることが嬉しくね。誕生日のプレゼントは、バナナの1本食い(笑)1本見せておいて、 [続きを読む]
  • うさぎの斜頸と眼振 発病からケアまで
  • これは去年の初夏に斜頸&眼振になったときの写真です。 ローリングが酷く、ケージの中でゴロゴロ〜で、あっちにぶつかりこっちにぶつかりを繰り返し、やっと止まり、そのまま眠ってしまったたるちです。目次末梢性前庭障害もしかして、斜頸?食べれない・飲めない薬を飲ますこともできない時は…薬が効きだすと食欲は戻るケージ内の怪我に気を付けて末梢性前庭障害斜頸と眼振等の前庭障害には2種類あり、たるちのは末梢性前庭障 [続きを読む]
  • 傾いたままのうさぎ
  • 首が傾いたままのうさぎ。 良く食べ、部屋中探索して、元気にしています。 左足は引き摺っている感がありますが、これは首の傾きと一緒で仕方が無いと思っています。目次どこでもごろんちょどんなんでもごろんちょこれでもお目目パッチリどこでもごろんちょ時々眼振が出るので、自分でも以前のような無茶はしなくなりました。 滑らないカーペット上にいる時間が多くなったのもそのせいでしょう。ある日の夜、モニターから目を離し [続きを読む]
  • うさぎ立寄所
  • うさぎの運動の時間です(部屋んぽ時間だよ〜)。うさぎと言えば、野原をピョンピョンと駆け回るイメージですが、これは野うさぎならではの光景です。家族として一緒に生活をしているうさぎは、穴うさぎ。穴を掘ってその中で生活をしているわけですから…そんなに運動が大好きなタイプでは無いようですね。逃げるための瞬発力さえあれば…うさぎの一日の運動量自然界では、巣穴を中心としたそう広くない行動範囲、敵に見つかったら [続きを読む]
  • うさぎのおやつ 微量ですが…
  • 〓うさぎの食生活〓うさぎの食事の基本は、牧草と水。ぶっちゃけ、『これ以外は必要ない!!』ということなのですよ。それでも、病気等で、牧草も食べれない時があるのも事実。なので、普段から牧草以外のものも、食べ慣れさせておく必要がありますね。おやつはあくまでもおやつおやつはおやつであって、主食ではない。これを念頭に置き、決して忘れることのない様に、与えることが大事です。欲しがる姿、可愛い顔を見ると、ついつ [続きを読む]
  • 3月3日はうさぎの日
  • 今年もやって参りました、『うさぎの日』3月3日は、『うさぎの日』でございます。うさぎの日猫の日・犬の日…兎の日もあっても良いんじゃないか?という事で、耳の日、耳が長いうさぎ、耳繫がりで、本日3月3日はうさぎの日なのです。TwitterやInstagramやら、『#うさぎの日』『#3月3日はうさぎの日』等のハッシュタグを付けてもらったり、ブログの題名に入れてもらったり…我が家みたいに、うさぎらしくないうさぎでも、うさぎであ [続きを読む]
  • うさぎの斜頸と眼振 治療終了
  • もりもりと牧草を食べるうさぎ。斜頸と眼振を発症してから1ヶ月が経ちました。1ヶ月の薬(抗生物質)の服用も、今日の診察で、終えることになりました。うさぎの斜頸と眼振は何故起こったかうさぎの斜頸と眼振と言っても、いくつかの場合があります。たるちの場合は、斜頸と水平眼振でした。菌が入ったのが原因だろうと…鼓膜より内側にある中耳ですから、外から菌が入ったのは考えられません。口の中(臼歯根)や鼻より入った菌が [続きを読む]
  • 月うさぎ 誕生した日
  • うさぎのおっさんず、ちっこい方担当 『ちょこっぺ』こと『ちょこ』お月様に移住し、3年2ヶ月あまりが経ちました。7歳、8歳、9歳…10歳の誕生日です。今日は、ぷーすけや月組のみんなとお祝いをしているかな。ちょこっぺ、誕生と出会い誕生したからこそ4月8日に出会えたわけで…あの日に、引き取って来て本当に良かったと思っているよ。長生きできないかも知れないとも言われたけど、6歳10ヶ月と十分長生きしたもん。晩年は後肢麻 [続きを読む]
  • うさぎの部屋んぽ 危険がいっぱい!
  • ちょっとプニプニするけど、ここは安全!そんな風にうさぎが思っているかは不明ですが、比較的大人しく乗っています。とふぃさんくらいになると、ドスドス歩き、お腹ホリホリもしますけどね。ふーすけは、向きを変えるくらい。カーペットに近い位置なら、ここからピョンとジャンプで下ります。危険がいっぱい!!楽しいはずの部屋んぽが、何故?危険がいっぱいってどういこと?どんな部屋なのよ???そんなところでうさぎを遊ばせ [続きを読む]
  • 首が傾いたうさぎ 強さの証だ!
  • うさぎの水平眼振と斜頸こう聞くと、恐ろしい様な、もうダメかもしれない感が…。病気ですから、そう思えても仕方が無いですし、確かに怖いです。でも、治りますから。水平眼振の発症から発症し、薬を飲み始めて2週間が経とうとしています。うさぎの病人(兎)食足を引き摺っているような歩き方をしてませんか?よたってませんか?首が傾いていませんか?眼が意...sweetsbrothers.com2018-01-31 20:26今では、平常時は眼振は治まっ [続きを読む]
  • うさぎは人を見ている
  • 人の気配を感じると、直ぐに駆け寄るうさぎ。しかし、それが自分が思っていた人ではないと分かると…クルッと向きを変え、去って行くのでありました。人を選ぶうさぎ撫でてくれる人、ごはんをくれる人、遊んでくれる人、その他諸々。うさぎは分かっていて、自分の都合の良い様に人を選びます。とーちゃんから逃げ、「間違えちゃった!」と駆け寄るうさぎ。膝に手を掛け、可愛いのなんのって。でも、ふーすけは、なかなか懐くのに時 [続きを読む]
  • うさぎとおもちゃ 邪魔だけど…
  • テーブル下だと暗いため、撮影を考えてか、うさぎ自らベッドを押し出していました。まん丸プーさんと仲良しな感じですが…(今日はもんもんしないのね。)邪魔者は追い出せ!仲良くペロペロしているのかと思ったら、鼻でグイグイと…咥えて持ち上げようとしたり、どうやら邪魔らしい。もんもん気分じゃないと、邪魔者になってしまうようですね。たるちみたいに、咥えて走ってみなよ。サイズがぼーるちゃんより一回り程度大きいけど [続きを読む]