ゆめこ さん プロフィール

  •  
ゆめこさん: ゆめこが虫を撮る
ハンドル名ゆめこ さん
ブログタイトルゆめこが虫を撮る
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yumemiru-obasanba
サイト紹介文虫が恐怖でしかなかった私が今や《虫の虜》に! 神奈川県の里山公園を中心に近辺の野草、野鳥、虫を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/12/17 17:18

ゆめこ さんのブログ記事

  • ● 美形の ササキリ ・ キリギリス科
  • 〈 ササキリ 〉体長 20〜28ミリ  出現期7〜12月  分布 本州、四国、九州、南西諸島和名のササキリはササに棲むキリギリスとのこと。緑色型の他に黄色型の成虫もいる。成虫、幼虫共に美形!鳴き声はジキジキジキ・・・・・・。私は、毎年、ササキリの幼虫が現れると嬉しくなる!小さな体に長〜〜い触角、、眼も可愛い!☆ ♂ 成虫☆ ♀ 成虫☆ 幼虫 [続きを読む]
  • ● 似ている ノブドウ 2種 ・ ノブドウ科
  • 美味しそうなカラフルな実ですが食べられません!☆ 〈 キレハノブドウ 〉 花期は7〜8月でノブドウに対し葉が深く切れ込んでいます。しかし、キレハノブドウにしては切れ込みが浅いような気もしますが同じツルで切れ込みが深いのもあります。ノブドウでもないようですのでキレハとしました。 ☆ 〈 ノブドウ 〉花期は7〜8月で日本全土に自生している。葉はエビズルに似ていて切れ込みは浅い。☆ 実が大きくなっているのは [続きを読む]
  • ● コミミズクが一匹 ・ ヨコバイ科
  • 〈 コミミズク 〉体長 9〜13ミリ  出現期 4〜11月  分布 本州、四国、九州今年はあまり撮影に出かけられなかったからか、昨日の出会いは久々でした。クヌギにいるようですが、私は通路脇の柵や擬木上で見つけることが殆です。☆ 昨日☆ 2017.4.16 成虫☆ 以前撮った画像☆ こんなところにいます。 [続きを読む]
  • ● ツトガ科 ・ 11種
  • 昨日と同じ、ツトガ科です。☆ トモンノメイガ☆ ツマグロシロノメイガ☆ トサカフトメイガ☆ ハイマダラノメイガ☆ ヒメシロノメイガ☆ マエベニノメイガ☆ シロモンノメイガ☆ クロモンキノメイガ☆ ヨツボシノメイガ☆ サツマキノメイガ☆ マエアカスカシノメイガ昨日と本日、15種のツトガ科を掲載しましたが、ご自身で十分に確認をして下さい。あくまでも、参考に! [続きを読む]
  • ● 美しいハッカハムシ ・ ハムシ科
  • 〈 ハッカハムシ 〉体長 7.5〜12ミリ  出現期 5〜10月  分布 北海道、本州、四国、九州此処のフイールドでは年に数回会えるハッカハムシですが普通は、夜行性でもあるので中々会えないようです!ハッカやシソ科植物の葉を食べるとのこと。黒に藍色がかったとても美しい色で、点刻もとてもお洒落です。 [続きを読む]
  • ● ヒナバッタの仲間 ・ バッタ科
  • バッタを見る眼がなくて・・・いつも???図鑑とにらめっこをして、撮り溜めた中からヒナバッタの仲間と思われる画像をまとめてみたのですがいかがなものでしょうか?生息する環境、地方などからヒナバッタ、タカネヒナバッタ、ヒロバネヒナバッタが該当するかと思われますが??? [続きを読む]
  • ● モンクチビルテントウとヨツボシテントウ ・ ヨツボシテントウ族
  • モンクチビルテントウという名を、手元にある図鑑やネットなどで見たことはありましたが今まで見たこともないし、此処にはいないと思っていました。ところが、今まで撮ってヨツボシテントウと同定いていた中にモンクチビルテントウがいたのです!残念ながら全身が見えずにたった一枚ですが・・・。モンクチビルテントウは1998年に沖縄で記録され、北上しているようです。皆さんも私と同じように分類しているかもしれませんので [続きを読む]
  • ● ヤサイゾウムシ ・ ゾウウムシ科
  • 〈 ヤサイゾウムシ 〉体長 約 9 ミリ  出現期 11 月から 3 月 ヤサイの名が付くこのゾウムシは 白菜などの芯や葉を食べる。そしてそこに卵を産む。産卵数は一匹で年に約1000個というからすごい!オスは発見されていない、単為生殖!飛ばずに歩く!ブラジルからやってきた害虫で、成虫も幼虫も野菜を食べる。☆ 尾の近く、左右に突起がある。☆ 接写していたら、突然ひっくり返って死んだ振り? [続きを読む]
  • ● スケバハゴロモ ・ ハゴロモ科
  • 〈 スケバハゴロモ 〉全長 9〜10ミリ  出現期 7〜9月  分布 本州、四国、九州ウツギ、キイチゴ、クワ、ブドウ などの汁を吸う。眼はグリグリして面白い形。そろそろ見られなくなる。ハゴロモの仲間の幼虫は、蝋物質の白い毛のようなものでおおわれている。スケバハゴロモの幼虫・・・まだ、未見! [続きを読む]
  • ● ホソミイトトンボ ・ イトトンボ科
  • 〈 ホソミイトトンボ 〉 全長 28〜38 ミリ  出現期 3〜12 月  分布 本州、四国、九州腹部は細く長い。眼の後ろ紋は左右がつながっている。この個体は♂ で19日撮影、水辺から離れた小高い丘にいました。平地から丘陵で見られ、やや小形の夏型は初夏〜秋に、越冬型は秋〜翌年の春に出現するとのことです。日本固有種。 [続きを読む]