みずたま研究所 さん プロフィール

  •  
みずたま研究所さん: 解離性同一性障害まとめブログ
ハンドル名みずたま研究所 さん
ブログタイトル解離性同一性障害まとめブログ
ブログURLhttp://mztmlab.com
サイト紹介文DID当事者(障害等級2級)によるまとめ。解離症状の解説、精神科のレビュー、治療方法や体験談など。
自由文運営元・みずたま研究所
障害等級2級、精神科3ヶ所で診断済みのDID罹患者の中の人達で営まれています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 301日(平均3.2回/週) - 参加 2016/12/17 09:55

みずたま研究所 さんのブログ記事

  • 「解離性同一性障害を診察できる精神科医」には気をつけろ
  • こんばんわ。企画部です。眠剤飲むなら他のヤツのタスクも考慮してからにして欲しい今日この頃。寝る直前に浮上してくる子がいるんで難しいところです。先日ツイキャスで朦朧として寝落ちとか言う粗相がありましたが、今日もちょっと残したいもんは今しか残せない、なんとか維持してお伝えしようと思います。眠剤飲まずに食べるヤツって何なんでしょうね?疑問。110番・119番のお世話になりましたこれは前回EDMR当日あたりの [続きを読む]
  • 憑依人格?!映画「ISOLA多重人格少女」多重人格の人が見てみた
  • こんにちわ。企画部です。10月にあの「スプリット(過去記事参照)」がDVDで出るようで、DIDがテーマの他の映画を物色していたらこの作品に辿り着きました。オカルト臭がプンプンだったので気に止めませんでしたが、DIDテーマが疎まれるのも見ておこうと思いポチリ。これはホラー映画です先のスプリットはDIDに関するリサーチもあり、役者も心理学に通じている強者だったため当事者でもまだ見ることができる作品でした。が、こち [続きを読む]
  • 解離性同一性障害とEMDR治療
  • ご無沙汰しております。企画部です。今回精神科通院の中で治療としてEMDRを受けてきましたのでレポります(EMDRの解説については他のサイトに任せます)。EMDR治療を試みる前にEMDRは訓練を受けた専門家のみが行うことができ、まずはその専門家からEMDRの説明を聞いて抵抗や不安があればよく話し合いました(専門的な本があり、自分も購入しましたが用語が多く細かい部分はイマイチ理解できず)。抵抗があればできない、ということ [続きを読む]
  • 精神科処方薬での重篤副作用まとめ
  • こんにちわ!企画部です。先日二週間ほどヒドイ目に遭わされたエビリファイの副作用、「アカシジア」。あまりに知識がなかったので、他にどんな重篤な副作用があるのか調べてみました。(厚生労働省ホームページより)悪性症候群精神神経用薬(主に抗精神病薬)により引き起こされる副作用で、服用後、急な高熱や発汗、神経系の症状などが認められる場合は、悪性症候群発症の可能性を考慮する必要があります。悪性症候群は、放置す [続きを読む]
  • 解離性同一性障害が疑われた過去の殺人事件
  • 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(宮崎勤)事件概要1988年から1989年にかけて東京都北西部および埼玉県南西部で発生した、幼女を対象とした一連の事件である。4歳から7歳という低い年齢の女児が被害者となり、犯行声明を新聞社に送り付ける・野焼きされた被害者の遺骨を遺族に送りつけるなどの、極めて異常な行動を犯人が取ったことから、欧米を中心に多発する児童への性的暴行を目的とした誘拐・殺害事件などとの比較も行われ、戦 [続きを読む]
  • 解離性同一性障害事件簿【箕浦議事堂Ver.】
  • こんにちわ、企画部です。ビリー・ミリガン、声優のアイコ、DID関連の事件はそれくらいしか知りませんが、今度また別記事に回すとして、今回は自分の身に実際に起こった事件を紹介します。自分にわかる範囲なので、他にもあったのかもしれまえんが。事件といっても、大きなものから小さなものまで日常茶飯事ですが、ここ数年で特に衝撃の走った事件をお届けします。第5位 保護組の暴走・契約社員退職これは企画部が社会人だった [続きを読む]
  • 交代人格による人間関係トラブルを防ぐ方法
  • こんばんわ。企画部です。DIDの人間関係で問題になるのが、「交代人格の抵抗」。仲良くしたいと思っていても、交代人格が拒否してしまう、ケンカに発展してしまう、突然出てきて関係が悪化してしまう。今回はこの状況下での対策について考えます。裏でストレスを貯める交代人格人間関係でトラブルを起こす人格のほとんどは、普段から表での交流の様子を眺めて人間観察をしていて、煮え切らない思いを募らせていることが多い。しか [続きを読む]
  • 自閉症ラッパーGOMESSは解離性障害?
  • こんばんわ。企画部です。GOMESSというラッパーをご存知だろうか。彼は10歳の頃に自閉症という病気を宣告され、しばらく人の目から遠ざかるために引きこもった。しかし、ある日、ヒップホップという音楽に出会ったことでラップでメッセージを伝えることを選ぶ。2012年に開催された「第2回 高校生RAP選手権」へ出場。見た目からは想像もつかない熱い魂が込められたフリースタイルで決勝まで進出し、一気にその存在が知れ渡ることと [続きを読む]
  • 処方薬のOD(オーバードーズ)を防ぐ方法
  • こんばんわ。企画部です。今回は、たまに相談もありつつ箕浦内でも危険のあるODへの対応方法です。衝動に駆られる前にしておくこと薬に耐性がついていないか?ODしてしまう理由のひとつに、「処方された量では効かない」があります。身体が薬に慣れてしまうと効きが悪くなるため、ODに走る前に医師に相談しましょう。薬を変えてもらうことで対処できるかもしれません。OD後の苦しさをよく理解する去年、知人フリーザがODで自殺を図 [続きを読む]